パラシュートが落ちた夏

パラシュートが落ちた夏』(パラシュートがおちたなつ)は、日本のミュージシャンである吉川晃司の1枚目のアルバムである。

パラシュートが落ちた夏
吉川晃司スタジオ・アルバム
リリース
録音 1983年8月 - 12月
SOUND CITY STUDIO
Studio TAKE ONE
HITOKUCHIZAKA STUDIO
SOUND INN STUDIO
ジャンル ロック
アイドル歌謡曲
時間
レーベル SMSレコード
プロデュース 木崎賢治
チャート最高順位
吉川晃司 アルバム 年表
パラシュートが落ちた夏
1984年
LA VIE EN ROSE
(1984年)
『パラシュートが落ちた夏』収録のシングル
  1. モニカ
    リリース: 1984年2月1日
テンプレートを表示

1984年3月1日SMSレコード(現・バンダイナムコアーツ)よりリリースされた。

解説編集

  • キャッチコピーは「オリンピックの夢もあったけど、生きるならより劇的〈ドラマチック〉に」。
  • 現在のライブでは、「モニカ」と「a day・good night」を除き、披露されることはない(ただし、「フライデーナイトレビュー」と「パラシュートが落ちた夏」に関してはごく稀に歌われることがある)。
  • 当初は、後に9枚目のシングルとして発売することになる「すべてはこの夜に」(1986年)を収録する予定であった。しかし、同曲を作詞・作曲した佐野元春が、本来の提供相手である沢田研二(吉川の事務所の先輩であった)を差し置いて先に発表することを許さなかったため、急遽「I'M IN BLUE」を収録することとなった。こちらは沢田がアルバム『G.S.I LOVE YOU』(1980年)で、佐野のセルフカバーもアルバム『SOMEDAY』(1982年)で発表ずみであった。
  • 渡辺晋社長から「お前は現代の加山雄三になるべし」と言われ、夏で西海岸のイメージで製作された作品であるが、本人は出来上がった時は「感動ものだった。」とインタビューに答えたことがある。また、デビュー前にプロデューサーの木崎より「原田真二や佐野元春を観てくるように」と言われ、日本語をロックっぽく歌っている二人を見て、その歌い方を意識して本人も歌っている[1]

リリース履歴編集

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1984年3月1日 SMSレコード LP
CT
SM28-5407
CM28-5407
4位
2 1985年3月30日 SMSレコード CD MD32-5001 -
3 1998年6月10日 ポリドール CD POCH-1700 -
4 2007年3月14日 ユニバーサル ミュージック ジャパン CD UPCY-6337 - 紙ジャケット仕様
5 2014年4月23日 ワーナーミュージック・ジャパン SHM-CD WPCL-11804 - 2014年24bitデジタルリマスタリング

収録曲編集

A面[2]
全編曲: 大村雅朗
#タイトル作詞作曲時間
1.フライデー ナイト レビュー安藤秀樹原田真二
2.モニカ三浦徳子NOBODY
3.I'M IN BLUE佐野元春佐野元春
4.彼女はアイスウォーター小林和子NOBODY
5.Be my J-Girl松尾由紀夫佐藤健
B面[2]
#タイトル作詞作曲時間
6.パラシュートが落ちた夏小林和子佐藤隆
7.ハートショット安藤秀樹NOBODY
8.ペパーミントKIDS売野雅勇佐藤隆
9.ピンナップにシャウト!!三浦徳子佐藤隆
10.a day・good night安藤秀樹佐藤健

参加ミュージシャン編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「全アルバム解説 パラシュートが落ちた夏」『月刊カドカワ 1993年3月号』第11巻第3号、角川書店、1993年3月1日、 31頁。
  2. ^ a b Koji Kikkawa - パラシュートが落ちた夏 (1984, Vinyl)”. Discogs. 2021年2月23日閲覧。

外部リンク編集