深町 眞理子(ふかまち まりこ、1931年11月1日 - )は、日本の翻訳家。

人物・来歴編集

東京府東京市生まれ。生命保険会社に勤務していた父の転勤のため、日本・朝鮮の各地を転々として過ごす。朝鮮の京城で敗戦を迎える。

京城府立第一高等女学校をへて[1]、1951年[2]東京都立忍岡高等学校卒。日本SF作家クラブ日本文芸家協会会員。

洋書輸入会社タトル商会(のちの日本洋書販売)に11年間、勤務。同社の著作権部の宮田昇の推薦で山本恭子の下訳者を4年間つとめる。1962年に翻訳家を目指して退社し、宇野利泰福島正実の下訳者をつとめながら、専業翻訳者となる[3]

英米のSFミステリーを中心に、スティーブン・キングルース・レンデルM・H・クラークアガサ・クリスティーなど数多くの翻訳を刊行している。一時期、樫村剛というペンネームも使用していた。

1980年に第2回延原謙賞を受賞。『アンネの日記』の新版(完全版)も訳した。コナン・ドイル作品では、シャーロック・ホームズシリーズほかを新訳している。

2009年に、小鷹信光白石朗越前敏弥田口俊樹とともに「翻訳ミステリー大賞」を創設した。

2013年、他のベテランSF作家らとともに、日本SF作家クラブの名誉会員となる。

浅倉久志が中心となって、翻訳家の交流会「エイト・ダイナーズ」が、小尾芙佐、深町眞理子、大村美根子山田順子佐藤高子鎌田三平白石朗というメンバーで行われていた[4]

著書編集

  • 『翻訳者の仕事部屋』 (飛鳥新社 1999年/ちくま文庫 2001年)

