AFCチャンピオンズリーグ2012

AFCチャンピオンズリーグ2012(AFC Champions League 2012)は、2002-2003年に第1回大会が行われて以来、10回目のAFCチャンピオンズリーグである(前身も含めれば31回目)。 蔚山現代が初優勝を果たした。

AFCチャンピオンズリーグ2012
AFC Champions League 2012
大会概要
日程 2012年2月11日 - 11月10日
チーム数 37 (11連盟)
大会結果
優勝 大韓民国の旗 蔚山現代 (1回目)
準優勝 サウジアラビアの旗 アル・アハリ
3位 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
ウズベキスタンの旗 ブニョドコル
大会統計
試合数 122試合
ゴール数 352点
(1試合平均 2.89点)
総入場者数 1,652,546人
(1試合平均 13,545人)
得点王 ブラジルの旗 リカルド・オリヴェイラ(12点)
最優秀選手 大韓民国の旗 李根鎬
 < 20112013

目次

概要編集

グループリーグ参加クラブ数は前回大会と同じ32チームである。各4チーム、A~H組の8組に分かれる。原則として、A~D組は西地区、E~H組は東地区と東西に分かれてのグループ分けとなる。2011年11月24日、AFCより前回大会からの出場枠の変更がアナウンスされ[1]ウズベクリーグより1チームが東地区に参加することが明らかになった(便宜上、原則にのっとり、A~D組は西地区、E~H組は東地区と記述する)。 各グループの上位2チームがノックアウトステージに進出する。

ノックアウトステージは、ラウンド16をグループリーグ1位チームのホームで一発勝負。ここまでが東西に分かれての試合となる。準々決勝・準決勝はホーム・アンド・アウェー方式で2試合行われる。 前回大会同様決勝戦は、中立地での一発勝負ではなく、決勝に勝ち進んだ2チームのどちらかのホームスタジアムでの一発勝負となる[2]。どちらのホームになるかは事前の抽選によって決められる。

優勝チームには、2012年12月に日本で開催したFIFAクラブワールドカップ2012への出場権が与えられた。

出場チーム編集

前回大会からの出場枠の変更は以下の通り。

西アジア

クラブ数 参加数
グループ
ステージ
プレー
オフ
  カタール 12 4 0
  サウジアラビア 14 3 1
  UAE 12 3 1
  ウズベキスタンA 14 3 1
  イラン 18 2 2
グループステージから直接参加可能
グループステージから直接参加は不可能
東アジア

クラブ数 参加数
グループ
ステージ
プレー
オフ
  日本 18 4 0
  韓国B 16 3 1
  中国 16 3 1
  オーストラリアC 9+1 2 1
  タイ 18 1 1
  インドネシアD 24 0 1


  • A ウズベクリーグよりプレーオフを介さずACLに出場するクラブの内、1クラブは東アジアゾーンに振り分けられることが決定している。
  • D インドネシア国内リーグの参加クラブ数とされる数字はAFCチャンピオンズリーグ2012の概要レポートに記されている[4]。しかし、ACL参加対象とされているインドネシア・スーパーリーガ(en)2010-2011の参加クラブ数は15であり、インドネシアサッカー協会により国内最上位のサッカーリーグと認定されているリーガ・プレミア・インドネシア(en)の2010-2011シーズンの参加クラブ数は13である。現在、インドネシアには国内最上位のサッカーリーグが2つ存在している状態である(インドネシア・スーパーリーガは現在、インドネシアサッカー協会未公認のサッカーリーグ)。

プレーオフ編集

本来は前年度AFCカップ優勝及び準優勝クラブにもプレーオフ出場権が与えられる[5]が、AFCカップ2011優勝クラブのナサフ・カルシは国内リーグ枠で既に出場権を得ており、また準優勝クラブのアル・クウェートはACL出場規定を満たしていなかったためプレーオフ不参加となった。また、中国スーパーリーグ3位の遼寧宏運はプレーオフ出場を辞退した[6]

西アジア
チーム 出場資格 出場
回数*
前回
出場年
  エステグラル ペルシアンガルフ・カップ 2010-11 2位 5回目 2011
  ゾブ・アハン ペルシアンガルフ・カップ 2010-11 3位 4回目 2011
  アル・イッティファーク サウジ・プレミアリーグ 2010-11 3位 2回目 2009
  アル・シャバーブ UAEリーグ 2010-11 4位 2回目 2009
  ネフチ・フェルガナ ウズベクリーグ 2011 4位 5回目 2007
東アジア
チーム 出場資格 出場
回数*
前回
出場年
  浦項スティーラース Kリーグ 2011 3位 4回目 2010
  アデレード・ユナイテッド Aリーグ 2010-11 3位 4回目 2010
  チョンブリー タイ・プレミアリーグ 2011 2位 2回目 2008
  ペルシプラ・ジャヤプラ インドネシア・スーパーリーガ 2010-11 優勝 2回目 2010

