メインメニューを開く
ハッチポッチステーション > ハッチポッチMTV

ハッチポッチMTV」は、NHK教育テレビで放送されたテレビ番組『ハッチポッチステーション』にて放送された音楽コーナーの名称である。

この項ではそれ以降の音楽コーナーについても記述する。

目次

概要編集

毎回1曲音楽クリップを流すという構成である。流される歌は以下のいずれかである。また、この音楽は『D-TV』とは異なる。

大半が日本の童謡唱歌(海外からの翻訳も含む)と、内外の大物アーティストの楽曲を組み合わせたもので、外国曲の歌詞は童謡の内容を踏まえた替え歌にされている。グッチ裕三やリトルグッチーズ(稀にジャーニー)が元歌のアーティストに扮して歌う。アーティストの名前は駄洒落めいたものに捩られている。
グッチ裕三、または番組に登場する人形キャラクター「ジャーニー」「ダイヤ」「エチケットじいさん」らが歌う。ナンバーはオールディーズが多いが、それ以外にグループ・サウンズラテンミュージック歌謡曲なども流れる。まれに元歌のアーティストに扮して歌うことがある。
  • オリジナル曲
番組のオリジナル曲。グッチ裕三とリトルグッチーズが歌う。グッチ裕三が作詞、自身のバックバンドであるグッチーズのメンバーが作曲している。子供番組らしい曲もあれば、メロディがオールディーズのパロディになっている曲もある。

PVについては、普通に歌っているところを流すものが多いが、中には「GUEEN」や「マイケル・ハクション」など実際のPVに似せた構成のものもある。

音楽コーナーの変遷編集

ハッチポッチの音楽コーナーは以下のように移り変わっていった。

ハッチポッチMTV編集

1996年度から1997年度まで放送されていた。MCは以下の通り。

  • ミスター・ジャーニーマン
世界の有名アーティストを紹介するMC。番組に登場する人形キャラクター「ジャーニー」が扮する。
  • ミス・ダイヤモンド
番組に登場する人形キャラクターの一人で、コーナーのアシスタントを務める。

WHAT'S ENTERTAINMENT?編集

1998年度から2002年度まで放送されていた。音楽クリップを流すという点は『MTV』と同じだが、『MTV』に見られたMC役が存在せず、PVを流すのみだった。

DJヤカサカ編集

2003年度(番組が公開録画形式になった年)に放送されていた。再びMCが登場するようになる。MCは以下の通り。

  • DJヤカサカ
世界の有名アーティストを紹介するDJ赤坂泰彦のパロディ。グッチ裕三をモデルにした人形が扮する(声はグッチ)。
  • H.W.エチケット(ヘビー・ウォッチャー・―)
もう一人のMC。人形キャラクター「エチケットじいさん」が扮する。
ヤカサカの使う横文字のフレーズを頻繁に聞き間違え、ヤカサカをあきれさせる。

なお、「ジャーニー」「ミス・ダイヤモンド」「エチケットじいさん」ら人形キャラクターについては、ハッチポッチステーション#登場人物を参照のこと。

このほか、春・夏・冬の特別編成時にPVを集めて鑑賞するスタイルの「江戸川サリバンショー」(エド・サリヴァン・ショーのパロディ)も放映された。

バックバンド編集

  • リトルグッチーズ - グッチーズの4人(途中でハチロー・ユキが抜けて、オッチャンサンが新加入)をモデルにした人形。PVのバックで曲の演奏やコーラスをする(実際に曲の演奏やコーラスは生身のグッチーズが行っている)。初期の頃は生身のグッチーズが出演していた。

コーナー内で流された曲編集

ここではパロディ曲について記す。上記の通り、大半が日本の童謡と内外の大物アーティストの楽曲を組み合わせたものである。NHKの番組「スタジオパークからこんにちは」にグッチがゲスト出演した際に「犬のおまわりさん」のビデオを流した後「元の大ヒット曲より先に僕のパロディを聴いて育った世代が現れる、と考えたら可笑しくて」と述べている。

以下は「あつまれ!みんなの広場 ハッチポッチステーション」で初登場したアーティストである。

脚注編集

  1. ^ 画面上での表記(正確には「THE ビールトス」)。ドラムには「The ビールとす」とある。