群馬県第2区

群馬県第2区(ぐんまけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗群馬県第2区
衆議院小選挙区 群馬県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 桐生市(旧新里村黒保根村域を除く)、伊勢崎市太田市(旧藪塚本町域)、みどり市(旧大間々町笠懸町域)、佐波郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 井野俊郎
有権者数 (2017年7月区割変更前)
338,860人
1.45 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

歴史編集

本選挙区設置以来、自民党郵政族として鳴らしてきた笹川堯が当選を重ねてきたが、2009年の第45回衆議院議員総選挙で前回比例復活の民主・石関貴史の前に敗れた。なお、この時笹川は自民党総務会長を務めており、彼の落選は現職党三役の落選という事も相俟って話題になった。

2012年の第46回衆議院議員総選挙では、笹川が引退し、自民党新人の井野俊郎と、民主党から維新の会に移った石関、そして前回比例で当選した民主党の桑原功との三つ巴の戦いとなり、井野が勝利した(石関は比例復活)。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
井野俊郎 34 自由民主党 84,530票 53.6% 公明党
比当 石関貴史 42 維新の党 53,038票 33.6%
藤掛順恒 68 日本共産党 20,068票 12.7%

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
井野俊郎 32 自由民主党 87,309票 49.6% 公明党
比当 石関貴史 40 日本維新の会 51,840票 29.4% みんなの党
桑原功 67 民主党 19,583票 11.1%
関口直久 62 日本共産党 17,366票 9.9%

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
石関貴史 37 民主党 114,622票 51.9%
笹川堯 73 自由民主党 90,962票 41.2%
矢島笑鯉子 33 無所属 12,885票 5.8% ×
蜂須豊 45 幸福実現党 2,487票 1.1%

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
笹川堯 69 自由民主党 99,919票 47.3%
比当 石関貴史 33 民主党 98,497票 46.6%
藤掛順恒 59 日本共産党 12,832票 6.1%

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
笹川堯 68 自由民主党 76,779票 43.4%
石関圭 36 民主党 57,331票 32.4%
森田修 54 無所属 32,037票 18.1% ×
佐藤民雄 53 日本共産党 10,847票 6.1%

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
笹川堯 64 自由民主党 76,743票 39.7%
森田修 50 無所属 56,622票 29.3% ×
石関圭 32 民主党 42,756票 22.1%
小菅啓司 49 日本共産党 16,985票 8.8%

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
笹川堯 61 新進党 81,026票 47.1%
森田修 47 自由民主党 59,206票 34.4%
小菅啓司 45 日本共産党 20,183票 11.7%
最上進 55 自由連合 11,484票 6.7%

脚注編集

関連項目編集