メインメニューを開く

鳥海 貴樹(とりうみ たかき、1969年2月22日 - )は、NHKアナウンサー

とりうみ たかき
鳥海 貴樹
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都目黒区
生年月日 (1969-02-22) 1969年2月22日(50歳)
最終学歴 上智大学文学部卒業
勤務局 NHK大阪放送局
部署 編成部アナウンスルーム
職歴 長野京都名古屋東京アナウンス室松山G-Media出向→大阪
活動期間 1992年 -
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

目次

人物編集

歴史学者で東京大学名誉教授・鳥海靖の二男として東京都に生まれる[1]。中学、高校時代はサッカー、大学時代はフライングディスク競技のアルティメットに興じ、全日本選手権で準優勝、世界クラブ選手権にも出場した。

早稲田高等学校を経て上智大学卒業後、1992年入局。一時報道番組担当となったため現場実況を離れた。松山勤務時は地元スポーツ関係の実況(愛媛FC愛媛マンダリンパイレーツ、米大リーグ岩村明憲情報など(岩村は愛媛県出身であり、連日ローカルニュースなどで岩村情報を提供))を担当した。またAFCアジアカップ2011が行われたカタールから実況の傍ら、愛媛県西条市出身でサッカー日本代表の長友佑都の情報などを、愛媛県向けに伝えた。

2013年のウィンブルドン選手権では男子決勝の実況を担当した[2]。2014年のソチオリンピックではフィギュアスケート男子シングルショートプログラム[3]女子シングルはショートプログラムとフリーの実況を担当[4]。2018年の平昌オリンピックでは、フィギュアスケート男子シングルショートプログラムとフリースケーティングの実況を担当した。

現在の担当番組編集

過去の担当番組編集

長野局時代
名古屋局時代
東京アナウンス室時代
松山局時代
グローバルメディアサービス時代

同期編集

脚注編集

  1. ^ ソフィア 2009年 通号232 p.411~415「歴史をこの目で見届けたい」
  2. ^ 2013年7月7日 各新聞テレビ欄、週刊TVガイドザテレビジョン他各テレビ誌テレビ欄(2013年7月12日号)
  3. ^ 2014年2月14日 各新聞テレビ欄、週刊TVガイド、ザテレビジョン他各テレビ誌テレビ欄(2014年2月15日号)
  4. ^ フジテレビ「ソチオリンピック2014 フィギュアスケート女子フリー」
  5. ^ 日本戦はグループH第1戦・対コロンビアと、決勝トーナメント1回戦・対ベルギー。開幕戦と日本戦以外はグループC・フランス対オーストラリア、グループE・セルビア対スイス、グループF・韓国対ドイツ。当初、日本対ベルギー戦の実況は小宮山晃義が担当する予定だったが、直前になって急遽変更された(小宮山はベンチレポーターを担当)。
  6. ^ 当初は記者。

外部リンク編集