メインメニューを開く

信仰

神や仏などを信じること
神仏から転送)

信仰(しんこう、英語で faith)とは、

  • キリスト教神学的には、神の存在と啓示を真実として信じる事[1]
  • などを信じること。また、ある宗教を信じて、その教えをよりどころとすること。[2]
  • 人やものごとを信用・信頼すること。[3]
  • 証拠抜きで確信を持つこと[4]。またそれらを信じることを正当化する要因[5]

信仰のことを仏教においては「信心(しんじん)」と呼ぶことが一般的である。「信仰」と書いて古くは「しんごう」と読んでいたこともある[6]

概説編集

神を感じるのは心であって、理性ではない。信仰とはこのようなものなのである。 — ブレーズ・パスカル、『パンセ』 断章278

このように、この語は多くの場合宗教的概念、例えば神、教義などを信じることに対して用いる[4]広辞苑によれば、信仰は一般に、畏怖よりも何らかの親和の気持ちが根源にあるとしている[7]。 「宗教」という語が、組織や制度までも含めて指す包括的な語であるのに対し、「信仰」や「信心」は人(あるいは人々)の意識に焦点をあてた語である。

また、何らかの対象を絶対のものと信じて、疑わないこと[8]を指すこともある。 この用法は、日本語では比喩的且つ否定的なニュアンスを持つ修辞として用いられる事が多いが[9]、公的な中国語での「信仰」の概念は、宗教もマルクス主義信仰などの宗教以外の信仰も同等に対象とされ、同じ文脈で語られ得る[9]

各宗教における信仰編集

初期ユダヤ教、旧約聖書における信仰編集

初期ユダヤ教旧約聖書においては、信仰の概念は神に対する人間の態度であって、神に対する従順と信頼がテーマとされた (創世記 15:6、イザヤ書 7:9)。初期ユダヤ教において、信仰の典型あるいは最も古典的な例として扱われているのはアブラハムのそれである(創世記 15:6)。

信仰は「神の民の命の基礎」(イザヤ書 7:9)、とされ、神に対する従順と信頼が真のアブラハムの子孫としての証しであった(シラ 44:19-23)。信仰によって、民は救いと霊魂の不滅が約束されている(知 15:3)、とされた。

キリスト教における信仰編集

キリスト教における信仰。

新約聖書編集

共観福音書においては、「信仰」や「信仰する」という語はギリシャ語でそれぞれ「pistis」「pisteuein」という語で表現されており、これら信仰を表す語は旧約聖書においてよりも頻繁に用いられている。 信仰は奇跡を起こす(マタイ 17:20、21:21、ルカ 17:6)、とされ、信仰は、神の子、あるいはメシアとして、イエスが神との特別な関係にあると信じること(マルコ 1:24、3:11、15:32、マタイ 8:29、14:33、ルカ 4:41)とされる。 イエスの十字架上の死と復活の後、「救世主イエス」「神の子イエス」に対する信仰は、イエスの弟子たちにより展開・確定し、原始教団の信仰の核となっていった[10]、とされる。

それ以来、キリスト教徒にとっては、唯一の神への信仰は同時にイエス・キリストへの信仰となった[10]。キリストを信じることにより罪のゆるしが得られるのであり(使徒行伝 10:43、26:18)[10]、キリストを信じることは救いのための唯一の必要条件である(使徒行伝 4:12、16:31)[10]、とされるようになった。

3〜5世紀編集

3〜5世紀になると、三位一体論とキリスト論の教理が定められ、信仰内容は客観化された。アタナシオス信条として具体化されると、この客観的に表現された事柄を信じることが正統とされ、この信条を受け入れないことは異端とされるようになった[11]

アウグスティヌス編集

アウグスティヌス新プラトン主義に基づいて、神は存在そのものであり、真理と神の認識はひとつであるとした[11]。理性は過ぎ去るものに執着する人間性に基づいたものであるから英知界(mundus intelligibilis)にたどり着けない、信仰に基づく認識のみが真理に到達しうる、とした[11]。また、信仰は神の霊感(inspiratio Dei)であると説いた。また「善を行う神を信頼することによって、よく行動することにとどまる(Credendo adhaerere ad bene operandum bona operanti Dei)」と述べた。これは人間性を回復させるものが愛(アガペー)であることを意味しており、信仰は愛(アガペー)と密接に結びついている[11]とされる。

宗教改革以後編集

宗教改革の旗手となったマルティン・ルターは、パウロ書簡を引用して信仰のみによる救済を説いた。信仰義認は、その後のプロテスタントの根幹となるテーゼの一つとなった[12]

信仰対象の例編集

超絶的存在、究極の存在編集

[13]

超絶的な存在から与えられたとされる言葉編集

約束や、教えなど[14]

超絶的存在と深い関係があると見なされている人など編集

上記の人にまつわる物編集

多神教アニミズムにおける神、自然物、自然の生物編集

その他の人編集

比喩的用法編集

「信仰」という表現は、転じて、何らかの対象を絶対のものと信じて疑わない状態のことを指すようにもなっている[16]。例えば以下のようなものごとについて用いられる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ホセ・ヨンパルト『学問と信仰の世界ー特に法学の場合ー』 成文堂 2013年、ISBN4-7923-0351-6C3032 pp.127
  2. ^ 「1 神仏などを信じてあがめること。また、ある宗教を信じて、その教えを自分のよりどころとすること。」yahoo!辞書 デジタル大辞泉-信仰
  3. ^ 「1. confidence or trust in a person or thing」
  4. ^ a b Dictionary.com - faith
  5. ^ The Internet Encyclopedia of philosophy - faith
  6. ^ 広辞苑
  7. ^ 畏怖の気持ちが根源にあるものについては、別の語("崇敬"など)をあてるのが一般的。
  8. ^ 「2 特定の対象を絶対のものと信じて疑わないこと」 yahoo!辞書 デジタル大辞泉-信仰
  9. ^ a b 長谷千代子、川口幸大・瀬川昌久(編)『現代中国の宗教:信仰と社会をめぐる民族誌』 昭和堂 2013年、ISBN 978-4-8122-1233-2 pp.38-41.
  10. ^ a b c d 新カトリック大事典 III』p.390
  11. ^ a b c d 『新カトリック大事典 III』p.391
  12. ^ 世界大百科事典『信仰義認』 - コトバンク
  13. ^ 超絶的存在という語を使用しているのは、宗教を定義する時に「超絶的存在」「超越的存在」といった言葉を用いつつ行うのがひとつのオーソドックスで古典的な方法であり、概念構造がはっきりとし、便宜上好ましいからである(例えば『宗教学辞典』(東京大学出版会)の宗教の項などを熟読のこと)
  14. ^ 旧約聖書」「新約聖書」に含まれる「約」の字は「約束」「契約」を意味している。
  15. ^ ユダヤ教キリスト教イスラム教においては聖典が特に重視されていることから、それらを指す「聖典宗教」という呼称も存在する。
  16. ^ 「2 特定の対象を絶対のものと信じて疑わないこと」yahoo!辞書-信仰

参考文献編集

  • 『新カトリック大事典』

関連項目編集

外部リンク編集