桂 三金(かつら さんきん、1971年1月6日 - 2019年11月9日)は大阪府東大阪市出身の落語家。本名は奥野 武志(おくの たけし)。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。上方落語協会会員。自称「落語界の橋田壽賀子」。

かつら さんきん
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三(さん).mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}金(きん)
第25回彦八まつりにて(2015年9月5日)
本名 奥野 武志(おくの たけし)
生年月日 1971年1月6日
没年月日 (2019-11-09) 2019年11月9日(48歳没)
出生地 日本の旗 日本大阪府東大阪市
師匠 六代桂文枝
弟子 桂笑金
名跡 桂三金(1994年 - 2019年)
活動期間 1994年 - 2019年
活動内容 上方落語
配偶者
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
受賞歴
2000年NHK新人演芸大賞」優秀新人賞

2004年 「第41回なにわ芸術祭」新人賞
2008年 「第3回繁昌亭大賞」創作賞
2019年 「第14回繁昌亭大賞」大賞

備考
上方落語協会会員

人物・略歴編集

明星高等学校卒業。1993年関西大学を卒業後、八光信用金庫(現在の大阪シティ信用金庫)に入庫、サラリーマン生活を送る。

中学校から大学まで落語研究会(落研)に所属していた。

1994年6月に桂三枝(現:六代桂文枝)に入門。高座名は、金融機関への勤務経験から。兄弟弟子の三扇三若らとともに、落語家のユニット「落語X世代」を結成している。

肥満体の体型で知られ、身長は168cmながら体重は120kgを超えていた。

2019年11月第2週の天満天神繁昌亭昼席「落語家25周年記念ウイーク」期間中、同期噺家8名と共に出演中だったが、11月9日の朝に自宅で倒れ、大阪市内の病院に救急搬送されたが21時35分(JST)、脳幹出血のため逝去。48歳没[1][2]

死去から10日あまり後の11月20日、上方落語協会の第14回繁昌亭大賞に選ばれ、協会会長の笑福亭仁智は「審査会があと十数日早ければ、三金の耳に届いたのに…。大賞が取れたのは良かったが、残念」と惜しんだ[3]

芸風編集

古典落語の他、趣味であるゴスペルストリートダンスなどを生かした「ゴスペル落語」「ダンス落語」などの創作落語コントなども演じる。創作落語では自身がモチーフになっている「奥野君の祭」「奥野君の選挙」「奥野君のコンパ」「奥野君の幽霊」などの奥野君シリーズがある。

また趣味であるプロレス観戦を通じて、プロレス好きの落語家を集め、出囃子をプロレス入場曲にするなどした主催の寄席や、実際のレスラーとも共演したコラボ寄席なども開催している。2019年11月末にはプロレス団体「DRAGON GATE」のレスラーと共演する「ドラゴンゲート寄席」が開催予定だったが、目前にして急死してしまった。

またマツコ・デラックスに扮した「ミツコ・デラックス」という漫談芸がある。

受賞歴編集

 
結三柏は、桂文枝一門の定紋である。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集