鶏肉

ニワトリの肉
ササミから転送)

鶏肉(とりにく、けいにく)とは、ニワトリ食肉である。

鶏肉。生の状態。加熱前。
鶏の唐揚げ
鶏肉ハム(リヨネ)。パプリカ味。

概要編集

牛肉豚肉羊肉と並んで世界で日常的に食用にされる肉の一つである。

鶏肉は牛肉、豚肉と異なり、食のタブーに触れることが少ない食肉でもあり、世界中で広く消費されている。

鶏は最も代表的な家禽であり、日本では単に鳥肉といえば鶏肉を指すことが多い。

アメリカとカナダでは「チキンスープを飲むと風邪が治る」との言い伝えがある。近年、チキンスープの栄養には風邪の症状を和らげる作用があるという研究結果が発表された[1]

韓国では近年、鶏肉とビールを一緒に食すのが若者の間でただのブームを超えてもはや定番になっていて「チキン」と「メクチュ(ビールの韓国語)」を一緒に楽しむから「チメク」と一語で表現するという[2]

世界各国で食べられており、揚げる、煮る、蒸す、焼くなどさまざまな方法で調理されている。そのまままるごと「丸焼き」(ローストチキン)にすることもあれば、部位別に分けてから調理し料理に仕立てたり、あるいは一旦挽肉にしてつくねミートボール類)にするなどということも行われている。(#鶏料理の節で解説)

読み方、呼び方

常用漢字表では漢字の「鶏」は音読みが「ケイ」、訓読みが「にわとり」であるため、「鶏肉」を「とりにく」と読むのは表外読みであるが、新聞常用漢字表では2001年(平成13年)に「鶏」に「とり」という訓読みが追加されているため、マスメディアでは「鶏肉」を「とりにく」と読むこともある[3]

中部地方の一部や関西地方九州地方では鶏肉全般が「かしわ(黄鶏)」とも呼ばれる。「かしわ」とは本来褐色の羽色の日本在来種の鶏だが、それが鶏肉一般の名称に用いられるようになった(かしわめしかしわうどん)。

(一方、香川県岡山県兵庫県播州地方では、「かしわ肉」というと老鶏(特に排卵を終えた雌鶏)の肉を意味し、これも販売され食されている。)

歴史編集

そもそも野生の鶏は、もともと今のインドから東アジア(今の中国、タイ王国、カンボジア、ベトナム)あたりにかけて生息していて[4]、(年代ははっきりしないが)おそらくは7000年前後ほど前にそのあたりの地域のどこかで飼われはじめたのだろう、などと書かれている[4]

2008年に発表された論文では、現在の鶏はインド亜大陸の北部あたりで、(年代ははっきりしないが)何千年か前に飼われはじめたものであり、セキショクヤケイハイイロヤケイのハイブリッドだとされた[5]。 2020年に発表されたゲノム研究の論文によると野生の鶏が飼われ始め家禽となったのは8000年前だという [6]

日本列島には弥生時代稲作農耕の開始とともに家畜が導入され、大陸からブタとともにニワトリが伝来した[要出典]、と[誰?]?が述べた。古代には主に鳴き声により朝の到来を告げる「時告げ鳥」として利用され、廃鶏の利用として副次的に肉食が行われていたと考えられている。『日本書紀』によると、日本では天武天皇5年(675年4月17日のいわゆる肉食禁止令で、4月1日から9月30日までの間、稚魚の保護と五畜(ウシウマイヌニホンザル・ニワトリ)の肉食を禁止された。江戸時代後期には西日本を中心にニワトリ食の記録が見られ[要出典]、主に水炊きによって食べられていたと考えられている[要出典]

アメリカ合衆国では1940年代まで鶏肉は牛肉よりも貴重品であった[7]。だが第二次世界大戦中に牛肉や豚肉が不足したため、鶏肉の消費量が増加した。栄養学抗生物質の研究の進歩により大量飼育が可能になり、生産費用が下がったのは1950年代で、ケンタッキーフライドチキンもほぼ同時期に全米に展開しはじめた。

ヨーロッパではBSEの影響で、1996年に初めて鶏肉の消費量が牛肉や仔牛肉を上回った。

2017年には、日本ではそれまで消費量1位であった豚肉を抜き、鶏肉が消費量1位になった[8]

