稲川淳二

日本の男性俳優、YouTuber

稲川 淳二(いながわ じゅんじ、本名:稲川 良彦(いながわ よしひこ)、1947年〈昭和22年〉8月21日 - )は、日本の俳優工業デザイナーYouTuber。怪談家[2]

いながわ じゅんじ
稲川 淳二
稲川 淳二
2020年撮影
本名 稲川 良彦(いながわ よしひこ)
生年月日 (1947-08-21) 1947年8月21日(75歳)
出生地 日本の旗 日本東京都渋谷区
血液型 AB型
職業 俳優
工業デザイナー
YouTuber
活動期間 1976年 -
活動内容 1976年オールナイトニッポンDJ担当
1987年:『ハングマン』出演
1987年:怪談語りのカセットテープを発売
1992年:『信長 KING OF ZIPANGU』出演
1992年:怪談ライブを開催
著名な家族 稲川貴洋(息子)
主な作品
映画
心霊
オリジナルビデオ
『稲川淳二の超こわい話』
 
受賞
平成8年度 通商産業省選定グッドデザイン賞「車どめ」
テンプレートを表示
稲川淳二
人物
身長 167 cm (5 ft 6 in)
公式サイト
YouTube
別名 座長
チャンネル
活動期間 2020年7月26日 -
ジャンル エンターテイメント
登録者数 9.52万人[1]
総再生回数 923万回[1]
事務所(MCN ユニJオフィース
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年8月7日時点。
テンプレートを表示

東京都渋谷区恵比寿出身で中目黒育ち[2]。血液型はAB型桑沢デザイン研究所専門学校研究科卒業[2]。3人姉弟(姉1人弟1人)の長男。ユニJオフィース所属。

お笑いタレントで、ラジオの深夜放送で人気を博し、テレビ番組のリポーターリアクション芸人として活躍。また、ラジオ放送での怪談が好評を博し、以後「霊感タレント」としても活動している。トレードマークは口髭マオカラースーツ(ただし口髭を剃っている時期もあった)。怪談トークの際の愛称は「座長」[2]

人物・エピソード編集

東京都中野区に在住。自身の工房は茨城県にある。

怪談の語り口は特徴的で、その独特の口調で聞く人に恐怖を味わわせている。タレントとしてだけではなく、テレビ番組などにデザイナーとしても出演することもある。

稲川の人柄の良さは業界内では有名で、「稲川の悪い話は聞かない」と言われるほどである。すこぶる温厚、ユーモアのある人柄でありつつ、壮大なサービス精神を持ち前にしており(生来のサービス精神と場持ちのよさから、学生時代から「コンパ屋」の異名をとっていた)、他人のためなら自分を傷つけていいと思っており(リアクション芸において垣間見ることが出来る)、絶大なるお人好しだという。ファンに対するサービス精神も旺盛で、頼まれもしないのにファンに怪談をエンドレスで聞かせ、マネージャーに止められることもしばしば。かなりの確率でファンレターに返事をすることでも有名。インターネット上では、ライブの際に控え室で記念撮影をしてもらったことなどが記されたブログもある。

2003年以降、稲川自身が心霊スポットに向かい、独自の“稲川節”と呼ばれる心霊に関する発想・発言や建築への造詣、突然倒れたり吐き出したりする映像が収録された“恐怖の現場”シリーズがネット上で人気を博している。

かつてはおしどり夫婦として妻(青森県弘前市出身)と共にテレビCMにも出演していたが、1990年の正月に妻が家からいなくなり、現在も別居中ではあるが淳二の事務所社長を務めており、本人いわく「給料を振り込む、込まれるだけの間柄」[3](『おはよう朝日です』水曜日にレギュラー出演していた時によくネタにされていた)。息子が2人いる。長男の稲川貴洋は俳優として活動中。2006年、ダイドーブレンドコーヒーのCMで、元プロ野球選手の新庄剛志と共演した。次男の由輝(ゆうき)は先天性疾患を持つ重度の身体障害者であり、2013年4月に逝去(享年26)。この経験から稲川は障害者支援活動に取り組んでいる(詳細後述)。

