メインメニューを開く

マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルティネス第二姓(母方の)はサンチェスです。

マリア・ホセ・マルティネス・サンチェスMaría José Martínez Sánchez, 1982年8月12日 - )は、スペインムルシア州イエクラ出身の女子プロテニス選手。これまでにWTAツアーでシングルス5勝、ダブルス20勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス19位、ダブルス4位。身長176㎝、体重68kg。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス
María José Martínez Sánchez
Tennis pictogram.svg
Martinez Sanchez US16 (11) (29236466093).jpg
マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・ムルシア州イェクラ
居住地 同・カタルーニャ州バルセロナ県バルセロナ
生年月日 (1982-08-12) 1982年8月12日(37歳)
身長 176cm
体重 68kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1998年
ツアー通算 25勝
シングルス 5勝
ダブルス 20勝
生涯獲得賞金 4,409,022 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2009)
全仏 3回戦(2009・12)
全英 3回戦(2008・11)
全米 3回戦(2009)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2009)
全仏 ベスト4(2010・12)
全英 ベスト8(2008・09・12)
全米 ベスト4(2012)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 ベスト4(2018)
全仏 ベスト8(2015・17・18)
全英 ベスト4(2017)
全米 2回戦(2009・17)
国別対抗戦最高成績
ホップマン杯 優勝(2010)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 19位(2010年5月10日)
ダブルス 4位(2010年7月5日)
2019年7月8日現在

来歴編集

1998年にプロに転向。4大大会では2001年全豪オープンで初出場した。シングルスでは3回戦進出が最高成績である。

2010年のホップマンカップではトミー・ロブレドと組んで出場し決勝に進出した。シングルスではイギリスのローラ・ロブソンに 1-6, 6-7 で敗れたが、1勝1敗で迎えた混合ダブルスでローラ・ロブソン&アンディ・マリー組を 7-6, 7-5 で破りスペインは3度目の優勝を果たした。5月のBNLイタリア国際ではノーシードから決勝に進出し決勝ではエレナ・ヤンコビッチを 7–6(5), 7–5 で破りプレミア5のタイトルを獲得した[1]。大会後の2010年5月10日付のランキングで自己最高のシングルス19位を記録している。

 
マルティネス・サンチェスとリャゴステラ・ビベス

ダブルスではヌリア・リャゴステラ・ビベスと組むことが多かった。2008年全仏オープン2008年ウィンブルドン選手権でベスト8、2009年は全仏オープン以外の3大会でベスト8に進出し、最終戦のWTAツアー選手権にも出場し初戦でビーナス・ウィリアムズ&セリーナ・ウィリアムズ組を 2-6, 6-4, [10-8] で破り決勝に進出。決勝ではカーラ・ブラック&リーゼル・フーバー組を 7-6(0), 5-7, [10-7] で破り優勝した。

マルティネス・サンチェスはオリンピックスペイン代表として、2008年北京五輪2012年ロンドン五輪の2大会に出場している。北京五輪ではシングルス1回戦でオーストラリアのアリシア・モリクを 6-1, 6-1 で破り初戦を突破し、2回戦でロシアのディナラ・サフィナに 6-7(3), 1-6 で敗れた。リャゴステラ・ビベスとのダブルスでは1回戦でロシアのエレーナ・ベスニナ&ベラ・ズボナレワ組に 6-2, 1-6, 3-6 で敗れた。ロンドン五輪では1回戦でスロベニアのポロナ・ヘルツォグを 6-2, 6-4 で破り、2回戦でベラルーシのビクトリア・アザレンカに 1-6, 2-6 で敗れた。リャゴステラ・ビベスと組んだダブルス1回戦でオーストラリアのケーシー・デラクア&サマンサ・ストーサー組を 6-1, 6-1 で破ったが、2回戦で中国の彭帥&鄭潔組に 2-6, 4-6 で敗れた。

マルティネス・サンチェスは2012年7月に結婚した。2013年全仏オープンを最後に公式戦出場から遠ざかり11月に女児を出産した[2]。2015年3月のマイアミ・オープンからツアーに復帰した。復帰後はダブルスを中心に出場している。

