メインメニューを開く

ドリーム盛岡 (らくちん) 号

ドリーム盛岡 (らくちん) 号(ドリームもりおか (らくちん) ごう)とは、東京都渋谷区千代田区豊島区北区岩手県盛岡市を結ぶ夜行高速バスである。

全ての座席が指定のため、乗車には事前の予約が必要(JR各駅のみどりの窓口ローソンLoppiファミリーマートFamiポートからでも購入可能)。

運行開始当時は愛称がなかった(「東北道高速バス」と案内)が、パンフレットにらくちんと大書きされており、特にJRバス東北では「らくちん号」と案内していたこと、鉄道駅での乗車券発売にともなうマルス収納のため、やがて「らくちん号」が正式な愛称となった。その後2008年7月1日の出発便より「らくちん」が副名称化され、現在に至る。

目次

運行会社編集

現在の運行会社編集

※:多客期における増発便車両(貸切車タイプ)運用については国際興業観光バスが担当。

過去の運行会社編集

運行経路編集

渋谷マークシティ(1往復のみ) - 東京駅(乗車は八重洲南口、降車は日本橋口) - 池袋駅(東口) - 王子駅前 ※ ⇔ 盛岡駅(東口1番のりば)

※同一都県内のみの利用はできない。
※池袋駅(東口)は、盛岡行は「池袋三越裏」(東口9番乗り場)からの乗車となり、東京行は「池袋駅東口降車場(ビックカメラパソコン館前)」での降車となる。
※「ドリーム盛岡3号」は王子駅前を経由しない。
※以前運行されていた「ドリーム盛岡(らくちん)81号」盛岡行(季節運行便)は「池袋三越裏」バス停を経由しなかった(2009年2月1日出発便より。2007年12月21日~2009年1月31日までは3号<毎日運行便>が池袋を経由しなかった)。
※2016年7月31日発の上り便をもって盛岡バスセンターへの乗り入れが終了[1]

運行回数編集

  • 夜行便1日2往復。

歴史編集

運行開始前編集

ノクターン号の成功を受け、岩手県交通と国際興業で本路線の構想が進められ、県交通は同じ地元事業者の岩手県北バスにも参入を打診し、県北バスはノクターン号で実績のある京浜急行電鉄(当時)をパートナーに参入をもくろんだが、そこへJRバス東北・関東(当時は分割前のJR東日本バス)が参入を希望し、採算が見込めなくなったことから県北、京急が撤退。4社体制での運行となった(後に、県北・京急は、品川 - 宮古間でビーム・1を新設した他、県北はフジエクスプレスをパートナーに、芝浦 - 久慈間で岩手きずな号を新設)。

東京側で池袋三越裏を経由し、盛岡側の発着地が盛岡バスセンターとなっていた(2016年7月31日盛岡発まで)のは、岩手県交通・国際興業が参入しているためである(盛岡バスセンターは岩手県交通の拠点であり、池袋は国際興業路線バス営業エリアである)。

運行開始後編集

  • 1988年昭和63年)7月21日 - 夜行1往復、昼行1往復で運行開始。
  • 1990年平成2年)12月20日 - 昼行便廃止。夜行のみとなる。
  • 199x年 - 学割運賃を設定。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月3日 - 1日2往復に増便。
    • 10月1日 - 東京行の池袋での降車場所の停留所名称が「池袋駅東口」に改称(ただし名称変更のみで降車位置についてはこれまで通り)。
  • 2007年(平成19年)12月21日 - この日の盛岡発車便より、東京駅の到着地が「日本橋口」に変更(ただし乗車についてはこれまで通り「八重洲南口」からの発車)。また、繁忙期の季節便(81・82号)が増便される。
  • 2008年(平成20年)7月1日 - 「らくちん号」の名称が副名称化され「ドリーム盛岡 (らくちん)号」に改称し、運賃が東京・池袋ともに一本化。これにより東京側の乗降場所が異なる場合にも往復運賃が適用される。乗降場所が東京駅の場合は運賃値下げになるが、池袋の場合は運賃値上げになった。
  • 2009年(平成21年)2月1日 - この日の出発便より、下り3号(毎日運行便)と81号(季節運行便)の運行時刻を入れ替え。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月17日 - 同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により運休していたが、この日より国際興業が1往復で運行を再開(盛岡発は翌18日から)[2]
    • 3月22日 - 臨時便として昼行便の運行を開始。東京側では東京駅のみ停車で、トイレなし4列シートの貸切車両を使用。岩手県交通と国際興業観光バスの2社共同運行。同年4月29日の東北新幹線の全線運行再開に伴い、4月28日をもって運行終了[3][4]
  • 2012年(平成24年)10月9日 - この日の出発便より王子駅前に停車(下り3号を除く)。季節運行便(81・82号)の運行を終了[5]
  • 2014年(平成26年)
    • 2月28日 - この日の出発便をもってジェイアールバス関東が撤退。
    • 6月1日 - 運賃を4段階の季節運賃(S期間・A期間・B期間・C期間)に変更。あわせて往復割引・学生割引・早割7を廃止[6][7]
  • 2016年(平成28年)8月1日 - 盛岡側の到着地を盛岡バスセンターから盛岡駅東口へ変更[1]
  • 2017年(平成29年)
    • 3月31日 - この日より途中開放休憩開始。下り:長者原SA、上り:羽生PAにて行う[8]
    • 10月1日 - この日発便より、1往復(下り1号、上り4号)が渋谷マークシティ発着へ延長運転開始[9][10]