1985年8月12日、健康番組の『稲川淳二のためになる話』を東京で収録後、日本航空123便で大阪に移動する予定だったが、当日は立つのが辛いほど体調を崩していた。そこで翌朝に国鉄東海道新幹線ひかり号一番列車で大阪へ向かうようスケジュールを変更、当該便をキャンセルしたため、その墜落事故の難を逃れた。一方、友人で同番組を手伝っていた美容研究家の和田浩太郎は収録後、私用で大阪へ移動する際、羽田空港への到着が早かったためキャンセル待ちで当便に搭乗して犠牲になった[4]。稲川本人はこのエピソードを「運命の分かれ目」「生涯忘れられない出来事」と語っている。

夏場の怪談ツアーの活動が知られるが、実際は冬にも怪談イベントを開催するほか[出典無効]、怪談話の取材・収集[出典無効]、工業デザイナーとしての仕事や障害に関する講演など、年間通して精力的な活動を行っている。怪談以外の活動にも注力するため、テレビ出演は夏場の怪談関係の仕事に絞っている[5]

障害者支援活動編集

次男の由輝は先天性の頭蓋骨形成異常を引き起こすクルーゾン氏症候群(Crouzon syndrome)という重度の身体障害者であり[6]、2013年4月に逝去(享年26)。稲川は障害者の親として講演やボランティア活動にも取り組んでいる[5][7][8]。また、厚生労働省2005年国会へ提出した「障害者自立支援法案」に反対の意思を表明している。

2021年、パラアーティスト(障害者アーティスト)による絵画を募集し、ウェブや書籍にて公開する「稲川芸術祭」を開催[9]

略歴編集

幼少時編集

幼少時は恵比寿に在住しており、地元ではガキ大将的存在で「10人ほどの弟分を従えていた」という。安岡力也とは有栖川公園で出会っているが、これといった交流があった訳でもなく[10]芸能界入り後にある現場で再会してそこから交友が始まり、以後力也の死まで関係が続いていた[11]

古い日本家屋であった実家で、母親が稲川兄弟や近所の子供たちに語り聞かせた怖い話を喜んで聞いていたと回想している[12]。また、母は歴史好きでもあったため時々東京各地や鎌倉など様々な場所に遊びに行くたび、そこにまつわる歴史上の人物などの話[注釈 1]を講談のように聞いて育った[2]。この母の影響を受けて自然と話術が身に付き、小学校では上記の会談、歴史やバカ話をクラスメイトに聞かせては人気を集めていた[2]

デザイン研究所と劇団スタッフ編集

子供の頃から絵を描くのが得意で、その後進学した工業高校で美術教師から絵の才能を褒められた[2]。将来美術系に進むことを決め、3年生の夏休みに阿佐ヶ谷の美術予備校に通った[2]。高校卒業後、桑沢デザイン研究所に入所するが時々授業をサボったり課題の提出を怠るなど不真面目な学生だった[2]。この頃「コンパ屋」の異名がついた[注釈 2]

同研究所に通っている内に舞台美術に興味を持ち、仕事の見学のため劇団を訪ね歩いた。ある日稲川のおしゃべり好きを知った舞台演出家から、舞台のセット転換時にストーリーテラーとして場を繋ぐよう頼まれる。この舞台で「借金取りのジジイ役」をあてがわれ、本番では演技未経験ながらアドリブで数分間を乗り切った。

これにより演出家に気に入られて劇団に頻繁に出入りし始め、ほどなくして劇団のマネジャー的立場(児童部の世話係など)を任された。研究所卒業後は、本職でデザイン会社所属の工業デザイナーをしながら、同劇団に依頼されてはマネジャー業務や舞台美術制作、たまに端役での出演も熟した。

タレントとしての略歴編集

デビュー編集

工業デザイナー兼劇団スタッフをしていたある日、役者たちが子供向けテレビ帯番組の大人の出演者オーディションに参加することになった[2]。稲川は彼らの付き添いで訪れたところ、構成作家が偶然研究所時代の知人と判明。急遽オーディションに参加して合格し、テレビへの出演を果たす[注釈 3]

これにより後日友人の結婚式の司会を任されると、たまたま出席していたラジオ局のプロデューサーに司会ぶりを気に入られた。数日後の夜、彼から呼び出され「今からラジオに出て喋ってほしい」と頼まれたのが、「オールナイトニッポン」第二部への出演だった[2]1976年4月より、ニッポン放送の深夜ラジオ番組『オールナイトニッポン』二部カッコマン(伊藤政則)の跡を継いでラジオパーソナリティとなる。

