メインメニューを開く

新添 左季(にいぞえ さき、1996年7月4日 - )は、奈良県出身の日本女子柔道選手である。階級は70kg級。身長170cm。血液型はO型。段位は弐段。組み手は左組み。得意技は内股[1]。趣味は自転車で一人のんびりとぷらぷらすること[2]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界団体
2017 ブダペスト 70kg級
ワールドマスターズ
2018 広州 70㎏級
グランドスラム
2016 東京 70kg級
2017 エカテリンブルグ 70kg級
2018 大阪 70㎏級
2019 パリ 70kg級
アジア大会
2018 ジャカルタ 70kg級
2018 ジャカルタ 混合団体
ユニバーシアード
2017 台北 70kg級

経歴編集

柔道は6歳の時に2歳上の兄の影響で橿原市柔道クラブで始めた[1][2]天理中学3年の時に全国中学校柔道大会の63kg級準決勝で香長中学3年の池絵梨菜上四方固で敗れて3位だった[1]

天理高校1年の時には全日本カデの準決勝で東大阪大敬愛高校1年の池に崩袈裟固で敗れて3位だった[1]インターハイ全国高校選手権ではそれぞれ初戦で敗れた[1]。2年の時には全日本カデの準決勝で池に背負投で敗れて3位だった[1]。インターハイでは初戦で敗れた。その後階級を70kg級に変更すると、全国高校選手権では準決勝で同じく階級を上げてきた池に背負投で敗れてまたもや3位にとどまった[3]。3年の時にはインターハイの3回戦で敗れた[1]

2015年には山梨学院大学へ進学すると、1年の時には6月の優勝大会で1年先輩の出口クリスタなどとともにチームの優勝に貢献した[1][4]。9月の全日本ジュニアでは決勝で鹿児島情報高校3年の青柳麗美横四方固で敗れた[1]。続くアジアジュニアでは優勝した[1]。10月の体重別団体では決勝で帝京大学と対戦すると、代表戦で佐俣優依に技ありで敗れて2位に終わった[1]

2年の時には6月の優勝大会の決勝で環太平洋大学鈴木伊織を内股で破ったのを始め、全試合に一本勝ちしてチームを優勝に導いた[5]。9月の全日本ジュニア決勝ではこれまで12連敗していた大の苦手である池を大外返で破って優勝を飾った。これで柔道をやめてもいいと思ったほど今までで最も嬉しい勝利だったという[6][7]。10月の学生体重別では2回戦で環太平洋大学1年の青柳に上四方固で敗れた[8]。続く体重別団体では3位だった[9]。11月の講道館杯では決勝まで進むと、コマツ大野陽子GSに入ってから大外刈で破ってシニアの全国大会初優勝を飾った[10]。12月のグランドスラム・東京では決勝まで進むと、三井住友海上新井千鶴を指導2で破って、シニアの国際大会初出場にしてIJFワールド柔道ツアー優勝を飾った[2][11]。2017年2月のグランドスラム・パリでは7位にとどまった[12]。続くグランプリ・デュッセルドルフでは準決勝でフランスのマリー=エヴ・ガイエに敗れて3位だった[13]

3年の時には4月の体重別決勝で新井に横四方固で敗れた[14]。5月のグランドスラム・エカテリンブルグでは準決勝で地元ロシアのアレーナ・プロコペンコに敗れて3位だった[15][16]。6月の優勝大会でチームは4連覇を成し遂げた。また、IJFが2020年の東京オリンピックで採用されることが決まった男女混合による6人制の団体戦を世界団体に新規導入したために、世界団体のメンバーに追加で選出された[17][18][19]。8月のユニバーシアードでは準決勝で韓国の金省然を破るも、決勝でブラジルのバルバラ・ティモと対戦すると、GSを含めて8分半以上の戦いの末に技ありを取られて2位に終わった。団体戦では準決勝まで全て一本勝ちすると、決勝の韓国戦でも金省然に一本勝ちしてチームの優勝を決定付けた[20][21][22]。9月の世界団体では初戦と2回戦に出場してそれぞれ勝つと、その後チームも優勝を飾った[23]。続く学生体重別では決勝で環太平洋大学1年の田中志歩を内股で破って優勝した[24]。10月の体重別団体では決勝の環太平洋大学戦で田中と引き分けるも、チームは優勝を飾った[25]。11月の講道館杯では準決勝まで全て一本勝ちすると、決勝では田中をGSに入ってから指導2で破って今大会2連覇を果たした[26]。12月のグランドスラム・東京では準々決勝で新井に敗れると、敗者復活戦でもガイエに敗れて7位に終わった[27]。2018年1月のグランプリ・チュニスでは準決勝でオランダのキム・ポリングに敗れて3位だった[28]。2018年2月のグランドスラム・デュッセルドルフでは準々決勝でリオデジャネイロオリンピック銀メダリストであるコロンビアのジュリ・アルベアルを内股で破るも、その後敗れて5位に終わった[29]

