メインメニューを開く

バルボラ・ストリコバBarbora Strýcová, 1986年3月28日 - )は、チェコプルゼニ出身の女子プロテニス選手。これまでにWTAツアーでシングルス2勝、ダブルス23勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス16位、ダブルス1位。身長164cm、体重60kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。2007年から2015年までは夫の姓を併用してバルボラ・ザフラボバ・ストリコバBarbora Záhlavová Strýcová ,チェコ語発音: [ˈbarbora ˈzaːɦlavovaː ˈstriːtsovaː] )と名乗っていた。

バルボラ・ストリコバ
Barbora Strýcová
Tennis pictogram.svg
Strycova BM16 (41) (27672424302).jpg
バルボラ・ストリコバ
基本情報
フルネーム Barbora Strýcová
国籍  チェコ
出身地 同・プルゼニ
生年月日 (1986-03-28) 1986年3月28日(33歳)
身長 164cm
体重 60kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
ツアー通算 25勝
シングルス 2勝
ダブルス 23勝
生涯獲得賞金 11,333,446 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2016-18)
全仏 4回戦(2018)
全英 ベスト4(2019)
全米 3回戦(2014・15・18)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2015)
全仏 ベスト4(2018)
全英 決勝(2019)
全米 ベスト4(2014・17)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 優勝(2015・16)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 16位(2017年1月16日)
ダブルス 5位(2018年10月29日)
獲得メダル
女子 テニス
オリンピック
2016 リオデジャネイロ ダブルス
2018年12月3日現在

来歴編集

ストリコバは4歳からテニスを始める。2002年2003年全豪オープンのジュニアシングルスで優勝し2003年にプロに転向。

2003年ウィンブルドン選手権で予選を勝ち上がり4大大会に初出場した。1回戦でタチアナ・ペレビニスに 4-6, 7-5, 9-11 で敗れている。

2004年のアテネ五輪でオリンピックにも初出場した。1回戦で金メダルを獲得したジュスティーヌ・エナンに 3-6, 4-6 で敗れた。

2007年に自身のコーチのヤコブ・ザフラバ(Jakub Zahlava)と結婚し、結婚後は夫の姓を併用してバルボラ・ザフラボバ・ストリコバと名乗るようになった。

ストリコバはシングルスよりもダブルスの活躍が多い。2010年9月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントではイベタ・ベネソバと組んだダブルスで決勝に進出し、シャハー・ピアー&彭帥組を 6–4, 4–6, [10–8] で破り優勝した[1]2011年全米オープンでもベネソバと組みベスト8に進出している。

シングルスでのストリコバは2011年9月のケベック・シティー大会の決勝でマリナ・エラコビッチを 4–6, 6–1, 6–0 で破りツアー初優勝を果たした[2]

2014年ウィンブルドン選手権では、2回戦で第32シードのエレーナ・ベスニナを 6-4, 6-2、3回戦で第2シードの李娜を 7-6(5), 7-6(5) 、4回戦では第16シードのキャロライン・ウォズニアッキを 6-2, 7-5 で破り4大大会のシングルスで初めてベスト8に進出した。準々決勝ではチェコの後輩で優勝したペトラ・クビトバに 1-6, 5-7 で敗れた。

2014年全米オープンではクルム伊達公子と組んだダブルスで4大大会で自己最高となるベスト4に進出した。2015年全豪オープンでもミハエラ・クライチェクと組みダブルスでベスト4に進出している。

ストリコバは2012年10月のBGLルクセンブルク・オープンで食欲抑制作用のある薬物に陽性反応を示し、ドーピング違反で6カ月の資格停止処分を受けている[3]

ストリコバは2015年に離婚し旧姓表記に戻している。

2016年8月のリオ五輪で12年ぶりのオリンピックに出場した。シングルスでは2回戦でサラ・エラニに敗れた。ルーシー・サファロバと組んだダブルスでは準決勝でロシアのエカテリーナ・マカロワ&エレーナ・ベスニナ組に 6-7(7), 4-6 で敗れたが、3位決定戦で同じチェコのアンドレア・フラバーチコバ&ルーシー・ハラデツカ組を 7-5, 6-1 で破り銅メダルを獲得した。

