メインメニューを開く
画像提供依頼白河駅新白河駅周辺の路線図(福島交通白河営業所管轄も含む)の画像提供をお願いします。2015年10月
現在の白河支店(2015年撮影)
白河支店とJR東日本総合研修センター(2015年撮影)
東北道統括支店(当時・2005年撮影)
白河車庫当時の同支店(2004年撮影)
棚倉営業所(2004年撮影)
小野新町車庫

ジェイアールバス関東白河支店(ジェイアールバスかんとうしらかわしてん)は、福島県白河市にあるJRバス関東の営業所である。

所在地編集

白河支店編集

  • 福島県白河市白坂石阿弥陀7-3
    • 2014年3月1日に福島県白河市会津町51-11から現在の場所に移転。同時に棚倉営業所も統合。旧白河支店跡地は白河文化交流館コミネス建設のため、白河市が取得した。
    • 最寄りバス停
      石阿弥陀(福島交通

棚倉営業所(廃止)編集

小野新町車庫(廃止)編集

  • 福島県田村郡小野町小野新町中通30
    • 閉所後売却。現在のミニストップ小野新町店周辺に所在していた。
    • 最寄りバス停
      中通り(福島交通,磐城北線運行当時の停留所名称は「新町中通」)

所属車両のナンバー編集

白河支店編集

  • 福島ナンバー

※棚倉営業所、小野新町営業所はいわきナンバーであった。

概要編集

1944年の金属供出により、白棚線(鉄道)が運行休止となったため、代行バスを運転したのが始まりである。戦後には「鉄道線の短絡」を使命として、磐城北線が運行されている。また、代行バスは鉄道の線路敷をバス専用道に転換したことで有名。当時は「白棚高速線」と呼ばれていたが、東名高速線開業と同時に、現在の線名に改称している。

地方バス路線はどこも厳しい状況で、事実磐城北線は2007年3月限りで廃止されたが、白棚線については通学等の需要が多く、新幹線連絡の使命もあるため、大型長尺車での運行が現在も行われている。運行本数も多く、地方バス路線としては良好な状態で、「鉄道線の代行」という使命は引き継がれている。

高速バス「ラ・フォーレ号」および「らくちん号」では地理的な条件を生かして、運行開始当初より1人乗務と2人乗務を組み合わせた運行を行っていた。当支店を高速バス乗務員基地とするため、2005年に組織変更が行われた。それに伴い、所有車両についても、いわきナンバーから福島ナンバーへ登録替えが行われている(棚倉町は福島運輸支局いわき自動車検査登録事務所、白河市は福島運輸支局本庁舎管轄のため)。

2014年2月末で棚倉営業所が白河支店に統合されたため、同所の所属であった車両はいわきナンバーから福島ナンバーへ登録替えが行われている。

沿革編集

  • 1944年12月11日 - 白棚線鉄道撤去代行バス運行開始に伴い、棚倉自動車区開設。
  • 1945年10月10日 - 棚倉自動車区白河派出所が支区に昇格。
  • 1948年3月13日 - 小野新町自動車区開設。
  • 1950年4月1日 - 自動車区を自動車営業所に改称。
  • 1952年7月1日 - 磐城北線開業。
  • 1954年1月1日 - 小野新町自動車営業所が棚倉自動車営業所支所となる。
  • 1957年4月26日 - 白棚線線路敷を転用した専用道路の完成に伴い、白棚高速線として運行開始。
  • 1958年2月1日 - 棚倉自動車営業所白河支所が派出所となる。
  • 1969年6月10日 - 白棚高速線を白棚線に改称。
  • 1987年4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道関東自動車事業部棚倉自動車営業所に改称。
  • 1988年4月1日 - バス部門分割子会社化により、ジェイアールバス関東棚倉営業所に改称。
  • 1994年11月23日 - 「だるまバス」運行開始。
  • 1998年7月18日 - 高速バス「あぶくま号」運行開始。
  • 2003年12月1日 - 西郷シャトル(新白河駅 - 西郷BS)運行開始。
  • 2005年7月1日 - 白河車庫を格上げして東北道統括支店開設。棚倉支店を棚倉営業所、小野新町営業所を小野新町車庫に格下げ。
  • 2007年4月1日 - 磐城北線廃止、小野新町車庫閉所。
  • 2007年10月1日 - 白河市循環バス運行開始(白河市より受託)。
  • 2010年 - 東北道統括支店を白河支店に改名。
  • 2014年3月1日 - 白河支店を福島県白河市白坂石阿弥陀7-3に移転。同時に棚倉営業所を白河支店に統合。
  • 2014年5月17日 - 白棚線にて国鉄バス復刻デザイン路線バスを運行開始。8月31日まで運行。
  • 2017年3月31日 - この日をもってJR磐城棚倉駅・JR新白河駅・JR白河駅のみどりの窓口でのJRバス定期券の販売を終了。
  • 2017年4月3日 - 白棚線にて開業60周年を記念して、鉄道時代に運行していた国鉄C1225型の蒸気機関車をイメージした「SLラッピングバス」を運行開始。
  • 2018年12月18日 - 白棚線にて、内閣府が推進する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動走行システム」において、バスの正着制御技術に関する実証実験を20日までの3日間実施。