人気編集

舞台俳優として活動していたが、1980年代中期に貧乏・不健康というキャラクターでバラエティ番組にも登場。一世を風靡したフジテレビオレたちひょうきん族』内の一コーナー『ひょうきんベストテン』にて、"歌手役で登場 → 「悲惨だなー」と嘆き、散々な扱いを受ける → カメラに向っての決め台詞「いかがでしたか? 喜んでいただけましたか?」"という一連の流れを披露していた。

日本テレビスーパージョッキー』では初期のレギュラーであった。同番組では、Jockey-1のコーナーで、マイナーな商品やあまり意味の無い商品をビートたけしのツッコミを受けながら、視聴者がなんとか欲しがるように説明や実演を行っていた。また、番組名物の「熱湯風呂」に入る際は、たけしがきちんとピンマイクを外す冷静さを指摘し、その後のダチョウ倶楽部のネタ「聞いてないよ」の伏線となっている。

その後も、日本テレビの『ルックルックこんにちは』やTBSテレビの『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』などのバラエティ番組に出演、体を張ったリポートと大きなリアクションで人気を得ることとなる。リアクション芸人としての地位は、後にダチョウ倶楽部や出川哲朗が引き継いでいくこととなる。

極度の音痴も芸風のひとつで、一昔前のものまね番組では沢田研二の『勝手にしやがれ』を調子はずれな音程で熱唱するのが恒例だった。

俳優編集

1987年朝日放送テレビドラマザ・ハングマン6』および『ハングマンGOGO!』で、悪人に対する仕置きの見本となる「モルモット小父さん」役を演じた。

1992年NHK大河ドラマ信長 KING OF ZIPANGU』では、サイドストーリー的な準レギュラーとして、キリスト教宣教師に出会い洗礼を受ける琵琶法師・慈海(ロレンソ)役を演じて俳優出身のシリアスな一面を見せ、さらにその時にはトレードマークであった口ひげを剃り周囲を驚かせた。

怪談編集

独特の口調で語る怪談の語り手としても知られている。1986年オールナイトフジでの『生き人形』(後述)の怪談が反響を呼ぶ。翌1987年には数篇の怪談を収録したカセットテープが発売され、オリコンチャートの上位にランクインする(その後もCDやビデオ、あるいは書籍として数多くの怪談がリリースされた)。 また、1993年頃から『稲川淳二の怪談ナイト』(ミステリーナイトツアー)という怪談によるライブを毎年夏から年末にかけて行い、全国を廻っている(2001年には、正月にも開催された)。演劇調の演出が施された稲川の怪談は従来の講談や落語のようなシンプルな演出をやや派手に発展させたものであり、特にテレビのコンテンツとしての相性が良かった。稲川の登場により多くのタレントが怪談の語り手としてメディアに登場するようになったという点で怪談の現代化・ビジネス化に大きく貢献したと言える。『稲川淳二の怪談ナイト』は2019年7月時点で披露した怪談460話、動員数延べ57万人に達する[12]。2022年6月現在で、連続公演30年を達成。披露した怪談は500話以上、動員数延べ63万人を越えた[2]

夏場は怪談のトークライブを全国各地で行っていることから、関西テレビの『ナンボDEなんぼ』の"夏に忙しい芸能人番付"で、東の横綱に選ばれた(ちなみに西の横綱は盆踊り関西各地を廻る河内家菊水丸)。

稲川淳二自身が口にしたくない程に恐い(話の内外で死者や負傷者が出ている)『生き人形』という話がある。大抵、この話をすると呪いがかかると噂されている。自身の著書でも、自分のお気に入り恐い話のランキング1位に持ってくるほどである。

スティーヴン・キングの大ファンである[13]

自身が選ぶ最も怖い映画ベスト3として、1位:『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』 2位:『ミザリー』 3位:『キャリー』 を挙げている。 『恐怖の現場』というDVDシリーズでは、心霊がいることを証明するために心霊スポットに潜入するドキュメントを制作しており、「科学で心霊を説明しようとする考えが大嫌いだ」と番組内で強く発言したことがある。

なお、令和の初めに俳句結社により、自身が季語に選定された模様[14][15]

デザイナーとしての略歴編集

芸能界入り前から工業デザイナーとして活動しており、「車どめ」のデザインで平成8年度通商産業省選定グッドデザイン賞(公共空間用設備機器部門)を受賞している[16]

