南家 こうじ(なんけ こうじ、1952年4月2日 - )は、三重県出身の映像作家、アニメーターキャラクターデザイナー

本名の「南家講二」名義での活動もある。

概要編集

1971年5月にタツノコプロへ入社。

アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』の動画を皮切りに作画監督補佐まで務めた後、1974年に退社。以後は、フリーで活動をしている。

フリーになってからは短編アニメーションを手掛けており、NHK音楽番組みんなのうた』、『おかあさんといっしょ』のアニメーションや、スタジオぴえろスタジオディーンキティ・フィルム制作テレビアニメーションのオープニングアニメーションエンディングアニメーション(『うる星やつら』や『めぞん一刻』など)を担当した。

愛らしいキャラクターと、独特なタッチが人気を呼び、1980年代より現在まで数々の映像作品を制作している。

色鉛筆色紙クレヨンなど従来のアニメ制作と異なる手法でアニメーションを作っている作品もある。

主な作品編集

テレビアニメ編集

アニメ映画編集

OVA編集

子供番組編集

ポンキッキシリーズ編集

みんなのうた編集

絵本編集

  • とべとべノッコちゃん ① チコチコナアのぼうけん(作:飯田栄彦)〈理論社
  • とべとべノッコちゃん ② パズルオオカミをたすけろ!(作:飯田栄彦)〈理論社〉
  • ドロロンがいこちゃん(作:名木田恵子)〈PHP研究所
  • カメヤマカメタシリーズ(作:舟崎克彦)〈草土文化〉
  • サンタさんからおへんじついた!?(作:若林ひとみ)〈ポプラ社

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集