メインメニューを開く

H2O(エイチツーオー)は、日本音楽デュオ

H2O
H2O Live2.jpg
H2O
中沢堅司(左)赤塩正樹(右)
基本情報
出身地 日本の旗 日本 長野県上田市
ジャンル ニューミュージック
活動期間 1976年 - 1985年
1999年 - 2001年
レーベル Kitty Records
ユニバーサルミュージック
事務所 アミューズ
メンバー 赤塩正樹
中沢堅司

1976年に結成され1985年に解散。1999年に再結成したが、現在グループとしての活動はしていない。代表曲は「想い出がいっぱい」、「ローレライ」など。

目次

メンバー編集

人名 生年月日 出身地 担当
中沢堅司
(なかざわ けんじ)
(1957-06-12) 1957年6月12日(61歳) 長野県上田市 ボーカル
ギター
赤塩正樹
(あかしお まさき)
(1957-04-27) 1957年4月27日(62歳) ボーカル
ギター
ピアノ

略歴編集

  • 上田市立第三中学校在学中、同級生であった中沢堅司(現・なかざわけんじ)と赤塩正樹は別々の高校に進学したものの「スプリング・ブリーズ」というバンドを結成。しかし大学進学、上京を機にバンドは解散へと至る[1]
  • 大学在学中に2人で活動をすることを決意。グループ名は「イエロー・ウイングス」も候補に挙がっていたが[1]、H2Oに決定。化学式の表記をグループ名にすることで「化学反応を起こしたい」という意味合いもあったとしている[1]。活動をはじめた2人が作ったデモテープが認められ、ミュージシャンの林立夫の紹介で、大学2年生の時に[1]アミューズに籍を預けることになる。「H2O」はプロデビューへ向けた楽曲制作に取り掛かるも、プロデューサーから幾たびも直しを言い渡され続けたという。
  • 1980年6月、薬師丸ひろ子主演映画「翔んだカップル」の挿入歌「ローレライ」でデビュー。その後、TV版「翔んだカップル」の主題歌「僕等のダイアリー」が続けてヒット。
  • 1981年に改名の話があった。同じアミューズ所属の桑田佳祐が考案した「太郎山ブラザーズ」(この名前は、地元・上田市の太郎山で二人がバンド練習をしていたという話から。ファーストアルバム「Water Land」のキャッチコピーが「ファースト&ラストアルバム」となっていたのも、この話があったということによる)に改める予定があったが、アミューズ社長の大里洋吉の鶴の一声でこれは取りやめになった[1]
  • 1983年3月25日、5枚目のシングル想い出がいっぱい/10%の雨予報」をリリース。両A面シングルであり、両楽曲共にフジテレビ系アニメ『みゆき』のエンディング曲(前者)、およびオープニング曲(後者)に起用され、大ヒット。一躍知名度を上げた。この曲のレコーディング前に、事務所から「あと半年で契約を終了しよう」と言われていたとのことで、起死回生と言えるヒットとなった[1]
  • 2人はオリジナル曲での活動を求めていたが、事務所の方針でシングル発表される曲は有名な作詞・作曲家の手によるものが多く、自分たちの楽曲はB面やアルバム収録曲に留まっていた。また『想い出がいっぱい』以降は大きなヒット曲に恵まれなかったことに加え、音楽番組やヒットチャートではアイドルや、後にJ-POPと呼ばれるバンドの楽曲が華を咲かせていたため、フォークデュオの形態で歌う2人はジレンマと焦りを感じていたという。当時アミューズに勤務していた寺内壮が新たにマネージャーに着任し、今後の方針を話し合う席で解散の意思を伝えた。
  • 1985年、解散。2人は別々の道を歩むこととなる。
  • 1999年に再結成、上田市制80周年のイメージソング「ここにおいでよ」をビクターエンタテインメント(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)から発売。
  • 2003年にはセルフカバーによる「想い出がいっぱい 〜the 21st century〜」を発売。しかし、“H2O”としての表立った活動は凍結。稀にテレビ番組の懐メロ番組などの企画などで楽曲を披露することはある。
  • 中沢堅司はoffice very提携アーティストとしてMUTOWN RECORDSに所属、2011年、同じ事務所の五十嵐浩晃とユニット「コンド55歳」を結成した。2012年に「中沢けんじ」→2017年に「なかざわけんじ」に改名。音楽活動を続けながら、RKK熊本ラジオのパーソナリティーやTV出演している。
  • 赤塩正樹は、解散後、1985年に渡米し、ニューヨーク大学教育学大学院を卒業。帰国後はフジパシフィック音楽出版(現:フジパシフィックミュージック)で専属作曲家を経て、現在 A.K.A Planet にてプロデュース、アーチスト、語学コンサルタントをしている。2012年3月8日、ドイツ、ベルリン・フィルハーモニーにて彼の新曲「絆のチカラ」が初演された。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