部位編集

胸肉編集

 
胸肉。「トリムネ」

鶏の翼の付け根から肩にかけての部位である[9]大胸筋にあたる。

NHKのサイトの解説によると、鶏むね肉は厚みがあるのでボリューム感を出したいおかずをつくるときに好適であり、フランスでは家庭向きの鶏料理といえば鶏胸肉を使用するのが一般的である[10]。価格も手頃でたっぷり鶏肉を味わいたいときにも良い[10]。脂肪分が少ない部位なので、カロリーを抑えた料理にしたい場合も良い[10]。また、鶏肉の臭みもほとんど無い、という特徴もある[9]

次のような優れた成分を含んでいて、近年は健康食品としても注目されている[9]

「鶏胸肉」「鶏むね肉」「鶏ムネ肉」などの表記法があり、略してトリムネとも呼ぶ場合もある。


鶏肉(broilers or fryers, leg, meat and skin, raw)
100 gあたりの栄養価
エネルギー 897 kJ (214 kcal)
0.17 g
糖類 0 g
食物繊維 0 g
15.95 g
飽和脂肪酸 4.366 g
一価不飽和 6.619 g
多価不飽和 3.352 g
16.37 g
トリプトファン 0.171 g
トレオニン 0.729 g
イソロイシン 0.742 g
ロイシン 1.306 g
リシン 1.438 g
メチオニン 0.439 g
シスチン 0.189 g
フェニルアラニン 0.631 g
チロシン 0.574 g
バリン 0.768 g
アルギニン 1.136 g
ヒスチジン 0.466 g
アラニン 1.001 g
アスパラギン酸 1.544 g
グルタミン酸 2.55 g
グリシン 0.981 g
プロリン 0.761 g
セリン 0.663 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(4%)
28 µg
(0%)
0 µg
91 µg
チアミン (B1)
(6%)
0.073 mg
リボフラビン (B2)
(12%)
0.141 mg
ナイアシン (B3)
(32%)
4.733 mg
パントテン酸 (B5)
(20%)
0.994 mg
ビタミンB6
(24%)
0.318 mg
葉酸 (B9)
(1%)
4 µg
ビタミンB12
(23%)
0.56 µg
コリン
(8%)
41.6 mg
ビタミンC
(0%)
0.2 mg
ビタミンD
(0%)
2 IU
ビタミンE
(1%)
0.22 mg
ビタミンK
(2%)
2.3 µg
ミネラル
ナトリウム
(6%)
84 mg
カリウム
(4%)
203 mg
カルシウム
(1%)
9 mg
マグネシウム
(5%)
19 mg
リン
(22%)
155 mg
鉄分
(5%)
0.69 mg
亜鉛
(15%)
1.47 mg
マンガン
(1%)
0.016 mg
セレン
(26%)
18 µg
他の成分
水分 67.3 g
コレステロール 93 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
鶏肉(100g中)の主な脂肪酸の種類[13]
項目 分量(g)
脂肪 15.95
飽和脂肪酸 4.366
14:0(ミリスチン酸 0.099
16:0(パルミチン酸 3.325
18:0(ステアリン酸 0.844
一価不飽和脂肪酸 6.619
16:1(パルミトレイン酸 0.923
18:1(オレイン酸 5.543
20:1 0.095
多価不飽和脂肪酸 3.352
18:2(リノール酸 2.987
18:3(α-リノレン酸 0.155
20:4(未同定) 0.103

ささみ編集

胸肉に近接した部位であり[14][15]、鶏の胸骨に沿って左右1本ずつある小胸筋の肉である[15]。脂肪は少なく、タンパク質を多く含む[15][14]。そのような性質の部位なので、ダイエット食としても知られている[15]肉質が柔らかいため、さっとゆでて、酒蒸し、サラダ和え物などに良い[14]。 鶏1羽につき2本しか取れない部位なので、むね肉よりはそれなりに高めの値段で販売されている[15]

なお「ささみ」という呼称はその細長く伸びた形が笹の葉に似ていることに由来している。


もも肉編集

鶏のから足にかけての部分の肉[16]。"脚の付け根"から先の部分[17]脂肪を比較的多く含んでいる[17]。むね肉に比べると硬いが、コクのある味が特徴[17]。タンパク質に加え、鉄分やビタミンB2も豊富に含まれる[16]

