メインメニューを開く

オーストラリアデーは、日本中央競馬会(JRA)が1989年より[1]毎年5月下旬(2012年までは4月下旬)に京都競馬場で開催しているレースデーのことである。

開催週の京都競馬場ではオーストラリアの物産展が開かれ[2]、当日の正午には開催を記念して日本とオーストラリア両国の国歌が場内に流れる。

当日施行される競走編集

2019年現在、以下の3競走が特別競走として施行されている[3]。当初は3競走で、いずれも交換競走であった[4]。1994年よりムーニーバレーレーシングクラブ賞が加わり[5]4競走となった。

  • オーストラリアターフクラブ賞 シドニートロフィー[6]
  • メルボルンレーシングクラブ賞 メルボルントロフィー[6]
    • サラブレッド系3歳1勝クラス[6]
    • 創設当初の競走名は「ビクトリアアマチュアターフクラブ賞 メルボルントロフィー」[4]
    • 交換競走としてコーフィールド競馬場ではJRAステークスが行われている[5]
  • レーシングオーストラリア賞 オーストラリアトロフィー[8]
かつて施行されていた競走
  • ムーニーバレーレーシングクラブ賞[6]
    • 2012年まで施行、サラブレッド系3歳500万円以下の条件で行われていた[6]
    • 交換競走としてムーニーバレー競馬場ではJRAカップが行われている[5]

歴代優勝馬(オーストラリアトロフィー)編集

オーストラリアトロフィー
主催者 日本中央競馬会
競馬場  京都競馬場
距離 芝1800m
格付け 2勝クラス(2020年)
賞金 1着賞金1500万円
出走条件 サラブレッド系4歳以上(混合)
負担重量 ハンデキャップ
テンプレートを表示

馬齢は2001年以降の表記に統一する。

施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師
1989年4月30日[4] コスモドリーム 牝4 2:17.1 熊沢重文 松田博資
1990年4月22日 マヤノオリンピア 牡6 2:16.7 丸山勝秀 坂口正大
1991年4月21日 メインキャスター 牝5 1:47.3 南井克巳 宇田明彦
1992年5月03日 ステイジヒーロー 牡6 1:47.5 武永祥 田中章博
1993年5月02日 ウィンザーモレノ 牡5 1:48.6 武豊 橋田満
1994年5月01日 ダンシングサーパス 牡4 2:01.0 熊沢重文 内藤繁春
1995年4月30日 ダンツシアトル 牡5 1:46.7 村本善之 山内研二
1996年5月04日 メイショウユウシ 牡5 1:34.2 四位洋文 伊藤雄二
1997年4月19日 ゼネラリスト 牡4 1:57.5 松永幹夫 山本正司
1998年4月25日 ナムラホームズ 牡5 2:01.1 南井克巳 野村彰彦
1999年4月24日 ゲイリーイグリット 牝4 1:22.0 武豊 増本豊
2000年4月22日 ポートブライアンズ 牡6 1:59.2 和田竜二 岩元市三
2001年4月21日 ヒコーキグモ 牡7 1:46.0 幸英明 谷潔
2002年4月20日 タフネススター 牝5 1:45.7 武幸四郎 藤岡範士
2003年4月26日 テンザンセイザ 牡5 1:48.1 幸英明 藤原英昭
2004年4月24日 メジロマイヤー 牡5 1:45.0 武豊 田島良保
2005年4月23日 サイレントディール 牡5 1:45.1 武豊 池江泰郎
2006年4月22日 タガノデンジャラス 牡4 1:46.7 安藤勝己 松田博資
2007年4月21日 エイシンデピュティ 牡5 1:46.2 岩田康誠 野元昭
2008年4月26日 オーシャンエイプス 牡4 1:47.4 武豊 石坂正
2009年4月25日 ドリームサンデー 牡5 1:48.0 藤岡佑介 池江泰郎
2010年4月24日 サンダルフォン 牡7 1:07.5 酒井学 松永幹夫
2011年4月23日 パドトロワ 牡4 1:09.2 安藤勝己 鮫島一歩
2012年4月21日[6] ブレイブファイト 牡7 1:32.9 岩田康誠 藤原英昭
2013年5月18日 メイショウキラリ 牝4 2:01.0 武豊 飯田明弘
2014年5月24日 サンライズピーク 牡4 1:46.5 武豊 河内洋
2015年5月23日[10] イサベル 牝4 1:44.9 浜中俊 角居勝彦
2016年5月21日[11] パフォーマプロミス 牡4 1:46.3 C.ルメール 藤原英昭
2017年5月20日[12] シルバーステート 牡4 1:48.4 福永祐一 藤原英昭
2018年5月19日[13] バティスティーニ 牡5 1:47.4 C.ルメール 池添学
2019年5月18日[14] フォックスクリーク 牡4 1:49.2 川田将雅 中内田充正

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ JRAのあゆみ” (日本語). 日本中央競馬会. 2012年9月24日閲覧。
  2. ^ JRAニュース「夢が待つ、その先へ【第3回京都競馬開催日イベント】」” (日本語). 日本中央競馬会 (2012年4月8日). 2012年9月24日閲覧。 “オーストラリア産ワインの販売”
  3. ^ 平成26年第3回京都競馬番組(第7~12日) - 日本中央競馬会、2014年11月24日閲覧
  4. ^ a b c d 「フォト・トピックス『4月30日、京都競馬場はオーストラリアデー 三つの特別レースで日豪親善』」『優駿』、日本中央競馬会、1989年6月、 52-53頁。
  5. ^ a b c 特別レース名解説 3回 京都競馬” (日本語). 日本中央競馬会 (2012年). 2012年9月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i 第3回 京都競馬 第1日 (PDF)” (日本語). 日本中央競馬会. pp. 5-6 (2012年4月21日). 2012年9月24日閲覧。
  7. ^ JRAニュース「第2回東京競馬および第3回京都競馬の番組変更」” (日本語). 日本中央競馬会 (2011年3月13日). 2012年9月24日閲覧。
  8. ^ 第2回東京競馬第9日および第3回京都競馬第9日の番組変更について 日本中央競馬会 2015年5月7日閲覧
  9. ^ 平成26年第3回京都競馬番組(第7~12日) 日本中央競馬会 2015年5月7日閲覧
  10. ^ 2015年オーストラリアトロフィー結果ヤフー競馬 2015年7月1日閲覧
  11. ^ 2016年結果ヤフー競馬 2016年5月23日閲覧
  12. ^ 2017年結果ヤフー競馬 2017年5月20日閲覧
  13. ^ 2018年結果ヤフー競馬 2018年5月19日閲覧
  14. ^ 2019年レース結果”. スポーツナビ (2019年5月18日). 2019年5月18日閲覧。

関連項目編集