第91回都市対抗野球大会

第91回都市対抗野球大会(だい91かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、2020年11月22日から12日間にわたり東京ドームで開催された都市対抗野球大会である。

概要編集

  • 2020年には東京オリンピックが予定されていたため、開催期日を11月22日とする方向で決定されていた[注 1]。ただし予選は、クラブチーム主体の第1次予選を全日本クラブ野球選手権大会の予選と兼ねる地域もあるので、3月末の奈良県予選からはじまる予定が組まれていた。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大のため、3月末から試合の開催自体が困難になり、オリンピックも延期が決まった。そのなかで、日本野球連盟はクラブ選手権、社会人野球日本選手権大会の中止を決めたが、都市対抗の開催に向けての努力を続けた。
  • 7月2日、日本野球連盟は都市対抗野球大会の開催を決定し、予選も7月4日の埼玉県・山梨県・滋賀県の1次予選を皮切りに、各地ではじまることとなった。予選は無観客試合も含め順調に行われ、10月16日に32代表が決定した。
  • 創部2年目、予選初出場の富里市ハナマウイが初出場。また、倉敷市三菱自動車倉敷オーシャンズが16年ぶり、名古屋市ジェイプロジェクトが8年ぶり、にかほ市TDKが7年ぶり、横浜市ENEOSが5年ぶりの復活出場、ENEOSはこの出場で史上3チーム目となる50回目の出場となった。
  • 一方、2021年度から2チームに再編・集約することを発表した三菱重工業の4チーム(三菱パワー名古屋神戸・高砂広島)は、広島のみ出場を決めた。
  • 会場の東京ドームは読売ジャイアンツ(巨人)本拠地で、巨人は2020年のセントラル・リーグ優勝によって日本選手権シリーズへ進出した。本来のシリーズ規定ではこの場合に巨人側のホームゲームを東京ドームで開催することになっているが、2020年には、新型コロナウイルス感染拡大の影響で本大会と重複する期間(11月21日 - 29日)でのシリーズ開催を余儀なくされた。このため、東京ドームでは、日本シリーズの期間中も本大会を当初の予定どおりに開催。日本シリーズについては、社会人野球日本選手権大会の会場でもある京セラドーム大阪を、日本野球機構(NPB)の特例扱いで巨人側のホームゲームで使用することとなり[1]、日本選手権シリーズの第1戦・第2戦が京セラドーム大阪で開催された[注 2]

新型コロナウイルス感染症対策編集

  • 入場は1試合あたり1万人に制限。全席指定。外野・3階席も閉鎖。ネット上での事前販売のみで、当日球場では購入できなかった。
  • 応援も禁止。これにともない応援団コンクールも中止。
  • 延長戦については、本年度に限り準決勝までは試合時間に関係なく、決勝戦に限ってはこれに試合開始から4時間以上が経過した場合という条件付きで「10回以後、1アウト満塁の段階から、かつ10回は打順選択制」でタイブレークを導入する。

予選編集

出場チーム編集

出場枠 都市 チーム 出場回数
推薦 千葉市 JFE東日本 2年連続24回目
北海道 札幌市 JR北海道硬式野球クラブ 2年ぶり16回目
東北第1 にかほ市 TDK 7年ぶり15回目
東北第2 石巻市 日本製紙石巻 3年ぶり5回目
北信越 高岡市 伏木海陸運送 3年ぶり5回目
北関東第1 日立市 日立製作所 2年連続38回目
北関東第2 鹿嶋市 日本製鉄鹿島 5年連続20回目
南関東第1 狭山市 Honda 4年連続34回目
南関東第2 さいたま市 日本通運 6年連続45回目
南関東第3 富里市 ハナマウイ 初出場
東京第1 東京都 JR東日本 11年連続23回目
東京第2 東京都 NTT東日本 5年連続44回目
東京第3 東京都 セガサミー 2年ぶり11回目
東京第4 東京都 鷺宮製作所 3年連続15回目
西関東第1 横浜市 ENEOS 5年ぶり50回目
西関東第2 川崎市 東芝 12年連続42回目
出場枠 都市 チーム 出場回数
東海第1 豊田市 トヨタ自動車 6年連続22回目
東海第2 鈴鹿市 Honda鈴鹿 5年連続25回目
東海第3 浜松市 ヤマハ 2年連続41回目
東海第4 名古屋市 東邦ガス 4年連続14回目
東海第5 名古屋市 ジェイプロジェクト 8年ぶり2回目
東海第6 岡崎市 三菱自動車岡崎 2年連続12回目
近畿第1 大阪市 NTT西日本 6年連続31回目
近畿第2 門真市 パナソニック 5年連続54回目
近畿第3 大阪市 大阪ガス 3年連続26回目
近畿第4 京都市 日本新薬 7年連続37回目
近畿第5 大阪市 日本生命 2年連続61回目
中国第1 広島市 三菱重工広島 3年ぶり17回目
中国第2 倉敷市 三菱自動車倉敷オーシャンズ 16年ぶり8回目
四国 高知市 四国銀行 4年ぶり19回目
九州第1 大津町 Honda熊本 5年連続14回目
九州第2 福岡市 西部ガス 2年ぶり5回目