すね肉と一体で骨を付けたまま調理されることも多い。

すね肉編集

人間における膝下に相当する部位。「ドラムスティック」(Drumstick)と呼ばれ、骨付きのまま唐揚げや煮込み料理に用いられる。

手羽編集

翼の部分。英語ではウィングと呼ぶ。以下の3つの名称がある。

手羽先
肉はほとんどなく、多くがゼラチン質と脂肪である。このため、主にから揚げ煮込み出汁に使用する。人間の手首から指先までの部分に該当する。
手羽中
肉と共にゼラチン質部分が多い。肉を骨から一部離して裏返し、骨を手で持って食べやすくしたものは「チューリップ」と呼ばれ、から揚げにする。これを開いたものが手羽中開きで、これ若しくは手羽中を串に刺したものをイカダ串という。さらに手羽中を二つ割にしたものをチキンリブまたはチキンスペアリブともいう。人間の肘と手首の間の部分に該当する。
日本ハムはチキンリブ(手羽中の二つ割り)の唐揚げ(加工肉/総菜)を「チキチキボーン」という商品名で販売している[18]。また、山口県長門市深川養鶏農業協同組合[19]と宮崎県日南市(スーパー戸村)では、チキンリブ(手羽中の二つ割り)をスパイスで味付けした加工肉を「チキンヒーロー」という名前で販売しており、それぞれの地域でローカルフードとなっている。
手羽元
別名「ウィングスティック」(Wing Stick)。骨と肉と皮が程々にあるために正肉に近く、他の料理の具としたりから揚げや煮物にも適する。人間の肘と肩の間の部分に該当する。手羽元を使用したチューリップも存在する。

派生語編集

以下は、鶏肉の部位としては認められていないが、焼き鳥焼肉煮物ではこのように呼ばれる。

  • もつ、ホルモン、ジブレッツ内臓肉の総称
  • レバー肝臓
  • ハツ、ハート…心臓
    • ハツモト…心臓の根本、血管がつながる部分。
    • ハツヒモ…ハツモトにつながる血管の集まり
  • トリガツ…素嚢
  • センイ…(腺胃)
  • スナギモ(砂肝)…筋胃 (砂嚢)
    • エンガワ…砂肝の周りにある筋肉(中間筋)
  • シビレ胸腺。オタフクとも呼ばれる。
  • アズキ…脾臓。メギモとも呼ばれる。
  • セギモ…腎臓
  • シロ…空腸
  • シラコ(白子)…精巣
  • キンカン…未産卵
    • チョウチン…キンカンのついた卵管卵巣。タマヒモとも呼ばれる。
  • 皮、ひな皮…鶏皮
  • ぼんじり、三角、ぼんぼち(ぽんぽち)…尾
  • ツボ…尾腺(鳥類が羽に塗る脂を分泌する器官)
  • ヤゲン(軟骨)…ささみ肉の部位にある剣状突起の軟骨
  • ひざ軟骨…膝の関節にある軟骨(一般的にから揚げに使われる部位)
  • はらみ…腹筋 肉だが農林水産省の食取引規格でもつ扱いされている。
  • ネック…首・頚部筋。セセリ、コニク(小肉)とも呼ばれる。
  • サエズリ…食道・気道。ジューシーセセリ、ノドブエとも呼ばれる。
  • エボシ(烏帽子)…とさか
  • モミジ…足先。呼び名は形状に由来する。

チキンオイスター英語版という部分がももの付け根の近く(腸骨の背側のくぼみ)にあり、フランス語ではソリレス(sot-l'y-laisse、「愚か者だけが残す」)という名称で呼ばれている[20]

また、肉や内臓を取り去った残り(大部分は骨)を「鶏がら」と呼ぶ。

鶏がらやモミジは中華料理西洋料理ラーメン等の出汁を取るのに使われる。モミジは中華料理では「鳳爪」(繁体字: 鳳爪簡体字: 凤爪広東語:フォンジャーウ)(en)と称して、揚げて煮込み、皮と軟骨を食べる料理にも加工される。日本では大分県日田市周辺の郷土料理(もみじ (郷土料理))となっている。

食べられない部位編集

  • 舌 (タン)
  • 大腸…焼き鳥の部位ではしちゃってという呼び名があるが、一般的には食用としない。牛や豚と比べて薄く、鶏は体温が高いため捌いた直後から腐敗が始まり、新鮮な状態で流通させることが難しいといったことが挙げられる。
  • 脊椎鶏インフルエンザに感染していた場合、人間への感染の危険性があるため。