翻訳書編集

  • アンドリュウ・ガーヴ『兵士の館』(早川書房(世界ミステリシリーズ) 1964年)
  • シャーリイ・ジャクスン『くじ』早川書房〈異色作家短篇集12〉 1964年)
  • アーサー・C・クラーク『渇きの海』早川書房 1965年 のちハヤカワ文庫)
  • ポール・アンダースン『タイム・パトロール』 稲葉明雄共訳 早川書房 1966年 のちハヤカワ文庫)
  • パトリシア・ハイスミス『慈悲の猶予』早川書房 1966年 「殺人者の烙印」ハヤカワ文庫)
  • アイザック・アシモフ「永遠の終り」早川書房 1967年 のちハヤカワ文庫)
  • ジョン・マクドナルド『濃紺のさよなら』(早川書房 1967年)
  • ハリー・バーネット『ベルリンの壁のかなた』(早川書房 1968年)
  • グンナー・マットソン『私のプリンセス 死と闘った愛の記録』(ノーベル書房 1968年)
  • パトリシア・モイーズ『殺人ファンタスティック』(早川書房 1968年 のちハヤカワ文庫)
  • トーマス・M・ディッシュ『人類皆殺し ジェノサイド』(早川書房 1968年 のちハヤカワ文庫)
  • ロバート・L.フィッシュ『シュロック・ホームズの冒険』(早川書房 1969年 のちハヤカワ文庫)
  • ブライアン・オールディス『グレイベアド』(早川書房(世界SF全集第26巻) 1969年 のち創元SF文庫)
  • スタンリイ・エリン『カードの館』(早川書房(世界ミステリシリーズ) 1969年)
  • ハン・スーイン『慕情』(角川文庫 1970年)
  • アレクセイ・パンシン『成長の儀式』(早川書房 1970年 のちハヤカワ文庫)
  • アガサ・クリスティー親指のうずき』(早川書房 1970年 のちハヤカワ文庫)
  • メアリー・マッカーシー『漂泊の魂』(角川文庫 1971年)
  • エドモンド・ハミルトン『銀河大戦』ハヤカワSF文庫 1971年)
  • アリシア・ベイ=ローレル地球の上に生きる』草思社 1972年)
  • グウェン・ディヴィス『ラヴ・ゲーム』(早川書房(ハヤカワ・ノヴェルズ) 1972年)
  • エドモンド・ハミルトン『太陽強奪』早川書房 ハヤカワSF文庫 1972年)
  • ミュリエル・スパーク『運転席』(早川書房 1972年)
  • ユードラ・ウェルティ『大いなる大地』(角川書店 1973年)
  • シャーリイ・ジャクスン『こちらへいらっしゃい』(早川書房 1973年)
  • トマス・トライオン『悪を呼ぶ少年』(角川書店 1973年 のち角川文庫)
  • バート・ハーシュフェルド『男と女』(ハヤカワ文庫NV 1973年)
  • ジェーン・ギャスケル『アトランの女王』1 - 3 (創元推理文庫 1973年-1974年)
  • ピーター・マッケイブ、ロバート・D.ショーンフェルド『ビートルズの不思議な旅』(永井淳共訳 草思社 1973年)
  • シャーリイ・ジャクスン『野蛮人との生活 スラップスティック式育児法』(ハヤカワ文庫 1974年)
  • ノーマ・クライン『サンシャイン 20歳の愛と死』(二見書房 1975年)
  • マイケル・ムアコックルーンの杖秘録』1 - 4 (創元推理文庫 1975年-1980年)
  • ラモン・センダー、アリシア・ベイ=ローレル『太陽とともに生きる』(草思社 1975年)
  • ハリイ・ケメルマン九マイルは遠すぎる』(永井淳共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1976年)
  • サッカレーバリー・リンドン』(角川文庫 1976年)
  • メアリ・ヒギンズ・クラーク『子供たちはどこにいる』(河出書房新社 1977 のち新潮文庫)
  • ノーマ・クライン『続サンシャイン』(二見書房 1977年)
  • コリン・シール『少年と海』(二見書房 1977年)
  • バロネス・オルツィ隅の老人の事件簿』(創元推理文庫 1977年)
  • 『クリスティー傑作集』(番町書房 1977年)
  • カレル・チャペックR.U.R.』(講談社文庫 1977年 のちグーテンベルク21(電子書籍))
  • スティーブン・キング『シャイニング』(パシフィカ 1978年 のち文春文庫)
  • ロジャー・ゼラズニイ光の王』(早川書房 1978年 のちハヤカワ文庫)
  • ゼナ・ヘンダースン『果しなき旅路』(ハヤカワ文庫 1978年)
  • アガサ・クリスティー『NかMか』(ハヤカワ・ミステリ文庫 1978年)
  • アラン・ディーン・フォスター『エイリアン』(角川文庫 1979年)
  • ロバート・L.フィッシュ『シュロック・ホームズの回想』(ハヤカワ・ミステリ文庫 1979年)
  • パトリシア・モイーズ『猫と話しませんか?』(晶文社 1979年)
