サンネ・ファンデイケ

オランダの柔道選手 (1995-)

サンネ・ファン・デイケ(Sanne Van Dijke 1995年7月21日- )はオランダ北ブラバント州ヘースウェイク・ディンター出身の柔道選手。階級は70kg級[1]

獲得メダル
オランダの旗 オランダ
柔道
オリンピック
2021 東京 70kg級
世界選手権
2021 ブダペスト 70kg級
ワールドマスターズ
2019 青島 70kg級
2018 広州 70kg級
ヨーロッパ選手権
2017 ワルシャワ 70kg級
2021 リスボン 70kg級

人物編集

2011年のヨーロッパユースオリンピックフェスティバル70kg級で3位になったが、世界カデでは7位だった[1]。2014年のヨーロッパジュニアで優勝するも、世界ジュニアでは7位に終わった[1]。2015年のヨーロッパジュニアで2位になると、世界ジュニアでも5位だったが、団体戦では3位に入った[1]。2017年にはグランドスラム・パリで3位になると、ヨーロッパ選手権グランドスラム・エカテリンブルグでは優勝を飾った[1][2]。2018年にはグランドスラム・デュッセルドルフワールドマスターズで3位に入った[1]。2019年のワールドマスターズでは決勝で同僚のキム・ポリングに敗れて2位だった[3]。2021年のヨーロッパ選手権では優勝した[1]。結果として、国内のライバルであるポリングより評価されて、東京オリンピック代表に選ばれた[4]世界選手権では準決勝で大野陽子に逆転負けするも3位になった[5]。7月に日本武道館で開催された東京オリンピックでは準決勝でオーストリアのミヒャエラ・ポレレスに敗れるも3位になった[6]

IJF世界ランキングは5041ポイント獲得で2位(21/8/16現在)[7]

主な戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集