メインメニューを開く

スベトラーナ・アレクサンドロヴナ・クズネツォワSvetlana Kuznetsova, ロシア語: Svetlana kuznetsova.ogg Светлана Александровна Кузнецова, 1985年6月27日 - )は、ロシアサンクトペテルブルク市出身の女子プロテニス選手。2004年全米オープン2009年全仏オープン女子シングルス優勝者で、2005年2012年全豪オープン女子ダブルス優勝もある。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス3位。身長174cm、体重73kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。これまでにWTAツアーで、4大大会2勝を含むシングルス18勝、ダブルス16勝を挙げている。

スベトラーナ・クズネツォワ
Svetlana Kuznetsova
Tennis pictogram.svg
Kuznetsova WM17 (21) (35347335034).jpg
スベトラーナ・クズネツォワ
基本情報
フルネーム Svetlana Aleksandrovna
Kuznetsova
国籍 ロシアの旗 ロシア
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
生年月日 (1985-06-27) 1985年6月27日(34歳)
身長 174cm
体重 73kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
ツアー通算 34勝
シングルス 18勝
ダブルス 16勝
生涯獲得賞金 25,014,327 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2005・09・13)
全仏 優勝(2009)
全英 ベスト8(2003・05・07)
全米 優勝(2004)
優勝回数 2(仏1・米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2005・12)
全仏 準優勝(2004)
全英 準優勝(2005)
全米 準優勝(2003・04)
優勝回数 2(豪2)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 優勝(2004・07・08)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 2位(2007年9月10日)
ダブルス 3位(2004年6月7日)
2018年10月22日現在

来歴編集

クズネツォワは旧ソ連でも有名な自転車競技一家に生まれ育った。父親は著名な指導者、母ガリーナは元世界選手権優勝者、兄ニコライはアトランタ五輪銀メダリストであるが、スベトラーナは7歳から始めたテニスを職業に選んだ。ジュニア選手のトーナメントでは、2001年全米オープンジュニア女子ダブルス優勝などの成績がある。2002年からWTAツアーで優勝できる力をつけ、シングルスで年間2勝、ダブルスで3勝を挙げた。この年はダブルスでアランチャ・サンチェス・ビカリオとペアを組み、東京有明コロシアムの「トヨタ・プリンセス・カップ」の最後の開催で優勝したこともある。これらの成績により、クズネツォワは2002年度のWTAツアー「最優秀新人賞」を受賞した。

2003年には、ウィンブルドンで初のベスト8進出を決めた。この時は4回戦で(本大会をきっかけに注目度が急上昇した)マリア・シャラポワを破ったが、続く準々決勝で全仏オープン優勝者のジュスティーヌ・エナン・アーデンに 2-6, 2-6 で敗れた。ダブルスではベテランのマルチナ・ナブラチロワとペアを組んだ。

2004年全米オープン決勝は、クズネツォワとエレーナ・デメンチェワによるロシア勢同士の対決となった。クズネツォワはデメンチェワを 6-3, 7-5 で破り、4大大会初優勝を達成した。2004年度の4大大会は、女子シングルスでロシア勢が世界を席巻した。全仏オープンアナスタシア・ミスキナがロシアの女子テニス選手として最初の4大大会優勝者になった後、ウィンブルドンではマリア・シャラポワが17歳で初優勝を飾り、そして全米オープンではクズネツォワが優勝して、「3大会連続」でロシア人の女子チャンピオンが誕生した。エレーナ・デメンチェワは全仏オープン決勝でもミスキナに敗れているため、2度の準優勝に甘んじた。

2005年全豪オープンの女子ダブルスでオーストラリアアリシア・モリクとペアを組み、決勝でリンゼイ・ダベンポートコリーナ・モラリューの組を 6-3, 6-4 で破って優勝した。同年のウィンブルドン女子ダブルスではアメリ・モレスモとペアを組んだが、決勝でリーゼル・フーバーカーラ・ブラックの組に 2-6, 1-6 で敗れ、4大大会女子ダブルス2勝目を逃している。しかし、大会前年優勝者として臨んだ全米オープンでは1回戦で敗退した。

2006年3月末の「マイアミ・マスターズ」決勝でマリア・シャラポワを破って優勝した頃から、クズネツォワに復調が見えてくる。2006年全仏オープンで2度目の4大大会決勝に進出したが、過去の対戦成績で1度しか勝ったことがなかったジュスティーヌ・エナン=アーデンに 4-6, 4-6 のストレートで敗れて準優勝に終わり、2冠獲得はならなかった。

