メインメニューを開く

霧深きエルベのほとり』(きりふかきエルベのほとり)は、宝塚歌劇団のミュージカル作品。菊田一夫が脚本を書き、初演では演出も担当した。

ドイツエルベ川の河口にあるハンブルクを舞台に、荒くれ水夫と良家の娘の悲恋を描いた名作である。1963年(昭和38年)に宝塚大劇場で初演されて、以来幾度となく再演されている[1]

あらすじ編集

主人公の船乗り・カールは船乗りを辞めるつもりで久しぶりに故郷ハンブルクに帰ってきた。おりしも街は年に1度のビア祭りの初日。祭りの興奮と熱気の中で、カールはマルギットと出会う。彼女は「自由になりたくて」家出してきたところだと言う。二人は互いに惹かれ、別れがたく思い、湖畔のホテルで一夜を共にする。翌朝、カールはマルギットにプロポーズする。二人でアパートを借りて、一緒に生きようと誓いあう。

ところが、マルギットはハンブルクでも指折りの名家の令嬢で、フロリアンという婚約者のいる身だった。連れ戻しに来た家族にむかってマルギット「カールと一緒でなければ、家には戻らない」と宣言してしまう。

カールは家に迎え入れられるが周囲の人々の目は厳しく、言葉や態度の粗野なカールは浮くばかり。マルギット自身もそんなカールを恥ずかしく思うようになる。フロリアンはそんなマルギットを優しく諌める。

カールも、マルギットの思いに気づく。愛し合っているのに、すれ違う感情に翻弄される。カールはマルギットの幸せを思い別れる決心をする。ヨゼフの出した手切れ金を受け取り、マルギットに憎まれ口と別れ台詞を吐き捨てて出て行く。

マルギットは絶望するが、フロリアンにあの台詞はカールがマルギットのためを思って無理に作った言葉だと諭され、後を追う。そして港のカールの行きつけの酒場で、彼は再び船に乗り今夜出港すること、船が出たら手切れ金をマルギットの元へ返してくれと頼んでいった事を聞く。

そのとき、夜霧をついて出港の汽笛が鳴り響いた。マルギットの幸せだけを願いながら、カールは再び独り海へと旅立って行った。

登場人物編集

  • カール - フランクフルト号の船員
  • マルギット - シュラック家の令嬢
  • フロリアン - マルギットの婚約者
  • シュザンヌ - マルギットの妹。フロリアンを慕っている

楽曲編集

  • うたかたの恋 - 宝塚歌劇では「うたかたの恋」の同名の主題歌の方が有名であるが、カラオケに収録されているのはマイナーなこの楽曲の方が多い。

これまでの上演編集

1963年月組・初演編集

5月1日から6月2日まで、宝塚大劇場[2][3]にて上演。1965年3月6日から3月26日に東京宝塚劇場[4]にて上演された。東京[4]公演のスタッフは鴨川清作(演出)。伴演作は宝塚[2][3]では『潮の鈴』、東京[4]では『花響楽』。
宝塚大劇場公演のデータ

形式名は「ミュージカル・ロマンス[3]」。

24場[3]

1967年月組編集

1月28日から2月28日まで、宝塚大劇場[7]にて上演。同年4月1日から4月27日に東京宝塚劇場[4]にて上演。宝塚[7]・東京[4]共通のスタッフは菊田一夫。伴演作は『おーい春風さん[4][7]』。
内重のぼるのサヨナラ公演となった。
宝塚大劇場公演のデータ

形式名は「ミュージカル・ロマンス[7]」。

24場[7]

1973年月組編集

5月26日から6月28日[9](第一回新人公演は6月16日[10]、第二回新人公演は6月19日[10])、宝塚大劇場にて上演。同年8月2日から8月29日[11](第一回新人公演は8月19日[12]、第二回新人公演は8月21日[12])に東京宝塚劇場にて上演。宝塚[9]・東京[11]共通のスタッフは菊田一夫、鴨川清作(演出)。伴演作は『ファニー・フィーリング[9][11]』。
  • 主な配役 
    • カール:古城都(宝塚第一回新人公演・東京第二回新人公演:大滝子、宝塚第二回新人公演・東京第一回新人公演:榛名由梨[12]
    • マルギット:初風諄(宝塚第一回新人公演・東京第二回新人公演:千草美景、宝塚第二回新人公演・東京第一回新人公演:麗美花[12]
宝塚大劇場公演のデータ

形式名は「菊田一夫先生に捧げるミュージカル・ロマンス[9]」。

18場[9]

1983年花組編集

2月11日から3月23日[13][14](新人公演は3月8日[15])まで、宝塚大劇場にて上演。同年7月3日から7月31日[16](新人公演は7月20日[15])に東京宝塚劇場、5月1日から5月5日[17]福岡市民会館、5月7日から5月22日[17]に別府、大分、宮崎、都城、熊本、水俣、久留米、川内、鳴門、和歌山、奈良にて上演。柴田侑宏[18]が潤色、演出を担当した。伴演作は『オペラ・トロピカル[18]』。
順みつきのサヨナラ公演、また順は前年まで松あきら男役複数トップであったため、本作が大劇場での唯一の単独トップとしての公演となった。
宝塚大劇場公演のデータ

形式名は「ミュージカル・ロマン[14]」。

17場[14]

2019年星組編集

1月1日から2月4日まで宝塚大劇場(新人公演:1月22日)、2月15日から3月24日まで東京宝塚劇場(新人公演:2月28日)。上田久美子が潤色・演出。伴演作は『ESTRELLAS 〜星たち〜

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『霧深きエルベのほとり』宝塚歌劇団公式サイト
  2. ^ a b 90年史 2004, p. 266.
  3. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 124.
  4. ^ a b c d e f 90年史 2004, p. 279.
  5. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 186.
  6. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 187.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 60年史別冊 1974, p. 48.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l 60年史別冊 1974, p. 49.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 60年史別冊 1974, p. 139.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 60年史別冊 1974, p. 140.
  11. ^ a b c 90年史 2004, p. 280.
  12. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 293.
  13. ^ 90年史 2004, p. 270.
  14. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 153.
  15. ^ a b c d 100年史(舞台) 2014, p. 300.
  16. ^ 90年史 2004, p. 281.
  17. ^ a b 90年史 2004, p. 299.
  18. ^ a b 90年史 2004, pp. 270、281、299.
  19. ^ a b c d e f g 100年史(人物) 2014, p. 200.
  20. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 201.
  21. ^ キャスト宝塚歌劇団公式サイト

参考文献編集

  • 編集発行人:橋本雅夫『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』宝塚歌劇団、1974年。
  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6

外部リンク編集