メインメニューを開く

キルステン・フリプケンスKirsten Flipkens, 1986年1月10日 - )は、ベルギー・ヘール出身の女子プロテニス選手。2013年ウィンブルドン女子シングルスでベスト4に入った選手である。これまでにWTAツアーでシングルス1勝、ダブルス5勝を挙げている。身長165cm、体重55kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAランキング最高位はシングルス13位、ダブルス26位。

キルステン・フリプケンス
Kirsten Flipkens
Tennis pictogram.svg
Flipkens US16 (5) (29863041845).jpg
キルステン・フリプケンス
基本情報
愛称 Flipper (フリッパー)
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
出身地 同・ヘール
居住地 同・モル
生年月日 (1986-01-10) 1986年1月10日(33歳)
身長 165cm
体重 55kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
ツアー通算 6勝
シングルス 1勝
ダブルス 5勝
生涯獲得賞金 4,947,984 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2013)
全仏 2回戦(2006・09・10・13・14・17)
全英 ベスト4(2013)
全米 3回戦(2009)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2016)
全仏 ベスト4(2019)
全英 3回戦(2017・18)
全米 2回戦(2013・15)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 準優勝(2006)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 13位(2013年8月5日)
ダブルス 26位(2019年6月24日)
2019年7月8日現在

目次

来歴編集

4歳でテニスを始める。2003年ウィンブルドン選手権ジュニアシングルスと2003年全米オープンジュニアシングルスに優勝し同年にプロ転向する。

4大大会では2004年ウィンブルドン選手権で予選に初挑戦し、2006年全仏オープンでラッキールーザーとして初出場した。2回戦でフラビア・ペンネッタに 1–6, 0–6 で敗れた。ウィンブルドン全米オープンでも予選を勝ち上がり本選に出場した。9月のイタリアとのフェドカップ決勝にも出場したが、シングルスでフランチェスカ・スキアボーネマラ・サンタンジェロに敗れベルギーチームは通算2勝3敗で優勝を逃した[1]

2012年6月のユニセフ・オープン1回戦で当時世界ランキング5位のサマンサ・ストーサーを 7-6 (7), 6-3 で破り初めてトップ10選手に勝利した。9月のベル・チャレンジで初めての決勝に進出しルーシー・ハラデツカを 6–1, 7–5 で破りWTAツアー初優勝を果たした。

2013年全豪オープンで4大大会で初めて4回戦に進出した。4回戦ではマリア・シャラポワに 1–6, 0–6 で敗れた。3月のソニー・オープンではベスト8に進出した。ウィンブルドンでは第20シードとなり、4回戦でフラビア・ペンネッタを 7-6 (2), 6-3 で破り初めて4大大会のベスト8に進出した。準々決勝ではペトラ・クビトバを 4-6, 6-3 6-4 の逆転で破りベスト4に進出した。準決勝では優勝したマリオン・バルトリに 1-6, 2-6 で完敗した。2013年8月5日付のランキングで自己最高の13位を記録している。

2016年8月のリオ五輪で初めてのオリンピックに出場した。シングルス1回戦でビーナス・ウィリアムズを 4-6, 6-3, 7-6(5) で破る殊勲を挙げ3回戦まで進出した。

2019年全仏オープンではヨハンナ・ラーションと組んだ女子ダブルスでベスト4に進出している。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 4回 (1勝3敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
プレミア・マンダトリー (0–0)
プレミア5 (0-0)
WTAエリート・トロフィー (0-0)
プレミア (0–0)
インターナショナル (1–3)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2012年9月16日   ケベック・シティー ハード (室内)   ルーシー・ハラデツカ 6–1, 7–5
準優勝 1. 2013年6月22日   スヘルトーヘンボス   シモナ・ハレプ 4–6, 2–6
準優勝 2. 2016年3月6日   モンテレイ ハード   ヘザー・ワトソン 6–3, 2–6, 3–6
準優勝 3. 2018年6月17日   スヘルトーヘンボス   アレクサンドラ・クルニッチ 7–6(0), 5–7, 1–6

ダブルス: 12回 (5勝7敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2016年9月25日   ソウル ハード   ヨハンナ・ラーション   大前綾希子
  ピアンターレ・プリプエチ
6–2, 6–3
準優勝 1. 2017年5月27日   ニュルンベルク クレー   ヨハンナ・ラーション   ニコール・メリヒャル
  アナ・スミス
6–3, 3–6, [9–11]
優勝 2. 2017年6月17日   スヘルトーヘンボス   ドミニカ・チブルコバ   キキ・ベルテンス
  デミ・スゥース
4–6, 6–4, [10–6]
準優勝 2. 2017年10月21日   ルクセンブルク ハード
(室内)
  ウージニー・ブシャール   レスレイ・カークホーブ
  リジア・マロザワ
7–6(4), 4–6, [6–10]
準優勝 3. 2018年2月25日   ブダペスト ハード
(室内)
  ヨハンナ・ラーション   ヒオヒーナ・ガルシア・ペレス
  ファンニ・シュトッラル
6–4, 4–6, [3–10]
優勝 3. 2018年4月15日   ルガーノ クレー   エリーズ・メルテンス   ベラ・ラプコ
  アリーナ・サバレンカ
6–1, 6–3
準優勝 4. 2018年5月26日   ニュルンベルク クレー   ヨハンナ・ラーション   デミ・スゥース
  カタリナ・スレボトニク
6–3, 3–6, [7–10]
準優勝 5. 2018年6月16日   スヘルトーヘンボス   キキ・ベルテンス   デミ・シュールス
  エリーズ・メルテンス
3–3, 途中棄権
優勝 4. 2018年10月14日   リンツ ハード
(室内)
  ヨハンナ・ラーション   ラケル・アタウォ
  アンナ=レナ・グローネフェルト
4–6, 6–4, [10–5]
準優勝 6. 2019年1月12日   ホバート ハード   ヨハンナ・ラーション   詹皓晴
  ラティシア・チャン
3–6, 6–3, [6–10]
優勝 5. 2019年6月23日   マヨルカ   ヨハンナ・ラーション   マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス
  サラ・ソリベス・トリモ
6–2, 6–4
準優勝 7. 2019年6月29日   ホバート   ベサニー・マテック=サンズ   詹皓晴
  ラティシア・チャン
6–2, 3–6, [6–10]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A A A 1R A 2R 1R 1R LQ 4R 2R 1R 2R 1R 2R 1R 7–11
全仏オープン A LQ 2R A LQ 2R 2R 1R A 2R 2R 1R 1R 2R 2R 1R 7–11
ウィンブルドン LQ LQ 1R A LQ 3R 2R 1R A SF 3R 2R 2R 2R 2R 2R 15–11
全米オープン A LQ 2R A LQ 3R 1R LQ 2R 1R 1R 1R 1R 2R 2R 6–10

脚注編集

外部リンク編集