メインメニューを開く

フランス映画批評家協会賞Syndicat français de la critique de cinéma et des films de télévision)は、フランス映画賞である。フランス映画批評家協会1946年から授与している。同協会はカンヌ国際映画祭の国際批評家週間を開催している。

ジョルジュ・メリエス賞編集

ジョルジュ・メリエスは、その年の最高のフランス映画に贈られる賞で、1946年度から授与されている。

開催年 題名 監督
1946年 鉄路の闘い ルネ・クレマン
1947年 沈黙は金 ルネ・クレール
1948年 パリ1900年 ニコル・ヴェドレス
1949年 情婦マノン アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
1950年 七月のランデヴー ジャック・ベッケル
1951年 田舎司祭の日記 ロベール・ブレッソン
1952年 夜ごとの美女 ルネ・クレール
1953年 恐怖の報酬 アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
1954年 赤と黒 クロード・オータン=ララ
1955年 男の争い ジュールズ・ダッシン
1956年 沈黙の世界 ジャック=イヴ・クストールイ・マル
夜の騎士道 ルネ・クレール
1957年 パリ横断 クロード・オータン=ララ
抵抗 (レジスタンス) - 死刑囚の手記より ロベール・ブレッソン
1958年 ぼくの伯父さん ジャック・タチ
1959年 二十四時間の情事 アラン・レネ
大人は判ってくれない フランソワ・トリュフォー
1960年 勝手にしやがれ ジャン=リュック・ゴダール
ジャック・ベッケル
1961年 去年マリエンバートで アラン・レネ
1962年 5時から7時までのクレオ アニエス・ヴァルダ
1963年 審判 オーソン・ウェルズ
1964年 シェルブールの雨傘 ジャック・ドゥミ
1965年 老婆らしからぬ老婆 ルネ・アリオ
1966年 戦争は終った アラン・レネ
バルタザールどこへ行く ロベール・ブレッソン
1967年 昼顔 ルイス・ブニュエル
少女ムシェット ロベール・ブレッソン
1968年 夜霧の恋人たち フランソワ・トリュフォー
1969年 モード家の一夜 エリック・ロメール
1970年 野性の少年 フランソワ・トリュフォー
1971年 クレールの膝 エリック・ロメール
1972年 ブルジョワジーの秘かな愉しみ ルイス・ブニュエル
1973年 アメリカの夜 フランソワ・トリュフォー
1974年 ルシアンの青春 ルイ・マル
1975年 祭よ始まれ ベルトラン・タヴェルニエ
1976年 アデルの恋の物語 フランソワ・トリュフォー
1977年 プロビデンス アラン・レネ
1978年 Le Dossier 51 ミシェル・ドヴィル
1979年 聖杯伝説 エリック・ロメール
1980年 アメリカの伯父さん アラン・レネ
1981年 Coup de torchon ベルトラン・タヴェルニエ
検察官 クロード・ミレール
1982年 都会の一部屋 ジャック・ドゥミ
1983年 海辺のポーリーヌ エリック・ロメール
1984年 満月の夜 エリック・ロメール
1985年 ゲームの殺人 ミシェル・ドヴィル
冬の旅 アニエス・ヴァルダ
1986年 テレーズ アラン・カヴァリエ
1987年 さよなら子供たち ルイ・マル
1988年 小さな泥棒 クロード・ミレール
1989年 仕立て屋の恋 パトリス・ルコント
1990年 La Discrète クリスチャン・ヴァンサン
1991年 美しき諍い女 ジャック・リヴェット
1992年 愛を弾く女 クロード・ソーテ
1993年 巴里の恋愛協奏曲 アラン・レネ
1994年 トリコロール/赤の愛 クシシュトフ・キェシロフスキ
1995年 とまどい クロード・ソーテ
1996年 Capitaine Conan ベルトラン・タヴェルニエ
1997年 On connaît la chanson アラン・レネ
1998年 天使が見た夢 エリック・ゾンカ
1999年 La Maladie de Sachs ミシェル・ドヴィル
2000年 落穂拾い アニエス・ヴァルダ
2001年 アメリ ジャン=ピエール・ジュネ
2002年 ぼくの好きな先生 ニコラ・フィリベール
2003年 Un couple épatant リュカ・ベルヴォー
Cavale
Après la vie
2004年 キングス&クイーン アルノー・デプレシャン
2005年 真夜中のピアニスト ジャック・オーディアール
2006年 六つの心 アラン・レネ
2007年 クスクス粒の秘密 アブデラティフ・ケシシュ
2008年 アニエスの浜辺 アニエス・ヴァルダ
2009年 預言者 ジャック・オーディアール
2010年 神々と男たち グザヴィエ・ボーヴォワ
2011年 大臣と影の男 ピエール・ショレール
2012年 愛、アムール ミヒャエル・ハネケ
2013年 アデル、ブルーは熱い色 アブデラティフ・ケシシュ
2014年 Timbuktu アブデラマン・シサコ
2015年 Fatima フィリップ・フォコン
2016年 エル ELLE ポール・バーホーベン
2017年 BPM ビート・パー・ミニット ロバン・カンピヨ

