SPORTS STADIUM

SPORTS STADIUM』(スポーツスタジアム)は、1997年4月6日から中京テレビで放送されているスポーツ情報番組である。2015年10月4日放送分からは『スポーツスタジアム☆魂』(スポーツスタジアム たましい)と題して放送されている。通称「スポスタ」あるいは「SS[1]

SPORTS STADIUM
ジャンル スポーツ情報番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 中京テレビ
演出 松井優
プロデューサー 吉永隆
出演者 吉田太一
望月杏夏
ほか
ナレーター 榊原忠美
音声 ステレオ放送
外部リンク 公式サイト
SPORTS STADIUM
放送時間 日曜 17:00 - 17:30(30分)
放送期間 1997年4月6日 - 2013年3月31日
スポーツスタジアム晴(2015年3月まで)
放送時間 日曜 17:00 - 17:30(30分)
放送期間 2013年4月7日 - 2015年3月29日
スポーツスタジアム晴(2015年4月以降)
放送時間 日曜 16:55 - 17:25(30分)
放送期間 2015年4月5日 - 2015年9月27日
スポーツスタジアム☆魂
放送時間 日曜 16:55 - 17:25(30分)
放送期間 2015年10月4日 -

特記事項:
出演者は2017年10月1日以降のデータ。
テンプレートを表示

目次

概要編集

日曜17:00枠で放送されていた『行け!行け!!ドラゴンズ』と日曜17:15枠で放送されていた『Viva!グランパス』を統合する形でスタートした番組で、毎回中日ドラゴンズ関連の情報と名古屋グランパスエイト関連の情報を伝えている。ドラゴンズを題材にした番組としては『週刊ドラドラ生放送』から数えて8代目、グランパスを題材にした番組としては2代目(『Viva!グランパス』とその前身の『Viva!サッカー』を別番組として捉えた場合は3代目)である。これまで中京テレビが製作してきたスポーツ情報番組群の中では最長の放送期間を記録し続けている。

『SPORTS STADIUM』というタイトルを冠していながら毎回特集するのはプロ野球Jリーグで、それ以外のスポーツを取り上げる機会は非常に少ないが、2002年まではボクシングも同等の扱いで特集していたことがある。また、2008年4月20日放送分では中京テレビ主催のビーチバレー大会のPRを兼ねて、同大会に出場する地元三重県出身者の浅尾美和を特集した。その一方で、一時期グランパス関連の情報コーナーを休止していたこともある。

番組開始17年目となる2013年4月7日放送分からは『スポーツスタジアム晴』と題し、地元名古屋市出身者の加藤晴彦をメインキャスターに迎えて行われていた。

2015年9月27日放送分をもって加藤が番組を卒業。翌週の10月4日放送分からは番組タイトルが『スポーツスタジアム☆魂』となり、それまでサブキャスターを務めていた吉田太一(中京テレビアナウンサー)がメインに昇格し、サブキャスターに平山雅(同局アナウンサー)を迎えてリニューアルした。

2017年9月24日放送分をもって平山雅が番組を卒業[2]。翌週の10月1日放送分からは平山雅に代わり、サブキャスターに望月杏夏(同局アナウンサー)を迎えた。

放送時間編集

いずれも日本標準時

  • 日曜 17:00 - 17:30 (1997年4月6日 - 2015年3月29日) - 2015年3月29日放送分のみ16:55からの35分枠で放送。
  • 日曜 16:55 - 17:25 (2015年4月5日 - 2015年9月27日) - 5分繰り上げ。

出演者編集

現在の出演者編集

キャスター編集

  • 吉田太一(中京テレビアナウンサー) - 2014年8月から不定期出演した後、2015年4月からキャスターを務めている[3]
  • 望月杏夏(中京テレビアナウンサー) - 2017年10月から出演。

コメンテーター編集

  • 立浪和義(野球解説者、元プロ野球選手) - 不定期出演。
  • 井上一樹(野球解説者、元プロ野球選手) - 不定期出演。
  • 湊川誠隆(元プロ野球選手) - 2012年2月12日放送分から出演。
  • 法元英明(野球解説者、元プロ野球選手) - 不定期出演。
  • ドラゴンズ特集やグランパス特集を行う際には、企画単位で解説者が単発出演することがある。また、2008年12月7日放送分出演の岡山哲也のように、グランパス特集の実施中にOB選手が出演することもある。

