メインメニューを開く

ヤネッテ・フサロバJanette Husárová, 1974年6月4日 - )は、スロバキアブラチスラヴァ出身の女子プロテニス選手。ダブルスのスペシャリストとして知られる。WTAツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで25勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス31位、ダブルス3位。身長169cm、体重56kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

ヤネッテ・フサロバ
Janette Husárová
Tennis pictogram.svg
Husarova RG13 (14) (9379642156).jpg
ヤネッテ・フサロバ
基本情報
国籍 スロバキアの旗 スロバキア
出身地 同・ブラチスラヴァ
生年月日 (1974-06-04) 1974年6月4日(45歳)
身長 169cm
体重 56kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1991年
引退年 2016年
ツアー通算 25勝
シングルス 0勝
ダブルス 25勝
生涯通算成績 793勝570敗
シングルス 291勝246敗
ダブルス 502勝324敗
生涯獲得賞金 $2,402,865
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2002)
全仏 3回戦(2001・02)
全英 1回戦(1994・96・2001-03)
全米 2回戦(2001・02)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2004・08)
全仏 ベスト8(2003・04・07)
全英 ベスト8(2003)
全米 準優勝(2002)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 31位(2003年1月13日)
ダブルス 3位(2003年4月21日)

来歴編集

1991年にプロ入り。1994年に初めて世界ランキング100位以内に入り、1996年に女子ツアーのダブルス大会で2勝を挙げる。1997年1月、ニュージーランドオークランド大会のダブルスでベルギードミニク・ファン・ルーストと組んで優勝し、女子ツアーでダブルス3勝目を挙げたが、直後の全豪オープン1回戦でシュテフィ・グラフと対戦中に右膝の靱帯断裂を起こし、グラフの第1セット 5-1 リードで途中棄権したことがある。フサロバはこの故障で右膝の手術を受け、7ヶ月間の戦線離脱を経験した。2000年シドニー五輪で、フサロバはオリンピックスロバキア代表選手として初出場を果たし、カリナ・ハブスドバと組んだ女子ダブルスで2回戦に進出した。初めてのオリンピックで、フサロワとハブスドバは女子ダブルス2回戦でベルギー代表のドミニク・ファン・ルースト&エルス・カレンズ組に敗れた。2001年全仏オープンで初めてのシングルス3回戦に進出し、ダブルスで年間4勝を挙げている。

ヤネッテ・フサロバは2002年、シングルス・ダブルスともに最も充実したシーズンを送った。年頭の全豪オープンで、フサロワは3回戦で日本杉山愛を破り、第4シードのキム・クライシュテルスとの4回戦まで進出した。この年はダブルスで年間6勝を挙げたが、そのうち4つがエレーナ・デメンチェワとペアを組んで獲得したものである。フサロバとデメンチェワは、全米オープンで初めての4大大会女子ダブルス決勝に進み、ビルヒニア・ルアノ・パスクアルスペイン)&パオラ・スアレスアルゼンチン)組に 2-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。同年11月、フサロバは女子テニス国別対抗戦・フェドカップでスロバキア・チームの初優勝に貢献した。フェド杯初優勝の翌週には、デメンチェワとのペアで女子ツアー年間最終戦・WTAツアー選手権のダブルスにも初優勝を飾った。

2003年は故障に悩み、6年前に痛めた右膝の古傷に加えて、背筋痛で試合を棄権したこともあった。2004年アテネ五輪で2度目のオリンピックに出場したが、ダニエラ・ハンチュコバとの女子ダブルスで1回戦敗退に終わっている。その後、2005年2月に日本の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」でエレーナ・リホフツェワと組んだ優勝がある。2006年は、7月後半にオランダミハエラ・クライチェクと組んでダブルス2週連続優勝を記録した。