外国語映画賞編集

開催年 題名 監督 製作国
1967年 欲望 ミケランジェロ・アントニオーニ   イタリア
1968年 Csillagosok、katonák ヤンチョー・ミクローシュ   ハンガリー
1969年 ローズマリーの赤ちゃん ロマン・ポランスキー   アメリカ合衆国
1970年 アンドレイ・ルブリョフ アンドレイ・タルコフスキー   ソビエト連邦
1971年 ベニスに死す ルキノ・ヴィスコンティ   イタリア
1972年 フェリーニのローマ フェデリコ・フェリーニ   イタリア
1973年 家庭生活 ケン・ローチ   イギリス
1974年 フェリーニのアマルコルド フェデリコ・フェリーニ   イタリア
1975年 アギーレ/神の怒り ヴェルナー・ヘルツォーク   西ドイツ
1976年 カラスの飼育 カルロス・サウラ   スペイン
1977年 デルス・ウザーラ 黒澤明   ソビエト連邦
1978年 木靴の樹 エルマンノ・オルミ   イタリア
1979年 オーケストラ・リハーサル フェデリコ・フェリーニ   イタリア
1980年 エボリ フランチェスコ・ロージ   イタリア
1981年 エレファント・マン デヴィッド・リンチ   アメリカ合衆国
1982年 サン★ロレッツォの夜 タヴィアーニ兄弟   イタリア
ユルマズ・ギュネイ   トルコ
1983年 ファニーとアレクサンデル イングマール・ベルイマン   スウェーデン
1984年 パリ、テキサス ヴィム・ヴェンダース   西ドイツ
1985年 カイロの紫のバラ ウディ・アレン   アメリカ合衆国
1986年 ハンナとその姉妹 ウディ・アレン   アメリカ合衆国
1987年 ベルリン・天使の詩 ヴィム・ヴェンダース   西ドイツ
1988年 バグダッド・カフェ パーシー・アドロン   西ドイツ
ザ・デッド/「ダブリン市民」より ジョン・ヒューストン   アメリカ合衆国
1989年 愛に関する短いフィルム クシシュトフ・キェシロフスキ   ポーランド
1990年 デカローグ クシシュトフ・キェシロフスキ   ポーランド
1991年 ふたりのベロニカ クシシュトフ・キェシロフスキ   ポーランド
1992年 ありふれた事件 レミー・ベルヴォーアンドレ・ボンゼルブノワ・ポールヴールド   ベルギー
秋菊の物語 チャン・イーモウ   中国
1993年 レイニング・ストーンズ ケン・ローチ   イギリス
1994年 エキゾチカ アトム・エゴヤン   カナダ
1995年 大地と自由 ケン・ローチ   イギリス
ユリシーズの瞳 テオ・アンゲロプロス   ギリシャ
1996年 秘密と嘘 マイク・リー   イギリス
1997年 HANA-BI 北野武   日本
1998年 ライフ・イズ・ビューティフル ロベルト・ベニーニ   イタリア
1999年 アイズ・ワイド・シャット スタンリー・キューブリック   アメリカ合衆国
2000年 ヤンヤン 夏の想い出 エドワード・ヤン   台湾
2001年 ノー・マンズ・ランド ダニス・タノヴィッチ   ボスニア・ヘルツェゴビナ
2002年 トーク・トゥ・ハー ペドロ・アルモドバル   スペイン
2003年 エレファント ガス・ヴァン・サント   アメリカ合衆国
2004年 ロスト・イン・トランスレーション ソフィア・コッポラ   アメリカ合衆国
2005年 ヒストリー・オブ・バイオレンス デヴィッド・クローネンバーグ   アメリカ合衆国
2006年 ボルベール〈帰郷〉 ペドロ・アルモドバル   スペイン
2007年 善き人のためのソナタ フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク   ドイツ
2008年 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド ポール・トーマス・アンダーソン   アメリカ合衆国
2009年 白いリボン ミヒャエル・ハネケ   オーストリア
2010年 家族の庭 マイク・リー   イギリス
2011年 メランコリア ラース・フォン・トリアー   デンマーク
2012年 熱波 ミゲル・ゴメス   ポルトガル
2013年 罪の手ざわり ジャ・ジャンクー   中国
2014年 雪の轍 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン   トルコ
2015年 サウルの息子 ネメシュ・ラースロー   ハンガリー
2016年 アクエリアス クレーベル・メンドンサ・フィリョ   ブラジル
2017年 ラブレス アンドレイ・ズビャギンツェフ   ロシア