強制失踪からのすべての者の保護に関する国際条約

強制失踪防止条約から転送)

強制失踪からのすべての者の保護に関する国際条約(きょうせいしっそうからのすべてのもののほごにかんするこくさいじょうやく、英語: International Convention for the Protection of All Persons from Enforced Disappearances)とは、2006年12月20日の第61回国連総会で採択された国際人権条約である。

強制失踪からのすべての者の保護に関する国際条約
通称・略称 強制失踪防止条約
起草 2006年6月29日[1]
署名 2007年2月6日
署名場所 パリ
発効 2010年12月23日
寄託者 国際連合事務総長
言語 アラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語
主な内容 強制失踪を禁止
条文リンク 条文正訳 (PDF) - 外務省
テンプレートを表示

必要な批准国が20カ国に達した1か月後の2010年12月23日より発効した。

略称は強制失踪防止条約(きょうせいしっそうぼうしじょうやく)。

日本法においては、国会承認を経た「条約」であり、日本国政府による法令番号は、平成22年条約第14号である。

概要編集

国家機関や国の許可を得た個人または集団が逮捕・拘禁拉致などで個人の自由をはく奪する行為を強制失踪として禁止し、組織的で広範な強制的失踪は、人道に対する罪に相当すると規定する禁止条約。第24条では被害者の権利、解放や、損害賠償リハビリテーション、再発防止の保障も含めた被害回復について規定する。また当条約の違反について関係被害者が国連の強制失踪防止委員会への個人通達を認める宣言についても規定する。

成立編集

加盟編集

  • 署名 - 98カ国
  • 批准 - 64カ国

2021年8月30日現在)