4年の時には4月の体重別準決勝でコマツ大野陽子に技ありで敗れて3位だった[30]。なお、アジア大会代表には選ばれた[31]。6月の優勝大会では決勝の龍谷大学戦で63kg級の米澤夏帆を合技で破るなどチームの5連覇に貢献した[32]。8月のグランプリ・ブダペストでは準決勝でリオデジャネイロオリンピック銅メダリストであるイギリスのサリー・コンウェイを開始早々の内股で破ると、決勝ではオランダのサンネ・ファンデイケも開始早々の内股で破って優勝した[33][34]。続くアジア大会では準決勝まで全て一本勝ちすると、決勝では金省然を内股の技ありで破って優勝した[35][36]。男女混合団体戦では初戦の韓国戦のみの出場だったが、チョン・ヘジンに内股で一本勝ちしてチームの勝利に貢献すると、その後チームは優勝を飾った[37][38][39]。10月の体重別団体では3位だった[40]。11月のグランドスラム・大阪では準決勝でスウェーデンのアンナ・ベルンホルムに技ありで敗れるも、3位決定戦で大野を合技で破って3位になった[41]。12月のワールドマスターズでは準々決勝でガイエを内股、準決勝でプエルトリコのマリア・ペレス小外刈でそれぞれ破ると、決勝では元世界チャンピオンのアルベアルを技ありで破って優勝した[42][43]。2019年2月のグランドスラム・パリでは準決勝で地元フランスのマルゴー・ピノ払巻込で敗れるが、3位決定戦で同じく地元のガイエを内股で破って3位になった[44]

4月からは自衛隊体育学校の所属となった[1][45]。体重別では決勝で大野に小外刈の技ありで敗れて2位だった[46]。5月のグランプリ・フフホトでは決勝でベルンホルムを払腰で破るなど全て一本勝ちして優勝を飾った[47][48]。6月の実業団体では三井住友海上戦で新井に技ありで敗れた[49]。9月の実業個人選手権では決勝で三井住友海上佐藤みずほに反則勝ちして優勝した[50]。11月の講道館杯では準決勝で田中に大内刈で敗れて3位だった[51]。続くグランドスラム・大阪では2回戦でオランダのキム・ポリング谷落で敗れた[52]。12月のワールドマスターズでは初戦でウズベキスタンのグルノザ・マトニヤゾワに技ありで敗れた[53]

IJF世界ランキングは4555ポイント獲得で5位(19/8/12現在)[54]

