メインメニューを開く

インドラ・サーダン・ビン・ダウドIndra Sahdan bin Daud1979年3月5日 - )は、シンガポールのサッカー選手。元シンガポール代表主将。現在Sリーグゲイラン・インターナショナルFCに所属している。ポジションはFW[3]

インドラ・サーダン・ダウド Football pictogram.svg
Indra.JPG
名前
本名 インドラ・サーダン・ビン・ダウド
ラテン文字 Indra Sahdan Daud
基本情報
国籍 シンガポールの旗 シンガポール
生年月日 (1979-03-05) 1979年3月5日(40歳)
出身地 シンガポール
身長 172cm
選手情報
在籍チーム シンガポール ゲイラン・インターナショナルFC
ポジション FW
背番号 13
ユース
1995 シンガポールの旗 シンガポール警察[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996 シンガポールの旗 シンガポール警察 0 (0[2])
1997-2000 シンガポールの旗 ゲイラン・ユナイテッドFC 36 (14)
2001-2008 シンガポールの旗 ホーム・ユナイテッド 197 (117)
2009 シンガポールの旗 センカン・プンゴル 26 (7)
2010-2011 シンガポールの旗 SAFFC 47 (16)
2012 シンガポールの旗 ケッペル・モナコ 0 (0)
2012-2014 シンガポールの旗 ホーム・ユナイテッド 43 (6)
2015 シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC 11 (1)
2016- シンガポールの旗 ゲイラン・インターナショナルFC
代表歴2
1997-2013  シンガポール 113 (31)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年4月17日現在。
2. 2014年3月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

ユース編集

1995年のライオン・シティ・カップでシンガポールU-15代表の主将として台頭し、同チームの勝利に貢献した[4]。その活躍は「ネクスト・ファンディ・アマド」と称される程であった[1][5]

ホーム・ユナイテッド編集

16歳にしてシンガポール警察FC(後にホーム・ユナイテッドに改称)でデビューし、1996年のSリーグ創設時のメンバーとなった。このシーズンでは控えの立ち位置であった[6]。このため、翌年にはSリーグ初年度覇者のゲイラン・ユナイテッドFCに移籍し、4シーズンをゲイランで過ごした[7][8]

2001年にはホーム・ユナイテッドと5年契約を交わし、同チームに復帰[9]。ホーム・ユナイテッドとの契約によって、シンガポール警察部隊の一員にもなった。チームメイトであったエグマル・ゴンザルヴェスと共に得点を量産し、Sリーグ制覇および3回のシンガポール・カップ制覇を達成した。また、Sリーグ最優秀若手選手賞に2000年、2001年連続で輝いた。その得点力は国内戦に止まらず、ウルグアイ代表日本代表デンマーク代表、ファー・イースト・ツアーで遠征してきたマンチェスター・ユナイテッドFCからも得点を挙げた。特にマンチェスター・ユナイテッドFCとの一戦ではナショナルスタジアムで1-8の大敗を喫した中で唯一得点を挙げた[10]

2003年6月21日には国内選手として初めて100得点を達成。この時の試合はバレスティア・カルサFC戦でホーム・ユナイテッドは4-0の勝利に終わっている[11][nb 1]。その活躍はイングランドにまで届き、シェフィールド・ウェンズデイFCイプスウィッチ・タウンFC等が興味を示したものの、移籍とはならなかった[3]。その一方でクラブでは活躍を続け、同年のSリーグ、シンガポール・カップ共にホーム・ユナイテッドが制覇する事となった。12月にはチームメイトのスティー・スックソムギットと共にチェルシーFCのリザーブチームの2週間のトライアルを同チームのスポンサーであるエミレーツ航空の意向もあって受けた[12]

2005年にはマレーシア・スーパーリーグペラFAからの月5000米ドル(月8200シンガポールドル)での移籍提案を蹴り、ホーム・ユナイテッドとの契約を2008年末まで延長した。この契約では年10万シンガポールドルの給与となり、同国の最高年俸選手となった[13][14]。また、警察部隊に関しても5年の契約延長をした。

2006年5月には代表で前十字靭帯を断裂しシーズンの残りの出場は果たせなかった[15]