  • フリッツ・ライバー『闇の聖母』(ハヤカワ文庫 1979年)
  • アン・セイヤー『ロザリンド・フランクリンとDNA ぬすまれた栄光』(草思社 1979年)
  • 『クリスティーの6個の脳髄』(講談社文庫 1979年)
  • トマス・ペイジ『ヘパイストスの劫火』(早川書房 1980年)
  • ルース・レンデル『ひとたび人を殺さば』(角川文庫 1980年)
  • ドリス・レッシング『なんといったって猫』(晶文社 1980年)
  • マンリー・W・ウェルマン、ウェイド・ウェルマン『シャーロック・ホームズの宇宙戦争』(創元推理文庫 1980年)
  • アガサ・クリスティー『招かれざる客』(ハヤカワ・ミステリ文庫 1980年)
  • ゴードン・R・ディクスン『宇宙士官候補生』(東京創元社 1981年 のち創元推理文庫)
  • フィン作、画: パパス『アンナの小さな神さま』(立風書房 1981年)
  • メアリ・H.クラーク『揺りかごが落ちる』(新潮文庫 1981年)
  • ミュリエル・スパーク『邪魔をしないで』(早川書房(Hayakawa novels) 1981年)
  • ルース・レンデル『薔薇の殺意』(角川文庫 1981年)
  • アガサ・クリスティー『七つの時計』(ハヤカワ・ミステリ文庫 1981年)
  • ロジャー・ゼラズニイ『燃えつきた橋』(ハヤカワ文庫 1982年)
  • ルース・レンデル『わが目の悪魔』(角川文庫 1982年)
  • ジョン・ヴァーリイ『ティーターン』(創元推理文庫 1982年)
  • ゼナ・ヘンダースン『血は異ならず』(宇佐川晶子共訳 ハヤカワ文庫 1982年)
  • スティーヴン・キング『ファイアスターター』(新潮文庫 1982年)
  • ルース・レンデル『乙女の悲劇』(角川文庫 1983年)
  • メアリー・スチュアート『狼森ののろい』(佑学社 1983年)
  • ジュリアン・シモンズ 『コナン・ドイル』(東京創元社 1984年 のち創元推理文庫)
  • C・J・チェリイ『ダウンビロウ・ステーション』(宇佐川晶子共訳 ハヤカワ文庫 1985年)
  • S.T.ヘイモン 『聖堂の殺人』(早川書房(世界ミステリシリーズ) 1985年)
  • アガサ・クリスティー『海浜の午後』(麻田実共訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1985年)
  • アンネ・フランクアンネの日記』(文藝春秋 1986年 のち文春文庫)
  • マンリー・ウェイド・ウェルマン『悪魔なんかこわくない』(国書刊行会 1986年)
  • ルース・レンデル『指に傷のある女』(角川文庫 1986年)
  • 『アガサ=クリスティ推理・探偵小説集』1 - 2 (各務三郎編 偕成社文庫 1986年)
  • ルース・レンデル『もはや死は存在しない』(角川文庫 1987年)
  • ミープ・ヒース思い出のアンネ・フランク』(文藝春秋 1987年 のち文春文庫)
  • ルース・レンデル『偽りと死のバラッド』(角川文庫 1987年)
  • スティーヴン・キング『クリスティーン』 (新潮文庫 1987年)
  • ルース・ブラウン 『くらーいくらいおはなし』 佑学社 1987年)
  • ジャネット・モーガン『アガサ・クリスティーの生涯』(宇佐川晶子共訳 早川書房 1987年)
  • ルース・レンデル『仕組まれた死の罠』(角川文庫 1988年)
  • S.T.ヘイモン『城館の殺人』(早川書房(ハヤカワ・ミステリ) 1988年)
  • アガサ・クリスティー『殺人をもう一度』 (光文社文庫 1988年)
  • ロナルド・ノックス編『探偵小説十戒 幻の探偵小説コレクション』(宇野利泰共訳 晶文社 1989年)
  • メアリ・H.クラーク『暗夜に過去がよみがえる』(新潮文庫 1989年)
  • スティーヴン・キング 『ペット・セマタリー』(文春文庫 1989年)
  • ルース・レンデル『惨劇のヴェール』(角川文庫 1989年)
  • フェイ・ウェルダン『人生のルール』(福武書店 1990年)
  • アリス・ホフマン『海辺の家族』(早川書房(Hayakawa novels) 1990年)
  • クリスチアナ・ブランド他 『招かれざる客たちのビュッフェ』(共訳 創元推理文庫 1990年)
  • メアリ・H.クラーク『愛しいひとの眠る間に』(新潮文庫 1990年)
  • アガサ・クリスティー『ABC殺人事件』 (偕成社文庫 1990年 のち創元推理文庫)
  • マーシャ・マラー『タロットは死の匂い』(徳間文庫 1991年)
  • コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの事件簿』(創元推理文庫 1991年)
