小野文惠

日本の女性アナウンサー

小野 文惠(おの ふみえ、1968年4月18日 - )は、NHKアナウンサー

おの ふみえ
小野 文惠
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県府中市
生年月日 (1968-04-18) 1968年4月18日(52歳)
最終学歴 東京大学文学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 山口東京アナウンス室日本語センター出向→東京アナウンス室
活動期間 1992年 -
ジャンル 情報系
配偶者 菅康弘(NHK理事)
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

人物編集

広島大学附属福山高校を経て東京大学文学部を卒業後、1992年入局。

嗜好・挿話編集

  • 「惠」を使う方が本来の表記とされるが、新字体の「恵」を用いた小野 文恵の表記も多く見られる。
  • 最初の転勤以降20年余り、東京を離れる異動がない。

山口放送局時代編集

  • 山口では夕方の報道番組も担当し、20%超えの高視聴率を獲得していたが、自分でもその好調ぶりを不思議に思い、本人が視聴者に尋ねたところ「あんた(小野)があまりにたどたどしくて、恐ろしくて、目が離せないんだ」と言われたという[1][2]
  • 山口放送局時代、アナウンサーと事実婚の状態になった。東京異動の前に離婚。「挙式後に夫が異動したためすれ違ってしまい、婚姻の届出をしない事実婚だった」と、小野が第55回NHK紅白歌合戦の紅組司会に決まった直後に『週刊ポスト』が報じている。小野と同じ時期に山口放送局にいた元NHK記者の相澤冬樹によれば、当時の山口放送局はアナウンサー・ディレクター・カメラマン・記者・技術スタッフ等職種に関係なく仲が良く、小野は「友達だったのに勘違いして結婚しちゃったんですよねえ」と振り返っており、その時の相手の男性アナとは離婚後も相澤らを交えて一緒に飲みに出かけるような友人関係(相澤曰く「不思議な関係」)が続いているとのことである[2]
  • 山口放送局ではニュース番組などを担当したほか、高校野球の地区予選も実況した。初任地での在籍期間は当時としては異例の長期間となる5年間に及んだ。
  • 初任地が山口放送局であった縁で、山口県から「ふるさと大使」に任命されている[3]

放送センター・日本語センター時代編集

現在の担当番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

過去の担当番組編集

山口放送局時代編集

放送センター・日本語センター時代編集

  • ためしてガッテン(1997年4月 - 2016年3月、司会)
  • 土曜スタジオパーク(2000年4月 - 2010年12月、司会)
  • 週刊ニュース深読み(2011年1月 - 2017年4月、メインキャスター) - 最初3か月間は「ニュース 深読み」として放送
  • 今夜も生でさだまさし - 元日のスペシャル版には2007年以降毎年出演しており、準レギュラーともいえる(構成作家が『鶴瓶の家族に乾杯』と同じ井上知幸)。
    • 2007年新春生放送 年の初めはさだまさし(つなぎVTRコーナー進行)
    • 真夜中なのに生放送 卒業式にもさだまさし(生中継リポート)
    • 2008年新春生放送 年の初めはさだまさし(つなぎVTRコーナー進行)
    • お台場から生放送! 秋の夜長もさだまさし(お台場のフジテレビに「臨時地デジ大使」として登場)
    • 2009年新春生放送 年の初めはさだまさし(つなぎVTRコーナー進行)
    • 2010年新春生放送!年の初めはさだまさし(つなぎのコーナー進行)
    • 2011年新春生放送!年の初めはさだまさし〜尾張のはじまりなのだ!〜(つなぎのコーナー進行)10
    • 2012年新春生放送!年の初めはさだまさし(つなぎのコーナー進行)
    • 2013年新春生放送!年の初めはさだまさし(つなぎのコーナー進行)
    • 今夜も生でさだまさし〜いつでも夢を!今夜は生で音楽会〜(つなぎのコーナー進行)
  • サラリーマンNEO(2007年8月7日、Season2-15「会社の王国」のコントに「小野寺」役で出演)
  • 山田洋次監督が選んだ日本の名作100本〜喜劇編〜(2012年4月 - 2013年3月、解説)
  • 亀田音楽専門学校(2013年1月、10月-12月、助手)
  • 連続テレビ小説わろてんか』(2017年10月2日 - 2018年3月31日、語り)
  • NHKスペシャル「祖父が見た戦場~ルソン島の戦い 20万人の最期~」(2018年8月11日) - 出演・取材・語り:小野文惠、母・公子も出演

その他、単発バラエティー番組の進行役を数多くこなし、NHKワールド・プレミアム向けの2011年度開始の番組案内スポットも務める。

同期編集

脚注編集

  1. ^ a b 土スタを卒業するにあたって 土曜スタジオパーク・MC日記 2010年12月31日
  2. ^ a b 相澤冬樹 (2020年6月21日). “紅白司会もつとめたNHK「ガッテン!」の小野文惠アナが“ヘタクソ”なのに出世するワケ”. HARBOR BUSINESS Online. 2020年6月22日閲覧。
  3. ^ 山口県ふるさと大使・小野 文惠 - 山口県広報広聴課
  4. ^ NHK新番組『ニュース 深読み』メインに小野文恵アナ!! 14年ぶりニュース番組担当に気合十分”. Oricon Style (2010年12月13日). 2012年5月29日閲覧。
  5. ^ NHK小野文恵アナ結婚 同局の男性と 朝日新聞 2012年9月19日閲覧
  6. ^ NHK「ガッテン」44歳・小野文恵アナ結婚 - サンケイスポーツ2012年9月20日
  7. ^ NHK 小野文恵アナが選んだ50代敏腕P - 日刊ゲンダイ2012年9月21日
  8. ^ NHK人事異動 小野文恵アナ、エグゼクティブ・アナウンサーに昇格”. スポーツニッポン (2020年6月19日). 2020年6月19日閲覧。
  9. ^ 当初は記者。

外部リンク編集