メインメニューを開く

清美川 梅之(きよみがわ うめゆき、1917年1月5日 - 1980年10月13日)は、秋田県平鹿郡十文字町(現在の横手市)出身で伊勢ヶ浜部屋所属の元大相撲力士旧全日本プロレス所属の元プロレスラー。大相撲時代は、身長182cm、体重94kg。

清美川 梅之
プロフィール
リングネーム 清美川梅之
清美川
トーゴー・シクマ
トーゴー・タニ
本名 佐藤梅之助
ニックネーム さすらいの一匹狼[1]
身長 182cm - 185cm
体重 94kg - 100kg
誕生日 1917年1月5日
死亡日 (1980-10-13) 1980年10月13日(63歳没)
出身地 日本の旗 秋田県平鹿郡十文字町
スポーツ歴 大相撲
テンプレートを表示

本名:佐藤 梅之助(さとう うめのすけ)。大相撲廃業後に入婿の形で結婚し、大橋 梅之助(おおはし うめのすけ)が本名となったが後に離婚、佐藤姓に戻している[2]

目次

来歴編集

 
力士時代の清美川

相撲時代編集

同郷の幡瀬川を頼って伊勢ヶ浜部屋に入門し、1934年1月場所で初土俵を踏む。当初の四股名は薩摩川。早くから有望視されるとともに順調に出世し、四股名を清美川と改名。1938年1月場所に十両昇進、1940年5月場所に新入幕を果たした。1942年5月場所には、12日目に横綱双葉山外掛けで倒し金星を挙げた[2]。また、1943年5月場所には、11勝4敗の成績で優勝旗手の栄誉に輝いている。

美男力士として人気があったが[1]、家業を継ぐこともあり、1946年11月場所を最後に廃業した。得意手は、左四つ、上手投げ、外掛け。最高位は、東前頭筆頭。幕内在位13場所。幕内通算成績は72勝87敗1分10休。

場所別成績編集

 

                                                     
清美川梅之
春場所 夏場所 秋場所
1934年
(昭和9年)
(前相撲) 西序ノ口8枚目
3–2 
x
1935年
(昭和10年)
西序二段12枚目
3–3 
西序二段5枚目
4–2 
x
1936年
(昭和11年)
西三段目17枚目
5–1 
西幕下25枚目
6–5 
x
1937年
(昭和12年)
西幕下18枚目
8–3 
東幕下筆頭
9–4 
x
1938年
(昭和13年)
西十両5枚目
5–8 
西十両11枚目
6–7 
x
1939年
(昭和14年)
西十両13枚目
7–6 
西十両8枚目
8–7 
x
1940年
(昭和15年)
西十両筆頭
10–5 
東前頭17枚目
7–8 
x
1941年
(昭和16年)
西前頭18枚目
6–9 
西前頭20枚目
7–7
1分
 
x
1942年
(昭和17年)
東前頭12枚目
9–6 
西前頭2枚目
8–7
x
1943年
(昭和18年)
東前頭筆頭
2–13 
西前頭14枚目
11–4
旗手
 
x
1944年
(昭和19年)
東前頭5枚目
2–3–10 
西前頭15枚目
6–4 
西前頭12枚目
6–4 
1945年
(昭和20年)
x 東前頭6枚目
2–5 
東前頭9枚目
3–7 
1946年
(昭和21年)
x x 東前頭14枚目
引退
3–10–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

プロレス時代編集

1953年プロレスへ転向し、山口利夫とともに旧全日本プロレスを旗揚げ。1954年2月には力道山シャープ兄弟を招聘して開催した日本プロレスの旗揚げシリーズに参加している[2]1955年からは木村政彦国際プロレス団に移籍、翌1956年5月15日に木村とのコンビでラウル・ロメロ&ヤキ・ローチャを破り、中南米タッグ王座を獲得した[2]

団体消滅後は、メキシコ南米アフリカヨーロッパなど世界各地を転戦。アメリカNWAトライステート地区では、戦前に活躍した日本人レスラーのキラー・シクマこと志熊俊一にあやかり、トーゴー・シクマリングネームで活動[2]1967年5月16日にはシャチ横内と組んでジャック・ブリスコ&ゴージャス・ジョージ・ジュニアから同地区認定のUSタッグ王座を奪取し、10月7日にダニー・ホッジ&スカンドル・アクバに敗れるまで保持した[3]。戴冠中はホッジとルー・テーズのコンビとも何度となく対戦したという[2]

1970年に14年ぶりに帰国し、国際プロレスに参戦。以後、当時ホームリングとしていた欧州マットと国際プロレスのパイプ役を担い、マイティ井上鶴見五郎をドイツのハノーバー・トーナメントにブッキングした[2]。自身も同トーナメントにおいて、1966年、1970年、1973年と通算3回の優勝を果たしている(1970年はレネ・ラサルテスと同率優勝)[4]

1973年11月の帰国後はレフェリーに転向し、1974年3月19日に蔵前国技館で開催されたアントニオ猪木 vs ストロング小林戦(NWF世界ヘビー級選手権試合)を裁いている。また、全日本女子プロレスのコーチも引き受け、ジャッキー佐藤マキ上田ビューティ・ペアをトレーニングした[2]

その後、全日本女子プロレスを引退・退団した阿蘇しのぶらを擁し、女子プロレス団体『ワールド女子プロレス』旗揚げを画策。旗揚げ戦のポスターに自身も登場するなどしたが、諸事情により旗揚げ前に頓挫している[2]

1980年10月13日静岡県内にて脳卒中のため死去[2]。63歳没。

その他編集

離婚して家族とは別居していたが、プロレスラーとして長期海外転戦中の1957年4月2日、元妻に引き取られた当時12歳の長男が誘拐・殺害されている。

脚注編集

  1. ^ a b 『THE WRESTLER BEST 1000』P320(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e f g h i j 『Gスピリッツ Vol.22』P22-27「元・前頭筆頭 清美川梅之の根無し草人生」(2012年、辰巳出版ISBN 4777809846
  3. ^ NWA United States Tag Team Title History: Tri-State version”. Wrestling-Titles.com. 2012年2月5日閲覧。
  4. ^ Hanover Tournament”. Wrestling-Titles.com. 2013年6月8日閲覧。

外部リンク編集