荏原区

かつて日本の東京府東京市にあった区

荏原区(えばらく)は、東京府東京市(後に東京都)にかつて存在した区である。

荏原区
廃止日 1947年3月15日
廃止理由 特別区の設置
品川区、荏原区品川区
現在の自治体 品川区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 53,708
(1945年11月1日)
隣接自治体 品川区、目黒区大森区
荏原区役所
所在地 東京都荏原区中延町
座標 北緯35度37分09秒 東経139度42分21秒 / 北緯35.61928度 東経139.70572度 / 35.61928; 139.70572座標: 北緯35度37分09秒 東経139度42分21秒 / 北緯35.61928度 東経139.70572度 / 35.61928; 139.70572
 表示 ウィキプロジェクト

1932年(昭和7年)から1947年(昭和22年)までの期間(35区の時代)に存在した。現在の品川区の西部。おおむね東急目黒線・東急池上線の沿線にあたる。

本項では同一区域の前身の自治体である荏原郡平塚村平塚町荏原町についても解説する。

概要編集

古くは孟宗筍の産地として知られていたが、目黒蒲田電鉄池上電気鉄道の開通と関東大震災後の東京郊外部の住宅地化に伴う人口増加により急速に発展した地域で、住宅地の拡大、第二京浜の建設とともに進んだ機械工業関連の中小企業の進出によって様相は一変した。その影響か第二次世界大戦末期の空襲で大きな被害を受け、区内の7割が焼失し、死者は合計4800人余りに達した。1947年3月15日には隣の品川区と合併し、改めて品川区が設置された。

沿革編集

  • 1889年(明治22年)5月1日 - 町村制の施行により、戸越村、下蛇窪村、上蛇窪村、小山村、中延村の全域と、谷山村の一部(残部は大崎村に編入)が合併して平塚村が発足。
  • 1926年(大正15年)4月1日 - 平塚村が町制施行して平塚町となる。
  • 1927年(昭和2年)7月1日 - 平塚町が改称して荏原町となる。
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 荏原郡全域が東京市に編入。荏原町の区域は荏原区となる。
  • 1947年(昭和22年)3月15日 - 品川区と荏原区が合併し、新生・品川区が発足。23区では唯一の吸収合併だった。

首長編集

荏原町長

交通編集

鉄道編集

都営地下鉄浅草線は未開通。また都営地下鉄の戸越駅(都営浅草線)は開業していなかった。

道路編集

名所・旧跡編集

現在の地名編集

荏原小山小山台戸越中延西中延旗の台東中延平塚二葉豊町(いずれも大体の範囲)

参考文献編集

  • 伊藤旦正「荏原区」(『国史大辞典 2』(吉川弘文館、1980年) ISBN 978-4-642-00502-9
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編『角川日本地名大辞典 13』(東京都)(角川書店、1978年) ISBN 978-4-040-01130-1

関連項目編集