ナレーター編集

過去の出演者編集

キャスター編集

  • きくち教児 - 初期に出演[4]
  • 桐生順子(当時中京テレビアナウンサー) - 初期に出演[4]
  • 板谷学(当時中京テレビアナウンサー) - 1999年から[5]2000年9月まで出演。
  • 本多小百合(当時中京テレビアナウンサー) - 2000年10月から2002年3月まで出演。
  • 佐藤啓(中京テレビアナウンサー) - 2000年10月から2009年9月まで出演。
  • 前田麻衣子(中京テレビアナウンサー) - 2002年から2005年まで出演。
  • 鶴木陽子(当時中京テレビアナウンサー) - 2005年から2009年3月まで出演。
  • 尾原秀三(当時中京テレビアナウンサー) - 2009年10月から2012年6月まで出演。
  • 鹿内美沙(当時中京テレビアナウンサー) - 2009年4月から2013年3月まで出演。
  • 鈴木理香子(当時中京テレビアナウンサー) - 2013年4月から2015年3月まで出演。
  • 加藤晴彦 - 2013年4月から2015年9月まで出演。
  • 平山雅(中京テレビアナウンサー) - 2015年10月から2017年9月まで出演。

コメンテーター編集

リポーター編集

  • 神浩司(中京テレビアナウンサー) - 初期にサッカー専門のリポーターとして出演[4]

スタッフ編集

  • ディレクター:長谷川雅宏 → 浦田直洋 → 室明奈、下畑拓郎
  • 構成:今井とおる
  • 演出:庄本武司 → 長谷川雅宏 → 五十嵐智明 → 松井優
  • プロデューサー:藤本明
  • 協力:第一舞台、スター、CTV MID ENJIN (2011年7月以降)
  • 製作著作:中京テレビ

主な企画編集

他局のドラゴンズ情報番組との差別化を図るためか、比較的バラエティに富んだ企画・特集を組むことが多い。

スポスタ鍋企画編集

他局のドラゴンズ情報番組との差別化を図るためか、比較的バラエティ色に富んだ企画・特集を組むことが多い。 2006年のシーズンオフから行われている企画で、毎回ドラゴンズの選手1人をゲストに呼び、名古屋市内にある料亭などで鍋を囲みながら様々なエピソードを暴露する。『週刊ドラドラ生放送』時代からのスポンサーであるサッポロビールがスポンサーに付いている関係から[4]、参加者はサッポロビール黒ラベルやヱビスビールなどを飲みながら企画を進める。基本的にこの企画には佐藤啓と川又米利(佐藤降板後の2009年からは尾原秀三と川又)が参加しているが、立浪和義が出演した2007年12月2日放送分では佐藤と川又は担当から外れ、より立浪との関わりが深い橋本清片岡篤史が代わって担当した。一度新婚当時の井端弘和宅で収録したことがあり、その際には元テレビ朝日アナウンサーの明子夫人の手作り鍋を堪能した。

