メインメニューを開く
新潟 - 山形線(新潟交通)

Zao号(ざおうごう)は、山形県山形市新潟県新潟市とを結ぶ高速バス路線の愛称である。

目次

概説編集

 
新潟県・県外高速バス路線図。右上のピンク色の路線が本路線である。

かつて山形から新潟へはJR米坂線経由の急行「べにばな」が直通運転していた。 しかし「べにばな」は山形県長井市にある今泉駅から一旦南下して米沢駅回りで運行する遠回りの経路を経由しており、また老朽化した車両を使用しているなど乗客サービスの面で劣っている事や、翌1991年からは奥羽本線山形新幹線開通に向けた改軌工事を実施するため、従前の気動車が米沢以北へ乗り入れることができず、直通で結ぶ列車が運行できなくなる事などから、山形交通(当時)と新潟交通は長距離バス路線としての需要があると判断し、国道113号を経由して両市を結ぶ路線を1990年7月に開設した。

なお、バスロケーションシステム「にいがたバス-i」が導入されている。

運行会社編集

停車停留所編集

本路線は、クローズドドアシステムの設定が非常に複雑になっている。山形市内2箇所、新潟市内3箇所から乗車した場合はどの降車可能バス停でも降車できるが、途中停留所からの乗降設定は細分化されている。乗降可能停留所については各停留所の備考欄(※印)を参照。なお、山形・新潟発とも山交ビルバスターミナル→山形駅前の順に停車する。

▼…山形発は乗車のみ扱い
▽…山形発は降車のみ扱い
▲…新潟発は乗車のみ扱い
△…新潟発は降車のみ扱い
◆…両方面とも乗降可
♯…休憩停車を行う道の駅
∥…非経由、もしくは通過
備考欄に※印の特記がない停留所
…山形発新潟行は、飯豊めざみの里以西の全停留所で降車可
…新潟発山形行は、下関以東の全停留所で降車可
停車停留所
休憩箇所
所在地 乗降区分 備考
新潟行 山形行
山交ビルバスターミナル 山形県 山形市 山形発は4番のりば発
山形駅 山形発は1番のりば発
山交ビルバスターミナル
鉄砲町  
高松葉山温泉
(山交バス上山営業所)
上山市 ※新潟行は小国町役場前以西で降車可
南陽市役所前 南陽市 ※新潟行は小国町役場前以西で降車可
飯豊めざみの里 西置賜郡飯豊町 ※山形行は鉄砲町以東で降車可
小国町役場前 西置賜郡小国町 ※両方面とも降車バス停の制限なし
道の駅白い森おぐに 10分間
下関 新潟県 岩船郡関川村 ※新潟行は西野以西で降車可
日東道 胎内 胎内市 ※山形行は小国町役場前以東で降車可
加治川紫雲寺 新発田市 ※山形行は小国町役場前以東で降車可
聖籠新発田 ※山形行は小国町役場前以東で降車可
葛塚 新潟市 北区 ※山形行は小国町役場前以東で降車可
西野 江南区  
新潟駅 中央区 新潟発は万代口・東大通14番バスのりば発
山形発は帝石ビル前着
万代シテイバスセンター 新潟発は7番線(構内ロータリー)発
山形発は11 - 13番線(東港線沿いバスベイ)着

運行経路編集

運行回数編集

  • 1日2往復(各社1往復ずつ)

運賃編集

※主要区間の運賃(2014年4月1日より)。

  • 山形 - 新潟間:片道3,910円、往復割引6,990円(10日以内)
  • 山形 - 小国間:片道2,160円
  • 新潟 - 小国間:片道1,950円

沿革編集

  • 1990年平成2年)7月 - 運行開始。
    • 運行当初、新潟県北蒲原郡中条町(現胎内市)と新潟市の間は国道7号を経由していた。
    • 運行経路:山交ビル - 高松葉山温泉 - 赤湯待合所 - 飯豊町 - 小国町役場前 - 下関営業所 - 中条営業所 - 新発田城北町 - 新潟駅前 - 万代シテイバスセンター
  • 2002年(平成14年)10月21日 - 日本海東北道開通に伴い、中条IC - 新潟亀田IC間は同道経由に変更。加治川紫雲寺BS、聖籠新発田BS、葛塚BS停車開始、新発田城北町停留所廃止。中条地区の停留所を中条営業所から国道7号上に移設。
  • xxxx年xx月xx日 - 西野BS停車開始。
  • 2006年(平成18年)
    • 5月1日 - 飯豊町内の停留所を国道113号沿いの工業団地内から、道の駅いいでに移設。
    • 7月1日 - 山交バス赤湯待合所の廃止に伴い、南陽市役所前に停留所を移設。
    • 12月1日 - 原油価格の高騰に伴い、運賃を値上げ。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 中条バス停廃止。胎内BS新設。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - この日より山形駅前にも停車。新潟行は山交ビルバスターミナル発山形駅前経由、山形行は山交ビルバスターミナル経由山形駅前着に変更。

利用状況編集

年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002(平成14)年度 365 1,460 18,822 51.6 12.9
2003(平成15)年度 365 1,464 19,706 53.8 13.5
2004(平成16)年度 365 1,460 21,594 59.2 14.8
2005(平成17)年度 365 1,456 21,984 60.4 15.1
2006(平成18)年度 365 1,462 21,513 58.9 14.7
2007(平成19)年度 366 1,464 21,057 57.5 14.4

車両編集

  • 原則として化粧室付き4列シート定員34名車両で運行。

外部リンク編集