鶏の種類編集

養鶏が盛んな地域では特有の地鶏品種が存在することが多い。

鶏肉料理編集

鶏料理は世界的に食べられている。

鶏料理の種類編集

調理法別に挙げる。

細菌食中毒・生食編集

鶏肉は、刺身たたきユッケなど、生で食されることもある。しかし腸管に常在菌として存在しているカンピロバクター( Campylobacter )、サルモネラ( Salmonella )、アルコバクター( Arcobacter ) や、屠畜過程で大腸菌ブドウ球菌により汚染される場合があり、新鮮な肉でも高い率で食中毒原因菌に汚染されており[22]、食中毒を惹き起こすことがある[23][24]

厚生労働省の「食品中の食中毒菌汚染実態調査」[12]によると、鶏ミンチ肉におけるサルモネラ汚染率は、下記のように高いものとなっている。

鶏ミンチ肉のサルモネラ汚染率
2013 2014 2015 2016 2017 2018
検体数 陽性数 検体数 陽性数 検体数 陽性数 検体数 陽性数 検体数 陽性数 検体数 陽性数
31 15 48 33 18 55 35 22 63 28 14 50 43 21 49

さらに鶏ミンチ肉におけるカンピロバクター汚染率は次のようになっている。

鶏ミンチ肉のカンピロバクター汚染率
2010 2011 2012 2013 2015
検体数 陽性数 検体数 陽性数 検体数 陽性数 検体数 陽性数 検体数 陽性数
197 71 36 159 60 38 210 76 36 8 5 63 5 1 20

カンピロバクターは、世界中の人間の細菌性下痢性疾患の主な原因であり、家禽肉製品が症例の約70%を占める[25]。日本でのカンピロバクターによる食中毒患者の報告数は、2003年以降は年間2000人を越えており、重要な食中毒菌となっている[22]。 

肉食動物の耐性

なお、人間以外のライオントラといった肉食動物が生肉を食べても食中毒にならないのは、カンピロバクターに対する強い耐性を持っているためである。

鶏肉生食普及・衛生管理県編集

鹿児島県宮崎県大分県の一部では、鶏刺しが郷土料理として食べられている鶏肉生食の文化がある。約100年前の地域の食習慣を書き残した農文協の『聞き書』シリーズで、宮崎の都城地方に「かしわの刺身」、鹿児島の北薩摩霧島山麓で「鶏肉の刺身」が確認できる。このように「鶏刺し」は鹿児島、宮崎両県の極一部地域で、たまに口にする「ハレの食」として受け継がれてきた。その後、鹿児島県と宮崎県には独自の衛生管理法令があり、鶏肉生食が普及している。2007年度に宮崎県は「生食用食鳥肉の衛生対策」というガイドラインを策定し、2008年度から3年計画で「1.生食用食鳥肉の成分企画目標・加工基準目標の策定」「2.生食用食鳥肉の食中毒原因菌汚染実態調査の実施」「3.食鳥肉取り扱い業者等に対する衛生講習会等の実施」を行っている。鹿児島県にも同様の基準があり、菌増殖前の表面焼き、湯殺菌などの生食対策を取っている[26]

更に岩屋あまね[27]によると、過去のデータからは鹿児島県民によるカンピロバクターによる食中毒は多くなく、「発生しているのは全て他県からの住民である」という報告例がある[28]。その報告例には鶏刺しが原因と疑われているカンピロバクター食中毒で、同じものを食べた5人のうち3人が発症し、その3人はそれぞれ福岡、長崎、熊本出身、残りの2人は鹿児島、宮崎の出身で、鹿児島の学生は便からもカンピロバクターが検出されたが、一切の症状が出なかったとある[28]。「免疫が持っていたので発症しなかったのか、腸内フローラの問題かどうかはわかりませんが興味ある事例」であるとしている[28]