2007年全米オープンで、クズネツォワは3年ぶり2度目の決勝進出を果たしたが、ここでもジュスティーヌ・エナンに 1-6, 3-6 で敗れ、2度目の全米優勝を逃した。全米オープン終了後、クズネツォワは初めて世界ランキングを2位に上げた。

それから2年後の全仏オープンで、クズネツォワは3年ぶり2度目の決勝に進出し、同じロシアのディナラ・サフィナを 6-4, 6-2 で破って初優勝を遂げた。彼女にとっては2004年全米オープン以来、5年ぶりの4大大会シングルス2勝目となる。

2011年全豪オープン3回戦で、過去2勝16敗と相性の悪いジュスティーヌ・エナンに 6-4, 7-6(8) で勝利した。エナンはこの大会後に2度目の現役引退を発表したため、クズネツォワが最後の対戦相手となった。4回戦ではフランチェスカ・スキアボーネに 4-6, 6-1, 14-16 で競り負けた。試合時間は4時間44分で女子の4大大会史上最長試合であった。

2012年全豪オープンの女子ダブルスで同じロシアのベラ・ズボナレワと組んで決勝に進出。決勝ではイタリアのサラ・エラニ&ロベルタ・ビンチ組を 5–7, 6–4, 6–3 で破り2005年以来の4大大会女子ダブルス2勝目を挙げた。

2016年は10月のクレムリンカップで優勝し、ジョアンナ・コンタを逆転して7年ぶりにWTAファイナル出場を果たす。ラウンドロビンを2勝1敗で1位通過し、準決勝で優勝したドミニカ・チブルコバに敗れた。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 41回 (18勝23敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2002年8月11日   ヘルシンキ クレー   デニサ・チェラドコバ 0–6, 6–3, 7–6(2)
優勝 2. 2002年9月29日   バリ ハード   コンチタ・マルティネス 3–6, 7–6(4), 7–5
準優勝 1. 2004年2月28日   ドバイ ハード   ジュスティーヌ・エナン=アーデン 6–7(3), 3–6
準優勝 2. 2004年3月6日   ドーハ ハード   アナスタシア・ミスキナ 6–4, 4–6, 4–6
準優勝 3. 2004年5月2日   ワルシャワ クレー   ビーナス・ウィリアムズ 1–6, 4–6
優勝 3. 2004年6月19日   イーストボーン   ダニエラ・ハンチュコバ 2–6, 7–6(4), 6–4
優勝 4. 2004年9月11日   全米オープン ハード   エレーナ・デメンチェワ 6–3, 7-5
優勝 5. 2004年9月19日   バリ ハード   マレーネ・ヴァインガートナー 6–1, 6–4
準優勝 4. 2004年9月26日   北京 ハード   セリーナ・ウィリアムズ 6–4, 5–7, 4–6
準優勝 5. 2005年5月1日   ワルシャワ クレー   ジュスティーヌ・エナン=アーデン 6–3, 2–6, 5–7
優勝 6. 2006年4月1日   マイアミ ハード   マリア・シャラポワ 6–4, 6–3
準優勝 6. 2006年5月7日   ワルシャワ クレー   キム・クライシュテルス 5–7, 2–6
準優勝 7. 2006年6月10日   全仏オープン クレー   ジュスティーヌ・エナン=アーデン 4–6, 4–6
優勝 7. 2006年9月17日   バリ ハード   マリオン・バルトリ 7–5, 6–2
優勝 8. 2006年9月24日   北京 ハード   アメリ・モレスモ 6–4, 6–0
準優勝 8. 2007年3月3日   ドーハ ハード   ジュスティーヌ・エナン 4–6, 2–6
準優勝 9. 2007年3月17日   インディアンウェルズ ハード   ダニエラ・ハンチュコバ 3–6, 4–6
準優勝 10. 2007年5月13日   ベルリン クレー   アナ・イバノビッチ 6–3, 4–6, 6–7(3)
準優勝 11. 2007年5月20日   ローマ クレー   エレナ・ヤンコビッチ 5–7, 1–6
優勝 9. 2007年8月25日   ニューヘイブン ハード   アグネシュ・サバイ 4–6, 3–0 途中棄権
準優勝 12. 2007年9月9日   全米オープン ハード   ジュスティーヌ・エナン 1–6, 3–6
準優勝 13. 2008年1月11日   シドニー ハード   ジュスティーヌ・エナン 6–4, 2–6, 4–6
準優勝 14. 2008年3月1日   ドバイ ハード   エレーナ・デメンチェワ 6–4, 3–6, 2–6
準優勝 15. 2008年3月23日   インディアンウェルズ ハード   アナ・イバノビッチ 4–6, 3–6
準優勝 16. 2008年9月21日   東京 ハード   ディナラ・サフィナ 1–6, 3–6
準優勝 17. 2008年9月28日   北京 ハード   エレナ・ヤンコビッチ 3–6, 2–6
優勝 10. 2009年5月3日   シュトゥットガルト クレー   ディナラ・サフィナ 6–4, 6–3
準優勝 18. 2009年5月9日   ローマ クレー   ディナラ・サフィナ 3–6, 2–6
優勝 11. 2009年6月6日   全仏オープン クレー   ディナラ・サフィナ 6–4, 6–2
優勝 12. 2009年10月11日   北京 ハード   アグニエシュカ・ラドワンスカ 6–2, 6–4
優勝 13. 2010年8月8日   サンディエゴ ハード   アグニエシュカ・ラドワンスカ 6–4, 6–7(7), 6–3
準優勝 19. 2011年2月20日   ドバイ ハード   キャロライン・ウォズニアッキ 1–6, 3–6
準優勝 20. 2014年5月3日   オエイラス クレー   カルラ・スアレス・ナバロ 4–6, 6–3, 4–6
優勝 14. 2014年8月3日   ワシントンD.C. ハード   奈良くるみ 6–3, 4–6, 6–4
準優勝 21. 2015年5月9日   マドリード クレー   ペトラ・クビトバ 1–6, 2–6
優勝 15. 2015年10月24日   モスクワ ハード (室内)   アナスタシア・パブリュチェンコワ 6–2, 6–1
優勝 16. 2016年1月15日   シドニー ハード   モニカ・プイグ 6–0, 6–2
準優勝 22. 2016年4月2日   マイアミ ハード   ビクトリア・アザレンカ 3–6, 2–6
優勝 17. 2016年10月22日   モスクワ ハード (室内)   ダリア・ガブリロワ 6–2, 6–1
準優勝 23. 2017年3月19日   インディアンウェルズ ハード   エレーナ・ベスニナ 7–6(6), 5–7, 4–6
優勝 18. 2018年8月5日   ワシントンD.C. ハード   ドナ・ベキッチ 4–6, 7–6(7), 6–2