レアル・ソルトレイクのトライアル編集

2008年2月14日から24日までアメリカ合衆国フロリダ州マイアミで行われたメジャーリーグサッカー所属のレアル・ソルトレイクのトライアルに参加した。4試合のスターティングメンバーとなり、2得点を挙げた。これによってアルゼンチンロサリオで行われる2週間のプレシーズンツアーに誘われ、3試合の親善試合に出場した[16]。アルゼンチン行きに先だって、彼の友人であるデーブ・ロバーツは彼の同チームとの契約を後押しする働きかけを支配人のガルス・ラゲルウェイにしていた。しかしながら、アルゼンチンでの彼の膝の負傷と監督のジャーソン・クレイスからのオファーが無かったため、移籍は果たせなかった[17]。もしこの移籍が果たされていた場合、ファンディ・アマドヴァラダラジュ・スンドラモールシーに次いで、シンガポールでは三人目のアジア以外で活躍するサッカー選手となっていた。

センカン・プンゴル編集

2008年にはホーム・ユナイテッドで10得点しか得点出来なかったため、2008 AFFスズキカップの後、ホーム・ユナイテッドとの契約を延長しなかった。そのためベトナムサッカーリーグのクラブのトライアルを受けた[18]。ベトナムのホワ・ファッ・ハノイFCからのオファーがあったものの、設備や食事等の面の問題により移籍しなかった[19]。結局、ホーム・ユナイテッドと契約を延長するでもなく、他のチームに加入するでもない状況のままシンガポールに帰国した。また、ホーム・ユナイテッド以外のチームと契約するのであれば警察部隊を辞める必要性もあった[20]。しかし彼は突然警察を辞め、センカン・プンゴルに移籍し、2009シーズンを迎えた[21][22]アイデ・イスカンダルが世話人に昇進すると、キャプテンマークを巻く事となった。また、同チームでのデビュー戦はスーパーレッズ戦で2-2の引き分けであった。アルビレックス新潟シンガポール戦で相手選手に肘を入れて以降は出場機会にも苦しみ、また同チームも2-1でこの試合に敗れた。

SAFFC編集

2010年にはシンガポール・アームド・フォーシズFCに移籍。2011年3月にはSリーグ200得点を達成し、この時のウッドランド・ウェリントンFC戦では2得点を挙げる活躍をした[23][nb 1]

ホーム・ユナイテッドへの復帰編集

2011年末でシンガポール・アームド・フォーシズFCとの契約が切れると、アマチュアリーグであるナショナル・フットボールリーグのケッペル・モナコと契約し2012シーズンを始めた。ホーム・ユナイテッドの監督、李林生は彼のプレシーズンのパフォーマンスを見てオファーし、同年2月にホーム・ユナイテッドとの契約を再び締結した[24]。その年齢と速度の劣化によって、二番目のストライカー或いはミッドフィールダーとしての活躍となった[25]。その後2014年末で引退した[26]

タンピネス・ローバースFC編集

2015年2月15日、引退を撤回しタンピネス・ローバースFCに加入[27]。4月17日にはかつて所属したウォリアーズFC(SAFFCから改称)相手に初得点を挙げたものの、チームは2-3で敗北した[28]

代表歴編集

 
シンガポール代表の主将を務めるインドラ・サーダン・ダウド。

シンガポール代表としては1997年4月26日、1998 FIFAワールドカップ・アジア予選でのクウェート代表戦で初出場を果たした[29]

ここ十年で最高のストライカーと考えられており[30]、ウルグアイ代表や日本代表からも得点を挙げている[31]

2004 タイガーカップのメンバーにも選出された。アグー・カスミルとの連携は捗々しくなったものの、シンガポールの制覇に貢献した。これは1998年以来で、トレーニングを怠ったために代表漏れした時以来であった[32][33]

2006年5月のマレーシア代表戦では前十字靭帯を断裂し、残りのシーズンは出場出来なかった。復帰したのは同年12月のキングズ・カップ、2007年始の2007 東南アジアサッカー選手権であった[34]。同選手権では再び優勝を果たしている。

同国主将であったアイデ・イスカンダルアラブ首長国連邦代表戦で代表落ちするとキャプテンマークをつける事となった。この試合は1-1の引き分けに終わった。その後、2010 FIFAワールドカップ・アジア予選タジキスタン代表戦の直前にアイデ・イスカンダルが代表引退を宣言すると、新たに同国主将となった[35]

また、FIFAセンチュリークラブの一員となった[36]