2017年ウィンブルドン選手権ではマルセロ・デモリネルと組んだ混合ダブルスでベスト4に進出した。9月の東レパン・パシフィック・オープンではアンドレヤ・クレパーチとのペアで優勝している[3]

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 6回 (5勝1敗)編集

大会グレード
2008年以前 2009年以後
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
ティア I (0–0) プレミア・マンダトリー (0-0)
プレミア5 (1-0)
ティア II (0–0) プレミア (0–0)
ティア III (0–0) インターナショナル (4–0)
ティア IV & V (0–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2008年6月15日   バルセロナ クレー   マリア・キリレンコ 0–6, 2–6
優勝 1. 2009年2月22日   ボゴタ クレー   ヒセラ・ドゥルコ 6–3, 6–2
優勝 2. 2009年7月11日   ボースタード クレー   キャロライン・ウォズニアッキ 7–5, 6–4
優勝 3. 2010年5月8日   ローマ クレー   エレナ・ヤンコビッチ 7–6(5), 7–5
優勝 4. 2011年7月17日   バートガシュタイン クレー   パトリシア・メイヤー=アッハライトナー 6–0, 7–5
優勝 5. 2011年9月25日   ソウル ハード   ガリナ・ボスコボワ 7–6(0), 7–6(2)

ダブルス: 33回 (20勝14敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2001年3月4日   アカプルコ クレー   アナベル・メディナ・ガリゲス   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
6–4, 6–7(5), 7–5
優勝 2. 2001年4月8日   ポルト クレー   アナベル・メディナ・ガリゲス   アレクサンドラ・フセ
  リタ・グランデ
6–1, 6–7(5), 7–5
優勝 3. 2001年5月6日   ボル クレー   アナベル・メディナ・ガリゲス   ナディア・ペトロワ
  ティナ・ピズニック
7–5, 6–4
準優勝 1. 2001年7月15日   パレルモ クレー   アナベル・メディナ・ガリゲス   タチアナ・ガルビン
  ヤネッテ・フサロバ
6–4, 2–6, 4–6
準優勝 2. 2001年7月29日   カサブランカ クレー   マリア・エミリア・サレルニ   ルボミラ・バチェバ
  アサ・スベンソン
6–3, 6–7(4), 6–1
優勝 4. 2001年8月5日   バーゼル クレー   アナベル・メディナ・ガリゲス   ヨアネット・クルーガー
  マルタ・マレーロ
7–6(5), 6–2
準優勝 3. 2002年8月11日   ヘルシンキ クレー   エバ・ベス   スベトラーナ・クズネツォワ
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
6–3, 6–7(5), 6–3
準優勝 4. 2003年7月13日   パレルモ クレー   アランチャ・パラ・サントンハ   アドリアーナ・セッラ・ザネッティ
  エミリー・ステラート
6–4, 6–2
優勝 5. 2008年3月1日   アカプルコ クレー   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   イベタ・ベネソバ
  ペトラ・チェトコフスカ
6–2, 6–4
準優勝 5. 2008年5月11日   ベルリン クレー   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   カーラ・ブラック
  リーゼル・フーバー
6–3, 2–6, [2–10]
準優勝 6. 2008年6月14日   バルセロナ クレー   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   ルルド・ドミンゲス・リノ
  アランチャ・パラ・サントンハ
6–4, 5–7, [4–10]
優勝 6. 2009年2月22日   ボゴタ クレー   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   フラビア・ペンネッタ
  ヒセラ・ドゥルコ
7–5, 3–6, [10–7]
優勝 7. 2009年2月28日   アカプルコ クレー   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   ルルド・ドミンゲス・リノ
  アランチャ・パラ・サントンハ
6–4, 6–2
優勝 8. 2009年4月19日   バルセロナ クレー   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   ソラナ・チルステア
