熱帯夜(ねったいや)は、日本気象庁の用語で、「夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温摂氏25度以上のこと[1][2]」をいう。

目次

概要編集

元々は、気象エッセイスト倉嶋厚による造語。[要出典]

気象庁は熱帯夜における「夜間(夕方から翌朝まで)」が時刻何時から何時までを指すのかについて定義していない。そのため、気温推移による「熱帯夜」そのものの公式な統計はない(気温#気温の測定と統計を参照)。「1日(0時1分から24時まで)の最低気温が摂氏25度以上の日」の統計は公表されているので、新聞・放送等では便宜的にそのデータが報道の根拠として用いられている。なお、この「1日の最低気温が摂氏25度以上の日」を指す、気象庁による特別な用語はない[1][2]

俳句においてはの季語。近代気象学を前提とする語であるため、伝統的俳諧や明治など近代初年の俳句においては作例をもたない。

超熱帯夜編集

「最低気温が摂氏30度以上の夜」を指す用語は公式上は定義されていないが、倉嶋は「超熱帯夜(ちょうねったいや)」という表現を紹介している[要出典]

原理編集

夏になると日照時間が増え、熱が地面や建物に伝導して蓄積される。コンクリートアスファルトのような熱容量の大きな物質から熱放射(輻射熱)が起こり、夜になっても続くために、夜間でも気温が下がらなくなる。ヒートアイランド現象の要因とされる。 また、東京湾伊勢湾大阪湾瀬戸内海博多湾有明海などの内海では盛夏に表面水温が30℃以上を推移することがあり、 その沿岸の都市部である東京都心部、名古屋市、大阪市、神戸市、岡山市、広島市、福岡市、佐賀市等ではヒートアイランド現象に加えて内湾の風呂効果によって夜間も日付が変わるごろまで30℃以上を維持する日が見られる。

観測編集

日最低気温摂氏25度以上日数の推移編集

下記の表は、日最低気温(日界24時)が25℃以上となった日数であり、増加・長期化している傾向にある。

年間平均日数の推移
東京都
千代田区
大阪府
大阪市
沖縄県
石垣市
1931年 - 1935年 7.6日 11.0日 80.6日
1936年 - 1940年 6.4日 8.6日 89.8日
1941年 - 1945年 9.8日 12.0日 92.2日
1946年 - 1950年 6.4日 7.4日 84.4日
1951年 - 1955年 12.0日 15.0日 111.2日
1956年 - 1960年 12.8日 19.8日 111.8日
1961年 - 1965年 14.0日 29.2日 110.0日
1966年 - 1970年 15.8日 32.5日 100.2日
1971年 - 1975年 14.8日 23.8日 103.8日
1976年 - 1980年 17.2日 27.4日 110.4日
1981年 - 1985年 24.2日 30.6日 116.2日
1986年 - 1990年 23.4日 30.4日 116.2日
1991年 - 1995年 28.8日 37.6日 119.0日
1996年 - 2000年 30.4日 39.0日 123.2日
2001年 - 2005年 29.4日 44.6日 120.4日
2006年 - 2010年 30.4日 42.4日 128.4日

例として、東京で日最低気温が25℃以上となった日数は、1930年代から1940年代にかけてはほとんどが年間10日以内しかなく、1948年は1日しかなかった(例外的に、1942年は24日あった)。1990年代半ば以降は年間30〜49日に達することも珍しくなくなってきている[3]。特に、2010年は観測史上最も多い56日、翌年翌々年も同2位タイとなる49日を記録した。また本州では、以前は7月中旬から8月中旬頃までの観測が多かったが、近年では6月下旬から9月中旬まで記録することもあり、長期化傾向にある。例えば、2011年6月には東京で、日最低気温25℃以上を4回記録している。2016年10月3日には、広島越廼でそれぞれ25.2℃と25.4℃を、10月4日には、福岡で25.0℃を記録し、いずれの地点でも10月の最低気温の最も高い記録を更新した。[4][5] [6]

主な都市における年間平均日数
1941年-1970年 1971年-2000年 1981年-2010年
平年値
北海道札幌市 0.0日 0.1日 0.1日
宮城県仙台市 0.1日 0.8日 1.4日
東京都千代田区 11.8日 23.1日 27.8日
神奈川県横浜市 5.6日 14.4日 18.5日
新潟県新潟市 4.4日 8.4日 11.1日
静岡県静岡市 4.4日 8.4日 11.6日
愛知県名古屋市 3.3日 12.8日 19.4日
京都府京都市 6.2日 15.9日 20.7日
大阪府大阪市 18.9日 31.5日 37.4日
兵庫県神戸市 18.7日 22.7日 43.1日
岡山県岡山市 5.3日 17.7日 28.8日
広島県広島市 7.4日 16.8日 28.2日
香川県高松市 6.4日 12.1日 22.5日
福岡県福岡市 14.2日 26.8日 33.2日
熊本県熊本市 9.1日 16.0日 24.0日
鹿児島県鹿児島市 15.7日 35.8日 51.6日
沖縄県那覇市 74.1日 89.8日 99.0日
年間日数の変化率 (1936-2007年)[7]
  観測所 変化率(日/10年) 都市率[8]
1 福岡県 福岡 +5.0日 62%
2 沖縄県 石垣島 +4.9日 5%
3 山口県 下関 +4.8日 32%
4 東京都 東京 +3.7日 92%
和歌山県 和歌山 +3.7日 35%
熊本県 熊本 +3.7日 51%
7 愛知県 名古屋 +3.6日 86%
三重県 津 +3.6日 24%
京都府 京都 +3.6日 64%
10 徳島県 徳島 +3.5日 27%
- 大阪府 大阪[9] +6.3日 -

日最低気温摂氏30度以上日数の推移編集

気象台や測候所では1分間に観測された平均値を1分ごとに記録している[2]が、アメダスでは10分ごとに観測(2002年以前の記録は1時間ごとの観測値が記録として採用)しているので、アメダスの方がより高い最低気温が観測される傾向にある(2008年3月25日より10秒ごとの観測を順次導入しており、気象台や測候所と同じく1分ごとに記録する予定である[10])。

前日に異常な高温を記録したり、台風などの通過で発生するフェーン現象によって、まれに夜間(0時〜9時)の最低気温が30℃以上になることはあるが、一日の最低気温が30℃以上になったことは日本国内の気象台・測候所では2例しかない。

日最低気温(日界24時)が30℃以上
参考(アメダス観測)
30.8℃ 新潟県糸魚川市(1990年8月22日)[13]
30.3℃ 石川県小松市(2000年7月31日)[14]
30.2℃ 富山県上市町(1997年8月9日)[15]
30.0℃ 福井県越廼村(2000年7月31日)[16]
最低気温(0時〜9時)が30℃以上(参考)

日最低気温は当日24時までを対象とするため、昼間〜日没後に最低気温が記録される場合もあり、夜半〜未明を最低気温と見る人の感覚とは乖離がある。例えば、2004年7月21日の東京は、前日に観測史上最高の気温(39.5℃)を記録した影響で、明け方でも気温は30℃を下回らず、当日のメディアでは超熱帯夜だと話題になった。しかし、23時頃になって30℃を下回り、日最低気温は過去最高(当時)の29.6℃であった[17]

この他、最低気温(0時〜9時)が30℃以上だった例は、石川県金沢市(1990年8月23日)31.5℃(日最低気温は26.8℃)[18]などがある。(日本最高記録であるかは不明)

出典・脚注編集

関連項目編集