ベルンド・シュタンゲが代表監督となると、2010年に代表を引退して以来3年ぶりに代表に復帰、2013年6月4日のミャンマー代表との親善試合で出場を果たした。この試合の主将として迎えた彼は、110試合目を迎えて、またチームも2-0で勝利した[37]。その3日後、ラオス代表相手に代表31得点目を決め、試合も5-2で勝利した。その後、9月10日の香港代表戦で膝を負傷して以降は代表入りが無くなった[38]

個人編集

 
インドラ・サーダン・ダウドと現妻のベラ

彼は技術屋の父と看護師の母の間に生まれた[4]

セント・アンドリュー中学校、セント・ガブリエル中学校を経てITEカレッジ・セントラルで学業を修めた[39]

一回結婚をしたものの、8年の結婚生活の後に離婚、この妻との間には二人の子供がいる。その後、2010年6月19日に現在の妻と結婚し、2013年に第一子を出産している。

また、カイルル・アムリハリス・ハルンと共にシンガポールに於けるナイキの広告塔となっていた[40]

個人成績編集

クラブ編集

2015年4月17日現在 [41][42][43][44][45][46]
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
シンガポール リーグ戦 リーグ杯シンガポール杯 期間通算
1996 警察FC Sリーグ 0 0 -
1997 ゲイランU -
1998 9 1 -
1999 -
2000 -
2001 ホームU 34 21 - 34 21
2002 32 19 - 32 19
2003 27 20 - 27 20
2004 24 19 - 24 19
2005 26 20 - 26 20
2006 4 1 - 4 1
2007 25 7 25 7
2008 25 10 25 10
2009 センカン 26 7 2 2 1 0 29 10
2010 SAFFC 21 10 1 0 1 0 23 10
2011 26 6 1 1 3 1 30 8
2012 Kモナコ NFL 0 0 0 0 0 0 0 0
ホームU Sリーグ 21 2 3 3 3 0 27 5
2013 19 4 1 0 3 1 23 5
2014 3 0 3 1 5 1 11 2
2015 タンピネス 14 11 1 0 0 0 0 11 1
2016 ゲイラン 13
通算 シンガポール Sリーグ 360 161
シンガポール NFL 0 0 0 0 0 0 0 0
総通算 360 161
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2010 SAFFC 8 1
2012 ホームU 7 1
2014 2 1
17 3

代表編集

代表での得点一覧

# 日附 場所 対戦相手 得点 結果 大会
1[47] 1999年8月4日  バンダル・スリ・ブガワン・ベラパン   ブルネイ 0–1 1–3 1999東南アジア競技大会
2[47] 0–2
3[47] 1999年8月6日  バンダル・スリ・ブガワンベラカス・スポーツ・コンプレックス   インドネシア 1–1 1–1
4[48] 2000年10月28日  シンガポール   スリランカ 4–0 親善試合
5[49] 2001年5月22日  シンガポールビシャン・スタジアム   ニュージーランド 1–0 3–0 親善試合
6[49] 3–0
7[50] 2002年5月21日  シンガポールシンガポール・ナショナルスタジアム   ウルグアイ 1–2 1–2 親善試合
8[51] 2002年12月11日  シンガポール   フィリピン 2–0 2–0 親善試合
9[48] 2003年3月4日  シンガポール   モルディブ 4–1 親善試合
10[52] 2003年3月23日  シンガポール   マカオ 2–0 2–0 AFCアジアカップ2004予選
11[53] 2003年3月25日  シンガポール   パキスタン 1–0 3–0
12[53] 2–0
13[48] 2003年8月4日  シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム   香港 4–1 親善試合
14[48]
15[54] 2003年9月16日  シンガポールビシャン・スタジアム   オマーン 1–2 1–3 親善試合
16[31] 2004年3月31日  シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム   日本 1–1 1–2 2006 FIFAワールドカップ・アジア予選
17[55] 2004年9月4日  シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム   インドネシア 2–0 2–0 親善試合
18[56] 2004年10月13日  シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム   インド 1–0 2–0 2006 FIFAワールドカップ・アジア予選
19[57] 2004年12月7日  ホーチミン市トンニャット・スタジアム   ベトナム 1–1 1–1 2004 タイガーカップ
20[58] 2004年12月13日  ハノイミーディン国立競技場   ラオス 2–0 6–2
21[58] 5–2
22[59] 2005年1月16日  シンガポールシンガポール・ナショナルスタジアム   インドネシア 1–0 2–1
23[60] 2006年1月26日  シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム   デンマーク 1–2 1–2 親善試合
24[61] 2006年2月3日  クウェート市クウェート・ナショナルスタジアム   クウェート 2–2 2–2 親善試合
25[62] 2007年1月7日  シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム   フィリピン 3–1 4–1 親善試合
26[62] 4–1
27[63] 2007年1月17日  シンガポールシンガポール・ナショナルスタジアム   インドネシア 2–1 2–2 2007 東南アジアサッカー選手権
28[48] 2007年6月24日  シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム   北朝鮮 2–1 2–1 親善試合
29[64] 2008年12月5日  ジャカルタゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム   カンボジア 3–0 5–0 2008 AFFスズキカップ
30[65] 2009年12月31日  シンガポールビシャン・スタジアム   オマーン 1–4 1–4 親善試合
31[66] 2013年6月7日  ビエンチャンニュー・ラオス・ナショナルスタジアム   ラオス 0–1 2–5 親善試合