戦績編集

63kg級での戦績

70kg級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「柔道全日本強化選手名鑑 2019」近代柔道 ベースボールマガジン社、2019年4月号
  2. ^ a b c 柔道シニア国際大会、新添左季初出場優勝 ~講道館杯優勝に続くGS東京大会で快挙~
  3. ^ 「special interview」近代柔道 ベースボールマガジン社、2014年5月号 23頁
  4. ^ 山梨学院 柔道部 | 部員スタッフ紹介
  5. ^ 柔道:山梨学院大3連覇…女子5人制 全日本学生優勝 毎日新聞 2016年6月26日
  6. ^ 平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  7. ^ 「special interview」近代柔道 ベースボールマガジン社、2018年3月号 16頁
  8. ^ 平成28年度全日本学生柔道体重別選手権大会
  9. ^ 全日本学生柔道体重別団体優勝大会
  10. ^ 朝比奈、女子初の4連覇=男子73キロ級は立川制す-柔道講道館杯 時事通信 2016年11月12日
  11. ^ 【柔道】山梨学院大・新添左季が女子70キロ級で初優勝…GS女子70キロ級 スポーツ報知 2016年12月3日
  12. ^ Paris Grand Slam 2017 - DAY TWO
  13. ^ 新井千鶴70キロ級V、新添と鍋倉は3位 柔道GP 日刊スポーツ 2017年2月26日
  14. ^ 平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  15. ^ 女子は朝比奈、梅木らが優勝 男子は長沢がV/柔道 サンケイスポーツ 2017年5月21日
  16. ^ 山梨学院大 女子5人制で筑波大下し史上初4連覇!  スポーツニッポン
  17. ^ 東京五輪の新種目決定 柔道男女3人の「団体」など[リンク切れ]
  18. ^ 世界選手権、混合団体で再編 新メンバーに新添を追加/柔道 サンケイスポーツ
  19. ^ 2017年ブダペスト世界柔道選手権大会個人代表選手、男女混合団体選手決定について
  20. ^ 新添、延長で力尽きる「負ける相手ではなかった」/夏季ユニバ
  21. ^ 柔道団体、男女とも金[リンク切れ] 時事通信 2017年8月24日
  22. ^ Daily Competition Schedule Judo
  23. ^ 日本が男女混合団体で金メダル 決勝でブラジルを圧倒 産経新聞
  24. ^ 能智、新添ら優勝=全日本学生体重別柔道 時事通信 2017年9月30日
  25. ^ 柔道 全日本学生体重別団体優勝大会 男女とも2冠達成 NHK 2017年10月29日
  26. ^ 平成29年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  27. ^ Grand Slam Tokyo 2017
  28. ^ 女子63キロ級で能智が2位/柔道 サンケイスポーツ 2018年1月21日
  29. ^ 女子70キロ級新添、殊勲も表彰台逃す「取り切れなかった」/柔道 サンケイスポーツ 2018年2月25日
  30. ^ 平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  31. ^ アジア大会の女子代表に素根、近藤ら 全日本柔道連盟が発表/柔道 サンケイスポーツ 2018年4月22日
  32. ^ 山梨学院大の新添、決勝で地力=全日本学生柔道 時事通信 2018年6月23日
  33. ^ 【柔道】能智亜衣美、新添左季が優勝 グランプリ大会 産経新聞 2018年8月12日
  34. ^ Budapest Grand Prix 2018, Hungary – Day two
  35. ^ 大野が男子73キロ級で金=玉置、鍋倉、新添も優勝=アジア大会・柔道 時事通信 2018年8月30日
  36. ^ 18th Asian Games 2018
  37. ^ 柔道混合団体、日本が優勝 アジア大会 日本経済新聞 2018年9月1日
  38. ^ 舟久保、新添が柔道混合団体V アジア大会 山梨日日新聞 2018年9月1日
  39. ^ 新添左季が初アジア女王、称号手に「かつや」へ凱旋 - アジア大会 - 柔道 日刊スポーツ 2018年8月31日
  40. ^ 平成30年度全日本学生柔道体重別団体優勝大会
  41. ^ Grand-Slam Osaka 2018
  42. ^ 素根、梅木らV 柔道マスターズ大会 産経新聞 2018年12月16日
  43. ^ World Masters Guangzhou 2018
  44. ^ Grand Slam Paris 2019
  45. ^ 新添左季、卒業後は自衛隊 柔道に専念出来る環境へ - 柔道 日刊スポーツ 2018年7月16日
  46. ^ 平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  47. ^ 新添が優勝=柔道グランプリ 時事通信 2019年5月25日
  48. ^ Grand-Prix Hohhot 2019
  49. ^ 第69回全日本実業柔道団体対抗大会 結果
  50. ^ 新添が優勝=全日本実業柔道 時事通信 2019年9月15日
  51. ^ 2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  52. ^ 柔道グランドスラム大阪2019
  53. ^ World Masters Qingdao 2019
  54. ^ World ranking list

外部リンク編集