  アンドレヤ・クレパーチ
3–6, 6–2, [10–8]
準優勝 7. 2009年7月11日   ボースタード クレー   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   フラビア・ペンネッタ
  ヒセラ・ドゥルコ
2–6, 6–0, [5–10]
優勝 9. 2009年7月17日   パレルモ クレー   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   マリヤ・コリツェワ
  ダリヤ・クツォワ
6–1, 6–2
準優勝 8. 2009年8月16日   シンシナティ ハード   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   カーラ・ブラック
  リーゼル・フーバー
3–6, 6–0, [2–10]
優勝 10. 2009年8月23日   トロント ハード   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   サマンサ・ストーサー
  レネ・スタブス
2–6, 7–5, [11–9]
優勝 11. 2009年8月29日   ニューヘイブン ハード   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   イベタ・ベネソバ
  ルーシー・ハラデツカ
6–2, 7–5
優勝 12. 2009年11月1日   ドーハ ハード   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   カーラ・ブラック
  リーゼル・フーバー
7–6(0), 5–7, [10–7]
優勝 13. 2010年2月20日   ドバイ ハード   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   クベタ・ペシュケ
  カタリナ・スレボトニク
7–6(5), 6–4
準優勝 9. 2010年5月8日   ローマ クレー   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   フラビア・ペンネッタ
  ヒセラ・ドゥルコ
4–6, 2–6
準優勝 10. 2010年10月23日   モスクワ ハード
(室内)
  サラ・エラニ   ヒセラ・ドゥルコ
  フラビア・ペンネッタ
3–6, 6–2, [6–10]
優勝 14. 2011年2月20日   ドバイ ハード   リーゼル・フーバー   クベタ・ペシュケ
  カタリナ・スレボトニク
7–6(5), 6–3
優勝 15. 2011年7月9日   ボースタード クレー   ルルド・ドミンゲス・リノ   ヌリア・リャゴステラ・ビベス
  アランチャ・パラ・サントンハ
6–3, 6–3
優勝 16. 2012年6月23日   イーストボーン   ヌリア・リャゴステラ・ビベス   リーゼル・フーバー
  リサ・レイモンド
6–4, 途中棄権
優勝 17. 2016年6月19日   マヨルカ   ガブリエラ・ダブロウスキー   アンナ=レナ・フリードサム
  ラウラ・シグムント
6–4, 6–2
優勝 18. 2017年9月23日   東京 ハード   アンドレヤ・クレパーチ   ダリア・ガブリロワ
  ダリア・カサトキナ
6–3, 6–2
準優勝 11. 2018年1月6日   ブリスベン ハード   アンドレヤ・クレパーチ   キキ・ベルテンス
  デミ・スゥース
5–7, 2–6
準優勝 12. 2018年2月18日   ドーハ ハード   アンドレヤ・クレパーチ   ガブリエラ・ダブロウスキー
  エレナ・オスタペンコ
3–6, 3–6
準優勝 13. 2018年4月8日   チャールストン クレー   アンドレヤ・クレパーチ   アーラ・クドゥリャフツェワ
  カタリナ・スレボトニク
3–6, 3–6
優勝 19. 2018年6月24日   マヨルカ   アンドレヤ・クレパーチ   ルーシー・サファロバ
  バルボラ・ステフコバ
6–1, 3–6, [10–3]
優勝 20. 2019年5月3日   ラバト クレー   サラ・ソリベス・トリモ   ジョージナ・ガルシア・ぺレス
  オクサナ・カラシニコワ
7–5, 6–1
準優勝 14. 2018年6月23日   マヨルカ   サラ・ソリベス・トリモ   キルステン・フリプケンス
  ヨハンナ・ラーション
2–6, 4–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 通算成績
全豪オープン A 1R 1R A A A A A LQ 3R 2R 2R A LQ 4–5
全仏オープン A 1R LQ A A A A LQ 1R 3R 1R 2R 3R A 5–6
ウィンブルドン A 1R A A A A LQ LQ 3R 1R A 3R 1R A 4–5
全米オープン LQ 1R A A A A 1R LQ 1R 3R 2R 1R 2R A 4–7

脚注編集

外部リンク編集