タイトル編集

クラブ編集

ホーム・ユナイテッド

代表編集

シンガポールカップ

個人編集

脚注編集

  1. ^ a b 。また、2011シーズン以前は得点の計算方法にシンガポール・カップも含まれていたが、2011年からはリーグ戦のみとなった
  • 代表キャップ数

参考文献編集

  1. ^ a b Santokh Singh (1995年10月28日). “Police signs on 3 youths”. The Straits Times 
  2. ^ Stanley Ho (2003年4月8日). “Seven goals from history”. Today 
  3. ^ a b Stanley Ho (2003年8月9日). “Indra for Sheffield Wednesday?”. Today 
  4. ^ a b Wang Meng Meng (2009年2月15日). “I am not finished yet”. The Straits Times 
  5. ^ “Those touted as the next Fandi”. The Straits Times. (2008年10月25日) 
  6. ^ “From reserve to top gun in just one season”. The Straits Times. (1997年5月15日) 
  7. ^ Joe Dorai (1997年6月26日). “Geylang plans overseas stint for teenagers Indra, Latiff”. The Straits Times 
  8. ^ Tay Cheng Khoon (1997年11月1日). “Indra signs year's deal with Geylang”. The Straits Times 
  9. ^ Ernest Luis (2000年10月7日). “Indra is a Protector for the next 5 years”. The Straits Times 
  10. ^ “8-1”. The Straits Times. (2001年7月25日) 
  11. ^ “A shirt worth 100 goals”. Today. (2003年7月26日) 
  12. ^ Ray Chen (2003年12月16日). “Training at Chelsea similar to Darby's regime at Home: Indra”. Today 
  13. ^ Jose Raymond (2005年11月16日). “Show him the money”. Today 
  14. ^ Leonard Lim (2008年2月13日). “Indra's fears of a pay cut eased”. The Straits Times 
  15. ^ Jose Raymond (2006年6月3日). “Indra out for season”. Today 
  16. ^ Leonard Lim (2008年2月26日). “Indra called up for second trial with MLS team Salt Lake”. The Straits Times 
  17. ^ Leonard Lim (2008年3月15日). “Indra upbeat despite Salt Lake rejection”. The Straits Times 
  18. ^ Wang Meng Meng (2008年12月30日). “Indra to play in Vietnam?”. The Straits Times 
  19. ^ Wang Meng Meng (2009年1月3日). “Indra turns down V-League contract”. The Straits Times 
  20. ^ Footballer Indra Sahdan can’t take the same food every day and turns down contract”. RedSports.sg. 2014年4月10日閲覧。
  21. ^ Wang Meng Meng (2009年1月11日). “Indra agrees to join Sengkang”. The Straits Times 
  22. ^ Wang Meng Meng (2009年2月19日). “Indra quits Police job”. The Straits Times 
  23. ^ David Lee (2013年11月16日). “Could Indra Sahdan win the same award twice?”. The New Paper. http://news.asiaone.com/news/sports/could-indra-sahdan-win-same-award-twice 
  24. ^ “Indra's back Home”. The New Paper. (2012年2月23日). http://www.tnp.sg/content/indras-back-home 
  25. ^ Lee backs Indra to continue good Home form”. FoxSportsAsia.com. 2014年4月11日閲覧。
  26. ^ “Singapore football: A total reboot to kick-start fortunes?”. The Straits Times. (2014年12月16日). http://news.asiaone.com/news/sports/singapore-football-total-reboot-kick-start-fortunes 2014年12月20日閲覧。 
  27. ^ http://voxsports.co/indras-a-stag-after-retirement-reversal/
  28. ^ “Fazrul Inspires Warriors To Victorious Comeback”. S.League. (2015年4月17日). http://sleague.com/match-report/s-league/2015/april/2015-04-17/tampines-rovers-fc/ 
  29. ^ Tay Cheng Khoon (1997年4月27日). “Barry's boys put up lion-hearted performance against Asian giant”. The Straits Times 
  30. ^ Top 5 players in the Canon Lion City Cup”. Goal.com. 2014年4月10日閲覧。
