1972年南アフリカグランプリ

1972年南アフリカグランプリ (: 1972 South African Grand Prix、正式名称: Sixth AA Grand Prix of South Africa (アフリカーンス語: Sesde AA Suid-Afrikaanse Grand Prix[2])) は、1972年のF1世界選手権第2戦として、1972年3月4日キャラミで開催された。

南アフリカ共和国 1972年南アフリカグランプリ
レース詳細
1972年F1世界選手権全12戦の第2戦
キャラミ (1967-1985)
キャラミ (1967-1985)
日程 1972年3月4日
正式名称 Sixth AA Grand Prix of South Africa
開催地 キャラミ
南アフリカの旗 南アフリカ共和国 トランスヴァール州 ミッドラント英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 4.104 km (2.550 mi)
レース距離 79周 324.216 km (201.458 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ティレル-フォード
タイム 1:17.0
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード
タイム 1:18.9 (20[1]周目)
決勝順位
優勝 マクラーレン-フォード
2位 ロータス-フォード
3位 マクラーレン-フォード

レースは79周で行われ、5番グリッドからスタートしたマクラーレンデニス・ハルムが優勝した。ロータスエマーソン・フィッティパルディが2位、ハルムのチームメイトであるピーター・レブソンが3位となった。

エントリー編集

本レースは27台が参加した。前戦アルゼンチンGPから1ヶ月以上経ったが、ほとんどのマシンはブエノスアイレスからキャラミに直接輸送された。エントリーの変更はほとんどなかった[3]

F5000での事故により前戦アルゼンチンGPを欠場したマイク・ヘイルウッドサーティースに、前年のブエノスアイレス1000kmレース英語版におけるイグナツィオ・ギュンティの事故死に関する法的問題のため同GPを欠場したジャン=ピエール・ベルトワーズBRMに加わった。ウィリアムズはレギュラードライバーのアンリ・ペスカロロに加え、新人カルロス・パーチェが古いマーチ・711を走らせる[4]

本レースからドイツのアイフェラント英語版・キャラバンがF1参戦を開始する。マシンはマーチ・721をベースにルイジ・コラーニが改造を施したアイフェラント・E21[4][注 1]、コックピットの前に配置されたバックミラーやエアインテークが特徴であった[5]。ドライバーはロルフ・シュトメレン[4]

例年通り、南アフリカGPのみ参加するローカルドライバーもいた。ラッキーストライクの支援を受けたスクーデリア・スクリバンテ英語版からデイヴ・チャールトンロータス・72Dを、チーム・ガンストン英語版からジョン・ラブサーティース・TS9ウィリアム・ファーガソン英語版ブラバム・BT33をそれぞれ走らせる[3]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  エルフ・チーム・ティレル 1   ジャッキー・スチュワート ティレル 003 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2   フランソワ・セベール 002
  STP・マーチ・レーシングチーム 3   ロニー・ピーターソン マーチ 721 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
4   ニキ・ラウダ
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 5   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
6   クレイ・レガツォーニ
7   マリオ・アンドレッティ
  ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス 8   エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
9   デビッド・ウォーカー
  マールボロ・BRM 10   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM P160B BRM P142 3.0L V12 F
11   ピーター・ゲシン
23   ハウデン・ガンレイ
24   ヘルムート・マルコ P153
  ヤードレー・チーム・マクラーレン 12   デニス・ハルム マクラーレン M19A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
14   ピーター・レブソン
  エキップ・マトラ・スポール 15   クリス・エイモン マトラ MS120C マトラ MS72 3.0L V12 G
  ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 16   ティム・シェンケン サーティース TS9B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
17   マイク・ヘイルウッド
  チェラミカ・パニョッシン・チーム・サーティース 18   アンドレア・デ・アダミッチ
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 19   グラハム・ヒル ブラバム BT33 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
20   カルロス・ロイテマン BT34
  チーム・ウィリアムズ・モチュール 21   アンリ・ペスカロロ マーチ 721 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
22   カルロス・パーチェ 711
  チーム・アイフェラント・キャラバンズ 25   ロルフ・シュトメレン アイフェラント E21 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  スクリバンテ・ラッキーストライク・レーシング 26   デイヴ・チャールトン ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  チーム・ガンストン 27   ジョン・ラブ サーティース TS9 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
28   ウィリアム・ファーガソン ブラバム BT33
ソース:[6]

