深町眞理子

日本の翻訳家

深町 眞理子(ふかまち まりこ、1931年11月1日 - )は、日本翻訳家

人物・来歴編集

東京府東京市生まれ。生命保険会社に勤務していた父の転勤のため、日本・朝鮮の各地を転々として過ごす。朝鮮の京城で敗戦を迎える。

京城府立第一高等女学校をへて[1]、1951年[2]東京都立忍岡高等学校卒。日本SF作家クラブ日本文芸家協会会員。

洋書輸入会社タトル商会(のちの日本洋書販売)に11年間、勤務。同社の著作権部の宮田昇の推薦で山本恭子の下訳者を4年間つとめる。1962年に翻訳家を目指して退社し、宇野利泰福島正実の下訳者をつとめながら、専業翻訳者となる[3]

英米のSFミステリーを中心に、スティーブン・キングルース・レンデルM・H・クラークアガサ・クリスティーなど数多くの翻訳を刊行している。一時期、樫村剛というペンネームも使用していた。

1980年に第2回延原謙賞を受賞。『アンネの日記』の新版(完全版)も訳した。コナン・ドイル作品では、シャーロック・ホームズシリーズほかを新訳している。

2009年に、小鷹信光白石朗越前敏弥田口俊樹とともに「翻訳ミステリー大賞」を創設した。

2013年、他のベテランSF作家らとともに、日本SF作家クラブの名誉会員となる。

浅倉久志が中心となって、翻訳家の交流会「エイト・ダイナーズ」が、小尾芙佐、深町眞理子、大村美根子山田順子佐藤高子鎌田三平白石朗というメンバーで行われていた[4]

著書編集

翻訳編集

コナン・ドイル作品編集

アガサ・クリスティ作品編集

  • 親指のうずき』(アガサ・クリスティー、早川書房) 1970、のちハヤカワ文庫
  • 『クリスティー傑作集』(アガサ・クリスティー、番町書房) 1977
  • NかMか』(アガサ・クリスティー、ハヤカワ・ミステリ文庫) 1978
  • 『クリスティーの6個の脳髄』(アガサ・クリスティー、講談社文庫) 1979
  • 招かれざる客』(アガサ・クリスティー、ハヤカワ・ミステリ文庫) 1980
  • 七つの時計』(アガサ・クリスティー、ハヤカワ・ミステリ文庫) 1981
  • 『海浜の午後』(アガサ・クリスティー、麻田実共訳、ハヤカワ・ミステリ文庫) 1985
  • 『アガサ=クリスティ推理・探偵小説集』1 - 2 (アガサ・クリスティー、各務三郎編、偕成社文庫) 1986
  • 『殺人をもう一度』 (アガサ・クリスティー、光文社文庫) 1988
  • ABC殺人事件』 (アガサ・クリスティー、偕成社文庫) 1990、のち創元推理文庫
  • 『さあ、あなたの暮らしぶりを話して クリスティーのオリエント発掘旅行記』(アガサ・クリスティー、早川書房) 1992、のちハヤカワ文庫
  • 茶色の服の男』(アガサ・クリスティー、早川書房、クリスティー・ジュニア・ミステリ) 2008
  • ミス・マープルと13の謎』(アガサ・クリスティー、創元推理文庫) 2019

ルース・レンデル作品編集

  • 『ひとたび人を殺さば』(ルース・レンデル、角川文庫) 1980
  • 『薔薇の殺意』(ルース・レンデル、角川文庫) 1981
  • 『わが目の悪魔』(ルース・レンデル、角川文庫) 1982
  • 『乙女の悲劇』(ルース・レンデル、角川文庫) 1983
  • 『指に傷のある女』(ルース・レンデル、角川文庫) 1986
  • 『もはや死は存在しない』(ルース・レンデル、角川文庫) 1987
  • 『偽りと死のバラッド』(ルース・レンデル、角川文庫) 1987
  • 『仕組まれた死の罠』(ルース・レンデル、角川文庫) 1988
  • 『惨劇のヴェール』(ルース・レンデル、角川文庫) 1989

メアリ・H・クラーク作品編集

  • 『子供たちはどこにいる』(メアリ・H・クラーク、河出書房新社) 1977、のち新潮文庫
  • 『揺りかごが落ちる』(メアリ・H・クラーク、新潮文庫) 1981
  • 『暗夜に過去がよみがえる』(メアリ・H・クラーク、新潮文庫) 1989
  • 『愛しいひとの眠る間に』(メアリ・H・クラーク、新潮文庫) 1990
  • 『いまは涙を忘れて』(メアリ・H・クラーク、新潮文庫) 1993
  • 『アナスタシア・シンドローム』(メアリ・H・クラーク、新潮文庫) 1993
  • 『追跡のクリスマスイヴ』(メアリ・H・クラーク、新潮文庫) 1996
  • 『ダンスシューズが死を招く』(メアリ・H・クラーク、新潮文庫) 1996
  • 『恋人と呼ばせて』(メアリ・H・クラーク、新潮文庫) 1999
  • 『殺したのは私』(メアリ・H・クラーク、安原和見共訳、新潮文庫) 2002
  • 『見ないふりして』(メアリ・H・クラーク、安原和見共訳、新潮文庫) 2002

スティーブン・キング作品編集

アンネ・フランク関連編集

出典編集

  • 読売人物データベース

脚注編集

  1. ^ 大橋由香子 (2015年11月1日). “連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.3 深町眞理子さんに聞く(2)”. 光文社古典新訳文庫. 光文社. 2018年12月27日閲覧。
  2. ^ 文庫版『成長の儀式』訳者紹介欄より
  3. ^ 大橋由香子 (2015年12月1日). “連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.3 深町眞理子さんに聞く(3)”. 光文社古典新訳文庫. 光文社. 2018年12月27日閲覧。
  4. ^ 大橋由香子 (2014年3月20日). “連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」(vol.1 小尾芙佐さんに聞く 5回表)”. 光文社古典新訳文庫. 光文社. 2018年12月27日閲覧。

外部リンク編集