国道159号

日本の石川県を通る一般国道

国道159号(こくどう159ごう)は、石川県七尾市から金沢市に至る一般国道である。

一般国道
国道159号標識
国道159号
七尾街道
地図
総延長 68.5 km
実延長 62.4 km
現道 62.2 km
制定年 1953年昭和28年)指定
起点 石川県七尾市
川原町交差点(北緯37度2分31.03秒 東経136度58分11.17秒 / 北緯37.0419528度 東経136.9697694度 / 37.0419528; 136.9697694 (川原町交差点)
主な
経由都市
石川県羽咋市河北郡津幡町
終点 石川県金沢市
武蔵交差点(北緯36度34分19.72秒 東経136度39分21.32秒 / 北緯36.5721444度 東経136.6559222度 / 36.5721444; 136.6559222 (武蔵交差点)
接続する
主な道路
記法
国道160号標識 国道160号
国道249号標識 国道249号
国道415号標識 国道415号
国道471号標識 国道471号
国道8号標識 国道8号
国道304号標識 国道304号
国道359号標識 国道359号
国道157号標識 国道157号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
国道160号 起点ポスト
石川県七尾市 川原町交差点
終点のむさし交差点。
国道159号は左方。正面の建物は北國銀行武蔵ヶ辻支店

概要編集

起点の七尾市から、宝達丘陵に沿った邑知地溝帯を南下し、能登半島を縦貫して、終点の金沢市に至る路線で、能登地方から、金沢市へつなぐアクセス路の一つである[1]

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史編集

  • 1953年昭和28年)5月18日 - 二級国道159号七尾金沢線(七尾市 - 金沢市)として指定施行[5]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道159号として指定施行[2]
  • 1972年(昭和47年)12月 - 国道8号の金沢バイパス全線開通による指定変更によって、武蔵交差点から今町の間が国道159号となる。
  • 2003年平成15年)
  • 2004年(平成16年)3月20日 - 金沢東部環状道路 梅田IC - 金沢森本IC間開通により、金沢市梅田IC - 金沢森本ICも国道159号に指定。
  • 2006年(平成18年)4月15日 - 金沢東部環状道路全線開通により、金沢市金沢森本IC - 東長江ICも国道159号に指定。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 国道8号津幡北バイパス整備に伴い、橋場交差点 - 兼六園下交差点 - 田井町交差点 - 鈴見交差点のルートに変更。従来の経路のうち、浅野川大橋交番前交差点 - 森本交差点を、国道159号から国道359号に[6]、森本交差点 - 今町を、国道159号から石川県道215号森本津幡線に降格している[7]
  • 2015年(平成27年)
    • 2月28日 - 七尾バイパス開通により、古府町 - 下町も国道159号に指定。
    • 4月1日 - 七尾市古府町 - 同市下町の旧道を道路区域から除外し、一部は石川県道244号七尾鹿島羽咋線の区域に編入。

路線状況編集

バイパス編集

  • 七尾バイパス:七尾市川原町 - 七尾市下町間、L=4.3 km(※うち七尾市川原町 - 七尾市古府町間、L=1.6 kmは事業中)
  • 鹿島バイパス:七尾市下町 - 羽咋市四柳町間、L=13.6 km
  • 羽咋道路:羽咋市四柳町 - 宝達志水町二口間、L=6.7 km(※全区間事業中)
  • 押水バイパス:宝達志水町宿 - 宝達志水町免田間、L=6.7 km
  • 津幡バイパス:かほく市内日角 - 金沢市今町間、L=11.6 km
  • 金沢外環状道路(山側幹線)(通称「山側環状」)金沢東部環状道路:金沢市今町 - 金沢市鈴見台間、L=9.4 km

通称編集

  • 七尾街道(東往来)
金沢市内の通り名
  • 兼六大通り(田井町交差点 - 兼六園下交差点)
  • 百万石通り(兼六園下交差点 - 橋場交差点 - むさし交差点)[8]

重複区間編集

道路施設編集

休憩施設編集

いずれも24時間利用可能なトイレ駐車場がある。また、もしもしピットでもある。

道の駅編集

地理編集

通過する自治体編集

 
石川県金沢市兼六元町

交差する道路編集

 
起点の川原町交差点
国道249号国道160号との交差
石川県七尾市川原町

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年3月1日に2町が合併して羽咋郡宝達志水町発足。
  3. ^ a b c d e f g 2018年4月1日現在

出典編集

  1. ^ 七尾バイパス(計画の目的・意義)”. 金沢河川国道事務所. 2019年10月28日閲覧。
  2. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況   (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年5月26日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月18日閲覧。
  5. ^   ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  6. ^ 鳴和交差点で石川県道159号金沢停車場北線との混同は解消された。
  7. ^ 4月1日より、国道の路線名・経路等が変わります。 (PDF)”. 国土交通省北陸地方整備局金沢河川国道事務所. 2009年9月23日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ 長町地区 (PDF)”. 金沢市犀川・浅野川洪水避難地図. 金沢市役所. 2013年2月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集