  31. ^ a b Thank you, Indra”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  32. ^ Fourth time lucky for Indra”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  33. ^ “Indra says thanks for wake-up call”. The Straits Times. (1998年12月23日) 
  34. ^ “Squad of 25 called up for King's Cup and Asean Football Championship”. FAS. http://www.fas.org.sg/news/squad-25-called-kings-cup-and-asean-football-championship 2014年4月11日閲覧。 
  35. ^ Wang Meng Meng (2007年11月13日). “New Lion King”. The Straits Times 
  36. ^ FIFA Century Club fact sheet”. FIFA (2013年4月12日). 2015年10月20日閲覧。
  37. ^ Singapore football gets boost with 2-0 win over Myanmar”. FAS. 2013年4月10日閲覧。
  38. ^ Indra Sahdan suffers broken leg”. Goal.com. 2014年4月10日閲覧。
  39. ^ An interview with Indra Sahdan”. Home United. 2014年4月10日閲覧。
  40. ^ Indra Sahdan: Nike Commercial 2007”. 2014年4月10日閲覧。
  41. ^ Indra Sahdan Daud”. National Football Teams. 2014年4月17日閲覧。
  42. ^ S.League - fixtures & scores”. sleague.com. 2014年4月14日閲覧。
  43. ^ Singapore Cup - fixtures & scores”. sleague.com. 2014年4月14日閲覧。
  44. ^ League Cup - fixtures & scores”. sleague.com. 2014年4月14日閲覧。
  45. ^ AFC Champions League”. soccerway.com. 2014年4月14日閲覧。
  46. ^ AFC Cup”. soccerway.com. 2014年4月14日閲覧。
  47. ^ a b c South East Asian Games 1999 Details (Bandar Seri Begawan, Brunei)”. RSSSF. 2014年4月11日閲覧。
  48. ^ a b c d e Indra Sahdan Bin Daud - Century of International Appearances”. RSSSF. 2014年4月11日閲覧。
  49. ^ a b Singapore v New Zealand, 22 May 2001”. 11v11.com. 2014年4月11日閲覧。
  50. ^ Uruguay - International Matches 2001-2005”. RSSSF. 2014年4月11日閲覧。
  51. ^ Singapore beat Philipines 2-0”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  52. ^ Asian Nations Cup 2004 - Qualifying Tournament”. RSSSF. 2014年4月11日閲覧。
  53. ^ a b Singapore eliminate goal-shy Pakistan”. Dawn.com. 2014年4月11日閲覧。
  54. ^ Another Gulf lesson for Lions”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  55. ^ Lions score first win of 2004 against Indonesians”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  56. ^ Late Lions worth the wait”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  57. ^ Lions recover to silence Thong Nhat roar”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  58. ^ a b One step closer”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  59. ^ Singapore: Champions of South-East Asia”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  60. ^ Run ends, but Raddy sees the positives”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  61. ^ 'Different' Singapore take Kuwait draw”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  62. ^ a b Singapore - Philippines 4:1”. worldfootball.net. 2014年4月11日閲覧。
  63. ^ Lions hold Indonesia for spot in semis”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  64. ^ Singapore 5-0 Cambodia: Casmir brace”. ESPNFC.com. 2014年4月11日閲覧。
  65. ^ Oman defeat Singapore in New Year Eve friendly”. FAS. 2014年4月11日閲覧。
  66. ^ Stange's Lions go on rampage against Laos”. Goal.com. 2014年4月11日閲覧。

外部リンク編集