予選編集

開幕戦を制した前年度王者のジャッキー・スチュワートティレル)が平均速度191.875 km/h (119.226 mph)[7]ポールポジションを獲得した。スチュワートはクレイ・レガツォーニフェラーリ)とエマーソン・フィッティパルディロータス)に数十分の1秒の差を付けた。この3人がフロントローに並び[注 2]、2列目はマイク・ヘイルウッドマクラーレン・M19Aを駆るデニス・ハルム、3列目にはフェラーリ・312B2を駆るマリオ・アンドレッティジャッキー・イクスの2台とフランソワ・セベール(ティレル)が並んだ[3][8]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 1   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 1:17.0 - 1
2 6   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:17.3 +0.3 2
3 8   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 1:17.4 +0.4 3
4 17   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 1:17.4 +0.4 4
5 12   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:17.4 +0.4 5
6 7   マリオ・アンドレッティ フェラーリ 1:17.5 +0.5 6
7 5   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:17.7 +0.7 7
8 2   フランソワ・セベール ティレル-フォード 1:17.8 +0.8 8
9 3   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 1:17.8 +0.8 9
10 16   ティム・シェンケン サーティース-フォード 1:17.8 +0.8 10
11 10   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 1:17.9 +0.9 11
12 14   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 1:18.0 +1.0 12
13 15   クリス・エイモン マトラ 1:18.0 +1.0 13
14 19   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 1:18.1 +1.1 14
15 20   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 1:18.2 +1.2 15
16 23   ハウデン・ガンレイ BRM 1:18.3 +1.3 16
17 26   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 1:18.5 +1.5 17
18 11   ピーター・ゲシン BRM 1:18.7 +1.7 18
19 9   デビッド・ウォーカー ロータス-フォード 1:18.7 +1.7 19
20 18   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 1:18.9 +1.9 20
21 4   ニキ・ラウダ マーチ-フォード 1:18.9 +1.9 21
22 21   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 1:19.0 +2.0 22
23 24   ヘルムート・マルコ BRM 1:19.1 +2.1 23
24 22   カルロス・パーチェ マーチ-フォード 1:20.3 +3.3 24
25 25   ロルフ・シュトメレン アイフェラント-フォード 1:20.4 +3.4 25
26 27   ジョン・ラブ サーティース-フォード 1:21.0 +4.0 26
27 28   ウィリアム・ファーガソン ブラバム-フォード 1:31.9 +14.9 DNS 1
ソース:[7][9]
追記
  • ^1 - ファーガソンは予選中にエンジンを壊したため、決勝への出走を見合わせた[10]

決勝編集

キャラミでのレースは79周で行われた。スタートでデニス・ハルムが首位に立ったが、ジャッキー・スチュワートが抜き返した。一方、クレイ・レガツォーニはスタートに失敗して中団グループに後退した。スチュワートのティレル・003は首位に立つと、すぐに2位を争うハルム、エマーソン・フィッティパルディマイク・ヘイルウッドを引き離していった。ハルムのマクラーレン・M19Aオーバーヒートし始め、ライバルに遅れを取った。数周後にヘイルウッドはフィッティパルディを抜いて2位に浮上し、スチュワートに迫っていく。しかし、ヘイルウッドは28周目にサーティース・TS9Bのリアサスペンションが壊れてリタイアした。これによりフィッティパルディは2位に返り咲き、スチュワートへのアタックを開始したが、スチュワートは45周目にギアボックスのトラブルに見舞われてリタイアした。これによりフィッティパルディが首位に立ち、ハルムが右後方にいた。フィッティパルディはハンドリングに苦しみ、57周目にハルムが首位の座を取り戻した。フィッティパルディは3位のクリス・エイモンに大差を付けていたため、2位の座をキープすることができた。エイモンのマトラ・MS120Cが深刻な振動を起こし、その差はさらに広がった。この振動によりエイモンは順位を落とし、3周遅れの15位に終わった。これで3位表彰台を獲得したのはハルムのチームメイトであるピーター・レブソンであった[3][8]。レブソンはF1では初の表彰台を獲得した[11]

