メインメニューを開く
国道159号標識
国道249号標識

金沢東部環状道路(かなざわとうぶかんじょうどうろ)は、石川県金沢市今町から石川県金沢市鈴見台を結ぶ国道159号(重複:国道249号)のバイパスであるとともに、金沢市の環状道路である金沢外環状道路の一部を形成する道路である。なお、当初は国道8号として計画・着工されていたが、開通時に国道159号(重複:国道249号)に変更された。

道路への進入地点には「歩行者・自転車の方は危険ですからこの先に入らないで下さい。」と掲示されている。

また、今町JCT - 金沢森本IC間は、津幡バイパスなどと共に地域高規格道路 月浦白尾インターチェンジ連絡道路を形成している。

概要編集

  • 路線名 : 一般国道159号金沢東部環状道路
  • 起点 : 石川県金沢市今町
  • 終点 : 石川県金沢市鈴見台
  • 総延長 : 9.4 km
  • 標準幅員 : 24.5 m
  • 設計速度 : 80 km/h
  • 車線数 : 4車線暫定2車線

歴史編集

インターチェンジなど編集

通過市町村編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 国道159号金沢東部環状道路(山側環状) 神谷内〜東長江間 12月9日(土)に4車線化開通! (PDF)”. 国土交通省北陸地方整備局 金沢河川国道事務所 (2017年11月2日). 2017年11月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集