試合編集

1回戦編集

2回戦編集

準々決勝編集

準決勝編集

決勝編集

12月3日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
NTT東日本 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0
Honda 1 0 0 0 3 0 0 0 X 4 8 0
  1. N : 沼田優雅(4回1/3)、熊谷拓也(2回0/3)、堀誠(0回2/3)、佐々木健(1回)
  2. H : 朝山広憲(8回)、福島由登(1回)
  3. 本塁打:  H – 井上
  4. 審判:球審…堀井、塁審…土井・美濃・福壽
  5. 試合時間:2時間51分
NTT東日本
打順守備選手
1[中]向山基生
2[遊]丸山雅史
楠研次郎
3[二]下川知弥
4[左]火ノ浦明正
5[右]笹川晃平
6[指]桝澤怜
7[一]喜納淳弥
8[捕]保坂淳介
宮内和也
佐久本一輝
9[三]小林勇登
Honda
打順守備選手
1[右]吉田叡生
2[三]津田翔希
3[左]井上彰吾
4[指]佐藤竜彦
5[捕]辻野雄大
6[一]山本瑛大
北岡達樹
篠塚宜政
7[中]鈴木薫
8[遊]檜村篤史
9[二]千野啓二郎

表彰選手等編集

表彰 選手 所属チーム(補強選手の本来の所属チーム)
橋戸賞 井上彰吾(外野手) Honda
久慈賞 向山基生(外野手) NTT東日本
若獅子賞 廣畑敦也(投手) 三菱自動車倉敷オーシャンズ
朝山広憲(投手) Honda
藤井健平(外野手) NTT西日本
首位打者賞 佐藤竜彦(指名打者)
5試合 22打席20打数10安打 打率.500
Honda
打撃賞 吉田叡生(外野手) Honda
小野賞 四国銀行チーム
西部ガスチーム
大会優秀選手 投手 東野龍二 Honda
朝山広憲
福島由登
堀誠 NTT東日本
大竹飛鳥
草海光貴 セガサミー
三宮舜 セガサミー (明治安田生命
小松貴志 日本新薬
西川大地
濵﨑浩大 NTT西日本
村田健 西部ガス
菊池大地 四国銀行
捕手 辻野雄大 Honda
浜岡直人 Honda熊本
一塁手 喜納淳弥 NTT東日本
根岸晃太郎 セガサミー
二塁手 千野啓二郎 Honda
下川知弥 NTT東日本
大内信之介 セガサミー(JPアセット証券
福永裕基 日本新薬
三塁手 津田翔希 Honda
丸山雅史 NTT東日本
井手隼斗 西部ガス
遊撃手 中川智裕 セガサミー
外野手 井上彰吾 Honda
吉田叡生
向山基生 NTT東日本
火ノ浦明正
笹川晃平 NTT東日本(東京ガス
大塚直人 日立製作所
藤井健平 NTT西日本
柴田一路 四国銀行
山本卓弥 Honda熊本
指名打者 佐藤竜彦 Honda
桝澤怜 NTT東日本
米澤健太郎 西部ガス
特別賞[2] ENEOSチーム

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 秋開催となったのは第82回大会(2011年)以来で最も遅い開催となる。なお11月開幕という点では、世界アマチュア野球選手権日本大会開催の都合による1980年第51回大会以来であり、12月閉幕は戦後初となる。
  2. ^ 2020年日本選手権シリーズは福岡ソフトバンクホークスが4戦4勝で優勝したため、京セラドーム大阪での第6戦・第7戦は行われることはなかった。

出典編集

  1. ^ "巨人は初 プロ野球40年ぶり本拠地以外で日本シリーズ 都市対抗野球のため使用できず". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2 December 2020. 2020年12月2日閲覧
  2. ^ 大会通算100勝を達成したことを表彰。

外部リンク編集