メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガルシア第二姓(母方の)はロペスです。

ギリェルモ・ガルシア=ロペスGuillermo García-López, 1983年6月4日 - )は、スペインアルバセテ県ラ・ロダ出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでシングルス5勝、ダブルス3勝を挙げている。身長188cm。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。自己最高ランキングはシングルス23位、ダブルス27位。

ギリェルモ・ガルシア=ロペス
Guillermo García-López
Tennis pictogram.svg
Flickr - Carine06 - Guillermo Garcia-Lopez.jpg
ギリェルモ・ガルシア=ロペス
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・ラ・ロダ
生年月日 (1983-06-04) 1983年6月4日(36歳)
身長 188cm
体重 82kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2002年
ツアー通算 8勝
シングルス 5勝
ダブルス 3勝
生涯獲得賞金 8,240,706 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2015)
全仏 4回戦(2014)
全英 3回戦(2008)
全米 3回戦(2015)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2017)
全仏 3回戦(2015)
全英 2回戦(2015)
全米 準優勝(2016)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 23位(2011年2月21日)
ダブルス 27位(2017年5月15日)
2018年6月3日現在

2016年全米オープン男子ダブルス準優勝。2010年上海マスターズベスト8。2014年モンテカルロ・マスターズベスト8。

来歴編集

ガルシア=ロペスは7歳でテニスを始め、2002年にプロに転向。4大大会では2004年全仏オープンで予選を勝ち上がり初出場し、2回戦で第17シードのトミー・ロブレドに4-6, 6-3, 5-7, 4-6で敗れている。

2005年全豪オープン男子シングルスでは予選から勝ち上がり1回戦で当時世界ランキング5位のカルロス・モヤを7-5, 6-3, 3-6, 6-3で破る殊勲を挙げた。ウィンブルドンでは1回戦で第17シードのダビド・フェレールを6-3, 6-2, 7-6(7)で破っている。

2009年のオーストリア・オープンでシングルスツアー初の決勝に進出し ジュリアン・ベネトーを3–6, 7–6(1), 6–3で破りツアー初優勝を果たした。2010年のタイ・オープンでは準決勝で当時世界ランキング1位のラファエル・ナダルを2-6, 7-6(3), 6-3で破り初めて世界1位の選手に勝利した。決勝ではヤルコ・ニエミネンを6–4, 3–6, 6–4で破りシングルスツアー2勝目を挙げた[1]上海マスターズでは当時7位のトマーシュ・ベルディハを7-6(4), 6-3で破りベスト8に進出している。

2013年2月のカナダとのデビスカップワールドグループ1回戦で初めてデビスカップスペイン代表として選ばれた。ミロシュ・ラオニッチとのシングルスに出場したが、3-6, 4-6, 2-6で敗れチームも初戦で敗退した[2]

2014年4月のハサン2世グランプリでは決勝でマルセル・グラノリェルスを5–7, 6–4, 6–3で破り3年半ぶりのシングルス3勝目を挙げた。 同年の全仏オープンでは1回戦で全豪オープン優勝者の第3シードスタニスラス・ワウリンカを6-4, 5-7, 6-2, 6-0で破って勝ち進み4大大会で初めて4回戦に進出した。4回戦ではガエル・モンフィスに0-6, 2-6, 5-7で敗れた。

2016年全米オープン男子ダブルスではパブロ・カレーニョ・ブスタと組んで、準決勝で全仏優勝ペアのフェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス組に勝利し、決勝進出。決勝でジェイミー・マリー/ブルーノ・ソアレス組に2-6, 3-6で敗れ準優勝。カレーニョ・ブスタとは2017年全豪オープン男子ダブルスでもベスト4進出を果たしている。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 9回 (5勝4敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (5–4)
サーフェス別タイトル
ハード (2–2)
クレー (3–1)
芝 (0–1)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2009年5月18日   キッツビュール クレー   ジュリアン・ベネトー 3–6, 7–6(1), 6–3
準優勝 1. 2010年6月19日   イーストボーン   ミカエル・ロドラ 5–7, 2–6
優勝 2. 2010年10月3日   バンコク ハード (室内)   ヤルコ・ニエミネン 6–4, 3–6, 6–4
準優勝 2. 2013年4月28日   ブカレスト クレー   ルカシュ・ロソル 3–6, 2–6
準優勝 3. 2013年9月22日   サンクトペテルブルク ハード (室内)   エルネスツ・グルビス 6-3, 4-6, 0-6
優勝 3. 2014年4月13日   カサブランカ クレー   マルセル・グラノリェルス 5–7, 6–4, 6–3
優勝 4. 2015年2月8日   ザグレブ ハード (室内)   アンドレアス・セッピ 7–6(4), 6–3
優勝 5. 2015年4月26日   ブカレスト クレー   イジー・ベセリー 7–6(7–5), 7–6(13–11)
準優勝 4. 2015年10月5日   深圳 ハード   トマーシュ・ベルディハ 3-6, 6-7(7)

ダブルス: 9回 (3勝6敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2006年7月24日   ウマグ クレー   アルベルト・ポルタス   ヤロスラフ・レビンスキー
  ダビド・シュコッホ
4–6, 4–6
準優勝 2. 2007年7月22日   シュトゥットガルト クレー   フェルナンド・ベルダスコ   フランティシェク・チェルマク
  レオシュ・フリエドル
4–6, 4–6
準優勝 3. 2009年10月4日   バンコク ハード
(室内)
  ミーシャ・ズベレフ   エリック・ブトラック
  ラジーブ・ラム
6–7(4), 3–6
優勝 1. 2010年1月8日   ドーハ ハード   アルベルト・モンタニェス   フランティシェク・チェルマク
  ミハル・メルティナク
6–4, 7–5
準優勝 4. 2013年7月28日   グシュタード クレー   パブロ・アンドゥハル   ジェイミー・マリー
  ジョン・ピアーズ
3–6, 4–6
優勝 2. 2014年3月2日   サンパウロ クレー   フィリップ・オズワルド   フアン・セバスティアン・カバル
  ロベルト・ファラ
5–7, 6–4, [15–13]
準優勝 5. 2014年7月13日   シュトゥットガルト クレー   フィリップ・オズワルド   マテウシュ・コワルチク
  アルチョム・シタック
6–2, 1–6, [7–10]
優勝 3. 2016年8月27日   ウィンストン・セーラム クレー   ヘンリ・コンティネン   アンドレ・ベーゲマン
  リーンダー・パエス
4–6, 7–6(6), [10–8]
準優勝 6. 2016年9月10日   全米オープン ハード   パブロ・カレーニョ・ブスタ   ジェイミー・マリー
  ブルーノ・ソアレス
2-6, 3-6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン LQ 2R 2R 2R 3R 2R 1R 3R 1R 1R 2R 4R 3R 1R 2R 1R 15–15
全仏オープン 2R 1R 1R 2R 2R 1R 2R 3R 1R 1R 4R 1R 2R 3R 2R 1R 13–16
ウィンブルドン LQ 2R 2R 1R 3R 2R 1R 2R 2R 1R 1R 1R 1R A 2R LQ 8–13
全米オープン LQ 1R 1R 1R 2R 2R 2R 2R 2R 1R 2R 3R 1R A A 1R 8–13

脚注編集

外部リンク編集