メインメニューを開く

シャハー・ピアーヘブライ語: שחר פאר‎, 英語表記:Shahar Pe'er, 1987年5月1日 - )は、イスラエルエルサレム出身の元女子プロテニス選手。2008年全豪オープン女子ダブルスで、ビクトリア・アザレンカベラルーシ)とペアを組んで準優勝した。自己最高ランキングはシングルス11位、ダブルス14位。WTAツアーでシングルス5勝、ダブルス3勝を挙げた。身長170cm、体重60kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

シャハー・ピアー
Shahar Peer
Tennis pictogram.svg
Shahar Pe'er 5, 2015 Wimbledon Qualifying - Diliff.jpg
シャハー・ピアー
基本情報
国籍 イスラエルの旗 イスラエル
出身地 同・エルサレム
居住地 同・Modi'in-Maccabim-Re'ut
生年月日 (1987-05-01) 1987年5月1日(32歳)
身長 170cm
体重 60kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2004年
引退年 2017年
ツアー通算 8勝
シングルス 5勝
ダブルス 3勝
生涯通算成績 601勝451敗
シングルス 412勝276敗
ダブルス 189勝175敗
生涯獲得賞金 $5,148,411
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2007)
全仏 4回戦(2006・07・10)
全英 4回戦(2008)
全米 ベスト8(2007)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(2008)
全仏 ベスト8(2008・10)
全英 ベスト8(2005・08)
全米 3回戦(2007・09・10)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 11位(2011年1月31日)
ダブルス 14位(2008年5月12日)

目次

来歴編集

6歳からテニスを始める。2004年全豪オープンジュニア女子シングルスで優勝し、同年に17歳でプロ入り。2005年全仏オープン4大大会の本戦に初出場し、ナディア・ペトロワロシア)との3回戦まで勝ち進んだ。この後ウィンブルドンの女子ダブルスでベスト8に進み、ダブルスの分野でも才能を発揮し始めた。イスラエルでは18歳を迎えた成年女子にもイスラエル国防軍への参加が義務づけられているため、ピアーは2005年11月から国防軍の仕事を始めた。

2006年のシーズンに急成長を始める。1月の全豪オープンでは1回戦で日本浅越しのぶに敗れたが、2月第2週のタイパタヤの大会でツアー初優勝を達成。その後、5月にチェコプラハの大会とトルコイスタンブール・カップで優勝し、2度目の全仏オープン本戦で第31シードを得た。ピアーは全仏オープンでも好調さを維持し、3回戦では2004年の準優勝者エレーナ・デメンチェワを 6-4, 7-5 で破り、初めての4回戦に進出する。4回戦の相手は、2006年度からの現役復帰で第12シードに戻ってきたマルチナ・ヒンギスだった。2人が1セット・オールとなったところで試合は日没順延となり、翌日に持ち越された第3セットはヒンギスが取った。結局ピアーはヒンギスに 3-6, 6-2, 3-6 で敗れ、全仏では4回戦で止まった。続くウィンブルドンは2回戦で敗退したが、全米オープンで自身2度目の4回戦に進出する。全米の4回戦では第2シードのジュスティーヌ・エナン=アーデンから1ゲームしか奪えず、1-6, 0-6 で完敗した。

2007年全豪オープンで、シャハー・ピアーは初の準々決勝進出を決め、4大大会女子シングルスの自己最高成績を上げた。イスラエルの女子テニス選手が4大大会のベスト8に入ったのは、同国のテニスの歴史を通じて初めての出来事であった。その準々決勝では、全豪オープンで2003年2005年の2度優勝経験があるセリーナ・ウィリアムズに 6-3, 2-6, 6-8 で競り負けた。この年は全米オープンでも初のベスト8進出を果たし、準々決勝で第6シードのアンナ・チャクベタゼロシア)に 4-6, 1-6 で敗れた。2007年10月、彼女は国防軍の兵役義務を完了した。

2008年全豪オープンで、ピアーはビクトリア・アザレンカベラルーシ)と組んで女子ダブルス決勝に進出した。その決勝戦ではアリョーナ・ボンダレンコ&カテリナ・ボンダレンコ組(ウクライナの姉妹ペア)に 6-2, 1-6, 4-6 の逆転で敗れ、イスラエル女性として初の4大大会優勝を逃している。