ダブルス: 31回 (16勝15敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2002年7月27日   ソポト クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   エカテリーナ・シソエワ
  エフゲニア・コウリコフスカヤ
6–2, 6–2
優勝 2. 2002年8月11日   ヘルシンキ クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   エバ・ベス
  マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス
6–3, 6–7(5), 6–3
優勝 3. 2002年9月22日   東京 ハード   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   ペトラ・マンデュラ
  パトリシア・ワーツシュ
6–2, 6–4
準優勝 1. 2002年9月29日   バリ ハード   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   カーラ・ブラック
  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
2-6, 3-6
準優勝 2. 2002年10月6日   東京 ハード   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   浅越しのぶ
  宮城ナナ
4-6, 6-4, 4-6
優勝 4. 2003年1月5日   ゴールドコースト ハード   マルチナ・ナブラチロワ   ナタリー・ドシー
  エミリー・ロワ
6–4, 6–4
優勝 5. 2003年2月22日   ドバイ ハード   マルチナ・ナブラチロワ   カーラ・ブラック
  エレーナ・リホフツェワ
6–3, 7–6(7)
優勝 6. 2003年5月18日   ローマ クレー   マルチナ・ナブラチロワ   エレナ・ドキッチ
  ナディア・ペトロワ
6–4, 5–7, 6–2
優勝 7. 2003年8月17日   トロント ハード   マルチナ・ナブラチロワ   マリア・ベント=カブチ
  アンジェリク・ウィジャヤ
3–6, 6–1, 6–1
準優勝 3. 2003年9月7日   全米オープン ハード   マルチナ・ナブラチロワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
2-6, 3-6
優勝 8. 2003年9月28日   ライプツィヒ カーペット (室内)   マルチナ・ナブラチロワ   エレーナ・リホフツェワ
  ナディア・ペトロワ
3–6, 6–1, 6–3
優勝 9. 2004年1月10日   ゴールドコースト ハード   エレーナ・リホフツェワ   リーゼル・フーバー
  マグダレナ・マレーバ
6–3, 6–4
準優勝 4. 2004年2月1日   全豪オープン ハード   エレーナ・リホフツェワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
4-6, 3-6
準優勝 5. 2004年2月28日   ドバイ ハード   エレーナ・リホフツェワ   ヤネッテ・フサロバ
  コンチタ・マルティネス
0-6, 6-1, 3-6
優勝 10. 2004年3月6日   ドーハ ハード   エレーナ・リホフツェワ   ヤネッテ・フサロバ
  コンチタ・マルティネス
7–6(4), 6–2
準優勝 6. 2004年3月21日   インディアンウェルズ ハード   エレーナ・リホフツェワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
1-6, 2-6
準優勝 7. 2004年4月4日   マイアミ ハード   エレーナ・リホフツェワ   ナディア・ペトロワ
  メガン・ショーネシー
2-6, 3-6
準優勝 8. 2004年6月3日   全仏オープン クレー   エレーナ・リホフツェワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
0-6, 3-6
準優勝 9. 2004年6月19日   イーストボーン   エレーナ・リホフツェワ   アリシア・モリク
  マギ・セルナ
4-6, 4-6
準優勝 10. 2004年9月11日   全米オープン ハード   エレーナ・リホフツェワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
4-6, 5-7
準優勝 11. 2004年9月19日   バリ ハード   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   アナスタシア・ミスキナ
  杉山愛
3-6, 5-7
優勝 11. 2005年1月29日   全豪オープン ハード   アリシア・モリク   リンゼイ・ダベンポート
  コリーナ・モラリュー
6–3, 6–4
準優勝 12. 2005年3月5日   ドバイ ハード   アリシア・モリク   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
7-6, 2-6, 1-6
優勝 12. 2005年4月2日   マイアミ ハード   アリシア・モリク   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
7–5, 6–7(5), 6–2
準優勝 13. 2005年7月3日   ウィンブルドン   アメリ・モレスモ   カーラ・ブラック
  リーゼル・フーバー
2-6, 1-6
準優勝 14. 2006年2月25日   ドバイ ハード   ナディア・ペトロワ   クベタ・ペシュケ
  フランチェスカ・スキアボーネ
6-3, 6-7, 3-6
優勝 13. 2006年6月24日   イーストボーン   アメリ・モレスモ   マルチナ・ナブラチロワ
  リーゼル・フーバー
6–2, 6–4
準優勝 15. 2007年2月24日   ドバイ ハード   アリシア・モリク   カーラ・ブラック
  リーゼル・フーバー
6-7, 4-6
優勝 14. 2009年4月5日   マイアミ ハード   アメリ・モレスモ   クベタ・ペシュケ
  リサ・レイモンド
4–6, 6–3, [10–3]
優勝 15. 2012年1月27日   全豪オープン ハード   ベラ・ズボナレワ   サラ・エラニ
  ロベルタ・ビンチ
5–7, 6–4, 6–3
優勝 16. 2013年10月20日   モスクワ ハード
(室内)
  サマンサ・ストーサー   アーラ・クドゥリャフツェワ
  アナスタシア・ロディオノワ
6–1, 1–6, [10–8]