  • 1966年、都立多摩工業高校を経て、桑沢デザイン研究所インダストリアル科に入学。
  • 1970年、桑沢デザイン研究所研究科を卒業。
  • 1971年、株式会社共立デザインにデザイナーとして入社。
  • 1987年、焼肉「韓々」(世田谷区)の店内、外観およびロゴマークをデザイン。
  • 1991年、「淳二・風・工房」「NAO Bird`s Bar」をデザイン。
  • 1996年、「車どめ」でグッドデザイン賞受賞。
  • 1970年代初頭[17]スズキレーシングカーのボディカウルやヤマハのテストボディのデザイン経験を持っている[18]。それは、幼少期から大の自動車好きであり、デザイナーを志したのも「イタリアにあるカロッツェリアの様な工房でカーデザインをやってみたかった」という本人の希望によるものであった[19] (稲川発言:七段楽目に記載あり)。
  • その他に、新幹線車内の「検札機」や、初期の「バーコードリーダー」のデザインを手掛けている[20][21]

作品編集

シングル編集

アルバム編集

  • 稲川淳二の秋の夜長のこわ〜いお話(1987年、ビクターエンタテインメント
  • 稲川淳二の木枯し吹く夜のこわ〜いお話(1987年、ビクターエンタテインメント)
  • 稲川淳二の実体験怪異談「怖いから聞かないで」(1991年、ポニーキャニオン
  • 稲川淳二の実体験怪異談「ホントに怖いから聞かないで」(1995年、ポニーキャニオン)
  • 稲川淳二の怖〜いお話 Vol.1「霊界への扉」(1996年、ポニーキャニオン)
  • 稲川淳二の怖〜いお話 Vol.2「殺意の病棟」(1996年、ポニーキャニオン)
  • 稲川淳二の怪談ナイト 〜ミステリーナイトツアー ライブ盤〜(1999年、日本クラウン
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 1「北陸の海岸」(2003年、MNTレコーズ)
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 2「北海道の花嫁」〜心を癒す怪談集〜(2003年、MNTレコーズ)
  • 稲川淳二の実体験怪異談「怖いから聞かないで 惨」(2004年、ポニーキャニオン)
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 3「赤い半纏」(2004年、MNTレコーズ)
  • 稲川淳二の実体験怪異談「怖いから聞かないで 極選」(2005年、ポニーキャニオン)
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 4「隔離病棟の地下通路」(2005年、MNTレコーズ)
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 5「にわか坊主の怨み」(2006、MNTレコーズ)
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 6「樹海」(2007年、MNTレコーズ)
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 7「ねんねこ坂」(2007年、MNTレコーズ)
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 8「真下の住人」(2008年、MNTレコーズ)
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 9「時間がない…」(2009年、MNTレコーズ)
  • 決定盤!!稲川淳二の怖~い話 ベスト(2010年、ポニーキャニオン)
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 10「先住者」(2010年、MNTレコーズ)
  • 稲川淳二の怪談〜MYSTERY NIGHT TOUR BEST SELECTION BOX〜(2010年、テイチクエンタテインメント
  • MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談Selection 11「奥多摩の旅館」(2011年、MNTレコーズ)

オーディオブック編集

  • 最恐の夏『4つの顔』2008年(USENことのは出版
  • 最恐の夏『赤い唇』2008年(USEN・ことのは出版)
  • 最恐の夏『死ぬ瞬間』2008年(USEN・ことのは出版)
  • 最恐の夏『首なし地蔵』2008年(USEN・ことのは出版)
  • 最恐の夏『ついてきたもの』2008年(USEN・ことのは出版)
  • 最恐の夏『押し入れのおばちゃん』2008年(USEN・ことのは出版)
  • 最恐の夏『解体屋』2008年(USEN・ことのは出版)
  • 最恐の夏『奥多摩の古旅館』2008年(USEN・ことのは出版)
  • 最恐の夏『東北地方の大学生』2008年(USEN・ことのは出版)
  • 最恐の夏『樹海を走るタクシー』2008年(USEN・ことのは出版)

