メインメニューを開く

木馬亭(もくばてい)は、東京都台東区浅草2丁目7番5号に存在する浪曲寄席である。毎月1 - 7日まで浪曲の定席公演が行われる。

木馬亭
Mokubatei
木馬亭-夏祭り2014-昼夜入れ替え風景.jpg
行列の木馬亭
情報
正式名称 木馬亭
開館 1970年5月
客席数 131席[1]
用途 浪曲・軽演劇などの興行
運営 根岸興行部
所在地 111-0032
東京都台東区浅草2丁目7番5号
位置 北緯35度42分51.8秒 東経139度47分41.1秒 / 北緯35.714389度 東経139.794750度 / 35.714389; 139.794750座標: 北緯35度42分51.8秒 東経139度47分41.1秒 / 北緯35.714389度 東経139.794750度 / 35.714389; 139.794750
アクセス
外部リンク mokubatei.art.coocan.jp

概要編集

関東では無くなって久しかった浪曲の常打ち小屋として、1970年(昭和45年)[2]から約50年、唯一支え続ける存在である。

特に黄金期を知る世代からの交代が進み、若手育成の点で大きな役割を果たし続けている。

打ち出し太鼓の前後、場内に古い音源(2代目虎造等)を流し、期待感を盛り上げる。

開場当初から1日1枚、講談を番組に入れ続け、浪曲の会も度々開催していた講談定席の上野・本牧亭2011年(平成23年)に無くなった現在、若手中心に貴重な出番を提供する[3]

現在も席亭は根岸京子根岸吉太郎の母親[4][注釈 1])。経営は浅草六区の黄金期を支えた根岸興行部(当初の席亭は京子の亡夫・2代目根岸浜吉。吉之助は大旦那)[5]。席数は131席[6]

明治期にメリーゴーランドを設置し客を集めた「木馬館」からの歴史を踏襲しており、入口右脇にそのモニュメントが飾られている。安来節の常打ち小屋として長らく続いた。空き小屋であった1階部分を、浪曲師東家楽浦や会長だった三門博率いる若手グループの要請により、1970年(昭和45年)5月上席から「木馬浪曲会」としてスタートする[7]。1年後[8]に「木馬亭」の呼び名を使用するようになる。(それ以前の歴史・現在の2階については木馬館大衆劇場の項を参照のこと)[9]

名物は入口で迎えてくれるお席亭・根岸京子の笑顔である。「アイスもなか」(バニラ・あずきの二種)は中入りに客席後方で販売される。

近年、舞台終わりでのご祝儀を渡す行為が見られ無くなりつつある[10]

現在、「お笑い浅草21世紀」という浅草軽演劇の流れを汲んだ劇団も毎月8日以降の日曜から翌日曜まで、8日間公演をしている[11]

公演を聴いていると、時折ドタンバタンと音が聞こえてくるが、2階の「木馬館大衆劇場」で立ち回りの音が漏れてきているのである。

また、浅草奥山という土地柄を生かし、小劇団の旗揚げ公演や、となりの奥山茶屋(→雷5656茶屋→現在はセブンイレブン浅草奥山おまいりまち店)で物売り芸を見せていた坂野比呂志を席主・浜吉が引っ張り出して公演した大道芸の会「坂野比呂志の総て」[12][13]、よしず張りのヒラキのようにした大道芸の「ほおずき市大道芸フェスティバル」(2005年まで20年連続公演)、活動弁士を招いての「特選名作無声映画会」[14]、大阪から松浦四郎若を共演ゲストに招いての「貝祭文を聞く会」なども開かれた。

木馬亭の沿革編集

  • 1970年(昭和45年)5月上席 「木馬浪曲会」を日本浪曲協会根岸興行部の共催の形でスタート。当初は1 - 15日までの興行[15]。月後半は貸席。
  • 1975年(昭和50年)に2階との区別のため「木馬亭」の呼称を使い始める[16]
  • 1992年12月 この頃、「平日とはいえ客が私を含め6人」の状況[18]
  • 1-10日までに短縮、さらに1-7日までの興行になるなど、苦しみながら[19]浪曲を寄席の演目として続けている。現在は昼席のみ。
  • 1998年1月12日 芝清之死去[20]
  • 2004年 木馬亭と共に育った玉川福太郎が連続読み企画「玉川福太郎の徹底天保水滸伝」を月1回ずつ開催。空前の大入りを続け、興行的にも大成功を収める[21]
  • 2014年6月 出演者を増やすために中トリ制を導入。演題の掲示開始(長田衛の提案)
  • 2015年 第36回松尾芸能賞功労賞を木馬亭の功績により席亭の根岸京子が受賞[22]
  • 近年、徐々に入場客が増えている[23]。膝送りをせずに平均7割程度の入り。

主な出身者編集

など。多くはツイッターのアカウントを持っており情報の発信をしている(末尾に:マーク。)

主な出演者(木馬館時代も含む)編集

主な曲師編集

など現在の日本浪曲協会所属の曲師は全て出演している。

など。

料金編集

  • 一般 2,000円
  • 25歳以下は半額の1,000円
  • 企画公演・貸席公演(独演会、大会等)は別料金。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 近年は高齢で体調を崩してか、テケツに姿が無い

出典編集

  1. ^ deji
  2. ^ 『東京人』380号p.30
  3. ^ deji
  4. ^ 『浅草: 戦後篇』堀切直人、右文書院, 2005、p129
  5. ^ 実録
  6. ^ deji
  7. ^ 唯1999p.370
  8. ^ 『写真にみる浅草芸能史』芝清之の解説文。p.196
  9. ^ 実録p.370
  10. ^ 社会学的見地から着目。
  11. ^ 21世紀
  12. ^ 昭和57年度文化庁芸術祭大賞受賞 (PDF)文化庁)、2017年5月12日閲覧。
  13. ^ 室町京之介『香具師口上集』に収録
  14. ^ 朝日新聞 1974年(昭和49年)3月19日付 「昔懐かし 活動写真を再現 オールドファン続々 浅草・木馬館」
  15. ^ 実録
  16. ^ 長井好弘「時代の証言者」浪曲の聖地を守る 根岸京子.6 読売新聞2014年7月16日
  17. ^ 長井好弘「時代の証言者」浪曲の聖地を守る 根岸京子. 読売新聞2014年7月
  18. ^ 永田衛『浪曲定席木馬亭よ、永遠なれ。』p.153
  19. ^ 1995年、NHKテレビ『日本の話芸』から浪曲外れる。永遠p.196
  20. ^ 永遠p.239
  21. ^ 長井好弘「時代の証言者」浪曲の聖地を守る 根岸京子.15 読売新聞2014年7月29日
  22. ^ http://matsuo.or.jp/award.html
  23. ^ 日本経済新聞 2017年5月8日夕刊16面
  24. ^ 小沢昭一『写真集 昭和<芸>』に写真あり。

参考文献編集

  • 唯二郎『実録 浪曲史』東峰書房、1999年。ISBN 978-4885920486
  • 長田衛『浪曲定席 木馬亭よ、永遠なれ。 芸豪烈伝+浪曲日記』創英社/三省堂書店、2014年2月14日。ISBN 978-4881428337
  • 美濃瓢吾『浅草木馬館日記』筑摩書房、1996年4月20日。ISBN 978-4480813985
  • 長井好弘「時代の証言者 浪曲の聖地を守る 根岸京子」読売新聞 、2014年7月9日ー8月5日。
  • 国本武春『待ってました 名調子!』アールズ出版、2012年。ISBN 978-4862042156

関連項目編集

外部リンク編集