江口 憲一(えぐち けんいち、1947年6月9日 - )は、日本特撮映画撮影監督東京都葛飾区出身。東宝映像美術所属。

経歴編集

東京写真大学を卒業後、日テレ報道部のカメラマンとして入社、政府関係の会議を中心に活躍。1973年に退社しふりとなりテレビドラマの撮影助手として活躍し、1974年東宝映像美術に移籍。

撮影手法編集

川北紘一が特撮監督を務めた怪獣映画では怪獣の目線に合わせた主観撮影が多用されるが、江口は怪獣の歩行にあわせて自身も大きく踏み歩いてカメラを振動させたり、独自に開発した振動装置を用いて地響きを表現するなど独特な手法を駆使していた[1]

またゴンドラやクレーンを用いての危険なカメラワークも果敢に挑戦しており、大プールにカメラごと落ちても撮影を再開しようとしたことから「ダイハード・江口」とあだ名された[1]

代表作編集

テレビ編集

期間 番組名 制作(放送局) 役職
1972年4月7日 - 1973年3月30日 ウルトラマンA 円谷プロダクション
(TBS)
撮影助手

映画編集

公開年 制作(配給) 公開年月日 作品名 制作(配給) 役職
1984年 3月17日 さよならジュピター 東宝映画
イオ
東宝
撮影
8月11日 零戦燃ゆ 東宝映画
(東宝)
1985年 1月26日 愛・旅立ち フィルムリンクインターナショナル
(東宝)
1987年 1月17日 首都消失 徳間書店
関西テレビ
大映映画
(東宝)
9月26日 竹取物語 フジテレビ
東宝映画
(東宝)
1988年 9月17日 アナザーウェイ D機関情報 タキエンタープライズ
東宝東和
1989年 7月22日 ガンヘッド サンライズ
BANDAI
角川書店
IMAGICA
東宝映画
(東宝)
12月16日 ゴジラvsビオランテ 東宝映画
(東宝)
1991年 12月14日 ゴジラvsキングギドラ 東宝映画
ファーストウッド・エンターテインメント
(東宝)
1992年 12月12日 ゴジラvsモスラ 東宝映画
(東宝)
1993年 12月11日 ゴジラvsメカゴジラ
1994年 7月9日 ヤマトタケル
12月10日 ゴジラvsスペースゴジラ
1995年 12月9日 ゴジラvsデストロイア
1996年 12月14日 モスラ
1997年 6月7日 誘拐 協力撮影
12月13日 モスラ2 海底の大決戦 撮影
1998年 12月12日 モスラ3 キングギドラ来襲
1999年 12月11日 ゴジラ2000 ミレニアム
2000年 7月22日 プルガサリ 朝鮮芸術映画撮影所
レイジング・サンダー
12月16日 ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 東宝映画
(東宝)
2001年 12月15日 ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃 B班撮影
2002年 12月14日 ゴジラ×メカゴジラ 撮影
2003年 12月13日 ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 平成ゴジラパーフェクション 2012 pp.104 - 105 「平成ゴジラの特撮2 撮影」。

出典・参考文献編集

  • 『エクサイクロベティア オブ ゴジラ ゴジラ大百科』学研、1990年。
  • 『エクサイクロベティア オブ ゴジラ 最新ゴジラ大百科』学研、1992年。
  • 監修:川北紘一『平成ゴジラパーフェクション』アスキー・メディアワークス〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2012年。ISBN 978-4-04-886119-9

外部リンク編集