ビデオ・DVD編集

  • 稲川淳二のトゥルーストーリー(1991年、ポニーキャニオン) - 原案、脚本
  • 稲川淳二のホラー・ビデオ パンドラの箱(1992年、BMGビクター) - 原案
  • 稲川淳二・怪奇心霊実話 凍りつく病棟(1992年、大陸書房ISBN 4884921348 - 原案、総監督、脚本、特殊メイク
  • 稲川淳二と田村ガンの関東心霊スポット(1992年、バンダイビジュアル
  • 稲川淳二の恐怖への招待状(1994年、ケイエスエス) - 企画
  • 稲川淳二の超こわい話シリーズ(1995年 - 、バンダイビジュアル)
  • 稲川淳二の冥土 in お葬式(1996年、ミンツインターナショナル・ポニーキャニオン)
  • 稲川淳二の怪談ライヴ '96(1996年、バンダイビジュアル)
  • 稲川淳二の恐怖物語シリーズ(1997年 - 、バンダイビジュアル)
  • 稲川淳二presents 心霊《スペシャル》(1998年、イメージファクトリーアイエム)
  • 稲川淳二の恐怖劇場シリーズ (1999年 - 、バンダイビジュアル)
  • 稲川淳二《最・恐・傑・作《生き人形(2000年、アットエンターテイメント)
  • 稲川淳二の餌食(2000年、ケイエスエス)
  • 稲川淳二の餌食II(2000年、ケイエスエス)
  • 稲川淳二の怪奇事件簿(2000年、バンダイビジュアル)
  • 稲川淳二の霊怪(2001年、東映ビデオ
  • 稲川淳二 恐怖の現場シリーズ(2002年 - 、バンダイビジュアル)
  • 稲川 二十世紀「怪」完全保存版(2003年、アットエンターテイメント)
  • 稲川淳二の恐怖夜話(2004年、デジキューブ
  • 稲川淳二のあなたの隣の恐い話シリーズ(2004年、GPミュージアムソフト)
  • 稲川淳二の恐怖の百物語(2005年、エースデュースエンタテインメント)
  • 稲川淳二の新・恐怖の百物語(2005年、エースデュースエンタテインメント)
  • 稲川淳二の怪異夜話(2005年、リバプール)
  • 稲川淳二の怪奇夜話(2005年、リバプール)
  • 稲川淳二の怪談ナイトLIVE2004(2005年、トップシーン
  • 稲川淳二の真・恐怖夜話(2006年、リバプール)
  • 稲川淳二の怪聞夜話(2006年、リバプール)
  • 稲川淳二の怪談ナイトLIVE2005(2006年、トップシーン)
  • 稲川淳二の怪霊夜話〜秘蔵呪怨念編〜(2007年、リバプール)
  • 稲川淳二の怪霊夜話〜秘蔵怪演編〜(2007年、リバプール)
  • 稲川淳二の怪談ナイトLIVE2006(2007年、トップシーン)
  • 稲川+1(2007年、テイチクエンタテインメント)
  • 稲川淳二の怨念劇場シリーズ(2007年-、バンダイビジュアル)
  • 稲川淳二の霊談シリーズ(2007年-、バンダイビジュアル)
  • 淳二稲川のねむれない怪談1・2(2009年-、キングレコード)
  • 稲川淳二のねむれない怪談オールスターズ1・2(2010年-、キングレコード)

劇場公開作品編集

  • 心霊(1996年、イメージファクトリーアイエム) - 企画、原案、脚本、監督、出演
  • 心霊2(1997年、イメージファクトリーアイエム) - 企画、原案、脚本、監督、出演
  • 稲川淳二の呪界(2000年、ケイエスエス
  • 劇場版稲川淳二 かたりべ (2014年、オフィスJ)

ゲーム・メディア編集

Webアニメ編集

出演編集

テレビドラマ編集

テレビ番組編集

ラジオ番組編集

映画編集

  • 嵯峨野の宿(1987年、にっかつ
  • 輪舞(りんぶ)(1988年、にっかつ)
  • 丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!(1990年、松竹富士
  • 極道戦争・武闘派(1991年、東映
  • 劇場版稲川怪談 かたりべ(2014年)
  • 斉木楠雄の災難(2017年)

オリジナルビデオ編集

  • マーシーの禁断! お嬢様学園危機イッパツ(1993年)
  • 俺達は天使(カタギ)じゃない(1993年)
  • 俺達は天使(カタギ)じゃない2(1993年)
  • ダッチ(1996年)
  • ゾンビ屋れい子(2003年)

