メインメニューを開く

蓮沼 (さいたま市)

埼玉県さいたま市見沼区の地名

地理編集

さいたま市見沼区中部の大宮台地(片柳支台)上に位置する。東部は谷戸が入り組んでいる。東で東門前及び大谷、西で大和田町、南で南中丸及び南中野、北で風渡野及び堀崎町に接し、東端を加田屋川が流れる。中央部を埼玉県道2号さいたま春日部線が横断、北部を東武野田線(東武アーバンパークライン)が横断する。全域が市街化区域に指定され[4]、住宅や消防署のほか、タムロンの本社・工場がある。また、目の前には日立国際八木ソリューションズ(旧・八木アンテナ)の工場(後に八木アンテナの本社も所在)が存在したが、解体され跡地にはホームセンターが開業している。

地内に縄文時代後期の遺跡である泰成光学内遺跡がある[5]

河川編集

地価編集

国土交通省地価公示

  • 所在及び地番:大字蓮沼丸山151613
  • 価格:102,000円/m2
  • 利用現況:住宅
  • 所在及び地番:大字蓮沼字中田295番1
  • 価格:113,000円/m2
  • 利用現況:店舗兼住宅

①②共に 2017年平成29年)1月1日現在[6]

都道府県地価調査

  • 所在及び地番:大字蓮沼字北海道1225番51
  • 価格:121,000円/m2
  • 利用現況:住宅

小字編集

  • 中田、前田、山崎、薊ヶ谷戸、北海道(キタカイドウ)、丸山
    • 猿ヶ谷戸村では上記のほかに五反田も存在した[7]
    • 中田公園、前田第一公園、前田第二公園、山崎公園があり、公園名に小字名が残る。

歴史編集

猿ヶ谷戸村
廃止日 1913年大正2年)4月2日
廃止理由 新設合併
大谷村猿ヶ谷戸村東門前村東宮下村膝子村新堤村風渡野村七里村
現在の自治体 さいたま市
廃止時点のデータ
  日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
北足立郡
総人口 480
(埼玉県市町村誌、1889年明治22年))
隣接自治体 風渡野村、東門前村、大谷村、片柳村大砂土村
猿ヶ谷戸村役場
所在地 埼玉県北足立郡猿ヶ谷戸村
 表示 ウィキプロジェクト

地名の由来編集

谷戸が侵食により出来た農地に適した肥沃な土地を表しているように、以前は小さな水路と沼地が続く土地で、そこから蓮沼の地名が生まれた。実際に多くのハスが茂っていて、レンコンが収穫されていた。

沿革編集

かつては江戸期より存在した武蔵国足立郡南部領に属する蓮沼村であった[5]。また、寛永期(1624年 - 1644年)には南部を蓮沼村、北部を猿ヶ谷戸村に分かれていたとされるが[8]、その後の検地記録によっては呼称が混在している。 村高は正保年間の『武蔵国田園簿』では186余(田68余、畑117町余)、『元禄郷帳』および『天保郷帳』では219石余であった[5]助郷日光御成街道岩槻宿組合に出役していたが、寛保宝暦年間は中山道大宮宿にも代出役していた[5]化政期の世帯数は59軒で、村の規模は東西4余、南北2町余であった[5]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
蓮沼 4,322世帯 10,290人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[13]

番地 小学校 中学校
1番地〜203番地1、203番地3〜267番地、268番地2、269番地2〜270番地1
271番地〜271番地1、272番地〜272番地1、272番地3〜295番地1
296番地〜296番地1、296番地7〜8、296番地12〜301番地1、301番地3
305番地〜305番地1、305番地3〜477番地、484番地〜484番地1
484番地3、485番地2、488番地〜488番地1、488番地4〜511番地1
512番地〜512番地1、513番地2、540番地2〜541番地1
541番地3〜550番地1、550番地3〜551番地1、552番地2・6
1266〜1267番地、1280〜1292番地、1318〜1325番地、1335番地
1347番地〜1350番地1、1351番地、1399番地2、1406番地以降
さいたま市立大谷小学校 さいたま市立大谷中学校
1240〜1241番地、1243~1250番地 さいたま市立蓮沼小学校
その他 さいたま市立春里中学校

交通編集

鉄道編集

道路編集

バス編集

地域編集

住宅団地編集

  • 蓮沼団地

市営住宅編集

  • 蓮沼住宅

マンション編集

  • エクセル大宮東

公園・緑地編集

  • 山崎公園
  • 蓮沼公園
  • 蓮沼南公園
  • 蓮沼ふれあい公園
  • 中田公園
  • 前田第一公園
  • 前田第二公園
  • 正福寺公園
  • 七里グリーンハイツ公園

施設編集

その他編集

  • 1869年に全村猿ヶ谷戸へ統一され、七里村合併後も大字猿ヶ谷戸と称していた。ところが現在は全域が蓮沼となっており、この両地名が複雑に入れ替わった理由は不明。現在は猿ヶ谷戸の名はほとんど地名として残っていない。
  • 南部に地名(小字)の名称が残る「猿花キャンプ場」(大字南中野)がある。現在の埼玉県道2号さいたま春日部線より北側の地域が蓮沼、南側の地域が猿ヶ谷戸と呼ばれていた。[要出典]
  • 1970年代 - 1980年代に、レンコンが栽培されていた谷戸が次第に埋め立てられ、現在は小 - 中規模な住宅地となっているところが多い。
  • 大塚山という丘(古墳といわれる)がある。
  • 字丸山は高さ1 mほどの小さな丘で、丘のふもとを一周する道が地図で確認できる。
  • さいたま市立大宮東図書館の南端付近から、大字蓮沼549番地3付近の県道2号線までの間、約780 mが「堀崎蓮沼線」として都市計画決定(1993年平成5年)4月16日)されていたが、2015年(平成27年)9月2日、需要無として都市計画が廃止された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 外部リンク節の『さいたま市地図情報』を参照。
  5. ^ a b c d e f g h 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』679-680頁。
  6. ^ a b c 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1387頁。
  8. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』679頁では具体的な年代は記されておらず、「古くは」と記されている。
  9. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』954頁。
  10. ^ a b 大宮のむかしといま資料-6-11頁。
  11. ^ a b c d 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』414頁。
  12. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1420頁。
  13. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104
  • 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日。全国書誌番号:81007009NCID BN03449939
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目編集

外部リンク編集