ハルムは1時間45分49秒1(平均速度183.834 km/h (114.229 mph))[12]1969年メキシコGP以来の勝利を挙げ[13]、2位のフィッティパルディに14秒の差を付けた。3位のレブソンはさらに12.7秒の差が付いた。この他、優勝したハルムと同一周回でフィニッシュしたのは、マリオ・アンドレッティフェラーリ)とロニー・ピーターソンマーチ)の2人であった。ハルムはこの勝利により、ドライバーズチャンピオンシップで6点リードした[3][14][15]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 12   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 79 1:45:49.1 5 9
2 8   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 79 +14.1 3 6
3 14   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 79 +25.8 12 4
4 7   マリオ・アンドレッティ フェラーリ 79 +38.5 6 3
5 3   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 79 +49.0 9 2
6 19   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 78 +1 Lap 14 1
7 4   ニキ・ラウダ マーチ-フォード 78 +1 Lap 21
8 5   ジャッキー・イクス フェラーリ 78 +1 Lap 7
9 2   フランソワ・セベール ティレル-フォード 78 +1 Lap 8
10 9   デビッド・ウォーカー ロータス-フォード 78 +1 Lap 19
11 21   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 78 +1 Lap 22
12 6   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 77 +2 Laps 2
13 25   ロルフ・シュトメレン アイフェラント-フォード 77 +2 Laps 25
14 24   ヘルムート・マルコ BRM 76 +3 Laps 23
15 15   クリス・エイモン マトラ 76 +3 Laps 13
16 27   ジョン・ラブ サーティース-フォード 73 パンク/アクシデント 26
17 22   カルロス・パーチェ マーチ-フォード 73 +6 Laps 24
NC 23   ハウデン・ガンレイ BRM 70 規定周回数不足 16
NC 18   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 69 規定周回数不足 20
NC 11   ピーター・ゲシン BRM 65 規定周回数不足 18
Ret 10   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 61 エンジン 11
Ret 1   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 45 ギアボックス 1
Ret 17   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 28 サスペンション 4
Ret 20   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 27 燃料システム 15
Ret 16   ティム・シェンケン サーティース-フォード 9 エンジン 10
Ret 26   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 2 燃料ポンプ 17
DNS 28   ウィリアム・ファーガソン ブラバム-フォード エンジン
優勝者デニス・ハルムの平均速度[12]
183.834 km/h (114.229 mph)
ファステストラップ[17]
ラップリーダー[18]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[10]

第2戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 文献によってマーチのプライベート参戦に含めているものがある。(林信次 1993, p. 47)、1972年第2戦南アフリカグランプリの結果”. F1 DataWeb. 2020年4月6日閲覧。
  2. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。

出典編集

  1. ^ (林信次 1993, p. 118)
  2. ^ Motor Racing Programme Covers: 1972”. The Programme Covers Project. 2017年7月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Grand Prix Results: South African GP, 1972”. Grandprix.com. 2014年3月15日閲覧。
  4. ^ a b c (林信次 1993, p. 47)
  5. ^ Eifelland March E21”. STATS F1. 2020年4月4日閲覧。
  6. ^ South Africa 1972 - Race entrants”. STATS F1. 2020年4月4日閲覧。
  7. ^ a b South Africa 1972 - Qualifications”. STATS F1. 2020年4月5日閲覧。
  8. ^ a b c 1972 South African Grand Prix”. Racing-Reference.info (1972年3月4日). 2014年3月15日閲覧。
  9. ^ South Africa 1972 - Starting grid”. STATS F1. 2020年4月6日閲覧。
  10. ^ a b South Africa 1972”. STATS F1. 2020年4月5日閲覧。
  11. ^ a b 戦績:P.レブソン”. F1 DataWeb. 2020年4月6日閲覧。
  12. ^ a b South Africa 1972 - Result”. STATS F1. 2020年4月6日閲覧。
  13. ^ 戦績:D.ハルム”. F1 DataWeb. 2020年4月6日閲覧。
  14. ^ a b 1972 South African Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  15. ^ a b Formula One, South African 1972 Race Results”. crash.net. 2015年12月22日閲覧。
  16. ^ 1972 Grand Prix of South Africa”. Silhouet.com (1972年3月4日). 2014年3月15日閲覧。
  17. ^ South Africa 1972 - Best laps”. STATS F1. 2020年4月6日閲覧。
  18. ^ South Africa 1972 - Laps led”. STATS F1. 2020年4月6日閲覧。
  19. ^ 戦績:W.ファーグソン”. F1 DataWeb. 2020年4月6日閲覧。
  20. ^ 戦績:J.ラブ”. F1 DataWeb. 2020年4月6日閲覧。
  21. ^ Eifelland March”. STATS F1. 2020年4月6日閲覧。
  22. ^ Eifelland March - Grands Prix started 1972”. STATS F1. 2020年4月6日閲覧。
  23. ^ a b South Africa 1972 - Championship”. STATS F1. 2019年3月20日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1972 South African Grand Prix(2019年8月4日 21:06:30(UTC))
  • 林信次『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8

外部リンク編集


前戦
1972年アルゼンチングランプリ
FIA F1世界選手権
1972年シーズン
次戦
1972年スペイングランプリ
前回開催
1971年南アフリカグランプリ
  南アフリカグランプリ 次回開催
1973年南アフリカグランプリ