メインメニューを開く

サッカーカンボジア代表は、カンボジアサッカー連盟(Football Federation of Cambodia FFC)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都プノンペンにあるプノンペン・オリンピックスタジアム

サッカーカンボジア代表
国または地域 カンボジアの旗 カンボジア
協会 カンボジアサッカー連盟
愛称 FFC
監督 アルゼンチンの旗 フェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマス
日本の旗本田圭佑
最多出場選手 ホック・ソチェトラ(64[1]試合)
最多得点選手 ホック・ソチェトラ(42[1]得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合 1956年3月17日マレーシア
2-9
最大差勝利試合 1966年11月9日北イエメン
11-0
最大差敗戦試合 1995年12月6日インドネシア
0-10
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
最高成績 -
AFCアジアカップ
出場回数 1回
最高成績 4位(1972
東南アジアサッカー選手権
出場回数 7回
最高成績 グループリーグ敗退(1996, 2000, 2002, 2004, 2008, 2016, 2018)

アジアサッカー連盟およびASEANサッカー連盟所属。

目次

歴史編集

FIFAワールドカップへの出場はない。AFCアジアカップは、クメール共和国時代に1972年大会に出場、6ヶ国中4位の成績を残した。出場はその1回のみである。

カンボジアでは、サッカーは人気が高いスポーツであり、近年ではプロリーグも設立された。しかし、国際大会ではあまり良い結果を残しておらず、2012 ASEANカップの予選では、ミャンマーラオスブルネイ東ティモール相手に負け、最下位に終わる。

2015年11月17日にカンボジアのホームで行われた2018年W杯アジア2次予選日本戦では前半を0-0で終えるなど奮闘を見せた。(この試合は、日本が2-0で勝利)

2017年6月13日にホームで行われた2019年AFCアジアカップ3次予選では2018年W杯アジア2次予選でホーム・アウェーともに敗れたアフガニスタンに1-0で勝利した。2018年8月12日に実質的な監督として本田圭佑がGMに就任。(登録上の監督はフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマス)

FIFAワールドカップの成績編集

AFCアジアカップの成績編集

AFCチャレンジカップの成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  2006 グループリーグ敗退 3 1 0 2 4 6
  2008 予選敗退
  2010
  2012
  2014
合計 1/5 3 1 0 2 4 6

東南アジアサッカー選手権の成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1996 グループリーグ敗退 4 0 0 4 1 12
  1998 予選敗退
  2000 グループリーグ敗退 4 1 0 3 5 10
    2002 グループリーグ敗退 4 1 0 3 5 18
    2004 グループリーグ敗退 4 0 0 4 2 22
    2007 予選敗退
    2008 グループリーグ敗退 3 0 0 3 2 12
    2010 予選敗退
    2012
    2014
    2016 グループリーグ敗退 3 0 0 3 4 8
ホーム&アウェー方式 2018 グループリーグ敗退 4 1 0 3 4 9
合計 7/12 26 3 0 23 23 91

歴代監督編集

歴代選手編集

脚注編集

外部リンク編集