グループステージ編集

西アジア (グループA-D)
チーム 出場資格 出場
回数*
前回
出場年
  レフウィヤSC カタール・スターズリーグ 2010-11 優勝 1回目
  アル・ラーヤン カタール・アミールカップ 2010-11 優勝
カタール・スターズリーグ 2010-11 3位
4回目 2011
  アル・ガラファ カタール・スターズリーグ 2010-11 2位 7回目 2011
  アル・アラビ カタール・スターズリーグ 2010-11 4位 1回目
  アル・ヒラル サウジ・プレミアリーグ 2010-11 優勝 8回目 2011
  アル・アハリ サウジ・チャンピオンズカップ 2010-11 優勝 5回目 2010
  アル・イテハド サウジ・プレミアリーグ 2010-11 2位 8回目 2011
  アル・ジャジーラ UAEリーグ 2010-11 優勝
UAEプレジデントカップ 2011 優勝
4回目 2011
  バニー・ヤース(en) UAEリーグ 2010-11 2位 1回目
  アル・ナスル UAEリーグ 2010-11 3位 1回目
  パフタコール ウズベクカップ 2011 優勝
ウズベクリーグ 2011 3位
10回目 2011
  ナサフ・カルシ ウズベクリーグ 2011 2位 1回目
  セパハン ペルシアンガルフ・カップ 2010-11 優勝 8回目 2011
  ペルセポリス ハズフィ・カップ 2010-11 優勝 4回目 2011
  アル・シャバーブ 西地区プレーオフ勝者 2回目 2009
  エステグラル 西地区プレーオフ勝者 5回目 2011
東アジア (グループE-H)
チーム 出場資格 出場
回数*
前回
出場年
  柏レイソル Jリーグ 2011 優勝 1回目
  FC東京 天皇杯 2011 優勝 1回目
  名古屋グランパス Jリーグ 2011 2位 3回目 2011
  ガンバ大阪 Jリーグ 2011 3位 6回目 2011
  全北現代モータース Kリーグ 2011 優勝 6回目 2011
  城南一和天馬 韓国FAカップ 2011 優勝 5回目 2010
  蔚山現代 Kリーグ 2011 2位 3回目 2009
  広州恒大 中国スーパーリーグ 2011 優勝 1回目
  天津泰達 中国FAカップ 2011 優勝 3回目 2011
  北京国安 中国スーパーリーグ 2011 2位 4回目 2010
  ブリスベン・ロアー Aリーグ 2010-11 優勝 1回目
  セントラルコースト・マリナーズ Aリーグ 2010-11 2位 2回目 2009
  ブリーラム・ユナイテッド タイ・プレミアリーグ 2011 優勝
タイFAカップ 2011 優勝
2回目 2009
  ブニョドコル ウズベクリーグ 2011 優勝 5回目 2011
  アデレード・ユナイテッド 東地区プレーオフ勝者 4回目 2010
  浦項スティーラース 東地区プレーオフ勝者 4回目 2010
  • * 出場回数 (プレーオフ枠を含む) は2002-03シーズンにAFCチャンピオンズリーグへと変更されて以降の回数を表す。
  • ペルシプラ・ジャヤプラはAFCより参加不適格とされ出場不可能であったが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えを出し、2012年2月1日にCASはペルシプラ・ジャヤプラのACL参加を認めるよう裁定を下した[7]。これにより、プレーオフを経ずに直接グループステージに参加可能とされていたアデレード・ユナイテッドもプレーオフを戦うことになった。
  • ウズベクリーグよりプレーオフを介さずACLに出場するクラブの内、1クラブは東地区に割り振られる。抽選の結果、ブニョドコルが東地区に割り振られることになった。

プレーオフ編集

プレーオフ決勝で敗退のチームは、AFCカップ2012に進出する。(ただし、アデレード・ユナイテッド対ペルシプラ・ジャヤプラの敗者はAFCカップ2012にも参加できない[8])

プレーオフ準決勝で敗退のチームは、AFCカップ2012にも進出できない。(前回大会まではプレーオフ敗退クラブは全てAFCカップに参加していた)プレーオフ出場を辞退した遼寧宏運はAFCカップ2012にも出場しない。

西地区編集

準決勝


決勝


東地区編集

決勝


グループリーグ編集

組み合わせ抽選会は2011年12月6日にクアラルンプールで行われた。

各グループの上位2チームがラウンド16に進出する。各グループで勝ち点が同点のチームが2つ以上ある場合は、以下の順に比較して順位を決定する。

  1. 当該チーム同士の対戦における、勝ち点の多少
  2. 当該チーム同士の対戦における、得失点差(アウェイゴールは不適用)
  3. 当該チーム同士の対戦における、ゴール数の多少(アウェイゴールは不適用)
  4. 当該チームの全試合における、得失点差
  5. 当該チームの全試合における、ゴール数の多少
  6. ここまで参照し、それでも2クラブが差がつかず、さらにその両方が同じ試合会場にいる場合は、PK戦を行う。
  7. 警告および退場処分になった回数をポイント化(警告=1ポイント、2回目の警告による退場=3ポイント、いわゆる一発退場=3ポイント、警告に続いて退場=4ポイント)し、ポイントの少ない方を上位とする
  8. 抽選