ピアーは2011年全豪オープン後のランキングで自己最高位の11位を記録している。

ピアーはオリンピックイスラエル代表として、2008年北京五輪2012年ロンドン五輪の2大会に出場している。

イスラエルの女子テニス界は、長年にわたってアンナ・スマシュノワが国の大黒柱として活躍してきた。スマシュノワはもともと、ベラルーシミンスクから移住してイスラエル国籍を取得した人であるが、2007年6月に現役を引退した。それだけに、イスラエルの首都エルサレムで生まれ育ったピアーへの期待は大きなものがある。辺境の地から登場した女子テニスの開拓者として、ピアーの境遇はインドサニア・ミルザと似通っている。

入国拒否問題編集

2009年2月にアラブ首長国連邦ドバイで行われるバークレーズ・ドバイ・テニス選手権に出場を予定していたピアーだが、ビザの発給を拒否され出場できなかった。この件に関し、女子テニス協会は大会主催者に過去最高の罰金額となる30万ドルの罰金を科した[1]。ピアーにも補償として4万4250ドルと、同週に獲得したのと同等のランキングポイントが与えられた。翌年の大会では出場が認められ、ヤニナ・ウィックマイヤーや第1シードのキャロライン・ウォズニアッキを破りベスト4入りしている。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 9回 (5勝4敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2006年2月12日   パタヤ ハード   エレナ・コスタニッチ・トシッチ 6–3, 6–1
優勝 2. 2006年5月9日   プラハ クレー   サマンサ・ストーサー 4–6, 6–2, 6–1
優勝 3. 2006年5月22日   イスタンブール クレー   アナスタシア・ミスキナ 1–6, 6–3, 7–6(3)
準優勝 1. 2007年2月24日   メンフィス ハード   ビーナス・ウィリアムズ 1–6, 1–6
優勝 4. 2009年9月20日   広州 ハード   アルベルタ・ブリアンティ 6–3, 6–4
優勝 5. 2009年9月27日   タシケント ハード   アクグル・アマンムラドワ 6–3, 6–4
準優勝 2. 2010年1月16日   ホバート ハード   アリョーナ・ボンダレンコ 2–6, 4–6
準優勝 3. 2011年7月31日   ワシントンD.C. ハード   ナディア・ペトロワ 5–7, 2–6
準優勝 4. 2013年7月28日   バクー ハード   エリナ・スビトリナ 4–6, 4–6

ダブルス: 10回 (3勝7敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2006年5月14日   プラハ クレー   マリオン・バルトリ   アシュリー・ハークルロード
  ベサニー・マテック
6–4, 6–4
優勝 2. 2006年7月30日   スタンフォード ハード   アンナ=レナ・グローネフェルト   マリア・エレナ・カメリン
  ヒセラ・ドゥルコ
6–1, 6–4
優勝 3. 2007年7月30日   スタンフォード ハード   サニア・ミルザ   ビクトリア・アザレンカ
  アンナ・チャクベタゼ
6–4, 7–6
準優勝 1. 2007年9月30日   ルクセンブルク ハード   ビクトリア・アザレンカ   イベタ・ベネソバ
  ヤネッテ・フサロバ
4–6, 2–6
準優勝 2. 2008年1月25日   全豪オープン ハード   ビクトリア・アザレンカ   アリョーナ・ボンダレンコ
  カテリナ・ボンダレンコ
6–2, 1–6, 4–6
準優勝 3. 2009年3月21日   インディアンウェルズ ハード   ヒセラ・ドゥルコ   ビクトリア・アザレンカ
  ベラ・ズボナレワ
4–6, 6–3, [5–10]
準優勝 4. 2010年10月2日   東京 ハード   彭帥   イベタ・ベネソバ
  バルボラ・ザフラボバ・ストリコバ
4–6, 6–4, [8–10]
準優勝 5. 2013年5月25日   ブリュッセル クレー   ガブリエラ・ダブロウスキー   クベタ・ペシュケ
  アンナ=レナ・グローネフェルト
0–6, 3–6
準優勝 6. 2014年5月24日   ニュルンベルク クレー   ラルカ・オラル   ミハエラ・クライチェク
  カロリナ・プリスコバ
0–6, 6–4, [6–10]
準優勝 7. 2014年7月27日   バクー ハード   ラルカ・オラル   アレクサンドラ・パノワ
  ヘザー・ワトソン
2-6, 6–7(3)

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 通算成績
全豪オープン A LQ 1R QF 3R 1R 3R 3R 2R 2R 1R LQ LQ 12–9
全仏オープン A 3R 4R 4R 1R A 4R 1R 2R 1R 1R LQ A 12–9
ウィンブルドン A 2R 2R 3R 4R 2R 2R 1R 1R LQ 1R LQ A 9–9
全米オープン LQ 3R 4R QF 1R 3R 4R 2R 1R LQ 2R LQ A 16–9

脚注編集

外部リンク編集