フサロバは2010年に現役引退を発表したが、2011年に復帰。ダブルスに専念して2016年まで出場した。

WTAツアー決勝進出結果編集

ダブルス: 43回 (25勝18敗)編集

大会グレード
2008年以前 2009年以後
グランドスラム (0–1)
WTAファイナルズ (1–0)
ティア I (3-4) プレミア・マンダトリー (0-0)
プレミア5 (0-0)
ティア II (4-5) プレミア (0–1)
ティア III (5–0) インターナショナル (1-1)
ティア IV & V (11–6)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1993年10月17日   モンペリエ カーペット (室内)   ドミニク・モナミ   メレディス・マグラス
  Claudia Porwik
6–3, 2–6, 6–7(3)
優勝 1. 1996年7月21日   パレルモ クレー   バルバラ・シェット   フロレンシア・ラバト
  バーバラ・リットナー
6–1, 6–2
優勝 2. 1996年8月11日   マリア・ランコヴィッツ クレー   ナタリア・メドベデワ   レンカ・センコバ
  カタリナ・シスコバ
6–4, 7–5
優勝 3. 1997年1月5日   オークランド ハード   ドミニク・ファン・ルースト   アレクサンドラ・オルスザ
  エレナ・ワグナー
6–2, 6–7(5), 6–3
準優勝 2. 1998年1月5日   オークランド ハード   ジュリー・アラール=デキュジス   宮城ナナ
  タマリネ・タナスガーン
6–7(1), 4–6
準優勝 3. 1998年1月12日   ホバート ハード   ジュリー・アラール=デキュジス   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
6–7(6), 3–6
優勝 4. 1998年2月23日   ボゴタ クレー   パオラ・スアレス   メリッサ・マゾッタ
  エカテリーナ・シソエワ
3–6, 6–2, 6–3
準優勝 4. 1999年5月9日   ワルシャワ クレー   アメリ・コシュテキス   カタリナ・クリステア
  イリーナ・セリュティナ
1–6, 2–6
準優勝 5. 1999年10月10日   サンパウロ クレー   フロレンシア・ラバト   ラウラ・モンタルボ
  パオラ・スアレス
7–6(1), 5–7, 5–7
準優勝 6. 2000年2月20日   サンパウロ クレー   フロレンシア・ラバト   ラウラ・モンタルボ
  パオラ・スアレス
7–5, 4–6, 3–6
優勝 5. 2000年5月14日   ワルシャワ クレー   タチアナ・ガルビン   イロダ・ツルヤガノワ
  アンナ・ザポロザノワ
6–3, 6–1
優勝 6. 2001年1月7日   ゴールドコースト ハード   ジュリア・カソーニ   Katie Schlukebir
  メガン・ショーネシー
7–6(9), 7–5
優勝 7. 2001年2月25日   ボゴタ クレー   タチアナ・ガルビン   ラウラ・モンタルボ
  パオラ・スアレス
6–4, 2–6, 6–4
優勝 8. 2001年4月22日   ブダペスト クレー   タチアナ・ガルビン   ゾフィア・グバチ
  ドラガナ・ザリッチ
6–1, 6–3
優勝 9. 2001年7月15日   パレルモ クレー   タチアナ・ガルビン   マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス
  アナベル・メディナ・ガリゲス
4–6, 6–2, 6–4
準優勝 7. 2002年2月4日   パリ カーペット (室内)   エレーナ・デメンチェワ   ナタリー・ドシー
  メイレン・ツー
不戦敗
優勝 10. 2002年2月17日   ドーハ ハード   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   アレクサンドラ・フセ
  カロリネ・ビス
6–3, 6–3
準優勝 8. 2002年3月16日   インディアンウェルズ ハード   エレーナ・デメンチェワ   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
5–7, 0–6
優勝 11. 2002年5月12日   ベルリン クレー   エレーナ・デメンチェワ   ダニエラ・ハンチュコバ
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
0–6, 7–6(3), 6–2
準優勝 9. 2002年7月28日   スタンフォード ハード   コンチタ・マルティネス   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
1–6, 1–6
優勝 12. 2002年8月4日   サンディアゴ ハード   エレーナ・デメンチェワ   ダニエラ・ハンチュコバ