  • フィリップ・J.デーヴィス『ケンブリッジの哲学する猫』(社会思想社 1992年 のちハヤカワ文庫)
  • エリザベス・M.トーマス『トナカイ月 原始の女ヤーナンの物語』(草思社 1992年)
  • アガサ・クリスティー 『さあ、あなたの暮らしぶりを話して クリスティーのオリエント発掘旅行記』(早川書房 1992年 のちハヤカワ文庫)
  • オースン・スコット・カード『辺境の人々』(友枝康子共訳 早川書房 ハヤカワ文庫 1993年)
  • メアリ・H.クラーク『いまは涙を忘れて』(新潮文庫 1993年)
  • メアリ・H.クラーク『アナスタシア・シンドローム』(新潮文庫 1993年)
  • ジャクリーヌ・“ヨーピー"・ファン・マールセン『アンネとヨーピー わが友アンネと思春期をともに生きて』(文藝春秋 1994年)
  • エリザベス・M.トーマス『犬たちの隠された生活』(草思社 1995年)
  • メアリ・H.クラーク『追跡のクリスマスイヴ』(新潮文庫 1996年)
  • ジョーン・ブレイディ『神さまはハーレーに乗って ある魂の寓話』(角川書店 1996年 のち角川文庫)
  • メアリ・H.クラーク『ダンスシューズが死を招く』(新潮文庫 1996年)
  • ジャスティン・マトット『花の記憶こころの庭』(河出書房新社 1998年)
  • アン・ハート『名探偵ポワロの華麗なる生涯』(晶文社 1998年)
  • メアリ・H.クラーク『恋人と呼ばせて』(新潮文庫 1999年)
  • スティーヴン・キング『ザ・スタンド』(文藝春秋 2000年 のち文春文庫)
  • アリス・ホフマン『タートル・ムーン』(早川書房 2000年)
  • ロバート・L. フィッシュ『シュロック・ホームズの迷推理―英米短編ミステリー名人選集〈7〉』 (共訳 2000年、光文社文庫)
  • メアリ・H.クラーク『殺したのは私』(安原和見共訳 新潮文庫 2002年)
  • キャロル・アン・リー『アンネ・フランクの生涯』(DHC 2002年)
  • ヘレン・マクロイ『家蠅とカナリア』(創元推理文庫 2002年)
  • メアリ・H.クラーク『見ないふりして』(安原和見共訳 新潮文庫 2002年)
  • デイヴィッド・イーリイ『大尉のいのしし狩り』(白須清美他共訳 晶文社 2005年)
  • ジャック・ロンドン野性の呼び声』 (光文社古典新訳文庫 2007年)
  • クリスチアナ・ブランド『ぶち猫 コックリル警部の事件簿』(吉野美恵子、白須清美共訳 論創社 論創海外ミステリ 2007年)
  • アガサ・クリスティー『茶色の服の男』(早川書房(クリスティー・ジュニア・ミステリ) 2008年)
  • ジャック・ロンドン『白い牙』(光文社古典新訳文庫 2009年)
  • コナン・ドイル 『シャーロック・ホームズの冒険』(創元推理文庫 2010年)
  • コナン・ドイル 『回想のシャーロック・ホームズ』(創元推理文庫 2010年)
  • コナン・ドイル 『緋色の研究』(創元推理文庫 2010年)
  • コナン・ドイル 『四人の署名』(創元推理文庫 2011年)
  • コナン・ドイル 『シャーロック・ホームズの復活』(創元推理文庫 2012年)
  • コナン・ドイル 『バスカヴィル家の犬』(創元推理文庫 2013年)
  • コナン・ドイル 『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』(創元推理文庫 2014年)
  • コナン・ドイル『恐怖の谷』創元推理文庫、2015
  • アガサ・クリスティ『ミス・マープルと13の謎』創元推理文庫 2019

出典編集

  • 読売人物データベース

脚注編集

  1. ^ 大橋由香子 (2015年11月1日). “連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.3 深町眞理子さんに聞く(2)”. 光文社古典新訳文庫. 光文社. 2018年12月27日閲覧。
  2. ^ 文庫版『成長の儀式』訳者紹介欄より
  3. ^ 大橋由香子 (2015年12月1日). “連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.3 深町眞理子さんに聞く(3)”. 光文社古典新訳文庫. 光文社. 2018年12月27日閲覧。
  4. ^ 大橋由香子 (2014年3月20日). “連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」(vol.1 小尾芙佐さんに聞く 5回表)”. 光文社古典新訳文庫. 光文社. 2018年12月27日閲覧。

外部リンク編集