4大大会優勝編集

  • 全豪オープン 女子ダブルス:2勝(2005年・2012年) [女子ダブルス準優勝:2004年]
  • 全仏オープン 女子シングルス:1勝(2009年) [女子シングルス準優勝:2006年/女子ダブルス準優勝:2004年]
  • 全米オープン 女子シングルス:1勝(2004年) [女子シングルス準優勝:2007年/女子ダブルス準優勝:2003年・2004年]
ウィンブルドン女子ダブルス準優勝:2005年)
大会 対戦相手 試合結果
2004年 全米オープン   エレーナ・デメンチェワ 6-3, 7-5
2009年 全仏オープン   ディナラ・サフィナ 6-4, 6-2

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン 2R 1R 3R QF 4R 4R 3R QF 4R 4R 3R QF 1R 1R 2R 4R A A 35–16
全仏オープン LQ 1R 4R 4R F QF SF W 3R QF 4R QF QF 2R 4R 4R 1R 1R 52–16
ウィンブルドン LQ QF 1R QF 3R QF 4R 3R 2R 3R 1R A 1R 2R 4R QF 1R 1R 30–16
全米オープン 3R 3R W 1R 4R F 3R 4R 4R 4R A 3R 1R 1R 2R 2R 1R 35–15

外部リンク編集

受賞
先代:
  ダニエラ・ハンチュコバ
WTA年間最優秀新人賞
2002
次代:
  マリア・シャラポワ