使用車両編集

現在は原則下記の車両を使用している。

過去の使用車両
ただし4社とも、多客期における貸切車両運用時の車種については上記のものとは限らない。

なお、1988年の運行開始当初は、4社とも専用車としていすゞ・スーパークルーザーを導入した。これは、スーパークルーザーが初めて夜行高速バスに使用された例でもある。

使用車両画像一覧編集

過去の車両

利用状況編集

年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002(平成14)年度 365 2,002 43,613 119.5 21.8
2003(平成15)年度 366 1,998 45,510 124.3 22.8
2004(平成16)年度 365 1,961 46,697 127.9 23.8
2005(平成17)年度 365 2,047 47,349 129.7 23.1
2006(平成18)年度 365 2,352 52,906 144.9 22.5
2007(平成19)年度 366 2,433 55,411 151.4 22.8

その他編集

  • 岩手県交通便、国際興業便は2人乗務。
  • JRバス東北便、JRバス関東便はワンマン運行。JRバス東北便は福島西ICで乗務員交代のため停車する(下車できない)。
  • JRバス関東便は白河西郷BSで乗務員交代し羽生PA紫波SAで休憩をとっていた。
  • トイレつきである。以前は備付のヘッドホンで音楽を聴くこともできた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 盛岡東京線(ドリーム盛岡号) 始発・終着バス停変更のお知らせ岩手県交通
  2. ^ 東京 - 盛岡間 夜行高速バスの運行再開について (PDF, 国際興業ニュースリリース:2011年3月16日(岩手県交通を通じて発表))
  3. ^ 盛岡東京線(昼行便)運行開始のお知らせ (PDF, 岩手県交通:2011年3月21日)
  4. ^ 国際興業バス「こくさいばすどっとこむ」:ドリーム盛岡(らくちん)号 路線案内ページ(2011年3月22日閲覧)
  5. ^ 2012.10.-9(高速)〔ドリーム盛岡(らくちん)号〕「王子駅(JR高速バス)」に新規停車!(こくさいばすどっとこむ ダイヤ改正情報・運行変更等のおしらせ 2012年9月6日)
  6. ^ 【運賃改定】 6/1 ドリーム盛岡号 運賃が新しくなり平日がおトクに!(ジェイアールバス東北 2014年5月8日閲覧)
  7. ^ 【お知らせ】6/1 〔ドリーム盛岡号〕運賃体系変更について(2014年4月28日 国際興業バス 2014年6月7日閲覧)
  8. ^ 盛岡東京線(ドリーム盛岡号) 開放休憩実施について - 岩手県交通公式ページ、2017年3月31日閲覧
  9. ^ 盛岡東京線(ドリーム盛岡号) 『渋谷マークシティ』乗入開始のお知らせ”. 岩手県交通. 2017年10月1日閲覧。
  10. ^ 夜行高速『ドリーム盛岡号 渋谷駅(渋谷マークシティ)乗り入れについて』”. 国際興業バス (2017年9月21日). 2017年10月3日閲覧。

外部リンク編集