メインメニューを開く

ブライアン・パトリック・シュリッターBrian Patrick Schlitter, 1985年12月21日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州クック郡オークパーク出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBオークランド・アスレチックス傘下所属。

ブライアン・シュリッター
Brian Schlitter
オークランド・アスレチックス (マイナー)
MG 7143 Brian Schlitter.jpg
カブス時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州クック郡オークパーク
生年月日 (1985-12-21) 1985年12月21日(33歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 MLBドラフト16巡目
初出場 MLB / 2010年6月28日
NPB / 2017年4月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

2005年MLBドラフト34巡目(全体1033位)でロサンゼルス・エンゼルスから指名されたが、チャールストン大学英語版へ編入した。

プロ入りとフィリーズ傘下時代編集

2007年MLBドラフト16巡目(全体503位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名され、6月9日に契約。この年は傘下のA-級ウィリアムズポート・クロスカッターズ英語版で1試合に登板後、A級レイクウッド・ブルークロウズへ昇格。16試合に登板して0勝1敗3セーブ、防御率3.80、21奪三振を記録した。

2008年はA+級クリアウォーター・スレッシャーズ英語版でプレーし、34試合に登板して4勝3敗6セーブ、防御率2.22、58奪三振を記録した。

カブス時代編集

2008年8月7日にスコット・エアーとのトレードで、シカゴ・カブスへ移籍[1]。傘下のA+級デイトナ・カブスでプレーし、7試合に登板して0勝1敗3セーブ、防御率2.16、9奪三振を記録した。

2009年はAA級テネシー・スモーキーズでプレーし、59試合に登板して1勝7敗22セーブ、防御率4.38、51奪三振を記録した。

2010年はAAA級アイオワ・カブスで開幕を迎え、6月26日にカブスとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[2]。7月7日に右肩の故障で離脱し、23日に復帰。8月3日にAAA級アイオワへ降格した[3]。この年メジャーでは7試合に登板して0勝1敗、防御率12.38、7奪三振を記録した。

2011年1月6日にウェイバー公示を経てニューヨーク・ヤンキースへ移籍[4]。2月14日にDFAとなり[5]、翌15日にウェイバー公示を経てフィリーズへ移籍[6]。3月30日に右前腕の故障で15日間の故障者リスト入りした[7]。4月18日にMLB機構が右腕の故障を理由として、カブスへ復帰させた。5月24日に60日間の故障者リストへ異動し[8]、シーズンを全休した。9月29日にDFAとなり[9]、10月4日にAAA級アイオワへ降格した。

2012年はA+級デイトナとAA級テネシーでプレー。AA級テネシーでは29試合に登板し、3勝4敗6セーブ、防御率3.00、44奪三振を記録した。

2013年はまずAA級テネシーでプレーし、16試合に登板して0勝2敗2セーブ、防御率0.83、13奪三振を記録した。5月にAAA級アイオワへ昇格。38試合に登板して1勝4敗20セーブ、防御率3.24、45奪三振を記録した。

2014年3月30日にカブスとメジャー契約を結び、開幕ロースター入りした[10]。この年は4年ぶりにメジャーに復帰し、メジャー初勝利も挙げた。61試合に登板して2勝3敗、防御率4.15、31奪三振を記録した。

2015年は10試合に登板したが、1勝2敗、防御率7.36と振るわず、8月27日にフェルナンド・ロドニーの加入に伴い、DFAとなった[11]。AAA級アイオワでは45試合の登板で、2勝3敗、防御率1.61、奪三振を記録した。

ロッキーズ傘下時代編集

2015年11月24日にコロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだ[12]

2016年は傘下のAAA級アルバカーキ・アイソトープスでプレーし、36試合に登板して1勝2敗8セーブ、防御率3.64、43奪三振を記録した。オフの10月31日に放出された[13]

西武時代編集

2016年11月10日に埼玉西武ライオンズと契約したことを発表[14]、背番号は「47」。主に牧田和久と共に抑えの増田達至へつなぐ重要な中継ぎ役として32ホールドを挙げ、シーズン中、63回と3分の2を投げ、被本塁打は1本のみという結果も残し、チームのクライマックスシリーズ進出に導いたが、終盤と同シリーズ第1ステージの楽天戦では勝負所での不安定感があらわとなったのか、球団は10月29日までに来季の契約を結ばない方針を固めていた事が日刊スポーツで明らかとなった[15]。11月1日、来季の契約を結ばないと球団が発表した。

ドジャース傘下時代編集

2018年2月18日にスプリングトレーニングに招待される形で、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。傘下のAAA級オクラホマシティ・ドジャースでプレーし、58試合に登板して7勝2敗21セーブ、防御率3.36、46奪三振を記録した。オフの11月2日にFAとなった。