2019年ウィンブルドンではシングルスでベルテンスコンタといったシード選手を続々と破り、初のベスト4に進出すると、ダブルスでも謝淑薇とのコンビで決勝進出を果たした。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 8回 (2勝6敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2010年7月18日   プラハ クレー   アグネシュ・サバイ 2–6, 6–1, 2–6
優勝 1. 2011年9月18日   ケベック・シティー ハード (室内)   マリーナ・エラコビッチ 4–6, 6–1, 6–0
準優勝 2. 2012年7月15日   パレルモ クレー   サラ・エラニ 1–6, 3–6
準優勝 3. 2014年6月15日   バーミンガム   アナ・イバノビッチ 3–6, 2–6
準優勝 4. 2014年10月19日   ルクセンブルク ハード (室内)   アニカ・ベック 2–6, 1–6
準優勝 5. 2016年2月20日   ドバイ ハード   サラ・エラニ 0–6, 2–6
準優勝 6. 2016年6月19日   バーミンガム   マディソン・キーズ 3–6, 4–6
優勝 2. 2017年10月15日   リンツ ハード (室内)   マグダレナ・リバリコバ 6–4, 6–1

ダブルス: 39回 (23勝16敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2005年2月20日   ボゴタ クレー   ルボミラ・クルハイツォバ   エマヌエル・ガリアルディ
  ティナ・ピスニック
4–6, 3–6
優勝 1. 2005年5月1日   ワルシャワ クレー   タチアナ・ペレビニス   クラウディア・ヤンス
  アリシア・ロソルスカ
6–1, 6–4
優勝 2. 2005年5月8日   ラバト クレー   エミリー・ロワ   ルルド・ドミンゲス・リノ
  ヌリア・リャゴステラ・ビベス
3–6, 7–6(6), 7–5
準優勝 2. 2005年5月15日   プラハ クレー   エレナ・コスタニッチ   ニコル・プラット
  エミリー・ロワ
7–6(6), 4–6, 4–6
準優勝 3. 2006年1月2日   オークランド ハード   エミリー・ロワ   エレーナ・リホフツェワ
  ベラ・ズボナレワ
3–6, 4–6
準優勝 4. 2008年1月6日   オークランド ハード   マルチナ・ミュラー   リリア・オスターロー
  マリヤ・コリャツェワ
3–6, 4–6
優勝 3. 2008年8月3日   ストックホルム ハード   イベタ・ベネソバ   ペトラ・チェトコフスカ
  ルーシー・サファロバ
7–5, 6–4
準優勝 5. 2009年3月8日   モンテレイ ハード   イベタ・ベネソバ   マラ・サンタンジェロ
  ナタリー・ドシー
3–6, 4–6
準優勝 6. 2009年7月13日   プラハ クレー   イベタ・ベネソバ   カテリナ・ボンダレンコ
  アリョーナ・ボンダレンコ
1–6, 2–6
優勝 4. 2009年9月14日   ケベックシティ ハード
(室内)
  バニア・キング   ソフィア・アルビドソン
  セベリーヌ・ブレモン
6–1, 6–3
優勝 5. 2009年10月25日   ルクセンブルク ハード
(室内)
  イベタ・ベネソバ   ブラディミラ・ウーリロバ
  レナタ・ボラコバ
6–1, 0–6, [10–7]
優勝 6. 2010年2月14日   パリ ハード
(室内)
  イベタ・ベネソバ   カーラ・ブラック
  リーゼル・フーバー
不戦勝
優勝 7. 2010年2月28日   アカプルコ クレー   ポロナ・ヘルツォグ   サラ・エラニ
  ロベルタ・ビンチ
2–6, 6–1, [10–2]
優勝 8. 2010年3月7日   モンテレイ ハード   イベタ・ベネソバ   アンナ=レナ・グローネフェルト
  バニア・キング
3–6, 6–4, [10–8]
準優勝 7. 2010年7月10日   ボースタード クレー   レナタ・ボラコバ   ヒセラ・ドゥルコ
  フラビア・ペンネッタ
6–7(0), 0–6
準優勝 8. 2010年9月19日   ケベックシティ ハード
(室内)
  ベサニー・マテック=サンズ   ソフィア・アルビドソン
  ヨハンナ・ラーション
1–6, 6–2, 6–10
優勝 9. 2010年10月2日   東京 ハード   イベタ・ベネソバ   シャハー・ピアー
  彭帥
6–4, 4–6, [10–8]
優勝 10. 2010年10月7日   リンツ ハード
(室内)
  レナタ・ボラコバ   クベタ・ペシュケ
  カタリナ・スレボトニク