現在の所管路線編集

 
白棚線 M527-94302

高速バス編集

路線バス編集

乗降方式

  • 後乗り・前降り

※交通系ICカードは非対応

契約輸送編集

過去の路線編集

 
磐城北線 M321-89303

車両編集

白棚線には主に大型車が運用されているが、利用者が多いことや、バス専用道で道路環境の制約があまりないことから、国鉄時代から長尺車(全長11m級)が多い。JR化後に導入された車両は前後扉車が主体であったが、近年の導入車はワンステップバスが主体である(ワンステップバスの転属車もあり)。日野車がメインであるが、日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)車も少数在籍する。

1994年には運行開始50周年を記念して、正面にだるまの顔を描いた「だるまバス」が2台運行された(2004年以降は通常の塗装に戻っている)。

2007年には西那須野支店から塩原温泉巡回バスとして活躍していた三菱・ローザボンネットバスが転入、同年10月1日より「白河市循環バス」として運行されている。なお、2008年3月5日から2週間程度、JR東日本ジェイアール東日本コンサルタンツとの共同で、JR東日本グループのホテルから排出された廃食料油を原料としたバイオディーゼル燃料の実証実験を同車にて行っていた。

2014年には福島県観光キャンペーンにあわせ、国鉄バス時代(1960年 - 1971年)の車両デザインを復刻した「復刻デザイン路線バス」を同年5月17日から6月30日まで(のち同年8月31日まで延長)の期間限定で運行した[1]。現在当該車両は他支店に転属している。

高速車は三菱と日野が多かったが、大半が東京支店に移籍し、現在は多客期の続行便に使用する車両のみ数台配置されているだけ。1999年に導入された日野・セレガ (H657-99414) は、通常のハイデッカー車 (KC-RU3FSCB) でありながら、フロントガラスは2分割・銀サッシ・リアスポイラーなし・荷物棚はパイプ・室内の蛍光灯は円形と、自家用バスに近い車体をもつ珍しい形態の車両であった(2007年、長野原支店に転属後に廃車)。

貸切車も三菱と日野のハイデッカー車両が配置され、中央トイレ付き車両も保有し、多客期に高速バス続行便にも使用している。

事業用車として、2トントラックの除雪車を所有する。降雪時にはスノープラウを装着して、専用道での除雪作業を行う。社番は付与されていない。

JR東日本総合研修センターの契約輸送専用で、元・京成バスボルボ製連接バス (B10M) が4両配置されていたが、1両は部品確保用に廃車となった。

特記事項編集

  • 福島県は東北地方に分類されることから、通常ならJRバス東北のエリアとも思えるが、実際には福島など東北エリアより西那須野・烏山など北関東エリアとの結びつきのほうが強く、国鉄時代より関東地方自動車局→JR東日本関東自動車事業部の管轄となっており、1988年の分社化にあたってもJRバス関東に引き継がれることになった。
  • 福島県内には、JRバス関東いわき支店JRバス東北福島支店もあり、全国唯一の「2社のJRバスが拠点を設置している県」となっている(福島県バス協会にも2社とも加盟)。[2]

参考文献編集

  • バスラマ・インターナショナル48号「ユーザー訪問:ジェイアールバス関東」
  • バスジャパン・ハンドブック「18 ジェイアールバス関東」
  • バスジャパン・ニューハンドブック「37 ジェイアールバス関東」
  • 白棚高速線開業50周年記念冊子(JRバス関東東北道統括支店発行)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 復刻デザイン路線バスの運転について(2014年5月 ジェイアールバス関東) (PDF)
  2. ^ ただし、車両配置がない営業所を含めれば、静岡県も該当する。(JR東海バス静岡支店とJRバス関東三ケ日営業所)

関連項目編集

外部リンク編集