韓国オープン (テニス)

韓国オープン(Korea Open)は、2004年から毎年9月に大韓民国ソウルソウル・オリンピック・パーク・テニスセンターにて開催されている女子プロテニスツアーのWTAツアートーナメント大会である。サーフェスは屋外ハードコート。大会グレードは250に属す。冠スポンサーは韓国の企業グループであるハンソル社が大会開始から一貫して務めていたが、2012年と2013年は韓国産業銀行が務め、2014年からは起亜自動車がスポンサーである。なお2022年はATP250大会としても行う予定。

Korea Open
大会情報
開始年 2004年 (19年前) (2004)
開催地 South Korea
ソウル特別市
会場 Seoul Olympic Park Tennis Center
カテゴリ WTA 250
サーフェス Hard
ドロー 32M/16D
賞金総額 $251,750 (2021)
公式サイト
なし
前回優勝
シングルス Template:Flagg Ekaterina Alexandrova
ダブルス フランスの旗 Kristina Mladenovic
ベルギーの旗 Yanina Wickmayer

大会歴代優勝者編集

シングルス編集

優勝者 準優勝者 決勝結果
2004   マリア・シャラポワ   マルタ・ドマホフスカ 6–1, 6–1[1]
2005   ニコル・バイディソバ   エレナ・ヤンコビッチ 7–5, 6–3[2]
2006   エレニ・ダニリドゥ   杉山愛 6–3, 2–6, 7–6(3)[3]
2007   ビーナス・ウィリアムズ   マリア・キリレンコ 6–3, 1–6, 6–4[4]
2008   マリア・キリレンコ   サマンサ・ストーサー 2–6, 6–1, 6–4[5]
2009   クルム伊達公子   アナベル・メディナ・ガリゲス 6–3, 6–3[6]
2010   アリサ・クレイバノワ   クララ・ザコパロバ 6–1, 6–3[7]
2011   マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス   ガリナ・ボスコボワ 7–6(0), 7–6(2)[8]
2012   キャロライン・ウォズニアッキ   カイア・カネピ 6–1, 6–0[9]
2013   アグニエシュカ・ラドワンスカ   アナスタシア・パブリュチェンコワ 6-7(8), 6-3, 6-4[10]
2014   カロリナ・プリスコバ   ヴァルヴァラ・レプチェンコ 6–3, 6–7(5), 6–2[11]
2015   イリーナ=カメリア・ベグ   アリャクサンドラ・サスノビッチ 6–3, 6–1[12]
2016   ララ・アルアバレナ   モニカ・ニクレスク 6–0, 2–6, 6–0[13]
2017   エレナ・オスタペンコ   ベアトリス・アダド・マイア 6–7(5), 6–1, 6–4[14]
2018   キキ・ベルテンス   アイラ・トムリャノビッチ 7–6(2), 4–6, 6–2[15]
2019   カロリナ・ムホバ   マグダ・リネッテ 6–1, 6–1[16]
2022 Template:Flagg エカテリーナ・アレクサンドロワ   エレナ・オスタペンコ 7–6(7–4), 6–0