7–5, 7–6(6)
準優勝 9. 2010年10月24日   ルクセンブルク ハード
(室内)
  イベタ・ベネソバ   ティメア・バシンスキー
  タチアナ・ガルビン
4–6, 4–6
優勝 11. 2011年1月14日   シドニー ハード   イベタ・ベネソバ   クベタ・ペシュケ
  カタリナ・スレボトニク
4–6, 6–4, [10–7]
優勝 12. 2011年3月6日   モンテレイ ハード   イベタ・ベネソバ   アンナ=レナ・グローネフェルト
  バニア・キング
6–7(8), 6–2, [10–6]
優勝 13. 2011年5月1日   バルセロナ クレー   イベタ・ベネソバ   ナタリー・グランディン
  ブラディミラ・ウーリロバ
5–7, 6–4, [11–9]
優勝 14. 2011年6月18日   スヘルトーヘンボス   クララ・ザコパロバ   ドミニカ・チブルコバ
  フラビア・ペンネッタ
1–6, 6–4, [10–7]
優勝 15. 2011年10月25日   ルクセンブルク ハード
(室内)
  イベタ・ベネソバ   ルーシー・ハラデツカ
  エカテリーナ・マカロワ
7–5, 6–3
優勝 16. 2012年4月29日   シュトゥットガルト クレー   イベタ・ベネソバ   ユリア・ゲルゲス
  アンナ=レナ・グローネフェルト
6–4, 7–5
優勝 17. 2012年7月14日   パレルモ クレー   レナタ・ボラコバ   ダリヤ・ユラク
  カタリン・マロシ
7–6(5), 6–4
準優勝 10. 2012年10月14日   リンツ ハード
(室内)
  ユリア・ゲルゲス   アンナ=レナ・グローネフェルト
  クベタ・ペシュケ
3–6, 4–6
準優勝 11. 2016年1月9日   オークランド ハード   ダンカ・コビニッチ   エリーズ・メルテンス
  アン=ソフィー・メスタフ
6–2, 3–6, [5–10]
優勝 18. 2016年6月19日   バーミンガム   カロリナ・プリスコバ   バニア・キング
  アーラ・クドリャフツェワ
6–3, 7–6(1)
優勝 19. 2016年8月21日   シンシナティ ハード   サニア・ミルザ   マルチナ・ヒンギス
  ココ・バンダウェイ
7–5, 6–4
優勝 20. 2016年9月24日   東京 ハード   サニア・ミルザ   梁晨
  楊釗煊
6–1, 6–1
準優勝 12. 2016年10月1日   武漢 ハード   サニア・ミルザ   ベサニー・マテック=サンズ
  ルーシー・サファロバ
1–6, 4–6
準優勝 13. 2017年1月13日   シドニー ハード   サニア・ミルザ   ティメア・バボシュ
  アナスタシア・パブリュチェンコワ
4–6, 4–6
準優勝 14. 2017年4月2日   マイアミ ハード   サニア・ミルザ   ガブリエラ・ダブロウスキー
  徐一幡
4–6, 3–6
優勝 21. 2018年3月17日   インディアンウェルズ ハード   謝淑薇   エカテリーナ・マカロワ
  エレーナ・ベスニナ
6–4, 6–4
準優勝 15. 2017年5月20日   ローマ クレー   アンドレア・セスティニ・フラバーチコバ   アシュリー・バーティ
  デミ・シュールス
3–6, 4–6
優勝 22. 2018年8月25日   ニューヘイブン ハード   アンドレア・セスティニ・フラバーチコバ   謝淑薇
  ラウラ・シグムント
6–4, 6–7(7), [10–4]
準優勝 16. 2018年9月22日   東京 ハード
(室内)
  アンドレア・セスティニ・フラバーチコバ   加藤未唯
  二宮真琴
4–6, 4–6
準優勝 17. 2018年9月29日   武漢 ハード   アンドレア・セスティニ・フラバーチコバ   エリーズ・メルテンス
  デミ・シュールス
3–6, 3–6
優勝 23. 2018年10月6日   北京 ハード   アンドレア・セスティニ・フラバーチコバ   ガブリエラ・ダブロウスキー
  徐一幡
4–6, 6–4, [10–8]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン LQ 2R 1R LQ LQ LQ 1R 2R 3R 2R A 2R 3R 4R 4R 4R 1R 17–12
全仏オープン A 2R 1R LQ LQ LQ 1R 1R 1R 1R 1R 1R 1R 3R 2R 4R 7–12
ウィンブルドン 1R 1R 2R LQ 1R 3R 1R 3R 2R 1R 2R QF 1R 3R 2R 3R 16–15
全米オープン LQ 1R 1R LQ LQ 1R 2R 1R 1R 1R LQ 3R 3R 1R 2R 3R 8–12

脚注編集

外部リンク編集