放送日 タイトル ゲスト 収録場所 聞き手 備考
2006年度 第1回PL 立浪和義橋本清片岡篤史 無し
2007年12月2日 第2回PL鍋 立浪和義、橋本清、片岡篤史 割烹 博多 無し
2007年12月23日 爆笑!荒木鍋 荒木雅博 木曽路 名駅IMAIビル店 佐藤啓川又米利
2007年12月30日 井端自宅で鍋 井端弘和 井端弘和の自宅 佐藤啓、川又米利
2008年1月6日 二冠王鍋 山崎武司
2008年1月13日 朝倉鍋 朝倉健太
2008年1月20日 新戦力鍋 和田一浩
2008年1月27日 中村紀洋鍋 中村紀洋ドアラ
2009年1月11日 第3回PL鍋 立浪和義、橋本清、片岡篤史、野村弘樹 割烹 博多 無し
2009年1月25日 井上ドアラ鍋 井上一樹、ドアラ スギモト 佐藤啓、川又米利
2009年12月20日 第4回PL鍋 立浪和義、橋本清、片岡篤史 割烹 博多 無し この回でPL鍋は最終回
2010年12月12日 昭和60年会鍋 大島洋平堂上剛裕山内壮馬谷哲也中川裕貴 無し
2011年1月16日 駒澤大学 新井良太野本圭、大島洋平 割烹 博多 無し
2011年12月25日 新打撃コーチ鍋 井上一樹 さがみ庭 川又米利
2012年1月8日 復活鍋 山崎武司 川又米利
2012年1月15日 師弟鍋 吉見一起大野雄大 創作会席京料理 京多志津 内藤尚行
2012年1月22日 2軍首脳陣鍋 鈴木孝政、川又米利、中村武志 割烹 博多 無し 1月19日のドラゴンズスタッフ会議の当日に収録
2012年2月26日 盟友鍋 山本昌広、中村武志 居酒屋 恩納まつり 無し
2012年6月3日 昭和60年会の集い 大島洋平、堂上剛裕、山内壮馬 桃○ 無し 5月31日の試合終了後1時間後に収録
2012年12月2日 フル回転鍋 山井大介小林正人 割烹 博多 湊川誠隆
2012年12月23日 沖縄吉見組鍋 吉見一起、小林正人、大野雄大、西川健太郎小熊凌祐住田ワタリコーチ 内藤尚行 沖縄の自主トレ時に収録
2013年1月27日 若手リリーバー同級生鍋 田島慎二、武藤祐太 別館ツル 湊川誠隆

グラサン座談会編集

ドラゴンズ担当のK又(川又米利)、ジャイアンツ担当のM本(宮本和知)、タイガース担当のK藤(川藤幸三)による、放送コードすれすれも辞さないようなセ・リーグペナントレースを展望する座談会。一応「覆面座談会」なので、3人ともサングラスを着用して参加する。

回数 放送日 収録日 備考
第1回 2007年9月2日
第2回 2008年6月22日
第3回 2008年10月12日 2008年10月10日 巨人優勝日の午後にたまたま収録された
第4回 2009年9月13日
第5回 2011年9月25日 2011年9月21日 この回ではGオスN藤(内藤尚行)がヤクルト担当として初参加

THE実況編集

2007年11月18日放送分から行われている企画で、佐藤啓とゲスト出演者1人がヘッドマイクを付けて放送席に座り、試合の映像を見ながら対談を行う。放送初回では当時の先発投手・山井大介が出演し、2007年11月1日にドラゴンズが日本一を決めた試合での交代劇について語った。

ドラゴンズ思い出の名場面編集

2007年のシーズンオフから番組のエンディングで行われているコーナー。思い出の名場面を映像と番組ナレーターの声で振り返る。2007年12月2日放送分からはスカパー!e2がスポンサーに付いたため、以後は「スカパー!e2 presents ドラゴンズ思い出の名場面」と題して行われている。

○○だけシリーズ編集

主に東京ドームで行われる巨人×中日戦において中京テレビが専用のカメラを出し、ドラゴンズの特定の選手だけを追うという企画。この企画では、佐藤啓は東京ドーム「日本テレビ第2放送室」にて試合を観戦し、カメラと同じく特定の選手だけのプレーを追って実況する。過去にターゲットにした選手として、トニ・ブランコやアライバ(荒木雅博と井端弘和)がいる。

主な特集編集

  • 選手特集
  • 同日に日本テレビが東京ドームから中継する『次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL』で巨人対中日戦の放送がある時には、佐藤啓がベンチリポートを担当すると同時に、現地からのリポートを担当する川又米利(2002年4月から2005年9月までは宮田征典)との生中継を行うことがよくある。生中継であるため、その際には予告無しにドラゴンズの選手が登場したりする。なお、東京ドームからの中継をはじめとして外部からの生中継を行う際には、中京テレビ本社内のスタジオには番組出演者1名が残ることが多い。鶴木陽子が出演していた当時は、彼女がその役割を務めていた。
  • ドラフト前になると、ドラフト関連の企画をよく行う。この企画では法元英明やフリーライターなどが登場し、注目選手を取り上げたりする。2008年のドラフト後はドラゴンズに関するドラフト情報のほか、ドラフト候補だったが指名無しだった星城大学の林冬樹投手および中部大学金丸将也投手それぞれのドラフト当日の様子を特集した。また、地元出身でプロに進んだ選手は、中日以外の選手でも積極的に取材をしている。
  • 2006年7月16日放送分では、かつての出演者で放送日3日前の7月13日に死去した宮田征典の追悼特集を番組後半で行った。
  • 通常、巨人対中日が東京ドームなど巨人主管で行われる場合には、全国放送でない限りは東海地方での裏送りを行わないが、例外的に2012年7月1日(この日は地上波での放送無し)の試合については、本番組を16:25から拡大する形で(当日スポーツ中継が2本連続放送された都合上)、BS日テレ日テレG+の中継をそのまま放送する事実上の裏送りで放送が行われた。
  • 2016年5月8日放送分では巨人対中日(東京ドーム)を本番組を16:25から拡大、BS日テレ等の中継から音声を差し替えて(解説:井上一樹、実況:吉田太一)中継する予定。