ダブルス編集

優勝者 準優勝者 決勝結果
2004   田美螺
  趙倫貞
  荘佳容
  謝淑薇
6–3, 1–6, 7–5[1]
2005   詹詠然
  荘佳容
  ジル・クレイバス
  ナタリー・グランディン
6–2, 6–4[2]
2006   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
  荘佳容
  マリアナ・ディアス=オリバ
6–2, 6–3[3]
2007   荘佳容
  謝淑薇
  エレニ・ダニリドゥ
  ヤスミン・ヴェール
6–2, 6–2[4]
2008   荘佳容
  謝淑薇
  ベラ・ドゥシェビナ
  マリア・キリレンコ
6–3, 6–0[5]
2009   詹詠然
  アビゲイル・スピアーズ
  カーリー・ガリクソン
  ニコール・クリッツ
6–3, 6–4[6]
2010   ユリア・ゲルゲス
  ポロナ・ヘルツォグ
  ナタリー・グランディン
  ブラディミラ・ウーリロバ
6–3, 6–4[7]
2011   ナタリー・グランディン
  ブラディミラ・ウーリロバ
  ベラ・ドゥシェビナ
  ガリナ・ボスコボワ
7–6(5), 6–4[8]
2012   ラケル・コップス=ジョーンズ
  アビゲイル・スピアーズ
  アクグル・アマンムラドワ
  バニア・キング
2–6, 6–2, [10–8][9]
2013   詹謹瑋
  徐一幡
  ラケル・コップス=ジョーンズ
  アビゲイル・スピアーズ
7–5, 6–3[10]
2014   ララ・アルアバレナ
  イリーナ=カメリア・ベグ
  モナ・バルテル
  マンディ・ミネラ
6–3, 6–3[11]
2015   ララ・アルアバレナ
  アンドレヤ・クレパーチ
  キキ・ベルテンス
  ヨハンナ・ラーション
2–6, 6–3, [10–6][12]
2016   キルステン・フリプケンス
  ヨハンナ・ラーション
  大前綾希子
  ピアンターレ・プリプエチ
6–2, 6–3[13]
2017   キキ・ベルテンス
  ヨハンナ・ラーション
  ルクシカ・クムクム
  ピアンターレ・プリプエチ
6–2, 6–3[14]
2018   崔知希
  韓娜梨
  謝淑映
  謝淑薇
6–3, 6–2[15]
2019   ララ・アルアバレナ
  タチヤナ・マリア
  ヘイリー・カーター
  ルイーザ・ステファニー
7–6(7), 3–6, [10–7][16]
2020 cancelled due to the COVID-19 pandemic
↓ WTA 125 tournament ↓
2021   Choi Ji-hee (2)
  Han Na-lae (2)
  Valentini Grammatikopoulou
  Réka Luca Jani
6–4, 6–4
↓ WTA 250 tournament ↓
2022   Kristina Mladenovic
  Yanina Wickmayer
  Asia Muhammad
  Sabrina Santamaria
6–3, 6–2

脚注編集

  1. ^ a b HANSOL KOREA OPEN” (英語). WTA. 2011年2月9日閲覧。
  2. ^ a b HANSOL KOREA OPEN” (英語). WTA. 2011年2月9日閲覧。
  3. ^ a b HANSOL KOREA OPEN” (英語). WTA. 2011年2月9日閲覧。
  4. ^ a b HANSOL KOREA OPEN” (英語). WTA. 2011年2月9日閲覧。
  5. ^ a b HANSOL KOREA OPEN” (英語). WTA. 2011年2月9日閲覧。
  6. ^ a b HANSOL KOREA OPEN” (英語). WTA. 2011年2月9日閲覧。
  7. ^ a b HANSOL KOREA OPEN” (英語). WTA. 2011年2月9日閲覧。
  8. ^ a b HANSOL KOREA OPEN” (英語). WTA. 2011年9月28日閲覧。
  9. ^ a b KDB KOREA OPEN” (英語). WTA. 2013年9月24日閲覧。
  10. ^ a b KDB KOREA OPEN” (英語). WTA. 2013年9月24日閲覧。
  11. ^ a b KIA KOREA OPEN” (英語). WTA. 2014年10月10日閲覧。
  12. ^ a b Korea Open Tennis” (英語). WTA. 2015年10月26日閲覧。
  13. ^ a b Korea Open Tennis” (英語). WTA. 2016年10月17日閲覧。
  14. ^ a b Korea Open Tennis” (英語). WTA. 2017年10月17日閲覧。
  15. ^ a b Korea Open Tennis” (英語). WTA. 2018年10月17日閲覧。
  16. ^ a b Korea Open Tennis” (英語). WTA. 2019年10月17日閲覧。

外部リンク編集