メインメニューを開く

和洋女子大学短期大学部(わようじょしだいがくたんきだいがくぶ、英語: Wayo Women’s Junior College)は、千葉県市川市国府台2-3-1に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、2006年に廃止された。学生募集は2002年度まで。翌年度より和洋女子大学への全面改組により短期大学は学生募集を停止し、2006年11月27日 正式廃止[1]

和洋女子大学短期大学部
大学設置/創立 1950年
廃止 2006年
学校種別 私立
設置者 学校法人和洋学園
本部所在地 千葉県市川市国府台2-3-1
学部 服飾生活学科
日本文学科
英語文化学科
食物栄養学科
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 和洋女子大学短期大学部における建学の精神:「和魂洋才」となっている。

教育および研究編集

  • 食物栄養学科では栄養士養成をとり行っていた。

学風および特色編集

  • 実質的な被服並びに食物保健に関する専門の知識・技術をもつ有能な女性を育成することが設置のねらいとなっていた。
  • 四年制大学と類似した学科が設置されていたこともあり、短大卒業後は学部編入者も多かった。

沿革編集

  • 短期大学設置以前の経緯については和洋女子大学を参照。
  • 1950年 和洋女子大学短期大学部として開学。家政科を置く。
  • 1954年 国文科増設:在学者数は30[2]
  • 1966年 英文科増設:在学者数は134[3]
  • 1973年6月25日 和洋女子短期大学(わようじょしたんきだいがく)と改称
  • 1998年 学科名の改称が行なわれ、開学当初と同じ和洋女子大学短期大学部に変更
    • 家政科→服飾生活学科(在学者数215[4]
    • 国文科→日本文学科
    • 英文科→英語文化学科
    • 食物栄養学科の新設(旧来の家政科にあった栄養士課程を独立:在学者数65[4]
  • 2002年 学生募集を終了。翌年度より、和洋女子大学へ統合。
  • 2006年11月27日 正式廃止[1]

基礎データ編集

所在地編集

  • 千葉県市川市国府台2-3-1

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 服飾生活学科
  • 日本文学科
  • 英語文化学科
  • 食物栄養学科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

資格

  • 司書教諭資格
    • 日本文学科
    • 服飾生活学科
  • 司書資格
    • 服飾生活学科
    • 日本文学科
    • 英語文化学科
  • 栄養士資格:食物栄養学科

教職課程

研究編集

  • 『和洋女子大学紀要』ほか

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 和洋女子大学短期大学部の学園祭は「里見祭」と呼ばれていた[6]

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 和洋女子大学短期大学部卒業生は、「和洋学園同窓会」に所属している・この同窓会組織は「むら竹会」として1916年に創設されている[6]

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

出身者編集

施設編集

  • 大学とキャンパスを共同使用。

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』261-262頁より。
  2. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)1374頁より。
  3. ^ 昭和42年度版『総覧』30頁より。
  4. ^ a b 1999年度版『総覧』61頁より。
  5. ^ a b c d 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)54頁より。
  6. ^ a b c d e f g h i 2000年度用入学案内小冊子より。

関連項目編集

関連サイト編集