編集

一般社団法人・日本食鳥協会では、毎年10月29日を「国産とり肉の日」としている[29]。10(とお→とり)、2(に)9(く)→肉の韻から定めた。


出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Rennard BO, Ertl RF, Gossman GL, Robbins RA, Rennard SI (October 2000). “Chicken soup inhibits neutrophil chemotaxis in vitro”. Chest 118 (4): 1150-7. doi:10.1378/chest.118.4.1150. PMID 11035691. https://doi.org/10.1378/chest.118.4.1150. 
  2. ^ [1]
  3. ^ 「鶏肉」はケイニク? トリニク? - NHK放送文化研究所、2006年11月1日
  4. ^ a b Chicken history – Where are chickens from? India and China
  5. ^ Eriksson J, Larson G, Gunnarsson U, Bed'hom B, Tixier-Boichard M, et al. (2008) Identification of the Yellow Skin Gene Reveals a Hybrid Origin of the Domestic Chicken. PLoS Genet 23 January 2008.
  6. ^ Lawal, Raman Akinyanju; Martin, Simon H.; Vanmechelen, Koen; Vereijken, Addie; Silva, Pradeepa; Al-Atiyat, Raed Mahmoud; Aljumaah, Riyadh Salah; Mwacharo, Joram M.; Wu, Dong-Dong; Zhang, Ya-Ping; Hocking, Paul M.; Smith, Jacqueline; Wragg, David; Hanotte, Olivier (2020-02-12). "The wild species genome ancestry of domestic chickens". BMC Biology. BioMed Central. 18 (1): 13. doi:10.1186/s12915-020-0738-1. ISSN 1741-7007. PMC 7014787. PMID 32050971. S2CID 211081254.
  7. ^ 『クルーグマン ミクロ経済学(第2版)』. 東洋経済新報社. (2017). p. 357. "現代のアメリカ人はチキンをたくさん食べていて、それを特別なものだなんて全く思っていない。だが昔は必ずしもそうでなかった。旧来、鶏を育てるのは高くつくことだったので、チキンは贅沢な料理だった。2世紀前のレストランのメニューでは、チキン料理は一番高かった。1928年になってすら、ハーバート・フーバーは当選後には大きな繁栄を有権者に約束する公約として「すべての鍋にチキンを」というスローガンを掲げて大統領選挙を戦ったのだ。チキンの地位が変わったのは、鶏を育てて加工するための技術的に進歩した新しい方法(それがどんなものかは知りたくはない!)が開発されたからであった。" 
  8. ^ 鶏肉が食肉消費の主役に”. 2018年9月13日閲覧。
  9. ^ a b c d e f [2]
  10. ^ a b c NHK,みんなのきょうの料理、「鶏胸肉 料理レシピ一覧」の冒頭部に配置された解説文 2022年5月のアーカイブ版はこちらで閲覧可能。
  11. ^ http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/
  12. ^ a b [『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007]
  13. ^ http://ndb.nal.usda.gov/
  14. ^ a b c OBC, No.35、鶏肉の部位一覧
  15. ^ a b c d e ささみはどこの部位?~ささみの特徴について解説~
  16. ^ a b 鶏びあ、もも肉ってどこの部位?~もも肉の特徴について解説~
  17. ^ a b c OBC、部位一覧
  18. ^ あのチキチキボーンが好きなだけ自作できる「チキチキボーンの素からあげ粉」を使ってみました”. Gigazine (2013年8月26日). 2019年8月16日閲覧。
  19. ^ 岡山駅前商店街に山口の料理店「としちゃん」 かまぼこ、けんちょう煮など提供”. 岡山経済新聞 (2018年4月25日). 2019年8月16日閲覧。
  20. ^ スチュワート・アレン『愛の林檎と燻製の猿と―禁じられた食べものたち』集英社、2003年、ISBN 978-4087733990
  21. ^ [3]
  22. ^ a b カンピロバクター食中毒の現状と対策について 国立感染症研究所 感染症情報センター
  23. ^ 市販鶏ひき肉中の ArcobacterCampylobacterSalmonella 汚染状況日本家政学会誌 Vol.62 (2011) No.11 p.721-725
  24. ^ 東京都食品安全情報評価委員会 (2004年7月9日). “カンピロバクター食中毒を低減させるために” (日本語). 2006年11月29日閲覧。実験により、調理の際「中心部まで肉の色が変化していることを確認すれば、ほぼカンピロバクターが不活化する温度に達していると推測できる」と結論付けている。
  25. ^ Biosecurity key for broiler farm workers to control Campylobacter”. 20220109閲覧。
  26. ^ 鶏肉の生食リスクと鹿児島・宮崎「郷土食」の関係を考察” (日本語). NEWSポストセブン. 2022年7月2日閲覧。
  27. ^ 2007年当時、鹿児島県加世田保健所に所属
  28. ^ a b c 西村雅宏 (2007年7月15日). “VOL.147 食生活がカンピロバクター食中毒を防ぐ”. メールマガジン「食中毒2001」. 2007年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月14日閲覧。
  29. ^ 10月29日(木)は「国産とり肉の日」。「国産チキンまつり」、全国で展開中。『産経新聞』2015年10月28日

関連項目編集