発売日 タイトル c/w 規格品番
Kitty Records
1st 1980年6月21日 ローレライ SPANISH CLASS DKQ-1085
2nd 1980年11月4日 僕等のダイアリー ジョバンニ 7DK-7003
3rd 1981年8月21日 グッタイミングですべりこみ ブルーベリーの頃 7DK-7014
4th 1982年7月25日 HELLO VIBRATION LONELY 7DS-0013
5th 1983年3月25日 想い出がいっぱい/10%の雨予報 7DS-0036
1996年7月25日 KTDR-2164
1996年1月25日 想い出がいっぱい/Good-byeシーズン KTDR-2149
6th 1983年10月1日 Good-byeシーズン/振り向けばBroken Heart 7DS-0058
7th 1984年6月25日 風のロマンス/虹のルージュ 7DS-0071
8th 1984年11月1日 So Long 想 Long サマードリーム 7DS-0084
ユニバーサルミュージック
9th 2003年10月29日 想い出がいっぱい 〜the 21st century〜 想い出がいっぱい(オリジナルバージョン) UMCK-5109

スプリットシングル編集

発売日 タイトル c/w 規格品番
ビクターエンタテインメント
1st 1999年7月28日 ここにおいでよ 瑠璃色の街(諏訪ひろみ)

アルバム編集

スタジオ・アルバム編集

発売日 タイトル 発売元 規格品番
Kitty Records
1st 1981年5月21日 WATER LAND Kitty Records 28MK-0013
1995年5月25日 KTCR-1531
2nd 1982年2月25日 Wait a second Kitty Records 28MK-0026
1995年5月25日 KTCR-1532
3rd 1983年4月25日 EMOTION Kitty Records 28MS-0032
1995年5月25日 KTCR-1533
4th 1985年2月25日 NEXT CORNER Kitty Records 28MS-0071
1995年5月25日 KTCR-1534

ベスト・アルバム編集

発売日 タイトル 発売元 規格品番
Kitty Records
1st 1983年10月25日 POOL Kitty Records 28MS-0043
1989年12月25日 H00K-20168
2nd 1995年11月25日 Biography Kitty Records KTCR-1355
3rd 1996年8月25日 Splash! Kitty Records KTCR-1386
4th 1996年11月21日 H2O Kitty Records KTCR-9037
キティMME
5th 2001年6月21日 夏色の雫 〜H2O BEST SELECTION〜 キティMME UMCK-1036
6th 2001年12月19日 スーパー・バリュー キティMME UMCK-8008
ユニバーサルミュージック
7th 2003年11月26日 想い出がいっぱい 〜the best collection〜 ユニバーサルミュージック UMCK-1175
8th 2004年9月8日 ゴールデン☆ベスト H2O ユニバーサルミュージック UICZ-6049
2012年12月5日 UPCY-9293
9th 2005年11月9日 H2O Best10 ユニバーサルミュージック UPCY-9026
10th 2007年12月19日 エッセンシャル・ベスト H2O ユニバーサルミュージック UPCY-9144

タイアップ一覧編集

楽曲 タイアップ
ローレライ 映画『翔んだカップル』挿入歌
僕等のダイアリー フジテレビ系ドラマ『翔んだカップル』主題歌
HELLO VIBRATION フジテレビ系アニメ『みゆき』挿入歌
想い出がいっぱい フジテレビ系アニメ『みゆき』エンディングテーマ
10%の雨予報 フジテレビ系アニメ『みゆき』オープニングテーマ
Good-byeシーズン フジテレビ系アニメ『みゆき』エンディングテーマ
ここにおいでよ 上田市制80周年イメージソング
想い出がいっぱい 〜the 21st century〜 キヤノンPIXUS」CMソング

その他編集

  • 2011年8月、サントリーフーズBOSS 懐かしのヒット曲歌謡祭』6缶パックケース1箱に1枚、8cmCDを貼付して販売する企画シリーズ(全30曲)。H2Oは『想い出がいっぱい』を提供。8月16日の第1弾シリーズ「ゼロの頂点」缶に貼付された[2]

メディア出演編集

テレビ出演 編集

映画編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『昭和40年男』2017年8月号(クレタパブリッシング)p.108 - 111ページ
  2. ^ ヒット歌謡曲 全30曲を提供 「BOSS懐かしのヒット曲歌謡祭」”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2011年8月10日). 2018年3月13日閲覧。

外部リンク編集