メインメニューを開く

ベラ・ドゥシェビナVera Dushevina, ロシア語: Вера Евгеньевна Душевина́дзе, 1986年10月6日 - )は、ロシアモスクワ出身の女子プロテニス選手。WTAツアーでシングルス1勝、ダブルス2勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス31位、ダブルス27位。身長180cm、体重73kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

ベラ・ドゥシェビナ
Vera Dushevina
Tennis pictogram.svg
Dushevina WMQ14 (6) (14420590377).jpg
ベラ・ドゥシェビナ
基本情報
フルネーム Vera Yevgenyevna Dushevina
国籍 ロシアの旗 ロシア
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
居住地 ロシアの旗 ロシア、ヒムキ
生年月日 (1986-10-06) 1986年10月6日(33歳)
身長 180cm
体重 73kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
引退年 2017年
ツアー通算 3勝
シングルス 1勝
ダブルス 2勝
生涯通算成績 525勝441敗
シングルス 329勝251敗
ダブルス 196勝190敗
生涯獲得賞金 $3,204,753
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2005)
全仏 2回戦(2004・06・07・11)
全英 2回戦(2007-10)
全米 3回戦(2004・07)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2010・14)
全仏 3回戦(2007・09)
全英 ベスト8(2005)
全米 2回戦(2005・07・08・12)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全英 ベスト4(2013・14)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 31位(2005年7月4日)
ダブルス 27位(2007年6月25日)

来歴編集

7歳からテニスを始める。2002年ウィンブルドン選手権女子ジュニアシングルスの決勝でマリア・シャラポワを 4–6, 6–1, 6–2 で破って優勝し2003年にプロに転向する。

4大大会の最高成績は2005年全豪オープンの4回戦進出である。1回戦でジル・クレイバス、2回戦でベラ・ズボナレワ、3回戦でアンナ=レナ・グローネフェルトを破って勝ち上がり、4回戦でスベトラーナ・クズネツォワに 4–6, 2–6 で敗れた。2005年ウィンブルドン選手権ではシャハー・ピアーと組んだ女子ダブルスでベスト8に進出した。2005年7月4日付のランキングで自己最高の31位を記録した。

2009年8月のイスタンブール大会の決勝でルーシー・ハラデツカ 6–0, 6–1 で破りWTAシングルス初優勝を果たした。これが唯一のシングルスタイトルとなった。その後はシングルスでは低迷が続き、4大大会のシングルスの出場は2013年全米オープンが最後となった。

ダブルスでは2013年のシティ・オープン青山修子と組んで優勝した。2013年ウィンブルドン選手権混合ダブルスジャン=ジュリアン・ロイヤーと、2014年ウィンブルドン選手権混合ダブルスアイサム=ウル=ハク・クレシと組み2年連続でベスト4に進出している。

ドゥシェビナは2016年ウィンブルドン選手権の女子ダブルス予選敗退が最後の出場となり、2017年に現役引退を発表した[1]


WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 4回 (1勝3敗)編集

大会グレード
2008年以前 2009年以後
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
ティア I (0–0) プレミア・マンダトリー (0-0)
プレミア5 (0-0)
ティア II (0–1) プレミア (0–0)
ティア III (0–0) インターナショナル (1–0)
ティア IV & V (0–2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2005年6月18日   イーストボーン   キム・クライシュテルス 5–7, 0–6
準優勝 2. 2007年8月5日   ストックホルム ハード   アグニエシュカ・ラドワンスカ 1–6, 1–6
準優勝 3. 2008年8月8日   ストックホルム ハード   キャロライン・ウォズニアッキ 0–6, 2–6
優勝 1. 2009年8月2日   イスタンブール ハード   ルーシー・ハラデツカ 6–0, 6–1

ダブルス: 11回 (2勝9敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2007年5月6日   ワルシャワ クレー   タチアナ・ペレビニス   エレーナ・リホフツェワ
  エレーナ・ベスニナ
7–5, 3–6, [10–2]
準優勝 1. 2008年7月27日   ポルトロス ハード   エカテリーナ・マカロワ   アナベル・メディナ・ガリゲス
  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
4–6, 1–6
準優勝 2. 2008年9月28日   ソウル ハード   マリア・キリレンコ   荘佳容
  謝淑薇
3–6, 0–6
準優勝 3. 2008年10月20日   ルクセンブルク ハード
(室内)
  マリヤ・コリツェワ   ソラナ・チルステア
  マリーナ・エラコビッチ
6–2, 3–6, [8–10]
準優勝 4. 2011年2月13日   パリ ハード
(室内)
  エカテリーナ・マカロワ   ベサニー・マテック=サンズ
  メガン・ショーネシー
4–6, 2–6
準優勝 5. 2011年9月25日   ソウル ハード   ガリナ・ボスコボワ   ナタリー・グランディン
  ブラディミラ・ウーリロバ
6–7(5), 4–6
準優勝 6. 2012年2月25日   メンフィス ハード
(室内)
  オリガ・ゴボツォワ   アンドレア・フラバーチコバ
  ルーシー・ハラデツカ
3–6, 4–6
優勝 2. 2013年8月3日   ワシントンD.C. ハード   青山修子   ウージニー・ブシャール
  テイラー・タウンゼント
6–3, 6–3
準優勝 7. 2013年10月5日   北京 ハード   アランチャ・パラ・サントンハ   カーラ・ブラック
  サニア・ミルザ
2–6, 2–6
準優勝 8. 2015年10月3日   タシケント ハード   カテリナ・シニアコバ   マルガリタ・ガスパリアン
  アレクサンドラ・パノワ
1–6, 6–3, [3–10]
準優勝 9. 2016年2月14日   サンクトペテルブルク ハード
(室内)
  バルボラ・クレシコバ   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
3–6, 1–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 通算成績
全豪オープン A 2R 4R 1R 1R A 1R 1R 2R 1R 1R LQ A LQ 5–9
全仏オープン A 2R 1R 2R 2R 1R 1R 1R 2R 1R LQ LQ LQ A 4–9
ウィンブルドン LQ 1R 1R 1R 2R 2R 2R 2R 1R 1R LQ LQ A A 4–9
全米オープン 1R 3R 2R 1R 3R 1R 1R 1R 2R 2R 1R A A A 7–11

脚注編集

外部リンク編集