備考編集

  • 裏でNHK総合テレビの『NHKプロ野球』やCBCテレビの『侍プロ野球』などがナゴヤドームのドラゴンズ公式戦を生中継している日には、現行のドラゴンズの特集をせずに過去のドラゴンズの名選手・名場面集、あるいはグランパスやその他のスポーツの特集に差し替えることが多い。また、裏で行われている野球中継が終了した後(すなわち、この番組ラストの部分でもある)には、残りわずかな時間にドラゴンズ戦の試合結果または途中経過をねじ込むことがある。ただし、2008年5月4日放送分では当日の中日対阪神戦(中日の李炳圭が阪神の藤川球児からサヨナラ本塁打を放った試合)を中継した東海テレビステーションブレイクを挿まずに17:30からの『FNNスーパーニュース』に繋げたため、番組は同試合の経過を伝えることができなかった。
  • グランパスについて特集する「グランパススタジアム」のコーナーは、2010年9月からスカパー!で『Jリーグクラブ応援番組セレクション』として放送されている。放送は毎月第3金曜日。同番組は毎回、番組本編の前1か月間分の「グランパススタジアム」を一挙放送しているほか、独自企画としてかつてのグランパス選手の「お宝映像」を紹介するコーナーを設けている。
  • 番組からのプレゼントでは、番組スポンサーのサッポロビールの1製品ほかが抽選によりプレゼントされる。このため、未成年者の応募は不可。シーズン中には、主にドラゴンズおよびグランパスの観戦チケットが対象となる(どちらか1つの場合もある)。
  • 番組公式サイトには、かつて川上憲伸の専属トレーナー・加藤佑介によるドラゴンズ関連のコラムが掲載されていた。このコラムは不定期連載で、2006年4月から2007年3月まで連載されていた[6]

脚注編集

  1. ^ 番組がFacebookで取得しているアカウント名、ならびにキャスターが佐藤啓と前田麻衣子の時代に採用していた番組タイトルロゴより。
  2. ^ 『スポーツスタジアム☆魂』卒業しました!”. ビビビ!!こっちをみや〜ビ!!:中京テレビ アナウンスルーム. 中京テレビ (2017年9月24日). 2017年12月12日閲覧。
  3. ^ おつかれさま!”. 吉田太一のMEZAME:中京テレビ アナウンスルーム. 中京テレビ (2015年3月30日). 2015年8月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e 中日新聞縮刷版』 中日新聞社1997年4月6日、36頁。
  5. ^ 板谷学のWeekly Report”. 中京テレビ. 2000年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月14日閲覧。
  6. ^ 中京テレビ:SPORTS STADIUM 川上憲伸専属!加藤佑介トレーナー日誌”. 中京テレビ. 2007年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月19日閲覧。

外部リンク編集

中京テレビ 日曜17:00枠 → 日曜16:55枠
前番組 番組名 次番組
行け!行け!!ドラゴンズ
(1994年4月3日 - 1997年3月30日)
※17:00 - 17:15
Viva!グランパス
(1996年4月7日 - 1997年3月30日)
※17:15 - 17:30
SPORTS STADIUM
(1997年4月6日 - 2013年3月31日)

SPORTS STADIUM FINE
(2013年4月7日 - 2015年9月27日)

スポーツスタジアム☆魂
(2015年10月4日 - )
-