締約国編集

 
  署名、批准した国
  署名したが批准していない国
  署名も批准もしていない国

条約の批准の順。イランの批准により発効に必要な20か国の批准となった。署名のみで批准していない国は、批准済みのあとに署名順に掲げる

国名 署名 批准
  アルバニア 2007年2月6日 2007年11月8日
  アルゼンチン 2007年2月6日 2007年12月14日
  メキシコ 2007年2月6日 2008年3月18日
  ホンジュラス 2007年2月6日 2008年4月1日
  フランス 2007年2月6日 2008年9月23日
  セネガル 2007年2月6日 2008年12月11日
  ボリビア 2007年2月6日 2008年12月17日
  キューバ 2007年2月6日 2009年2月2日
  カザフスタン 未署名 2009年2月27日
  ウルグアイ 2007年2月6日 2009年3月4日
  マリ 2007年2月6日 2009年7月1日
  日本 2007年2月6日 2009年7月23日
  ナイジェリア 未署名 2009年7月27日
  ドイツ 2007年9月26日 2009年9月24日
  スペイン 2007年9月27日 2009年9月24日
  エクアドル 2007年5月24日 2009年10月20日
  ブルキナファソ 2007年2月6日 2009年12月3日
  チリ 2007年2月6日 2009年12月8日
  パラグアイ 2007年2月6日 2010年8月3日
  イラク 未署名 2010年11月23日
  ブラジル 2007年2月6日 2010年11月29日
  ガボン 2007年9月25日 2011年1月19日
  アルメニア 2007年4月10日 2011年1月24日
  オランダ 2008年4月29日 2011年3月23日
  ザンビア 2010年9月27日 2011年4月4日
  セルビア 2007年2月6日 2011年5月18日
  ベルギー 2007年2月6日 2011年6月2日
  パナマ 2007年9月25日 2011年6月24日
  チュニジア 2007年2月6日 2011年6月29日
  モンテネグロ 2007年2月6日 2011年9月20日
  コスタリカ 2007年2月6日 2012年2月16日
  ボスニア・ヘルツェゴビナ 2007年2月6日 2012年3月30日
  オーストリア 2007年2月6日 2012年6月7日
  コロンビア 2007年9月27日 2012年7月11日
  ペルー 未署名 2012年9月26日
  モーリタニア 2011年9月27日 2012年10月3日
  サモア 2007年2月6日 2012年11月27日
  モロッコ 2007年2月6日 2013年5月14日
  カンボジア 未署名 2013年6月27日
  リトアニア 2007年2月6日 2013年8月14日
  レソト 2010年9月22日 2013年12月6日
  ポルトガル 2007年2月6日 2014年1月27日
  トーゴ 2010年10月27日 2014年7月21日
  スロバキア 2007年9月26日 2014年12月15日
  モンゴル 2007年2月6日 2015年2月12日
  マルタ 2007年2月6日 2015年3月27日
  ギリシャ 2008年10月1日 2015年7月9日
  ニジェール 2007年2月6日 2015年7月24日
  ウクライナ 未署名 2015年8月14日
  ベリーズ 未署名 2015年8月14日
  イタリア 2007年7月3日 2015年10月8日
  スリランカ 2015年12月10日 2016年5月25日
  中央アフリカ 未署名 2016年10月11日
  スイス 2011年1月19日 2016年12月2日
  セーシェル 未署名 2017年1月18日
  チェコ 2016年7月19日 2017年2月8日
  マラウイ 未署名 2017年7月14日
  ベナン 2010年3月19日 2017年11月2日
  ガンビア 2017年9月20日 2018年9月28日
  ドミニカ国 未署名 2019年5月13日
  フィジー 未署名 2019年8月19日
  ノルウェー 2007年12月21日 2019年8月22日
  オマーン 未署名 2020年6月12日
  キプロス 2007年2月6日
  インド 2007年2月6日
  レバノン 2007年2月6日
  モルディブ 2007年2月6日
  バヌアツ 2007年2月6日
  アルジェリア 2007年2月6日
  ブルンジ 2007年2月6日
  カーボベルデ 2007年2月6日
  カメルーン 2007年2月6日
  チャド 2007年2月6日
  コモロ連合 2007年2月6日
  コンゴ共和国 2007年2月6日
  ガーナ 2007年2月6日
  ケニア 2007年2月6日
  マダガスカル 2007年2月6日
  シエラレオネ 2007年2月6日
  ウガンダ 2007年2月6日
  クロアチア 2007年2月6日
  フィンランド 2007年2月6日
  ルクセンブルク 2007年2月6日
  モナコ 2007年2月6日
  北マケドニア 2007年2月6日
  スウェーデン 2007年2月6日
  アゼルバイジャン 2007年2月6日
  モルドバ 2007年2月6日
  グレナダ 2007年2月6日
  グアテマラ 2007年2月6日
  ハイチ 2007年2月6日
  アイルランド 2007年3月29日
  エスワティニ 2007年9月25日
  デンマーク 2007年9月25日
  スロベニア 2007年9月26日
  リヒテンシュタイン 2007年10月1日
  ブルガリア 2008年9月24日
  ラオス 2008年9月29日
  タンザニア 2008年9月29日
  アイスランド 2008年10月1日
  ベネズエラ 2008年10月21日
  ルーマニア 2008年12月3日
  モザンビーク 2008年12月24日
  セントビンセント・グレナディーン 2010年3月29日
  インドネシア 2010年9月27日
  パラオ 2011年9月20日
  タイ 2012年1月9日
  ポーランド 2013年6月25日
  ギニアビサウ 2013年9月24日
  アンゴラ 2014年9月24日
  ドミニカ共和国 2018年9月26日


日本の対応編集

基本定義編集

  • 強制失踪(第2条) - 国の機関または国の許可、支援もしくは黙認を得て行動する個人もしくは集団が、逮捕、拘禁、拉致その他のあらゆる形態の自由のはく奪を行う行為であって、その自由のはく奪を認めず、またはそれによる失踪者の消息もしくは所在を隠蔽することを伴い、かつ、当該失踪者を法の保護の外に置くもの。
  • 組織的な実行(第5条) - 強制失踪の広範または組織的な実行は、適用可能な国際法に定める人道に対する犯罪を構成し、および当該適用可能な国際法の定めるところにより結果を得る。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集