Webドラマ編集

  • 稲川淳二のショートホラーシネマ

CM編集

マルチメディア放送編集

  • 稲川淳二の怖い話 本家本元!7夜連続SP!(2013年、NOTTV
  • 冬も稲川!恐怖の現場 6夜連続SP〜AKB48も戦慄く十八霊場〜 (2014年、NOTTV)
  • 稲川淳二の超絶こわい劇場2014(2014年、NOTTV)

ゲーム・メディア編集

トークショー編集

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

お笑いライブ編集

Webアニメ編集

ドラマCD編集

  • 生贄の村(2009年、漫画『怪物王女』単行本第10巻限定版に付属) - 語り

ラジオドラマ編集

吹き替え編集

パチンコ編集

  • 怪談ぱちんこ CR稲川淳二(2014年、高尾

書籍編集

著書編集

  • 稲川淳二の悲惨だなーッ(1985年、朝日ソノラマISBN 4947538481
  • すご〜く怖い話(朝日ソノラマ)
  • 稲川淳二のヨイショで拝んで土下座して(1986年、近代映画社ISBN 4764813734
  • 稲川淳二 青春すとぉりぃ(1987年、昭和印刷
  • 稲川淳二のここがコワインですよ(1990年、朝日ソノラマ) ISBN 4257032979
  • 稲川淳二の死ぬほど怖い話(1992年、大陸書房ISBN 4803342342
  • 稲川淳二の秘蔵心霊写真(1994年、リイド社ISBN 4845811642
  • 稲川淳二の超怖い話(1995年-、角川書店
  • 稲川淳二のすご〜く恐い話シリーズ(1995年-、リイド社)
  • 餌食(1999年、銀河出版ISBN 4877770135
  • 稲川淳二のこの心霊体験がスゴイ!!(2000年、竹書房ISBN 4812406110
  • 稲川淳二の二度と話したくない怖い話(2000年、日本文芸社ISBN 4537063424
  • 稲川淳二の最新・超怖い話(2000年、角川書店/ザテレビジョン文庫) ISBN 4049300214
  • 稲川淳二の新・怖い(2001年、竹書房) ISBN 481240746X
  • 稲川淳二の本当に怖い怪談(2001年、竹書房)
  • 稲川淳二の絶叫・心霊写真(2001年、角川書店/ザテレビジョン文庫) ISBN 404930029X
  • 稲川淳二の最新・超怖い話2(2001年、角川書店/ザテレビジョン文庫) ISBN 4049300281
  • 稲川淳二の最新・超怖い話-怪異-(2002年、角川文庫/ザテレビジョン文庫) ISBN 4049300400
  • 稲川淳二の恐怖がたりシリーズ(2003年-、竹書房)
  • 稲川淳二のこの世で一番怖い話(2003年、竹書房) ISBN 4812411882
  • 稲川淳二の最新・超怖い話-霊怪-(2003年、角川書店/ザテレビジョン文庫) ISBN 4049300435
  • 稲川淳二の怪異談(2003年、竹書房) ISBN 4812413052
  • 新稲川淳二のすご〜く恐い話シリーズ(2003年-、リイド社)
  • 稲川淳二の眠れないほど恐い話(2004年、竹書房) ISBN 4812416450
  • 稲川淳二の怖すぎる話シリーズ(2004年-、竹書房)
  • 最新 稲川淳二の怖い話(2005年、メディアックス) ISBN 4862016049
  • 稲川淳二の怖い話 稲川淳二の恐い話 ザ・ベスト(2007年、竹書房)ISBN 9784812431269

コミック編集

  • 生き人形 (漫画:永久保貴一、1986年、朝日ソノラマ)
  • 稲川淳二のすご〜く恐い話(1997年-、リイド社)
  • 稲川淳二の最新・超怖い話(2000年-、角川書店/ザ・ホラーコミックス)
  • 稲川淳二の恐怖がたり(2002年-、竹書房)
  • 稲川淳二の最新・怖い話(2007年、ぶんか社)
  • ミタナ(2007、ぶんか社)

ものまねをする人物編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 例として新田義貞赤穂浪士ねずみ小僧楠木正成など。
  2. ^ 昼間の学校ではなかなか見つからないのに、夜の酒場で見かけることが多かったため、彫刻担当の教師により命名された[2]
  3. ^ 本人によると、この番組出演は本業の取引先の子供たちに顔が知れ渡ったことから営業がしやすくなったという[2]