西地区編集

グループA編集

チーム 勝点 試合
  アル・ジャジーラ 16 6 5 1 0 18 10 +8
  エステグラル 11 6 3 2 1 8 3 +5
  アル・ラーヤン 6 6 2 0 4 9 12 -3
  ナサフ・カルシ 1 6 0 1 5 4 14 -10







グループB編集

チーム 勝点 試合
  アル・イテハド 16 6 5 1 0 13 4 +9
  バニー・ヤース 11 6 3 2 1 9 2 +7
  パフタコール 7 6 2 1 3 6 10 -4
  アル・アラビ 0 6 0 0 6 4 16 -12

※アル・イテハドは、前回大会のホームゲーム(FCソウル戦)で観客が問題を起こしたことへの処分として、この試合を一般観客なしで実施することを命じられた[10]







グループC編集

チーム 勝点 試合
  セパハン 13 6 4 1 1 9 4 +5
  アル・アハリ 10 6 3 1 2 10 6 +4
  アル・ナスル 6 6 2 0 4 6 11 -5
  レフウィヤSC 6 6 2 0 4 5 9 -4







グループD編集

チーム 勝点 試合
  アル・ヒラル 12 6 3 3 0 10 7 +3
  ペルセポリス 11 6 3 2 1 14 5 +9
  アル・ガラファ 6 6 1 3 2 7 10 -3
  アル・シャバーブ 2 6 0 2 4 5 14 -9







東地区編集

グループE編集

チーム 勝点 試合
  アデレード・ユナイテッド 13 6 4 1 1 7 2 +5
  ブニョドコル 10 6 3 1 2 8 7 +1
  浦項スティーラース 9 6 3 0 3 6 4 +2
  ガンバ大阪 3 6 1 0 5 5 13 -8







グループF編集

チーム 勝点 試合
  蔚山現代 14 6 4 2 0 11 7 +4
  FC東京 11 6 3 2 1 12 6 +6
  ブリスベン・ロアー 3 6 0 3 3 6 11 -5
  北京国安 3 6 0 3 3 6 11 -5

※ブリスベン・ロアーと北京国安は、勝ち点・直接対戦の結果・全試合の得失点差・全試合の総得点のすべてで並んだものの、規定における「最終節でPK戦により順位決定」は行われなかった。ここでは次の順位決定基準である「イエローカード・レッドカードの数による評価」により、ブリスベン・ロアーを上位と表記する(ブリスベン・ロアー:イエローカード9枚・レッドカード1枚、北京国安:イエローカード12枚、レッドカード2枚)。








グループG編集

チーム 勝点 試合
  城南一和天馬 10 6 2 4 0 13 5 +8
  名古屋グランパス 10 6 2 4 0 10 4 +6
  セントラルコースト・マリナーズ 6 6 1 3 2 7 11 -4
  天津泰達 3 6 0 3 3 2 12 -10




名古屋グランパス   0 - 0   天津泰達
レポート
瑞穂陸上競技場名古屋
観客数: 6,006
主審:   廖國文



グループH編集

チーム 勝点 試合
  広州恒大 10 6 3 1 2 12 8 +4
  柏レイソル 10 6 3 1 2 11 7 +4
  全北現代モータース 9 6 3 0 3 10 15 -5
  ブリーラム・ユナイテッド 6 6 2 0 4 8 11 -3







ラウンド16編集

  • グループステージが始まった当時は東地区、西地区共に2012年5月29日、30日に開催される予定だったが、西地区のクラブ及びサッカー協会が2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選に向け日程の前倒しを要求したため、西地区は1週間早い2012年5月22日、23日に実施されることになった[12][13][14]
  • 東西に分かれ、グループ1位クラブと他グループ2位クラブとの対戦。グループ1位クラブのホームでの一発勝負。
  • アウェーゴールルールは適用されない。

西地区編集





東地区編集


2012年5月29日
19:30 UTC+9
城南一和天馬   0 - 1   ブニョドコル
レポート カリモフ   53分 (pen.)


2012年5月30日
20:00 UTC+8
広州恒大   1 - 0   FC東京
クレオ   31分 レポート

準々決勝編集

組み合わせ抽選は2012年6月14日にマレーシアクアラルンプールのAFCハウスで行われた。第1戦は2012年9月19日に、第2戦は2012年10月2、3日に開催される[15]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
アル・イテハド   5 - 4   広州恒大 4 - 2 1 - 2
セパハン   1 - 4   アル・アハリ 0 - 0 1 - 4
アデレード・ユナイテッド   4 - 5   ブニョドコル 2 - 2 2 - 3 (延長)
蔚山現代   5 - 0   アル・ヒラル 1 - 0 4 - 0

第1戦編集


2012年9月19日
19:30 UTC+9
蔚山現代   1 - 0   アル・ヒラル
ラフィーニャ   10分 レポート

2012年9月19日
20:30 UTC+4:30
セパハン   0 - 0