デヴィッド・フィンチャー

アメリカの映画監督

デヴィッド・アンドリュー・レオ・フィンチャーDavid Andrew Leo Fincher1962年8月28日 - )は、アメリカ合衆国映画監督コロラド州デンバー市出身。SFXアニメーターCMディレクターミュージック・ビデオの監督を経て、1992年に映画監督としてデビュー。

デヴィッド・フィンチャー
David Fincher
David Fincher
本名 David Andrew Leo Fincher[1][2]
生年月日 (1962-08-28) 1962年8月28日(60歳)
出生地 コロラド州デンバー市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督
活動期間 1984年 - 活動中
配偶者 ドーニャ・フィレオレンティーノ(1990年 - 1995年)
セアン・チャフィン(1996年 - )
著名な家族 父(ジャック・フィンチャー
娘(Phelix Imogen 1994年生)
主な作品
映画
エイリアン3
セブン
ゲーム
ファイト・クラブ
パニック・ルーム
ゾディアック
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ソーシャル・ネットワーク
ドラゴン・タトゥーの女
ゴーン・ガール
Mank/マンク
テレビドラマ
ハウス・オブ・カード 野望の階段
『マインドハンター』
 
受賞
全米映画批評家協会賞
監督賞
2010年ソーシャル・ネットワーク
ニューヨーク映画批評家協会賞
監督賞
2010年ソーシャル・ネットワーク
ロサンゼルス映画批評家協会賞
監督賞
2010年ソーシャル・ネットワーク
放送映画批評家協会賞
監督賞
2010年ソーシャル・ネットワーク
英国アカデミー賞
監督賞
2010年ソーシャル・ネットワーク
エミー賞
監督賞(ドラマシリーズ部門)
2013年ハウス・オブ・カード 野望の階段
短編アニメ番組賞
2019年ラブ、デス&ロボット
2021年『ラブ、デス&ロボット』
グラミー賞
短編ミュージックビデオ賞
1994年『Loving Is Strong』
2013年『Suit & Tie』
ゴールデングローブ賞
監督賞
2010年ソーシャル・ネットワーク
セザール賞
外国映画賞
2010年ソーシャル・ネットワーク
ブルーリボン賞
外国語作品賞
1996年セブン
その他の賞
テンプレートを表示

『デビッド・フィンチャー』[3]、『デーヴィッド・フィンチャー』と表記されることもある[4]

略歴編集

1962年『ライフ』誌の記者であったジャック・フィンチャーの子どもとして生まれ、カリフォルニア州マリン郡で育つ。左目の視力が弱く、オッドアイでもあり、両目の色が異なっている[5]

10代の時にオレゴン州に移り、現地の高校を卒業。18歳の頃から8mmカメラを用いて映画を撮り始める。

1980年からILMアニメーターとして働き、1984年まで所属した。

1986年、映像制作会社「Propaganda Films」を設立。マドンナジョージ・マイケルエアロスミスローリング・ストーンズなどのミュージック・ビデオや、数多くのCMを手掛けた。

1992年、『エイリアン3』で映画監督デビュー。だが、この作品は撮影中から様々なトラブルに見舞われ、完成した作品もスタジオ側に再編集されていることから、本人は自作として認めていない[6]。また、長編デビュー作が批評家から酷評され興行的にも失敗したことで意気消沈し、「新たに映画を撮るくらいなら、大腸癌で死んだ方がマシだ」と述べて、1年半の間に送られてきた脚本を全く読まなかった。

1995年ブラッド・ピットモーガン・フリーマンを主演に起用し、自身としては監督復帰作となったサスペンス映画セブン』が公開される。衝撃的なストーリーと際立った演出が高く評価された上に興行的にも成功したことにより、一躍注目されるようになる。その後、『ファイト・クラブ』(1999年)で再びピットとタッグを組んだものの、公開当時は批評家から暴力性を酷評され、国内興行でも失敗。しかし、21世紀に入ってから再評価されるようになり、カルト的人気を誇るようになった。

2008年にはピットと3度目のタッグとなった『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で、自身としては初のアカデミー監督賞にノミネートされる。

2010年にはマーク・ザッカーバーグの半生を描いた『ソーシャル・ネットワーク』が批評的、興行的ともに大成功を収め、その評価の高さから「21世紀の市民ケーン」とまで評されたが、2度目のノミネートとなっていたアカデミー監督賞の受賞までには至らなかった。

その後も『ドラゴン・タトゥーの女』、『ゴーン・ガール』といったサスペンスサイコホラーが入り混じった映画を次々と発表し、批評家、観客双方から高い評価を獲得していく。

2020年、Netflixと4年間にわたる独占契約を締結[7]。その第一弾として父の遺稿である『Mank/マンク』を監督し、3度目のアカデミー監督賞ノミネートを受けた。

作風編集

完全主義者として知られており、ひとつのシーンの撮影のために、俳優に100回以上のリテイクを出すことも珍しくない[8]

セブン』、『ファイト・クラブ』、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の3作品で、ブラッド・ピットを主演に起用した。

作品編集

映画編集

シリーズ編集

製作総指揮(Season1〜Season6)
監督(Season1:第1話・2話)
製作総指揮(Season1〜2)
監督(Season1:第1話、2話、9話、10話 Season2:第1話、2話、3話)
製作総指揮(Season1〜3)
監督(Season3:第2話)

ミュージック・ビデオ編集

その他・参加作品編集

受賞・ノミネート編集

部門 作品名 結果
アカデミー賞 2008年 監督賞 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 ノミネート
2010年 ソーシャル・ネットワーク ノミネート
2020年 Mank/マンク ノミネート
英国アカデミー賞 2008年 監督賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 ノミネート
2010年 『ソーシャル・ネットワーク』 受賞
ゴールデングローブ賞 2008年 監督賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 ノミネート
2010年 『ソーシャル・ネットワーク』 受賞
2014年 『ゴーン・ガール』 ノミネート
2020年 『Mank/マンク』 ノミネート
放送映画批評家協会賞 2008年 監督賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 ノミネート
2010年 『ソーシャル・ネットワーク』 受賞
2014年 『ゴーン・ガール』 ノミネート
2020年 『Mank/マンク』 ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2008年 監督賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 受賞
2010年 『ソーシャル・ネットワーク』 受賞
サターン賞 1992年 監督賞 エイリアン3 ノミネート
1995年 セブン ノミネート
2008年 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 ノミネート
全米映画批評家協会賞 2010年 監督賞 『ソーシャル・ネットワーク』 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 2010年 監督賞 『ソーシャル・ネットワーク』 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 2010年 監督賞 『ソーシャル・ネットワーク』 受賞
バンクーバー映画批評家協会賞 2008年 監督賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 受賞

出典編集

関連文献編集

インタビュー

外部リンク編集