アスレチックス時代編集

2018年11月16日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結んだ。

2019年は開幕を傘下のAAA級ラスベガス・アビエイターズで迎え、6月23日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[16]。7月29日にDFAとなり[17]、31日にマイナー契約でAAA級ラスベガスへ配属された[18]

投球スタイル編集

主にリリーバーとして起用され、オーバースローから、最速96.9 mph(約156 km/h)・平均93 mph(約150km/h)の2種類の速球(主にツーシームフォーシーム)を中心に、平均84 mph(約135km/h)の縦のスライダー、稀に87 mph(約140 km/h)前後のチェンジアップも使用する。2014年以降のゴロ割合が60%程度と高く、ツーシームでゴロを量産するグラウンドボールピッチャー[19]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2010 CHC 7 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 48 8.0 18 2 5 1 1 7 0 0 11 11 12.38 2.88
2014 61 0 0 0 0 2 3 0 12 .400 242 56.1 58 2 19 4 2 31 0 0 29 26 4.15 1.37
2015 10 0 0 0 0 1 2 0 0 .333 35 7.1 6 2 2 0 0 4 0 0 6 6 7.36 1.91
2017 西武 64 0 0 0 0 1 5 0 32 .167 269 63.2 58 1 29 1 0 23 1 1 22 20 2.83 1.37
MLB:3年 78 0 0 0 0 3 6 0 12 .333 325 71.2 88 6 26 5 3 42 0 0 46 43 5.40 1.59
NPB:1年 64 0 0 0 0 1 5 0 32 .167 269 63.2 58 1 29 1 0 23 1 1 22 20 2.83 1.37
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

NPB

背番号編集

  • 51(2010年)
  • 63(2014年 - 2015年)
  • 47(2017年)
  • 54(2019年)

脚注編集

  1. ^ Cubs trade left-handed pitcher Scott Eyre to Phillies”. MLB.com Cubs Press Release (2008年8月7日). 2014年4月11日閲覧。
  2. ^ Cubs select right-handed pitcher Brian Schlitter”. MLB.com Cubs Press Release (2010年6月26日). 2014年4月11日閲覧。
  3. ^ Cubs recall right-handed pitcher Mitch Atkins”. MLB.com Cubs Press Release (2010年8月3日). 2014年4月11日閲覧。
  4. ^ Bryan Hoch (2011年1月6日). “Yanks add right-hander Schlitter to roster”. MLB.com. 2014年4月11日閲覧。
  5. ^ Yankees sign outfielder Andruw Jones”. MLB.com Yankees Press Release (2011年2月14日). 2014年4月11日閲覧。
  6. ^ Todd Zolecki (2011年2月15日). “Phillies claim righty Schlitter off waivers”. MLB.com. 2014年4月11日閲覧。
  7. ^ Phillies finalize Opening Day roster”. MLB.com Phillies Press Release (2011年3月30日). 2014年4月11日閲覧。
  8. ^ Cubs select contract of outfielder Lou Montanez”. MLB.com Cubs Press Release (2011年5月24日). 2014年4月11日閲覧。
  9. ^ Cubs DFA Berg, Schlitter, add Big Z to roster”. MLB.com (2011年9月29日). 2014年4月11日閲覧。
  10. ^ Chicago Cubs set 2014 Opening Day roster”. MLB.com Cubs Press Release (2014年3月30日). 2014年4月11日閲覧。
  11. ^ “Cubs acquire RHP Fernando Rodney from Seattle for a player to be named or cash consideration”. MLB.com. (2015年8月27日). http://m.cubs.mlb.com/news/article/145779878 2015年8月29日閲覧。 
  12. ^ Rockies' Brian Schlitter: Signs minor league deal with Rockies”. CBS Sports (2015年11月24日). 2016年11月11日閲覧。
  13. ^ Brian Schlitter: Released by Rockies”. CBS Sports (2016年10月31日). 2016年11月11日閲覧。
  14. ^ 新外国人選手(ブライアン・シュリッター投手)との2017年選手契約についてのお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ (2016年11月10日). 2016年11月11日閲覧。
  15. ^ 西武シュリッター退団へ CSで勝負弱さ露呈”. 日刊スポーツ (2017年10月30日). 2017年10月30日閲覧。
  16. ^ Martin Gallegos (2019年6月23日). “Manaea pauses throwing program with sore side” (英語). MLB.com. 2019年6月25日閲覧。
  17. ^ Jeff Todd (2019年7月29日). “Athletics Designate Brian Schlitter” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年7月30日閲覧。
  18. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年8月4日閲覧。
  19. ^ PITCHf/x - FanGraphs.com2017年4月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集