マウロ・マルティニ

マウロ・マルティニMauro Martini,1964年5月17日 - )は、イタリア出身のレーシングドライバーである。

プロフィール編集

1981年にカートからレース活動を開始し、1984年にフォーミュラ・フィアットで4輪に転向し、1986年からイタリアF3選手権に参戦し、87年にランキング3位、88年にランキング2位を記録した。

1989年から1995年まで全日本F3000選手権にフル参戦し、1992年にシリーズチャンピオンを獲得。他にも全日本ツーリングカー選手権全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権に参戦し、日本レース界では御馴染みのドライバーとなった。

F3000で競い合ったエディ・アーバインローランド・ラッツェンバーガージェフ・クロスノフとは友人だったが、ラッツェンバーガーが1994年のF1GP 第3戦 サンマリノGPの予選中に事故死するというショッキングな出来事が起こり、ジョーダンからF1参戦中だったアーバインと共にTEAM SARDからル・マン24時間レースに参戦(総合2位 LMP1クラス優勝)したクロスノフが1996年にCART第11戦トロントでレース中に事故死したことで、マルティニはフォーミュラ・ニッポン第3戦富士にスポット参戦後に、フォーミュラカーレースからの引退を決意した。

レース戦績編集

全日本F3000選手権/フォーミュラ・ニッポン編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1989年 SUNDAI SPIRIT TEAM ローラ・T88/50 無限 SUZ
Ret
FSW
8
MIN 8位 9
ローラ・T89/50 SUZ
NC
SUG
3
FSW
5
SUZ
4
SUZ
14
1990年 SUNTEC RACING TEAM SUZ
6
3位 29
ローラ・T90/50 FSW
5
MIN
Ret
SUZ
2
SUG
1
FSW
2
FSW
Ret
SUZ
4
FSW
Ret
SUZ
5
1991年 SUZ
6
AUT
3
FSW
16
MIN
Ret
SUZ
Ret
8位 13
ローラ・T91/50 SUG
10
FSW
5
SUZ
13
FSW
C
SUZ
14
FSW
2
1992年 ACOM EVOLUTION TEAM NOVA SUZ
6
1位 35
ローラ・T92/50 FSW
3
MIN
2
SUZ
6
AUT
2
SUG
DNQ
FSW
1
FSW
10
SUZ
3
FSW
3
FSW
Ret
1993年 ローラ・T93/50 SUZ
Ret
FSW
Ret
MIN
1
SUZ
Ret
AUT
C
SUG
Ret
FSW
C
FSW
Ret
SUZ
8
FSW
6
SUZ
Ret
7位 10
1994年 acom RACING TEAM NOVA ローラ・T94/50 SUZ
11
FSW
2
MIN
4
SUZ
5
SUG
5
FSW
2
SUZ
Ret
FSW
10
FSW
3
SUZ
3
6位 27
1995年 SHIONOGI TEAM NOVA ローラ・T95/50 SUZ
6
FSW
C
MIN
6
SUZ
3
SUG
4
FSW
5
TOK
Ret
FSW
5
SUZ
3
5位 16
1997年 オートテック STELLAR ローラ・T96/51 SUZ MIN FSW
Ret
SUZ SUG FSW MIN TRM FSW SUZ NC 0

全日本ツーリングカー選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1990年 SUNTEC RACING フォード・シエラ RS500 JTC-1 NIS
3
SUG
5
SUZ
7
TSU
Ret
SEN
8
FSW
Ret

(key)

全日本GT選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 順位 ポイント
1994年 ACOM RACING TEAM NOVA ポルシェ・911 GT2 GT1 FSW
5
SEN
Ret
FSW
7
SUG
10
MIN
Ret
16位 13

(key)

ル・マン24時間レース編集

エピソード編集

1992年F1日本グランプリ直前に放送されたフジテレビの特別番組では、舞台となる鈴鹿サーキットのコースを紹介するデモ走行を日産・R90CKで行った。助手席に同乗した川井一仁を失神寸前にするほどの激しい走りを披露する一方、全開走行のバックストレートで脇見&手離しドライブをニコニコ笑いつつして見せたり、ピットイン後"Fire!Fire!"と叫びながらひとりコクピットから逃げ出したりして川井をパニックに陥れる等、随所で茶目っ気も見せた。

関連項目編集

外部リンク編集