  杉山愛
6–2, 6–4
準優勝 10. 2002年8月24日   ニューヘイブン ハード   タチアナ・ガルビン   ダニエラ・ハンチュコバ
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
3–6, 6–1, 5–7
準優勝 11. 2002年9月8日   全米オープン ハード   エレーナ・デメンチェワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
2–6, 1–6
準優勝 12. 2002年9月24日   ライプツィヒ カーペット (室内)   パオラ・スアレス   アレクサンドラ・スティーブンソン
  セリーナ・ウィリアムズ
3–6, 5–7
優勝 13. 2002年10月6日   モスクワ カーペット (室内)   エレーナ・デメンチェワ   エレナ・ドキッチ
  ナディア・ペトロワ
2–6, 6–3, 7–6(7)
優勝 14. 2002年10月27日   ルクセンブルク ハード (室内)   キム・クライシュテルス   クベタ・ペシュケ
  バーバラ・リットナー
4–6, 6–3, 7–5
優勝 15. 2002年11月11日   ロサンゼルス カーペット (室内)   エレーナ・デメンチェワ   カーラ・ブラック
  エレーナ・リホフツェワ
4–6, 6–4, 6–3
準優勝 13. 2003年4月13日   チャールストン クレー   コンチタ・マルティネス   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
0–6, 3–6
優勝 16. 2004年2月28日   ドバイ ハード   コンチタ・マルティネス   スベトラーナ・クズネツォワ
  エレーナ・リホフツェワ
6–0, 1–6, 6–3
準優勝 14. 2004年3月5日   ドーハ ハード   コンチタ・マルティネス   スベトラーナ・クズネツォワ
  エレーナ・リホフツェワ
6–7(4), 2–6
優勝 17. 2004年4月18日   エストリル クレー   エマヌエル・ガリアルディ   オルガ・ブラホトバ
  ガブリエラ・ナブラチロバ
6–3, 6–2
準優勝 15. 2004年5月3日   ベルリン クレー   コンチタ・マルティネス   ナディア・ペトロワ
  メガン・ショーネシー
2–6, 6–2, 1–6
優勝 18. 2004年10月31日   リンツ ハード (室内)   エレーナ・リホフツェワ   ナタリー・ドシー
  パティ・シュナイダー
6–2, 7–5
優勝 19. 2005年2月6日   東京 カーペット (室内)   エレーナ・リホフツェワ   リンゼイ・ダベンポート
  コリーナ・モラリュー
6–4, 6–3
優勝 20. 2006年7月22日   パレルモ クレー   ミハエラ・クライチェク   アリス・カネパ
  ジュリア・ガバ
6–0, 6–0
優勝 21. 2006年7月30日   ブダペスト クレー   ミハエラ・クライチェク   ルーシー・ハラデツカ
  レナタ・ボラコバ
4–6, 6–4, 6–4
優勝 22. 2007年1月6日   オークランド ハード   パオラ・スアレス   謝淑薇
  シーカ・ウベロイ
6–0, 6–2
優勝 23. 2007年9月30日   ルクセンブルク ハード (室内)   イベタ・ベネソバ   ビクトリア・アザレンカ
  シャハー・ピアー
6–4, 6–2
準優勝 16. 2008年5月18日   ローマ クレー   イベタ・ベネソバ   荘佳容
  詹詠然
6–7(5), 6–6
優勝 24. 2008年7月13日   ブダペスト クレー   アリーゼ・コルネ   ヴァネッサ・ヘンケ
  イオアナ・ラルカ・オラル
6–7(5), 6–1, [10–6]
優勝 25. 2012年5月5日   ブダペスト クレー   マグダレナ・リバリコバ   エバ・ビルネロバ
  ミハエラ・クライチェク
6–4, 6–2
準優勝 17. 2013年3月3日   クアラルンプール ハード   張帥   青山修子
  張凱貞
7–6(4), 6–7(4), [12–14]
準優勝 18. 2013年8月4日   カールスバッド ハード   詹皓晴   ラケル・コップス=ジョーンズ
  アビゲイル・スピアーズ
4–6, 1–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 通算成績
全豪オープン A 1R A 1R 1R 2R A LQ 2R 4R 2R LQ LQ 6–7
全仏オープン A A LQ 1R A 1R LQ LQ 3R 3R 1R LQ A 4–5
ウィンブルドン A 1R A 1R A A A LQ 1R 1R 1R A A 0–5
全米オープン LQ 1R A 1R A LQ A LQ 2R 2R 1R LQ A 2–5

外部リンク編集