メインメニューを開く

Popteen』(ポップティーン)は、角川春樹事務所から発行されているティーンエイジャーの女性向けファッション雑誌。月刊誌。1980年昭和55年)10月1日創刊(1980年11月号)。

Popteen
(ポップティーン)
愛称・略称 POP
ジャンル ファッション雑誌 ギャル
読者対象 10代女性
刊行頻度 月刊(毎月1日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 富士見書房飛鳥新社角川春樹事務所
発行人 角川春樹
雑誌名コード 18085
刊行期間 1980年昭和55年)10月1日(1980年11月号) - 現在
姉妹誌 PopSisterBLENDA
ウェブサイト http://www.galspop.jp/

創刊時は富士見書房から発行されていた。その後、同誌の編集を手がけていた飛鳥新社が2億円で買い取り、さらに1994年平成6年)になって6億円で角川春樹事務所へ譲渡。

目次

概説編集

1990年代前半まで、『パステルティーン』や『エルティーン』等と並ぶティーンエイジャーの過激なセックスの体験談やテクニック等の情報、またいじめ問題の人生相談等メインコンテンツとした雑誌であった。女子高生ブームの人気の訪れとともに、猥褻バイオレンス要素を払拭したギャル向けファッション雑誌へとリニューアルした。

1996年平成8年)頃から多数の芸能人を表紙に起用しており、表紙に登場した事のある人物は神田うのSPEED吉川ひなの梅宮アンナ安室奈美恵浜崎あゆみブリトニー・スピアーズAvril Lavigne中島美嘉小池栄子上戸彩松浦亜弥hitomi市原隼人BoA大塚愛倖田來未リア・ディゾンゴリエ若槻千夏西野カナEXO-CBX[1]、など。その中でも浜崎あゆみは表紙に19回登場し、舟山久美子と並びカバークイーンとなっている。在籍モデル(当時)の益若つばさ梅田直樹の結婚式の模様を2008年2月号で紹介したところ、過去最大の売上を記録した。EXO-CBXは海外男性グループ初の単独表紙を飾った[1]

2009年平成21年)3月号で舟山久美子が初めて表紙を飾り、2010年平成22年)7月号まで17ヶ月連続表紙の記録を作った(8月号で西野カナが表紙に登場し記録ストップ)[2]。通算表紙起用回数は37回。2014年平成26年)10月号で卒業。

活動モデル編集

専属モデル編集

メンズモデル編集

  • バトシン バトシン
  • たくぽん たくぽん
  • 池田翼 いけつば
  • 那須泰斗 たいころりん
  • バンダリ亜砂也 バンダリ
  • 本田響矢 きょーちゃん
  • 高橋文哉 ふみふみ
  • 伊藤広基 ぴろきち
  • 森脇丞啓 しょうまる

レギュラーモデル編集

一期生
  • 田口珠李 しゅりりん
  • 中村りおん りぃたむ
  • 楠樺音 のんたん
  • 福山絢水 あやみん
二期生
  • 湯上響花 きょうきょう
  • 熊田来夢 らいりー
  • 山田麗華 れいたぴ
  • 一ノ瀬陽鞠 ひまりん
三期生
元専属
  • 竹内鈴音 ねりりん
  • 吉田莉桜 りおちょん

読者モデル編集

  • 浅谷珠琳 じゅりん
  • 大木玲奈 れーいん
  • 菊地せいら せーちゃん
  • 楠本美帆 みぽたぽた
  • カステロ・ミーア カステラ
  • 桑澤菜月 なっちゃま
  • 神藤愛奈 あぃちゃむ
  • 高木沙織 さおち
  • 竹本あいり たけりん
  • 土田玲夢 らむ
  • 西尾美恋 みこりん
  • 益若にいな にーに
  • みくぴ みくぴ
  • 三角美夢 みゆにゃ
  • 内藤秀一郎 しゅう
  • 池添俊亮 ぞえ
  • 平藤李子 りいたそ
  • 大川廉矢 れんや

歴代モデル編集

関係者編集

  • 哀川翔 - 飛鳥新社に出入りしていたアルバイトのライターとして創刊に携わった。ただし、創刊当時の「ポップティーン」はティーンエイジャーの男子向け雑誌だった。
  • 松浦ゴリエ - (テレビ番組『ワンナイR&R』キャラクター)

オーディション編集

2006年平成18年)、2007年平成19年)、2008年平成20年)、2012年平成24年)、2014年平成26年)に行われたPopteenモデルオーディション。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集