出典編集

  1. ^ a b 稲川淳二メモリアル「遺言」 YouTubeランキング”. ユーチュラ. 2020年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 週刊文春2022年7月7日「阿川佐和子のこの人に会いたい」第1400回・稲川淳二p124-129
  3. ^ 稲川淳二の怖い話 25年前から女房「帰ってこない」-『日刊スポーツ』2015年8月13日参照。
  4. ^ “【日航機墜落30年】難を逃れた芸能人たち さんまがIMALUに込めた思い”. 東京スポーツ. (2015年8月13日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/125561 2017年9月21日閲覧。 
  5. ^ a b 障害者の親へ 稲川淳二さんメッセージ 要らない命なんてない 息子殺そうとして気付き”. 西日本新聞社 (2013年2月28日). 2016年6月24日閲覧。
  6. ^ 稲川尚子『ママと呼んで!由くん』(まどか出版、2001年)
  7. ^ 山梨・青年革新懇づくり交流会やりました![リンク切れ] 青年革新懇づくり交流ニュース 2010年6月17日 山梨・青年革新懇準備会(仮)
  8. ^ 安心の医療・介護へ 集会に5000人2010年10月22日『しんぶん赤旗
  9. ^ 稲川芸術祭
  10. ^ (日本語) 【悪ガキ2】稲川淳二が幼馴染・安岡力也との因縁を暴露!芸能界“喧嘩王”の武勇伝&殴り合いの真相&淳二と力也が見た亡霊!【マブダチへの遺言∞】【ジャイアンとのび太】【巣鴨プリズン】【サンシャインの怪】, https://www.youtube.com/watch?v=CSse9rotb7M 2021年8月14日閲覧。 
  11. ^ 『東京スポーツ』2011年4月13日付 連載「息子へ」
  12. ^ a b 【かあさんのせなか】怪談家 稲川淳二さん/布団の中の怪談 楽しくて朝日新聞』朝刊2019年7月28日(教育面)2019年7月30日閲覧。
  13. ^ 稲川淳二に独占インタビュー!「恐怖は快感…怪談は娯楽に留めるべき」 - シネマトゥデイ(2008年11月21日掲載)
  14. ^ Twitter>稲川淳二>「3,4年前に、俳句協会から「稲川淳二さんが夏の季語になりました」」
  15. ^ 「「『稲川淳二』が季語に」大手協会は「認めたことはない」と困惑 本人に聞いてみた」【Yahoo!ニュース】2022年7月29日付
  16. ^ フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉〜へぇの本〜 4』講談社、2003年。 
  17. ^ 稲川淳二 講演依頼 プロフィール|Speakers.jp(スピーカーズ)”. Speakers.jp(スピーカーズ) (2013年2月10日). 2022年5月31日閲覧。
  18. ^ *** Driver's Meeting *** | Driver's Salon |”. www.racerk.jp. 2021年5月25日閲覧。
  19. ^ *** Driver's Meeting *** | Driver's Salon |”. www.racerk.jp. 2022年5月31日閲覧。
  20. ^ 稲川淳二の本職が凄いと話題に! バーコードリーダーや新幹線の検札機はこの人のデザイン | ガジェット通信 GetNews” (日本語). ガジェット通信 GetNews (2014年9月7日). 2021年5月25日閲覧。
  21. ^ yujkawaguch, 2020/12/22 9:12 PM Writer: (2020年12月22日). “稲川淳二の衝撃的な真実が発覚・・・” (日本語). 秒刊SUNDAY. 2021年5月25日閲覧。
  22. ^ 株式会社QBQ編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118346 p50
  23. ^ “稲川淳二、9年ぶりにドラマ出演 本人役に「こんな幸運なことはない」”. ORICON STYLE. (2016年7月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2074588/full/ 2016年7月6日閲覧。 
  24. ^ ユバのしるし公式のツイートより。2017年7月13日
  25. ^ 「宇宙なんちゃら こてつくん」ゲストの稲川淳二が宇宙の出来事を怪談のように話す(コミックナタリー)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年9月9日閲覧。
  26. ^ オカルトホラー小説「師匠シリーズ」ラジオドラマに高杉真宙、関智一ら”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月5日). 2019年12月12日閲覧。
  27. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信 vol.141 17ページより
  28. ^ 稲川淳二 @Junji_Inagawa 2017年12月30日午後8:30分のツイート
  29. ^ 稲川淳二 @Junji_Inagawa 2017年12月30日午後8:31分のツイート

関連項目編集

外部リンク編集